オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Intel,Nehalem世代のノートPC用CPU「Core i7 Mobile Processor」と対応チップセット「PM55」を発表
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2009/09/24 14:46

ニュース

Intel,Nehalem世代のノートPC用CPU「Core i7 Mobile Processor」と対応チップセット「PM55」を発表

 2009年9月24日,Intelの日本法人であるインテルは,ノートPC向けクアッドコアCPUの新製品,「Core i7 Mobile Processor Extreme Edition」「Core i7 Mobile Processor」2モデル3製品を発表した。開発コードネーム「Clarksfield」(クラークスフィールド)とされてきた,Intel Microarchitecture(Nehalem)世代初のノートPC用CPUで,いずれも「Intel Hyper-Threading Technology」(以下,HTT)や「Intel Turbo Boost Technology」(以下,Turbo Boost)がサポートされている。
 プロセッサナンバーと動作クロック,1000個ロット時の単価(※PCメーカー向けの単価で,店頭想定売価ではない)はそれぞれ以下のとおりだ。

  • Core i7-920XM Extreme Edition/2GHz:10万2320円
  • Core i7-820QM/1.73GHz:5万3010円
  • Core i7-720QM/1.60GHz:3万5340円

 規定クロックが低い点に気づいた人も多いだろうが,Core i7 Mobile Processorでは,Turbo Boostにより,動作クロックは最大で75%引き上げられる。より正確を期すと,Core i7-920XM Extreme Edition(以下,Core i7-920XM)では,規定倍率15倍のところが24倍(約60%),Core i7-820QMでは同13倍→23倍(約75%),Core i7-720QMでは同12倍→21倍(約75%)といった具合。限られたTDP(Thermal Design Power)のなかで,相当アグレッシブに,動作クロックは切り替えられることになるようだ。そのTDP値は,Core i7-920XMが55W,Core i7-820QM&720QMが45Wとなっている。

 そのほか,Core i7-720QMのみ,L3キャッシュ容量が6MBに削られているのを除くと,主な仕様は「Lynnfield」コアのCore i7-800&i5-700番台に準じる()。対応チップセットが「Mobile Intel PM55 Express」で,外部接続のGPUが必要となることも考えると,どちらかといえば,エントリーミドルクラス以上の3D性能を持ったノートPCが,新製品のターゲットとなりそうだ。

画像(001)Intel,Nehalem世代のノートPC用CPU「Core i7 Mobile Processor」と対応チップセット「PM55」を発表


  • 関連タイトル:

    Core i7 Mobile Processor(クアッドコア)

  • 関連タイトル:

    Intel 5

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月18日〜08月19日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
55
DEAD OR ALIVE 6 (PS4)
53
Anthem (PC)
2019年02月〜2019年08月