お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第719回「自分の足りない部分とどう向き合うか」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2023/01/26 11:00

連載

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第719回「自分の足りない部分とどう向き合うか」

画像集 No.001のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第719回「自分の足りない部分とどう向き合うか」

画像集 No.002のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第719回「自分の足りない部分とどう向き合うか」
 ネガティブな要素は必ずしもネガティブなのか? という禅問答のような話を今週はしようと思っております。若干ややこしいかもしれないので,気楽に読みたい人には先に謝っておく。すみません。
 今,この原稿を書いている時点で,私は本業のプロレスにおいて悔しい思いをしております。こうした感情は久しく抱いておりませんでした。
 というのもですね,今年の1月の時点で,ではありますが,今,まさにプロレス業界の歴史に残るようなイベントが二つ発表されております。これすなわち,武藤敬司選手の引退大会,そしてもう一つが団体の垣根を超えた軽量級の選手が集まる大会。これらの二つの大会にたぶんですが私は出ません。
 いや,自信はあるんですよ。プロレス業界のいろんな選手が集まる中で違うものを見せられる自信は。もっとシンプルに言うと,面白いモノを見せる自信は。でも,出られない。厳密には軽量級の大会のほうはまだ分かんないんだけど。私,そもそも軽量級じゃないし。
 ただ,ほかとの違いを出すためにみんなが目指さない方向を目指しているので,こういう,ほかとの比較が生まれる勝負どころでエントリーすらできないのは悔しいなーと思ったのです
 これはね,言っちゃうとジェラシーに近い感情かもしれない。で,ここからが今回言いたいことなんだけども,ジェラシー,いわゆる嫉妬って基本的にはネガティブな感情じゃないですか。ただ,このネガティブな感情は必ずしもネガティブな結果をもたらすものではないと私は考えていて。
 結局,ネガティブな感情をどこにぶつけるかで結果は変わってくるんですよね。他人にぶつけると,さらにネガティブな結果につながりやすい。自分がうまくいかなかった事実を他人のせいにするってことだから。もちろん,結果に対する正確な原因分析は必要です。ただ,人間は感情の生き物でもあり。ネガティブな感情というものは,なかなか厄介です。正しい判断を邪魔します。
 実際のところ,あまり良くない結果に対する原因はいろいろあるでしょう。ただし,自分の選択ミスや競争力が低いことで起こっているケースもすべてとは言いませんが,多々あるはずです。でもネガティブな感情を他人ではなく自分に向けると,話は変わってくるんですよ。
 簡単に比較しましょう。他人にネガティブな感情をぶつけても,自分は変わりません。逆にその感情を自分に向けた場合,自己改善が起こります。自分の強さが増すんですよ。どっちが得かは言うまでもありません。ちょっと話を戻すと,注目度が高いイベントに出られないことで生まれた嫉妬は,今となっては自分の商品力を上げることで消化するしかない。より,ほかとの違いを出さなきゃと思った1月中旬です。幸先いい一年ですよ。

画像集 No.003のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第719回「自分の足りない部分とどう向き合うか」
 で,ここからがゲイムの話です。今週は「サッカークラブライフ レトロゴール」について。このゲイムは文字どおりサッカーゲイムで,架空のサッカークラブを運営していくシミュレーション&アクションなんだけど,サッカーゲイムって今後はもうリアル路線に寄っていくんだろうなーと思っていたんです。勝手に。シミュレーションゲイムにしても,アクションゲイムにしても,よりリアルなディテールで描かないと厳しいのかな,と。そんなことはなかった。W杯の余韻で買ったこの作品だったけど,税込み800円の価値は十二分にあると言えるでしょう。
 このゲイムは,いわゆるインディーズゲイムです。ビジュアルは,お世辞にも最先端のグラフィックスだとは言えません。もちろん,実際の選手の名前などが使えるはずもなく。これはネガティブな要素です。
 でもゲイムとしては面白い。なぜかというと,リアルに寄せなかったから。もう,ゲイムだって割り切っているんですよ。実際のサッカーがどうとか,そういうアプローチではなく,サッカーというスポーツを使ったコンピュータゲイム。この割り切りからスタートしている。
 だから,操作も現実の華麗なフェイントやモーションを再現するという方向ではなく,操作感が面白いかどうかにフォーカスされている。結果,面白い。クラブ運営も,極めてシンプル。試合に勝ってお金を得て,より強い選手を獲得したり施設を強化したりする。ホントにそれだけ。サッカーの奥深さなんかは一切無視。それがいい。

画像集 No.004のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第719回「自分の足りない部分とどう向き合うか」 画像集 No.005のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第719回「自分の足りない部分とどう向き合うか」

 一見するとネガティブな要素が多いのに,結果ネガティブにならない作品と言えるでしょうね。これ,サッカーゲイムやほかのジャンルのまだ見ぬ可能性が見えた作品ですな。しっかりオススメできますよ。ゲイムにリアルサッカーを求める人にはどう映るか分からないけど,サッカーゲイムが好きなのであれば楽しめるはず。
 実名選手を収録していたり,グラフィックスやモーションがリアルだったりしていても,それはあくまで武器の一つにしかすぎず。結局作るのは人間だし,もっと言えば遊ぶのも人間なんですよね。武器を生かすも殺すも人間,自分の足りない部分とどう向き合うかも人間。そういうことなんでしょう。

画像集 No.006のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第719回「自分の足りない部分とどう向き合うか」 画像集 No.007のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第719回「自分の足りない部分とどう向き合うか」
画像集 No.008のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第719回「自分の足りない部分とどう向き合うか」 画像集 No.009のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第719回「自分の足りない部分とどう向き合うか」

 そんな感じで今週は久しぶりに本業でジェラシーを感じてしまったって話と,そのネガティブなはずの感情をどのようにポジティブに変えてやろうかと思っておるって話でした。ゲイムがいろいろ大切なことを教えてくれるのは45歳になっても同じ。今年も頑張ろう。また来週。

今週のハマりゲイム
PlayStation 5:「eFootball 2023
Nintendo Switch:「サッカークラブライフ レトロゴール
iOS:「ロードモバイル
iOS:「ウイニングイレブン カードコレクション

■■男色ディーノ(プロレスラー)■■
男色ディーノが所属するDDTプロレスは,1月29日(日)11:30より東京・後楽園ホール大会「Sweet Dreams!2023」を開催します。ディーノ選手は飯野“セクシー”雄貴選手,竹田“シャイニングボール”光珠選手とのタッグで,遠藤哲哉選手&鈴木鼓太郎選手&岡田佑介選手が持つ,KO-D6人タッグのベルトに挑みます。ディーノ選手は,「あいつらに本を買わせてやる」と怪気炎を上げていました。
  • 関連タイトル:

    サッカークラブライフ レトロゴール

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月04日〜02月05日