オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Microsoft,10キーを本体の左右に付け替えられるゲーマー向けキーボード「SideWinder X6 Keyboard」を発表
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2008/08/21 11:38

ニュース

Microsoft,10キーを本体の左右に付け替えられるゲーマー向けキーボード「SideWinder X6 Keyboard」を発表

 ドイツ現地時間2008年8月20日,GC 2008の開催に合わせる形で,Microsoftはゲーマー向け周辺機器ブランド「SideWinder」の最新作にして,同ブランド初となるキーボード製品,「Microsoft SideWinder X6 Keyboard」(以下,SideWinder X6 Keyboard)を発表した。10キーを,本体の左右どちらにも取り付けられるなど,カスタマイズ性の高さが謳われた製品だ。

Microsoft SideWinder X6 Keyboard。当たり前だが,欧米仕様なので英語キー配列となる
SideWinder

10キーユニット装着イメージ
 SideWinder X6 Keyboardの10キーユニットは,普通に10キーとして利用するだけでなく,プログラマブルなキーマクロユニットとしても利用可能。キーマクロユニットとして利用する場合は,(Shift入力なども含めると)最大30のマクロを登録可能で,さらにマクロの組み合わせは3パターン登録して切り替えられるようになっており,手動切り替え,ならびにアプリケーションと紐づけた自動切り替えがサポートされる。
 Microsoftいわく,「ゲームのために,普段使っているキーボードとは別に,ゲーム用キーボードを使うというのを,ユーザーは望んでいない」。一般的なPC用途とゲーム用途,両方のニーズを満たすため,このような設計にしたという。もちろん,10キーユニットを利用しないことも可能で,この場合には最大12個(×3パターン)のマクロを登録できるコンパクトキーボードとしても利用可能だ。

 また,SideWinder X6 Keyboardでは,ゲーマー向けとされる機能がいくつか用意されている。一部,詳細がよく分からないものもあるが,順に紹介してみたい。

  • Cruise Control Feature:特定のキー,あるいは動作を割り当てたキーを押さえ続けなくても,特定の操作をし続ける機能
  • In-game macro record button:ゲーム中にその場でマクロを登録できるボタンにより,アクションやテキストチャットなど,特定のキー操作を登録できる機能。マクロはPC側のHDDに保存されるため,ほかのプレイヤーと容易に共有できる
  • WASD Gaming keys:[W/A/S/D]キーは,プレイヤーから向かって手前側に光が漏れるようになっており,視認性が高められている
  • Quick-Launch key:一発でWindows VistaのGames Explorerを起動するボタン

 また,SideWinder X6 Keyboardでは,キーの“底”部分にバックライトが埋め込まれているのも特徴。Microsoftの調査によると,ゲーマーは薄暗い部屋でゲームをプレイすることが多いため,「赤いバックライトは標準のキー,飴色のバックライトはプログラマブルなキー」と,2色に分けて光らせることで,薄暗い環境でもキーを判別しやすくなっているという。
 バックライトの明るさは,本体に用意されたダイヤルによって制御できるとのこと。また,スピーカーやヘッドフォンなどのボリュームを調整するためのダイヤルも,バックライト調整用ダイヤルの隣に用意されている。

 米国では2008年9月に,79.95ドルで発売予定とされるSideWinder X6 Keyboard。日本国内向けには,日本語キーボード化作業があると思われるので,もう少し時間はかかるはずだが,それでも年内には発売されるのではなかろうか。期待して待ちたいところだ。

Microsoft SideWinder X5 Mouse。公開されている仕様によると,横幅が微妙に大きくなっている。サイドボタンが変わった?
SideWinder
 なおMicrosoftは,同製品と併せて,「Microsoft SideWinder Mouse」の下位モデルとして,廉価版「Microsoft SideWinder X5 Mouse」も発表している。上位モデルとほぼ同じシルエットを採用した新製品は,最高2000dpiのトラッキング解像度を持つレーザーセンサーを搭載した,ワイヤードタイプの9ボタンマウス。うち,5ボタンがプログラマブルである点をはじめ,フレームレート7080fps,トラッキング速度45ips,USBレポートレート(≒ポーリングレート)500Hzという仕様は上位モデルと同じだが,液晶パネル,重量調整など,いくつかの機能が省かれている。はっきりとは書かれていないものの,イメージを見る限り,スクロールホイールも変更されているようだ。
 北米では,SideWinder X6 Keyboardと同じ9月に,59.95ドルで発売予定となっている。


Microsftのニュースリリース(英語):
http://www.microsoft.com/presspass/press/2008
/aug08/08-20SwitchableKeyPadPR.mspx

SideWinder X6 Keyboard紹介ページ(英語):
http://www.microsoft.com/hardware/gaming/productdetails.aspx?pid=102
SideWinder X5 Mouse紹介ページ(英語):
http://www.microsoft.com/hardware/gaming/productdetails.aspx?pid=101
  • 関連タイトル:

    SideWinder

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月20日〜04月21日