オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ドラゴンネストR公式サイトへ
読者の評価
83
投稿数:244
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
次期大型アップデート“ペットシステム”の登場も明らかに。「ドラゴンネスト」のオフラインイベント「Battle Tournament 2011 in Osaka」が開催
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2011/09/12 20:23

イベント

次期大型アップデート“ペットシステム”の登場も明らかに。「ドラゴンネスト」のオフラインイベント「Battle Tournament 2011 in Osaka」が開催

「ドラゴンネスト」のオフラインイベントが大阪で開催


ドラゴンネストR
 NHN Japanは9月12日,「ドラゴンネスト」の一般プレイヤーを招いてのオフラインイベント「Battle Tournament 2011 in Osaka」を,大阪・難波のネットカフェにて開催した。
 ドラゴンネストの大阪でのオフラインイベント開催は今回が初となる。今回のイベントはゲーム大会がメインだったが,9月中に実装予定されている次期大型アップデートの新情報も発表された。

 大会の概要は,参加プレイヤーがレベル50のキャラクターを使って指定されたダンジョンに1人で挑み,クリアタイムを競うというもの。経験値やポイントではなく,タイムというところがミソで,“早く攻略する”という遊び方は,これまでのドラゴンネストではそれほど意識されていなかった部分。1秒でも短い時間でダンジョンを攻略するためのテクニックを競うというのは,出場選手・来場客ともに新鮮だったようだ。


 第1試合(予選用)として選ばれたダンジョンは「離れ島 -中央-」のノーマルモード。このダンジョンだけは,事前に公開されていたこともあり,練習を重ねてきたトッププレイヤー達の間では秒単位を競う激戦となった。

 実際にタイムアタックを行ううえで,一体どういったノウハウが必要なのか。会場でその最初の見どころとなったのは,クラス選択である。ドラゴンネストでは,基本職4種に極端な能力差はない。しかし今回はダッシュが役に立つためか,ウォーリアー系に人気が集中していたようだ。詳しいクラス内訳は以下のとおり。

・ウォーリアー系
 グラディエーター:6,ムーンロード:9,バーバリアン:3,デストロイヤー:5

・クレリック系
 ガーディアン:2,クルセイダー:4,セイント:4 ,インジクター:2

・アーチャー系
 スナイパー:2,アーティラリー:0,テンペスト:3,ウィンドウォーカー:4

・ソーサレス系
 セレアナ:3,エレストラ:1,,スマッシャー:1 ,マジェスティー:11

 クラス選択だけでなく,ダンジョンに対する知識も重要となる。地形の把握はもちろんだが,攻略のためには必ずしも倒さなくてよいモンスターもおり,これを知っているのと,そうでないのとでは結構差が出るようだ。
 さらにワンランク上を目指すとなると,スキル発動後のモーションを,エモートコマンドをただちに使うことで短縮できるテクニックが必要になってくる(いわゆるモーションキャンセル技)。1回1回は短い時間だが,積み重ねることで10秒以上の違いが出てくるのだそうだ。

ドラゴンネストR ドラゴンネストR
ドラゴンネストR ドラゴンネストR

ドラゴンネスト運営チーム 山縣周一氏
 司会を務めた運営チームの山縣氏に尋ねたところ,「離れ島 -中央-」に関しては大体“2:30〜3:00”のクリアタイムを予測していたそうだ。しかし来場客の腕前は,その上をいっていた。デストロイヤーを使うプレイヤーが2:20を叩き出し,これで決まりかと思いきや,終盤でムーンロード使いのプレイヤーが2:19で1位を奪取。秒単位の激しいタイムアックが続き,会場内は大きく盛り上がった。



ウォーリアー系が有利と思いきや思わぬ落とし穴
激戦を制して優勝したのは


 予選を潜り抜けた8名が,続いて挑戦することになったステージは「古代武器庫-西-」である。普段はパーティプレイで荒稼ぎするのに人気のステージだが,今回のようにソロプレイで,しかもタイムアタック目的という観点でのプレイは,あまり意識したことがない人も多いことだろう。そういった意地悪(?)な理由によって,このダンジョンが選ばれたそうだ。

 実際プレイした人の話によれば,見知ったエリアなはずが,普段と違った姿に変貌していたように見えたようだ。クリアタイムは大体4〜7分となり,予選を潜り抜けたような上級者にとっても苦労させられたようである。気になったプレイヤーは,これらの記録を参考にしつつ,試しにタイムアタックに挑戦してみるのも面白いだろう。

ドラゴンネストR ドラゴンネストR
ドラゴンネストR ドラゴンネストR


 決勝戦へと駒を進めた4人のプレイヤーが選んだクラスは,「ムーンロード」「バーバリアン」「デストロイヤー」「テンペスト」といった構成である。そんな4人が決勝戦で挑戦することになったダンジョンは,「ケルベロスネスト」だ。

 序盤ではウォーリアー系の3名が,強力なスキルを連発して飛ばす展開となった。しかしケルベロスネストは,これまでとは違ってダンジョン内がとても長く,ウォーリアーにとってはMPの厳しい展開が待ち受けていた。途中まではデストロイヤーが首位を独走していたが,ラスボスであるケルベロスとの戦闘中に,MPが完全に枯渇。そんななか,テンペストが急激に追い上げを見せ,最後まで結果が分からない接戦となった。ついには逆転劇が起こるかと思われたが,最終的にはデストロイヤーが“10:00”というスコアで逃げ切り優勝を果たした。

ドラゴンネストR ドラゴンネストR
ドラゴンネストR ドラゴンネストR
ドラゴンネストR ドラゴンネストR



9月に行われるアップデートの追加情報も発表


 タイムアタックの終了後に,ドラゴンネストで9月に実装が予定されている次期大型アップデートについて,新情報が山縣氏から2つ発表された。

 1つめは9月のアップデート時に,“ペットシステム”が新たに導入されるという件。詳しくは画像を見てもらいたいが,9月のアップデートでは白色と茶色の2種類が登場し,見た目以外はどちらも一緒とのこと。

ドラゴンネストR ドラゴンネストR

 このペットにおける見どころは2つあって,1つはドロップアイテムを自動的に拾ってくれること。ペットのインベントリはマイキャラと一緒なので,冒険が大分楽になりそうだ。もう1つは,ペットを呼び出している間に限り,マイキャラにバフがかかり能力が若干上昇すること。なお,ペットは共に冒険することで経験値を獲得し,レベルアップもしていくのだそうだ。
 そしてプレイヤーが気になるであろう入手方法だが,課金アイテムで実装される。ガチャではなく単品購入できるタイプなので一安心といったところか。

 続いての新情報発表は,キャラクタースロット枠について。先日に品川で行われた“ファン感謝祭”を振り返り,山縣氏が「お約束どおりキャラスロを4枠→6枠に無料で拡張したのですが……」と意味ありげに言葉を一旦切る。ここでネガティブな発表を予想したのか,すかさず来場客から「え〜」「やっぱりな〜」と残念がる声が挙がった。しかし,この日の発表は追加枠を取りやめるといった話ではなく,「8枠」に追加されることが急遽決定したとのことであった。会場内はこの日一番の盛り上がりを見せた。

ドラゴンネストR ドラゴンネストR ドラゴンネストR

 後ほど山縣氏に尋ねてみたが,もともとドラゴンネストのクラスはたくさんありすぎて,4枠では全然足りない。9月には新たにアカデミックが実装されるが,せっかくのタイミングなので,この機会にいろいろなクラスを遊んでもらいたい,という気持ちが運営側にあったようだ。それにしても無条件で8枠に拡張とは,なかなかの太っ腹。

ドラゴンネストR
 意外に思う人もいるかもしれないが,ドラゴンネストの一般プレイヤー参加型イベントは,今回が初である。そのため客層がどうなるのか気になっていたのだが,やはり想像どおり,ドラゴンネストが幅広いプレイヤーに受け入れられていることをあらためて実感できた。
 会場では,小学生が保護者同伴で来ていたり,友達に連れられてやってきた一見さんのプレイヤーが,スタッフに操作方法をレクチャーされながら挑戦していたりといった光景も見られた。決勝戦まで駒を進めるプレイヤーの中に,キーボード&マウスばかりではなく,ゲームパッドを使っている人もいた。
 それともう一つ,山縣氏をはじめとした各スタッフの,来場客に対する丁寧な対応も心に残ったイベントであった。

 今回のイベントはタイムアタックであったが,ドラゴンネストというタイトル自体は,その気になればPvEやPvP,そして今後はGvGでの大会も可能だと思われる。年内はアップデート予定がぎっしり詰まっているが,その合間を縫ってオフラインイベントを行いたいとのことなので,そのあたりも含め期待しよう。

「ドラゴンネスト」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ドラゴンネストR

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2019/02/20)
ドラゴンネスト 1stアニバーサリーパッケージ
発売日:
価格:
amazonで買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月21日〜02月22日