パッケージ
eFootball 2023公式サイトへ
  • KONAMI
  • 発売日:2021/09/30
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第713回「W杯が盛り上がったら『eFootball 2023』のプレイヤーが増えた気がする」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2022/12/08 11:00

連載

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第713回「W杯が盛り上がったら『eFootball 2023』のプレイヤーが増えた気がする」

画像集 No.001のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第713回「W杯が盛り上がったら『eFootball 2023』のプレイヤーが増えた気がする」

著者近影
画像集 No.002のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第713回「W杯が盛り上がったら『eFootball 2023』のプレイヤーが増えた気がする」
 サッカー日本代表のW杯が終わりました。W杯自体はまだ続くので楽しみは残っているのだけれど,日本代表の敗退により,我がことのように感情移入できる時間は終わったのかなという印象。
 いや,今回のW杯は「いける!」という感じではなかったところからの快進撃だったので,社会現象になるくらい盛り上がりましたね。サッカーに興味のない人にはうっとうしく感じる期間だったかもしれませんが,それでも国をあげて喜べる時期はそうそうないので,そこは目をつぶってもらえると幸いです。私も,騒ぎまではしないもののテンションは上がっていたクチなので。
 それに普段は興味のない層が興味を持つってことが,ジャンルの発展にとって重要なのでね。で,社会現象を起こすといっちょ噛みコラボ企画や便乗商法で多方面の業界が活性化するって面もありますので,日本経済にとっても悪いことだけではないはずです。ええ。先日プロレスの試合にサッカーを持ち込んで,リング上でサッカーボールを使ったマジPK戦をヤってしまった私の言い訳です

 ところで,コスタリカ戦やクロアチア戦の直後のように,応援しているチームが負けると「誰が悪かった!」と言いがちな方が多いじゃないですか。この風潮,私としてはすごく考えさせられるんですね。具体的には,負けた原因を探すときでも「誰」じゃなくて「何」のほうがいいんじゃないかなぁと思うわけです
 これ,すごく難しい問題だけどね。私も人様の前に出て評価を下される立場の人間なので,日本代表クラスの重圧ではないにせよ見ている人の評価にさらされるケースは多々あります。その立場から言わせてもらうと,「批判」と「悪口」および「誹謗中傷」は紙一重だと思うんですね。その気になれば該当者に直接言葉を届けられるこの時代だからこそ。
 批判があるということは興味を持ってもらえている証拠とも言えるから,批判自体はあって全然問題ないと選手は思っているはずなのですよ。ただ,批判と誹謗中傷は違う。
 例えば「チームとしてPK戦もやむなしの戦い方を選んだのはいいとしても,チームとしてPK戦の準備がしっかりできていたのか」や「PK戦の準備ができていないのであれば,PK戦に行く前に勝負する選択もあったのではないか」は論じられていいと思います。
 まあ,これも結果論ではあるけどね。ただ「PKを失敗した選手が悪い」「PKヘタすぎ」となると,こりゃもう悪口で。友達やなんかと対面や電話なんかで話すぶんには,まあ良いとしても,SNSに投稿した場合なんかはエスカレートしていくと誹謗中傷まっしぐらじゃないかと私は思います。もちろん,法的な話ではなくあくまで私の基準でだけど。
 ただ,PKを失敗した選手はおそらく今後,人生レベルでの悪い記憶としてそのシーンが残るはずです。絶対に。見ていたほかの誰よりも。それなのに,その失敗を他人がことさらに批判するのは違う。PKでなくても,私的には戦っている人が犯したミスを,見ていただけの人がミスとしてしつこく非難するのは,ただの悪口だと思うのですね。そんなもん本人が一番分かっとるわ。生きてりゃ,そして極限状態で戦ってりゃ,ミスの一つや二つすることはあるでしょ。問題は,なぜそのミスが起こったのか,そしてどうすればそのミスを防げたのか。ここの話だと思うんですね。
 とはいえ,これはあくまで出る側,戦う側の論理です。批判にさらされる側の姿勢として,見ている人にそこまで建設的な意見を求めていいのかという問題もあります。前述のとおり,いわゆる“にわか”の人がジャンルを活性化させ,経済を回すわけですから。詳しい人や,建設的な意見を出す人しか見ちゃいけない状況っていうのは,ジャンルにとって好ましくないからね。そこが,難しいところなのですよ。
 いち人間としてであれば,「誹謗中傷は良くないよ」とは言えるんです。ただ,言い方を選ばず言葉にすると,「何も考えずに意見を言う人」のほうが世の中には多いわけで,そういういわゆる“にわか”の感想を封じていてはジャンルの広がりを作ることはできない。
 そして一方で,「お疲れさまでした」「感動をありがとう」も嬉しい言葉ではあるけども,目標を達成できていない場合にそればかりだと,発展性が無くて良くないなとも思ったりするわけです。本当に難しい。
 かなりふわっとまとめると,そのあたりも含めて面白いんでしょうね。人間の行うエンターテイメントって。

 で,アリバイ作りとしてゲイムの話をしておくと。私,「eFootball 2023」PC / PlayStation 5 / Xbox Series S|X / PlayStation 4 / Xbox One / iOS / Android)を毎日のようにプレイしているんだけども,やはり現実のサッカーが盛り上がっていると,サッカーゲイムのプレイ人口が増えるんですよね。ソースは私の体感。

画像集 No.003のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第713回「W杯が盛り上がったら『eFootball 2023』のプレイヤーが増えた気がする」

 というのも,オンライン戦のマッチングがスムーズになったのよ。W杯までは時間帯によってはマッチングしないことも何回かあったけど,ここ最近はそんなことは皆無で。こういうリアルスポーツゲイムっていうのは,現実の競技の盛り上がりに影響されるジャンルなんだなと,あらためて思った次第です。
 となると,プロレスが盛り上がってないとプロレスゲイムが売れないわけで。ここなんですよねきっと。最近プロレスゲイムがめっきり減ったのは,つまりそういうことなんでしょう。もっと言うと,プロレス人気は日本経済の調子に比例するという私の持論があるので,プロレス復興のために日本経済には頑張ってほしいと切に思います

 話は逸れましたが,今のeFootball 2023はかなり面白いですよ。昨年のリリース時にはどうなることかと思いましたが。そこからアップデートを繰り返して,今ではかつての「ウイイレ」のプレイ感覚に戻って(?)きました。基本は無料で遊べるのでぜひ。
 あとはもう少し一人でも遊べる要素が欲しいなぁと思ったり思わなかったり。でもまあeFootball 2023に限った話じゃなく,サッカーゲイムにとって今がまさにチャンスですよね。このビジネスチャンスを生かして,サッカーゲイムファンに楽しい体験を還元してもらえるといいなぁと思った今週でした。

 そんなこんなで現実のW杯でもゲイムの世界でも,楽しい時間をありがとうというお話でした。いや,まだもう少し大会自体は続くんだけどね。私の優勝予想はブラジルと言っておきます。応援しているのは予選でいいサッカーをしていたモロッコだけど。2022年もあと1か月。楽しんでいきましょう!

今週のハマりゲイム
PlayStation 5:「eFootball 2023
Nintendo Switch:「カードファイト!! ヴァンガード ディアデイズ
iOS:「ロードモバイル
iOS:「ウイニングイレブン カードコレクション

■■男色ディーノ(プロレスラー)■■
男色ディーノが所属するDDTプロレスは,今週末の12月10日(土)17:00より,大阪・和泉シティプラザ弥生の風ホール大会「NEXTBODY presents STERNNESS 30th anniversary Vol.2 in OSAKA〜秋山準デビュー30周年記念大会第二戦〜」を開催します。が,ディーノ選手は12月21日(水)18:30からの東京・後楽園ホール大会「男色ディーノ20周年書籍出版記念(予定)大会」の前売り券の売れ行きが気になるよう。ディーノ選手によると,「12月21日に後楽園ホールに来た人は,2023年に間違いなく飛躍する」とのことです。
  • 関連タイトル:

    eFootball 2023

  • 関連タイトル:

    eFootball 2023

  • 関連タイトル:

    eFootball 2023

  • 関連タイトル:

    eFootball 2023

  • 関連タイトル:

    eFootball 2023

  • 関連タイトル:

    eFootball 2023

  • 関連タイトル:

    eFootball 2023

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月31日〜02月01日