オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
グランド・セフト・オートIV公式サイトへ
読者の評価
81
投稿数:9
レビューを投稿する
海外での評価
98
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ジャンクハンター吉田のゲームシネシネ団:第18回「殺られる前に殺れ! 殺人カーレース『デス・レース』が襲来!(その1)」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2008/11/06 12:00

連載

ジャンクハンター吉田のゲームシネシネ団:第18回「殺られる前に殺れ! 殺人カーレース『デス・レース』が襲来!(その1)」


画像(001)ジャンクハンター吉田のゲームシネシネ団:第18回「殺られる前に殺れ! 殺人カーレース『デス・レース』が襲来!(その1)」
 11月29日(土)に,ポール・W.S.アンダーソン監督の最新作「デス・レース」が全国公開される。この作品は1975年に作られたカルト映画「デスレース2000」から,殺人レース部分などのエッセンスを抽出し,アンダーソン監督が新しくクリエイトした作品。そのため,単なるリメイクや続編というわけではないのだ。

 さて,そんなわけでこれから数回にわたって,(シネマゲームならぬ)ゲームシネマ界のトップランナー,アンダーソン監督本人と「デスレース2000」から影響を受けたバイオレンス・カーレースな,“デスレース・チルドレン”とでも言うべき作品群を掘り起こしてみよう。
 まずは,アンダーソン監督自身が,実写映画版「モータル・コンバット」で脚光を浴びるまでの時代をクローズアップ!


 1990年代末まで,アンダーソン監督の表記は“ポール・アンダーソン”であった。しかし,ポール・トーマス・アンダーソン監督と混同されがちだったことから,ミドルネームも含めたポール・W.S.アンダーソンを名乗るようになった。ちなみにWはWilliam,SはScottだから,本名はポール・ウィリアム・スコット・アンダーソン。メチャメチャ長い名前である。
 そんなアンダーソン監督は,1965年3月4日にイギリス北部のタインアンドウィア州ニューキャッスルで誕生した。しつけに厳しい両親の目を盗み,少年時代からSFやホラー,格闘アクションなどの映画を好んで観賞し,とくにSF映画では「エイリアン」シリーズが大好きだったらしい。やがてアンダーソン監督は,映画業界を目指して映画製作コースのある名門ウォーリック大学へ進学。ここで経営学を学びながら映画研究と文学研究の学士号を取得し,1986年に卒業した。
 ニューキャッスルへ戻ると,地元の人々からバックアップを受けて映像製作を主軸にした組合を発足させる。映像製作の現場で数々の実践経験を積み,素早い編集技術が注目を集めるようになると,目指していたはずの映画業界よりもテレビ業界から多くのオファーが届き始めた。ドラマやドキュメンタリー番組を中心に,脚本と演出の双方をこなしていく過程で,「The Spiral Cage」「Speed」といったドキュメンタリー番組でいくつかの賞を獲得。こうした受賞歴が功を奏し,劇場用長編映画を監督するチャンスが舞い込む。
 アンダーソン監督と仕事を通じて付き合いのあったChannel Four Televisionが,スポンサーとして名乗りを上げたのだ。
 これを受けたアンダーソン監督は,親友のジェレミー・ボルトと1992年に制作会社Impact Picturesを設立。1993年には,無名時代のサディ・フロスト,ジュード・ロウ,ジョナサン・プライス,ショーン・パートウィー,ショーン・ビーンを起用した初の長編映画「ショッピング」を,Channel Four Filmsとの共同製作で完成させた。
 ところが,荒廃した近未来のイギリスを舞台とした,不良の若者達による過激な群像劇的内容が,保守的なイギリス映画業界では問題視され,上映禁止という羽目に……。

画像(002)ジャンクハンター吉田のゲームシネシネ団:第18回「殺られる前に殺れ! 殺人カーレース『デス・レース』が襲来!(その1)」

 そんないわく付きのショッピングだが,1994年秋には日本で開催された第7回京都国際映画祭のヤングシネマ・コンペティションで上映されている。このとき来日したアンダーソン監督は,宮崎 駿監督のジブリアニメに初遭遇し,大ファンになったらしい。さらに,秋葉原へ買い物に出かけ,日本のゲーム市場の活気を目の当たりにしたという。
 残念ながら京都国際映画祭での受賞はならなかったものの,上映後に若者達の間でカルト的な人気が高まり,こうした評判がきっかけとなって,1995年にアメリカで開催されたサンダンス映画祭では特別招待作品として上映され,注目を集めた。
 その後,ショッピングは全米で大幅カット&再編集されたバージョンがビデオのみでリリースされ,本国イギリスでもビデオリリースはされたものの18禁扱いという悲しい結果に。
 ところが,京都国際映画祭以前に海外市場へ売り出すべく,American Film Market(AFM)に出品されていたショッピングには,New Line Cinemaが目を付け,その斬新な映像センスを評価。結果,同社が制作する,対戦格闘ゲーム「モータル・コンバット」を原作とした実写映画,モータル・コンバットの監督に,アンダーソン監督が抜擢されることとなった。

画像(003)ジャンクハンター吉田のゲームシネシネ団:第18回「殺られる前に殺れ! 殺人カーレース『デス・レース』が襲来!(その1)」
 1995年に公開されたモータル・コンバットは,全米で初登場1位を記録。全世界でも1億5000万ドルもの興行成績を上げた。日本では日比谷映画をメインに上映されたものの,コアなファンにしか好まれていなかった洋ゲーの映画化というのではインパクトも弱く,大コケ……。まあそもそも,配給を担当していたGAGAも,「とりあえず劇場公開しとけ!」とでもいうような,捨て駒的な姿勢だったような気もするが。

 さて,このモータル・コンバットは,ゲームを題材にした実写映画として,史上初めて大成功を収めたエポック・メイキングな作品でもある。
 New Line Cinemaは300万ドルまでしか制作費を出さないという条件を提示していたのだが,アンダーソン監督にとってこれは,ショッピングの倍以上の予算ということもあり,得意の早撮り&編集技術を駆使すれば,余裕を持って制作できるだけの予算と映ったそうだ。実際,アメリカ,イギリス,ハンガリー,そしてタイと4か国もロケで回ったことで,「どうせ予算オーバーだろう」と見られていたが,結果的には予算はおろか撮影日数も決められた範囲内で収まり,ハリウッドのスタジオ側からの信頼を獲得することにも成功したという。

 なお,New Line Cinemaからアンダーソン監督へのオファーには,「ビデオゲームのファンが劇場に足を運ぶので,間違っても映画版『ストリートファイター』のように,ゲームの世界観を損なう作品にだけはしないでほしい」という内容も含まれていたそう。これに対してアンダーソン監督は,「波動拳の出ない作品のように,ゲームファンをガッカリさせるような映画は決して作りません!」と力強く断言したらしい。
 が,実はアンダーソン監督はそれまで,ゲームに熱中したことがあまりなかったというのだ。そこでアンダーソン監督は,寝ても覚めてもゲーム三昧の日々を送り,モータル・コンバットの世界観を勉強。コスチュームからキャラクターの持つ雰囲気に至るまで,実写映画化に向けた研究を積み重ねたのである。

画像(004)ジャンクハンター吉田のゲームシネシネ団:第18回「殺られる前に殺れ! 殺人カーレース『デス・レース』が襲来!(その1)」
 本作でアンダーソン監督がとくにこだわりを見せたのが,ボスキャラ格のゴローの造形である。もともと,腕が4本というクリーチャーっぽいキャラクターなのだが,これの造形については納得いくまで何度となく作り直したのだそうだ。筆者としても,あらゆるゲームシネマの中で,このゴローに関してはトップクラスの完成度ではないかと考えている。
 正直,ストーリー自体はたいしたことない……というか,映画の中で重要な要素ではない。しかし,グリーンバックでの合成やらCGを使っての光線技やらは,ゲームをそのまま映画化しようとしていること自体が笑えるし,映画「ストリートファイター」との差異を浮き彫りにしようという姿勢にはシンパシーを覚えたものだ。

 キャスティングでは,アンダーソン監督が映画「ハイランダー」を観て以来,一緒に仕事をしたいと思い続けていたというクリストファー・ランバートをライデン役に起用したほか,プライベートで武道や格闘術を嗜んでいるケリー・ヒロユキ・タガワを敵ボスに配役するなど,なかなか通好みなものとなっている。
 音楽に関しては,ゲームとテクノミュージックの相性の良さをヒントに,映画でもテクノミュージックを大胆にフィーチャーしたところ,見事な融合に成功。サントラが好調な売り上げを記録したことも,特筆すべきポイントだろう。

画像(016)ジャンクハンター吉田のゲームシネシネ団:第18回「殺られる前に殺れ! 殺人カーレース『デス・レース』が襲来!(その1)」
 ちなみに,テレビアニメ版やテレビシリーズ版のほか,映画の続編やスピンオフ版など,本作を皮切りにモータル・コンバットは数多くフランチャイズ展開がなされたが,アンダーソン監督が関わったのは劇場版第一作のみ。2010年公開予定の劇場版第三作では,監督としてのオファーが届いているそうだが,契約には至っていない模様。ライデン役をクリストファー・ランバートが演じることだけは決まっているようなのだが,果たして?

画像(005)ジャンクハンター吉田のゲームシネシネ団:第18回「殺られる前に殺れ! 殺人カーレース『デス・レース』が襲来!(その1)」 画像(006)ジャンクハンター吉田のゲームシネシネ団:第18回「殺られる前に殺れ! 殺人カーレース『デス・レース』が襲来!(その1)」 画像(007)ジャンクハンター吉田のゲームシネシネ団:第18回「殺られる前に殺れ! 殺人カーレース『デス・レース』が襲来!(その1)」
画像(008)ジャンクハンター吉田のゲームシネシネ団:第18回「殺られる前に殺れ! 殺人カーレース『デス・レース』が襲来!(その1)」 画像(009)ジャンクハンター吉田のゲームシネシネ団:第18回「殺られる前に殺れ! 殺人カーレース『デス・レース』が襲来!(その1)」 画像(010)ジャンクハンター吉田のゲームシネシネ団:第18回「殺られる前に殺れ! 殺人カーレース『デス・レース』が襲来!(その1)」
画像(011)ジャンクハンター吉田のゲームシネシネ団:第18回「殺られる前に殺れ! 殺人カーレース『デス・レース』が襲来!(その1)」 画像(015)ジャンクハンター吉田のゲームシネシネ団:第18回「殺られる前に殺れ! 殺人カーレース『デス・レース』が襲来!(その1)」
画像(012)ジャンクハンター吉田のゲームシネシネ団:第18回「殺られる前に殺れ! 殺人カーレース『デス・レース』が襲来!(その1)」 画像(013)ジャンクハンター吉田のゲームシネシネ団:第18回「殺られる前に殺れ! 殺人カーレース『デス・レース』が襲来!(その1)」 画像(014)ジャンクハンター吉田のゲームシネシネ団:第18回「殺られる前に殺れ! 殺人カーレース『デス・レース』が襲来!(その1)」

ドブ漬けゲームスープレックス(18)
Xbox360
「グランド・セフト・オートIV」(カプコン)

 4月末にアジア版を購入してプレイしていたんだが,セーブデータをメモリユニットに移動するときにミスってデータを消してしまってから,ずっと日本語版の発売を待ち望んでました! というわけで早速遊んでます,Xbox 360版を!
 久々のプレイだったのでマップすら覚えておらず,苦肉の策でいきなりオンラインのマルチプレイへ飛び込んで,フリープレイで意味もなく車やバイクで走り回ったり,空港へ行ってヘリコプターに乗って,リバティーシティ全体像を頭に叩き込むところからスタートしたのだが,問題が発生。
 オンラインで遊んでいたら1人用のストーリーモードをやるのが,おっくうになってしまったのだ。知らない人たちとカージャックして4人で相乗りしながら警官隊と意味なく銃撃戦を繰り広げたり,懐かしの「デストラクション・ダービー」のように車をぶつけあって戦ったりの繰り返し。このままでは目的も目標もないままリバティーシティーの住民になってしまうのでは? という懸念が。しかし,オンラインで世界中のGTA4プレイヤーと遊びながら,無駄に時間を費やしていくのも,それほど悪くないような気も……。
 際限なく満喫したいんだけど,仕事もしないとなぁ。

「グランド・セフト・オートIV」公式サイト



■■ジャンクハンター吉田(シネマゲーム研究家)■■
映画業界からは距離を置いたつもりだったのに,どういうわけだか映画イベントの司会を頼まれる機会が増えてきたという吉田氏。なんでも,11月末に岩手県盛岡市内で新会社立ち上げの記者会見を行うことが決まっていて,そちらが一段落するまでほかの仕事を受ける余裕がないそうです。が,きっと断り切れなかったりもするんだろうなぁ……。



  • 関連タイトル:

    グランド・セフト・オートIV

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2020/05/04)
グランド・セフト・オートIV Xbox 360 プラチナコレクション【CEROレーティング「Z」】
Video Games
発売日:2009/08/27
価格:352円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月28日〜11月29日
タイトル評価ランキング
94
72
原神 (PC)
68
62
VALORANT (PC)
59
原神 (PS4)
49
LOST ARK (PC)
2020年05月〜2020年11月