オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[G★2009]多人数でオンラインセッションも可能,音楽特化型コミュニティツール(?)「BandMaster」とは
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2009/11/27 15:19

ニュース

[G★2009]多人数でオンラインセッションも可能,音楽特化型コミュニティツール(?)「BandMaster」とは

BandMaster
 本来なら「Audition 2」で盛り上がっていたはずのYD Onlineブースでは,別のリズム系オンラインゲームが話題を集めていた。それが「BandMaster」だ。

 BandMasterというゲームを一言でいうと,Guitar Heroの楽器を増やしてオンライン化したものである。プレイヤーはギター,ベース,ピアノ,シンセサイザ,ドラム,トランペットの6種類の楽器のうちの一つを選択し,楽曲ごとに落ちてくる音符(?)に合わせて対応するキーを叩いていく。

BandMaster BandMaster
BandMaster

BandMaster
 まあ,これだけなら単なる“音ゲー”だが,BandMasterには,こういったゲーム用の部屋のほかにコミュニティエリアが用意されている。最大50人ほどが入れるという,そのマップ内では,各自が楽器を演奏することができる。このときの演奏は降ってくる音符をやっつけるのではなく,キーを押すと対応する音階が鳴るという演奏が行えるのがポイントだ。もちろん,合奏もできる。バンド仲間で集まって,ストリート演奏を繰り広げるなんてのは当たり前。実際の路地で街頭演奏をするのは度胸がいりそうだが,バーチャルだったらずっと簡単に実行できるのはいうまでもない(ムービーを見る限り,ギャラリーにヘッドホンマークがついているので,問答無用に「俺の歌を聴け〜!」というのは無理っぽい)。

 そのほか,ゲームモードで使う楽曲をプレイヤーがエディットできる「Note Editor」が用意されていたりと,UGCの取り込みにも積極的な展開を見せようとしている。
 アバターの見た目をいろいろ変えられるのは当然として,おそらく課金アイテムになるのだろうが,見た目の違う楽器を買うこともできる。ムービーを見れば,ベースパートでコントラバスを使っている例なども確認できる。


BandMaster BandMaster

BandMaster
 さらに,ここで演奏した楽曲は,MP3やスタンダードMIDIファイルに落として保存でき,公式サイトへのアップロードもできるという。キャラクターなどを含んだプレイデータを保存して,演奏状況が再現できるような仕組みも検討されているようで,揃いの衣装に思い思いの楽器を持ち寄って,バンドのプロモムービー代わりのデータを作れる時代がくるのかも。

 バンドというと,どうも男共の集まりというイメージがあるのだが,このゲームでは随所に楽器を演奏する女の子のイラストが出てきており,その雰囲気はなんとなく「けいおん!」を彷彿とさせる。
 ゲームモードのほうでプレイしなくても街頭演奏は可能なので,音ゲーというよりは音楽コミュニティツールの部分だけでも十分いけるのではないかと思われる。カジュアルに音楽を楽しめるソフトという意味では,かなり画期的なゲームになるのかもしれない。


BandMaster
  • 関連タイトル:

    BandMaster

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月16日〜11月17日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月