オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
リーグ・オブ・レジェンド公式サイトへ
  • Riot Games
  • 発売日:2009/10/27
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
読者の評価
86
投稿数:69
レビューを投稿する
海外での評価
81
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Riot Games公式のeスポーツ施設「LoL PARK」がすごい。サモナー大興奮のオープンブースアリーナを紹介
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/10/02 20:12

イベント

Riot Games公式のeスポーツ施設「LoL PARK」がすごい。サモナー大興奮のオープンブースアリーナを紹介

 2018年10月1日に開幕した,「リーグ・オブ・レジェンド」(以下,LoL)の世界大会「2018 League of Legends Worlds Championship」。このプレイインステージの会場となっているのが,韓国・ソウルにあるeスポーツ施設「LoL PARK」だ。その名のとおり,Riot Games公式のLoL用施設なのだが,これがLoLプレイヤーなら心惹かれる場所だったので紹介してみたい。

関連記事

「リーグ・オブ・レジェンド」の世界大会「World Championship 2018」初日をレポート。逆転に次ぐ逆転で,DFMは惜しくも1勝1敗

「リーグ・オブ・レジェンド」の世界大会「World Championship 2018」初日をレポート。逆転に次ぐ逆転で,DFMは惜しくも1勝1敗

 2018年10月1日,「リーグ・オブ・レジェンド」の世界大会「2018 League of Legends Worlds Championship」が開幕した。2018年の世界最強の座をかけて争う本大会で,日本代表のDetonatioN FocusMeの戦果はどうだったのか。Worlds初日に行われた,プレイインステージの模様をレポートしよう。

[2018/10/02 15:00]

リーグ・オブ・レジェンド

 LoL PARKは,ソウルのチョンガク駅を出て目の前の高層ビル「グランソウル」の3階を丸ごと使う形で作られた施設だ。9月17日にお披露目されたばかりで,大会で使われるのは今回が初となる。

ビルの2階からエスカレーターに乗ると,天井のディスプレイをドット絵で描かれたチャンピオン達が流れていく
リーグ・オブ・レジェンド リーグ・オブ・レジェンド

 3階についたサモナーを迎えるのは,「Riot PC Bang」「Cafe Bilgewater」だ。
 Riot PC Bangは,Riot Games LA Campus内にあるものに次ぐ,Riot Gamesが手掛ける世界で2つ目のPCカフェとなる。オープン日は未定だが,利用料金は1時間あたり1500ウォン(約152円)になるとのこと。座席数は101で,「その数だと,プリメイドで遊ぶのに半端じゃないの?」と思わないでもないが,「LoL」の字面に合わせた数らしい。

 Cafe Bilgewaterは,ミス・フォーチュンやガングプランクなどの設定に関わっている港町「ビルジウォーター」をモチーフにしたカフェ。今回の大会にオープンが間に合わなかったようで,まだ本格的な営業はしていない様子だったため,どのようなメニューが用意されるのか不明だ。どうせなら,「ガンクプランクのオレンジジュース」とか,それっぽいメニューが出てきてほしい気はする。

Riot Games公式のPCカフェ。壁にかけられている絵などの内装もLoL一色
リーグ・オブ・レジェンド リーグ・オブ・レジェンド
リーグ・オブ・レジェンド リーグ・オブ・レジェンド

リーグ・オブ・レジェンド
100席用意されたCafe Bilgewater。壁面のステンドグラスは,港町のビルジウォーターを表現した装飾になっている
リーグ・オブ・レジェンド リーグ・オブ・レジェンド リーグ・オブ・レジェンド リーグ・オブ・レジェンド

Worlds中は,物販も行われていた。主にWordsグッズが売っていたので,常設されるのかは不明だ
リーグ・オブ・レジェンド リーグ・オブ・レジェンド

会場現地で,チャンピオンシップ アッシュのデフォルメフィギュアのクロマ版が販売されていた。お値段は3000ウォンで。購入するとチャンピオンシップ アッシュのスキンが獲得できるシリアルコードのプレゼントも
リーグ・オブ・レジェンド

 また,LoL用施設ということで,LoLのさまざまな展示品も置かれている。3×2×2mの巨大なバロンの彫刻や,2018 LCK Summer Splitに参加したチームのユニフォームとフィギュア,LCKチームが描かれた壁画などが見られ,このあたりの“LoL一色感”みたいなものは公式施設ならでは。どこを向いてもLoL関係のものしかないので,サモナーなら勝手にテンションが上がってしまうというものだ。

リーグ・オブ・レジェンド
バロン周辺での5vs.5の集団を表現した彫刻。チャンピオン達のスキンがデフォルトではないあたり,芸が細かい
リーグ・オブ・レジェンド リーグ・オブ・レジェンド

2018 LCK Summer Splitの全10チームのユニフォームと,総勢78人のプレイヤーのフィギュアが展示
リーグ・オブ・レジェンド リーグ・オブ・レジェンド

壁画は2つあり,その前にファンミーティングゾーンが用意されている。2つのゾーンは離れた場所に設置されているのだが,これは別チームのファン同士が同一エリアに集まる必要なく話せるよう配慮しているかららしい
リーグ・オブ・レジェンド
リーグ・オブ・レジェンド

 そして,LoL PARKのメインとなるのが,韓国初の楕円形オープンブースアリーナだ。アリーナの座席数は400,立ち見席を含めた最大収容人数は500人となる。オープンブースということで,選手達はボックス内ではなく,アリーナの中央で試合を繰り広げる。一番前の席からなら,選手の画面やマウス捌きが直に見えてしまう距離で,観戦に熱が入ること間違いないしだ。
 ちなみに,そんな環境で普段どおりのプレイができるのかと思うかもしれないが,DetonatioN FocusMeのメンバーは,ヘッドセットが優秀でまったく外の音が聞こえないと話していた。

オープンブースの楕円形アリーナ。選手との距離が近い

一番前の座席からの視点はこんな感じ。「プロのカメラ操作やべえ……」というのが生で分かる
リーグ・オブ・レジェンド

両端にUSBポートとカップホルダー付きテーブルを備える座席。米国ホワイトハウスや,FCバルセロナのスタジアム,カンプ・ノウなどで採用されているFigueras社製のものだという

ブース周りの演出も非常にかっこいい。チャンピオンピックでは,選んだチャンピオンのアイコンが選手の座席の前後に表示され,試合中は選手の顔が映される。タワーやインヒビターの破壊で表示が出たり,ドラゴンやバロンの取得で照明の色が変わったりと,動画配信では楽しめない演出が楽しい
リーグ・オブ・レジェンド リーグ・オブ・レジェンド

 1つのタイトルで,これだけ大規模な施設が作れてしまうというのは驚くほかない。今回Worldsに取材にきている日本メディアは,「アリーナに入ったら絶対『おおー!』と反応してしまいますよ」と言われていたのだが,それを知ったうえで入っても,本当に「おおー!」と口から出てしまうようなインパクトだった。韓国のLoL人気が感じられると同時に,いちプレイヤーとして非常にうらやましい限りだ。
 これだけの施設を用意したからには,今後の大会などで,また会場として使われることになるはず。もし韓国に観戦にくる機会があれば,会場見学だけでも楽しみが1つ増えるだろう。

アリーナ入場時はこんな感じ
リーグ・オブ・レジェンド

「リーグ・オブ・レジェンド」公式サイト

  • 関連タイトル:

    リーグ・オブ・レジェンド

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月19日〜10月20日
タイトル評価ランキング
83
82
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
Conan Outcasts (PS4)
2018年04月〜2018年10月