※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
TGS 2018
号外No.1
東京ゲームショウまとめ読み!9月21日〜23日の3日間,東京ゲームショウ号外をお届け 特設ページへ
「サマーレッスン」チームが挑んだ“本物のパイロット体験”
「エースコンバット7」VRモード
ゲームパッドはオリジナルの大きさ
写真で見る
プレイステーション クラシック
VRでもスマホでも,恋愛は楽しい!?
ラブプラス EVERY
Forcus on You
今年のTGSを彩る注目タイトルのプレイレポート
Days Gone
KINGDOM HEARTS III
ドラゴンクエストビルダーズ2
破壊神シドーとからっぽの島
デビル メイ クライ 5
SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE
バイオハザード RE:2
スマホ向けロマサガの舞台は「3」の300年後
「ロマンシング サガ リ・ユニバース」発表
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[TGS 2009]「日本ゲーム大賞2009」の栄冠を手にしたのは「マリオカートWii」と「METAL GEAR SOLID 4」の2タイトル
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2009/09/24 23:15

イベント

[TGS 2009]「日本ゲーム大賞2009」の栄冠を手にしたのは「マリオカートWii」と「METAL GEAR SOLID 4」の2タイトル

司会を務めたのは,ゲームファンにはおなじみ伊集院光氏
 東京ゲームショウ2009初日の9月24日,会場内メインステージおいて,毎年恒例のイベント「日本ゲーム大賞2009」の発表授与式が行われた。この日に発表されたのは,そのうちの主要部門となる「経済産業大臣賞」と「年間作品部門賞」の二つ。

 昨年より新設された「経済産業大臣賞」は,近年に制作/発表された作品を通じて,家庭用ゲーム産業の発展に寄与したと評価される人物や団体に贈られるもの。対象がゲームタイトルではないのが特徴といえるが,今年は“モンスターハンター 開発チーム”が受賞。ビギナーとベテランが協力プレイでコミュニケーションを交わすことにより,双方にとってメリットが生まれる。同シリーズのプロデューサーを務める辻本良三氏は,そのあたりが受賞へと結びついたのでは,と語っていた。

和田洋一氏。「現行機が登場して4年,作り手・遊び手が共にハードの特性を理解してきている」と評価
モンスターハンター 開発チーム

 「年間作品部門」は,ゲームタイトルに贈られるもので,“グローバル賞”“ベストセールス賞”“特別賞”“優秀賞”の四つがある。

 “グローバル賞”は,海外において高い評価を受けたタイトルが対象で,国産タイトルと海外タイトルの2種類。国産タイトルは「Wii Fit」で,世界的に健康への関心度を高めたことが受賞へと結びついた。海外タイトルの受賞作は「グランド・セフト・オートIV」。ゲームとしての方向性はまったくといっていいほど違うのに,同じ賞を受賞しているのがユニークである。

 “ベストセールス賞”を受賞したのは,「ポケットモンスター プラチナ」。同作は日本国内で240万本,世界では566万本という凄まじい売上本数を記録している。

 続いての“特別賞”を受賞したのは,「モンスターハンターポータブル 2nd G PSP the Best」と,「わがままファッション ガールズモード」の2本。MHP2Gのプロデューサーを務める辻本良三氏は,経済産業大臣賞に続いてのステージ受賞となった。わがままファッション ガールズモードに関しては,最初に「女の子が興味を引く要素は何だろう?」と考え,そこから“着せ替え”と“お店やさんごっこ”が浮かび,それをゲームに落とし込んだ結果,新しいプレイヤー層の開拓へと結びついたのだそうだ。

 最も注目度の高い優秀賞には,11作品が選ばれる。ラインナップは以下のとおりだ。

[TGS 2009]「日本ゲーム大賞2009」の栄冠を手にしたのは「マリオカートWii」と「METAL GEAR SOLID 4」の2タイトル

・「ディシディア ファイナルファンタジー」(PSP)
・「デモンズソウル」(PS3)
・「バイオハザード5」(PS3/X360)
・「ペルソナ4」(PS2)
・「ポケットモンスター プラチナ」(DS)
・「マリオカート Wii」(Wii)
・「METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS」(PS3)
・「428〜封鎖された渋谷で〜」(Wii)
・「リズム天国 ゴールド」(DS)
・「龍が如く3」(PS3)
・「レイトン教授と最後の時間旅行」(DS)


 そしてイベントの大詰めとして,この優秀賞11タイトルの中から,最高の栄誉となる「日本ゲーム大賞」(最優秀賞)が選出された。見事その栄冠に輝いたのは「マリオカートWii」「METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS」の2本だ。大賞を受賞し,ステージに登壇したコナミの小島秀夫監督は「ゲーム制作に携わってからこれまで22年にわたって,夢を追い続けてきた。これからは夢を追うだけでなく,“育てる”ことも大切だ」と,ベテランらしい意見を述べた。


養老孟司氏
 授賞式の終了後,選考委員長の養老孟司氏がステージに登壇し,講評を述べた。その中で氏は,受賞作の多くがナンバリング作品であることについて,「マンネリ化などのネガティブな声もあるかもしれないが,私はそうは思わない。ゲームという娯楽にも古典やクラシックとして要素が定着してきているからだ」と語った。また「ナンバリング作だけでなく,ゲームを通じて健康などにも目が向けられるようになり,業界全体が大きく変わってきている」との見解を示した。
 そして「男性のクリエイターばかりがこのような表舞台で脚光を浴びている現状に対し,ゲームを一つのエンターテインメントとして見た場合,女性のクリエイターが台頭してくると,この業界はもっと広がっていくだろう」と,授賞式を締めくくった。

 ちなみにTGS 2009の一般公開日にも,日本ゲーム大賞内の別部門の発表授与式が予定されている。9月26日には「アマチュア部門」,9月27日には「フューチャー部門」の発表授与式がそれぞれ行われる予定なので,興味を持った人はイベントステージへ足を運んでみてはどうだろうか。
  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月20日〜09月21日
タイトル評価ランキング
83
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
2018年03月〜2018年09月