オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
FINAL FANTASY XIV(旧)公式サイトへ
読者の評価
53
投稿数:346
レビューを投稿する
海外での評価
50
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「FINAL FANTASY XIV」,新たに2クラスの概要が公開に&「FF XIII」初回生産分にはFF XIVのゲーム内シークレットアイテムコードが同梱!
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2009/11/12 12:00

ニュース

「FINAL FANTASY XIV」,新たに2クラスの概要が公開に&「FF XIII」初回生産分にはFF XIVのゲーム内シークレットアイテムコードが同梱!

FINAL FANTASY XIV(旧)
FINAL FANTASY XIV(旧)
 スクウェア・エニックスが2010年内のサービス開始を目標に開発を進めている期待のMMORPG,「FINAL FANTASY XIV(ファイナルファンタジーXIV)」PC / PlayStation 3)。4Gamerではこれまで,取材記事やインタビュー記事などを通じてさまざまな情報を掲載してきたが,今回は新たに,Gladiator/Pugilistという二つのファイター系クラスと,FF XIVのゲーム内シークレットアイテムに関する情報が公開された。
 ファイナルファンタジーシリーズのファン,およびMMORPG好きは,あわてて新情報をチェックしてほしい。これまでの情報を追い切れていないという人は,以下の関連記事を参照して,“アーマリーシステム”の概要と,現在判明している職能群/クラスを確認しておくといいだろう。

FINAL FANTASY XIV(旧)

「FINAL FANTASY XIV」の最新情報が公開。「ファイター」と「クラフター」に属する計7種類のクラスが明らかに


[Gamescom]まだまだ謎だらけの「FINAL FANTASY XIV」。キーマン,田中弘道氏&Sage Sundi氏のインタビューを掲載


「FINAL FANTASY XIV 」の最新情報が公開! “エオルゼア”の特徴的な世界観,キャラ育成の根幹となる“アーマリーシステム”などが明らかに


 今回公開されたのは,職能群ファイターに属する二つのクラス,“攻守自在のディフェンダー”剣術士(Gladiator),および“無手のパニッシャー”格闘士(Pugilist)の概要だ。ファイターは基本的に,武器の扱いに長けた職能群で,これまでに公開されている“変幻のストライカー”槍術士(Lancer)と,“疾風のアタッカー”弓術士(Archer)を含め,四つのクラスが公開済みとなったわけである。

FINAL FANTASY XIV(旧)
“変幻のストライカー”槍術士(Lancer)
FINAL FANTASY XIV(旧)
“疾風のアタッカー”弓術士(Archer)

FINAL FANTASY XIV(旧)
“攻守自在のディフェンダー”剣術士(Gladiator)
FINAL FANTASY XIV(旧)
“無手のパニッシャー”格闘士(Pugilist)

 剣術士は,斬撃主体の片手剣を自在に操る近接ファイターで,楯の有無によって特性ががらりと変わるほか,短剣を投擲することも可能。オーソドックスな印象を受けるクラスだが,プレイヤーの工夫次第で臨機応変な戦術がとれそうだ。

“攻守自在のディフェンダー”

剣術士 Gladiator


短剣から長剣まで、諸刃の直剣から片刃の曲刀まで、幅広い種類の斬撃主体の片手剣を主武器とする近接ファイター。様ざまなシチュエーションでの戦闘を余儀なくされる剣闘士の技を源流としているため、楯を持てば仲間を護る重戦士に、片手を空ければ攻撃主体の軽戦士にと、フレキシブルに戦場での役割を変えられるのが特徴。短剣は投げることもでき、武器戦術の幅も広い。

FINAL FANTASY XIV(旧)
古代剣グラディウス
旧式の歩兵剣。いまでも剣闘試合で時折使用される。剣身が短い分、丈夫で取り回しが容易
FINAL FANTASY XIV(旧)
翼剣ホークテール
翼状の開閉式鍔を備えた長剣。軽量、鋭利、華麗で、上級騎士の護身用として人気が高い
FINAL FANTASY XIV(旧)
万能剣バスタードソード
長い握りと刀身によりウルダハ剣の切断、イシュガルド剣の刺突、双方の長所を備えた剣

FINAL FANTASY XIV(旧)
円楯ラウンドシールド
広く普及している大きな円形の木製楯。表に霊的な意味をもつ図柄が描かれることが多い
FINAL FANTASY XIV(旧)
機関楯ランタンシールド
内部に角灯を仕込んだからくり楯。図は二振りの剣まで備えた攻防一体型だが扱いは至難
FINAL FANTASY XIV(旧)
剣術士(Gladiator)


 一方の格闘士は,その名のとおり鍛え抜かれた拳と格闘技術を有する近接ファイターだ。どちらかというと,素早い連続攻撃で華麗に敵を攻め立てるイメージだが,“闘器”と呼ばれる専用武器を拳に装着することで,高い破壊力を秘めた一撃が繰り出せる。また,剣術士における短剣のような感覚で,投輪(チャクラム)による遠隔攻撃も可能だという。


“無手のパニッシャー”

格闘士 Pugilist


伝統的な護身術を修得し、闘器を主武器とするファイター。鍛え抜かれた拳は既に武器を帯びているに等しいが、手の延長上にある武器「闘器」を装着することによって、その破壊力はさらに倍加される。
ただし、得意のクローズファイトに持ち込むためには、いかにして敵の懐に潜り込めるかが重要であるため、相手の注意を逸らす目的で投輪チャクラムを携帯する者もいる。


FINAL FANTASY XIV(旧)
護拳ヒマンテス
ウルダハの公式拳闘試合に採用される、脂に浸した革製の軽闘器。拳の保護効果が高い
FINAL FANTASY XIV(旧)
骨拳ホラ
角や骨、甲殻等から削り出された闘器。耐久性こそ低いが、拳に獣性が宿ると云われる
FINAL FANTASY XIV(旧)
鉄拳メタルナックル
一端を掌に握り込む輪状の金属闘器。重量が加算される分、衝撃力も大幅に強化される

FINAL FANTASY XIV(旧)
剛拳セスタス
鋼の握輪を幾重もの分厚い革で被い、スパイクを取り付けた対魔物デスマッチ用の重闘器
FINAL FANTASY XIV(旧)
闘爪バグナウ
虎爪を模し、引き裂く攻撃を主体とした東方伝来の暗器。爪内に毒を仕込むことも可能
FINAL FANTASY XIV(旧)
格闘士(Pugilist)

 最後に,ファイナルファンタジーファンにとって見逃せない情報をお届けしよう。スクウェア・エニックスによると,12月17日に発売予定の大作RPG「ファイナルファンタジーXIII」の初回生産分には,FINAL FANTASY XIVのキャンペーンコードが封入されるとのこと。
 そして,FF XIVの正式サービス後,同作のパッケージを購入して,先述のキャンペーンコードを登録することで,FF XIVのゲーム内シークレットアイテムが入手できるそうだ。
 FF XIIIの初回生産分,およびFF XIVのシークレットアイテムに関する詳細はまだ公開されていないので,興味のある人は今後の情報公開に期待しておこう。
 なお本日(11月12日),FINAL FANTASY XIVの公式サイトが更新(時間未定)される予定となっている。さらなる情報を求めている人は,そちらにもご注目を。

「FINAL FANTASY XIV」公式サイト

  • 関連タイトル:

    FINAL FANTASY XIV(旧)

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXIII

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月21日〜05月22日