オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
C9 (Continent of the Ninth)公式サイトへ
  • Webzen Japan
  • WEBZEN
  • 発売日:2011/07/28
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
読者の評価
89
投稿数:70
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「C9」の最新アップデート「UPDATE二十一」でバラエティに富んだ5つの新マップが登場。第6大陸前半となる「エンドール森林地帯」を先行プレイ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/05/23 00:00

プレイレポート

「C9」の最新アップデート「UPDATE二十一」でバラエティに富んだ5つの新マップが登場。第6大陸前半となる「エンドール森林地帯」を先行プレイ

 ゲームオンがサービス中のオンラインアクションRPG「C9 [Continent of the Ninth]」(以下,C9)で2014年5月29日,大型アップデート「UPDATE二十一 第6大陸 〜前半〜 エンドール森林地帯」が実施される。
 拠点となる第4の村「アンスロット」は,2013年7月18日の「UPDATE十七 第6大陸−大樹の村と始まりの塔−」で先行実装されていたが,このアップデートでようやく第6大陸にマップが実装されることになる。
 今回,この実装に先駆けてゲームオンでプレイする機会を得たので,さっそくその内容を紹介していこう。

C9 (Continent of the Ninth)

「C9 (Continent of the Ninth)」公式サイト



レベルキャップ開放により最大レベルが67へ

新マップの難度はハードからと上級者向け


 今回のアップデートの大きなポイントは,レベルキャップの開放と新マップの実装になるだろう。

 現在のレベルキャップは65で,これがレベル67まで開放されることになる。上昇幅こそ2レベルだけだが,新装備はもちろん,スキルレベルを上げられるので,決して小さな変化というわけではない。さらに,5月15日に公開されたプレイヤー注目の「スキルブックシステムリニューアル」も今回実装される予定だ。

C9 (Continent of the Ninth)

 追加される新マップは,5つの通常マップと「地図」アイテムと引き替えに入場可能になる倉庫マップと隠しマップの合計7つとなる。

C9 (Continent of the Ninth)

 第6大陸のマップの侵入可能レベルはLv63以降で,これまでのマップとは違い,難度にノーマルがなくハード,エキスパート,マスターの3つになっている。当然だが,上位の難度にチャレンジするには,第4大陸以降のマップと同様にクエストをこなす必要がある。ただ,そのクエスト数はこれまでと比べて少なくなっているので,それほど手間はかからないとのことだった。逆にボーナスステージ的な側面のある「地図」アイテムで入れる倉庫マップと隠しマップの2つは,ノーマルのみと難度は低めになっている。というわけで,各マップの特徴を紹介していこう。

C9 (Continent of the Ninth) C9 (Continent of the Ninth)
第6大陸に出現するモンスターは,見た目こそこれまでのマップと同じものが多いが,攻撃方法は大きく異なっている
C9 (Continent of the Ninth) C9 (Continent of the Ninth)
今回のアップデートで追加されるモンスター「ラブ」は2種。左が通常のタイプで,右が槍と兜(?)を装備した攻撃的なタイプ。運営スタッフは「このキモカワイサで人気に……!」と息巻いていたが果たして?


●隠された風の谷

C9 (Continent of the Ninth) C9 (Continent of the Ninth)

 「隠された風の谷」は,第6大陸に入って最初に訪れることになるマップだ。スタート早々にタイムアタックが始まり,スタート地点からマップの約1/4ほどを2分以内に通過しないと,その場でミッション失敗扱いとなってしまう。実際にプレイしてみると少し難しく,素早い移動を心がけないと失敗してしまうかもしれない。
 いきなりの洗礼だが,腕に自信のあるプレイヤーならすぐに切り抜けられるだろうとのこと。また,それ以降は通常のマップなので,ゆっくりと攻略を進められる。

ハードのボスはモスルート。近接攻撃や突撃に加えて遠距離攻撃も行い,バランスのいい攻撃パターンを持つが,行動を読みきれば苦労せず倒せるはずだ
C9 (Continent of the Ninth)
C9 (Continent of the Ninth)


●引き裂かれた大地コデス

C9 (Continent of the Ninth) C9 (Continent of the Ninth)

 山岳地帯に設けられた敵の砦を攻める「引き裂かれた大地コデス」。ルートの途中途中にある砦には大量のオークが待ち構えているので,それらを倒して進むという「C9」らしいプレイ感が楽しめるマップだ。
 ハードのボス戦は,突き進むオークの「攻城戦車」が,門に接触する前に破壊しなければならないという一風変わったものになっている。もちろん,攻城戦車の破壊に失敗するとミッションは失敗だ。攻城戦車を攻撃中,大量の雑魚オークと,3体の中ボスクラスのオークが出現するとあって,なかなか手強いボス戦が楽しめる。

攻城戦車は一定のスピードで門に近づいていく。正面から触れるとダメージを負うので,サイドや後方から攻撃がよいだろう。邪魔をするオークも同時に処理しないといけないのでなかなか大変。攻城兵器を無事に破壊できれば,あとは周囲に残ったオークを全滅させればクリアとなる
C9 (Continent of the Ninth)
C9 (Continent of the Ninth)


●枯れ行く永遠の森

C9 (Continent of the Ninth) C9 (Continent of the Ninth)

 「枯れ行く永遠の森」は起伏に富んだ緑あふれるマップで,第1大陸のマップを思わせる雰囲気だ。道中の敵はメインのトゥガク族に交ざって,ドライアードやジュバスが遠距離攻撃を仕掛けてくるので注意。また,地面から蔓が襲いかかってくる場所もあるので,そちらにも気を配る必要がある。

ハードのボスのブラウンビアードは,HPが減ってくると攻撃方法とパターンが変化する。そのタイミングさえ見極めれば,倒すのは難しくないだろう。ただし,ボスの突進攻撃はスーパーアーマー状態なので,しっかりと回避しよう
C9 (Continent of the Ninth)
C9 (Continent of the Ninth)


●シュテルネン伐採地

C9 (Continent of the Ninth) C9 (Continent of the Ninth)

 「シュテルネン伐採地」は,伐採地というよりは渓谷に作られた砦のようなマップで,ほかに比べて行程は少し短い。坂道の上に設けられた各砦の門を抜けると,大量のモンスターが襲いかかってくる。広いフィールドを縦横無尽に動き回り,敵を倒しまくるという,いかにも「C9」らしいマップだ。なお,マップの途中に壊れた橋があり,ここから落ちるとダメージを負って,少し戻ったところからリスタートになるので気をつけよう。

ハードのボスは巨大な斧を持ったコーディ。コーディも一定の攻撃パターンがあるので,じっくりと動きを見れば安全に倒せるだろう。第6大陸に出現するボスはどれも,力押しでも倒せるが,パターンを把握するなどの工夫で,より楽に倒せるような調整になっているようだ
C9 (Continent of the Ninth)
C9 (Continent of the Ninth)


●深淵の地下通路

C9 (Continent of the Ninth) C9 (Continent of the Ninth)

 マップタイトルこそ「地下通路」だが,木の上に設けられた砦を突き進んでいくマップだ。起伏のない平坦なルートで,左右にも避けるスペースがあまりない。キャラクターの正面突破力がモノをいうマップだ。さらに狭い小部屋にモンスターが出現し続ける「異界の渦」があり,これを破壊しなければ延々と襲われ続けることになる。しかし,異界の渦のそばには強力なモンスターが待ち構えており,簡単には破壊できない。
 なお,同じ木の上を移動する「シュテルネン伐採地」と違って,このマップではルートから下に落ちる場所はないようだ。

ボスのアンブリマは突進攻撃主体の攻撃を仕掛けてくるが,誘導性能が異様に高い。一般的な突進攻撃は,ステップなどで避けてからの反撃がセオリーだが,アンブリマは突進状態のまますぐに反転して追撃してくるのでやっかいだ。突っ込んでくるところを遠距離攻撃で迎撃するか,無敵時間のある近接攻撃やセミスーパーアーマーを破壊するスキルでダメージを与えていこう
C9 (Continent of the Ninth)
C9 (Continent of the Ninth)


●茨の影の森

 入手した「破れた地図」というアイテムをNPCと交換すると入場できる,隠しマップの一つ。幽霊のような青白いモンスターを蹴散らしながら進んでいくマップで難度は低い。ドロップするゴールドが多く,まれに魔石もドロップする。

C9 (Continent of the Ninth) C9 (Continent of the Ninth)


●妖精の倉庫

 「茨の影の森」と同様に,地図を入手して入れるようになる。マップのあちこちにいるNPC「アルベリヒ」をモンスターから守ると,その背後にある宝箱を開けられる。宝箱からは分解用の装備がドロップする。

C9 (Continent of the Ninth) C9 (Continent of the Ninth)


 最後の2マップを除いたマップは,すべて難度がハードの内容だ。エキスパートやマスターになるとマップ内のステージ構成はガラリと変化する。例えば「隠された風の谷」冒頭のタイムアタックはハードだけで,そのほかの難度では発生しない。ボスも同様で,高難度のマップには住人を守る護衛ミッションがあり,守りきった人数によってボス戦で援護が発生したり,ボスが召喚した部下を倒さないとボスのHPが回復してしまうなどのギミックが存在するのだ。各マップのボスも,難度によってさまざまなギミックが用意されているので,新鮮な気持ちでボス戦が楽しめるだろう。

「隠された風の谷」のマスターに登場するボス・タドンは,ハードのボス・モスルートと違い,多彩な魔法を使いながらワープ移動でプレイヤーを翻弄する強敵だ。魔法使用時に属性のマークが出るので,それを見てどう回避するかを判断しよう。ワープの瞬間にセミスーパーアーマーを破壊するとスタンが入るので,ここぞとばかりに攻撃を叩き込むといい
C9 (Continent of the Ninth) C9 (Continent of the Ninth)


スキルブックの仕様が大幅に変更


 今回のアップデートでプレイヤーが気になる注目ポイントと言えば,冒頭でも紹介した「スキルブックシステムリニューアル」に関する内容だろう。

 スキルブックの新たな入手方法については,第4大陸以降のマップで難度ハード以上のボスを倒すと,必ずノーマルかマジックのスキルブックを1冊ドロップするようになるとのことだ。マップの難度が上がるにつれて,マジック等級のスキルブックの入手確率がアップするという。

 そして,スキルブックウィンドウに「合成」のタブが新たに追加される。ここでは「スキルブック合成」「魔力再抽選」が行える。

 「スキルブック合成」はその名のとおり,複数のスキルブックを合成することで,新たなスキルブックを1冊作り出せるというもの。最大で6冊のスキルブックを素材にでき,触媒アイテムとして「職人魂の結晶体」を加えることで,合成可能となる。

素材にするスキルブックの等級や数により,合成後のスキルブックの等級が変化するようだ
C9 (Continent of the Ninth) C9 (Continent of the Ninth)

 「魔力再抽選」は,スキルブックの魔力を変更できるというもの。スキルブック合成と同様に,魔力を変更したいスキルブックと触媒アイテム「コスモストーン」をセットして合成すると魔力が再抽選される。抽選対象の魔力の幅や,魔力が上がるか下がるか,または変化しないかは,元のスキルブックの等級によって確率が変化する。

C9 (Continent of the Ninth)


 このほかにも,これまでステージ道中のモンスターはゴールドか素材アイテムしかドロップしなかったが,今後のアップデートで第6大陸では低確率で装備品がドロップするようになるという。これも調整が終わり次第,日本サーバーに実装する予定となっている。

C9 (Continent of the Ninth) C9 (Continent of the Ninth) C9 (Continent of the Ninth)
今回のアップデートで実装される武器,防具を少し紹介。武器の青い部分や赤い部分は明滅してなかなか格好良い。今回実装されたマップにちなんでか,シルバーとグリーンをあしらったものとなっている。下段の気品あるゴールドとブルーの防具はマスター等級のものだが,仕様や実装の時期については調整中とのことだ
C9 (Continent of the Ninth) C9 (Continent of the Ninth)

 今回のアップデートで実装される新マップは,緑が多めの景色のせいもあって,なんとも「C9」序盤を思わせる懐かしさだった。一方,各マップを遊んでいると,その一つ一つが,これまでとは違ったバラエティ豊かなステージ構成になっていると感じられる。

 ここ最近の戦闘は,どちらかと言えば,プレイヤーが力押しなら,敵モンスターも数とスーパーアーマー/セミスーパーアーマーを多用した力押し戦術になっていた。しかし,今回実装されたマップには,モンスターの攻撃方法やフィールドにさまざまなギミックが組み込まれており,プレイヤーが創意工夫して戦える仕組みになっていたのだ。

 さらに,難度を変えればそれらギミックも違った構成になるわけで,新鮮な気持ちでチャレンジできるだろう。今回遊べなかったエキスパート以上のマップには,どんなモンスターとの戦いが待ち受けているのか。腕を磨きつつ,5月29日のアップデート実装に期待しよう。

「C9 (Continent of the Ninth)」公式サイト

  • 関連タイトル:

    C9 (Continent of the Ninth)

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月21日〜10月22日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年04月〜2019年10月