パッケージ
eFootball 2023公式サイトへ
  • KONAMI
  • 発売日:2021/09/30
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第680回「どこからがお客さんなのか(「eFootball 2022」のアップデートに寄せて)」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2022/04/21 11:00

連載

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第680回「どこからがお客さんなのか(「eFootball 2022」のアップデートに寄せて)」

画像集 No.001のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第680回「どこからがお客さんなのか(「eFootball 2022」のアップデートに寄せて)」

著者近影
画像集 No.002のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第680回「どこからがお客さんなのか(「eFootball 2022」のアップデートに寄せて)」
 先に言っておくと,今日は答えの出ない話をします。これすなわち,どこからがお客さんなのかって話です。
 今の世の中,無料のものが多く出回っています。ゲイムなんかもそれに該当しますね。基本プレイ料金無料のアイテム課金制っていうゲイムは,スマホではもはや当たり前。コンシューマゲームでも,ちょいちょい人気作がある。
 じゃあこれらについて考えた場合,お金を払っている人だけがお客さんなのかと言えば,そうでもない。無料の範囲で遊んでいる人も、お客さんなのです。ここまではなんとなく分かる。
 では,無料でダウンロードだけしておいて,ちょっとだけ遊んで放置している人。これはどうなのか。あるいは,シリーズ作品の前作まで買って遊んでいた人が,最新作を遊んでいない状態。これはどうなのか。興味はあるけど踏み出せていない人。これは?
 ほかにも色んなケースが考えられるでしょう。でも,どこからがお客さんなのかという定義というか距離感というかは,分かりにくい時代なのかなと思う。もちろん,ゲイムだけではないんだけどね。
 情報もそう。無料で動画を見ることができる時代だから,今までなら専門の本を買わないと得られなかった情報を,無料で入手できるわけです。よくYouTuberが炎上したってニュースが出るけども,このケースの提供者とお客さん(視聴者)との距離感も,正直よく分からないんですよね。
 例えば動画で人種差別発言があったとする。動画を見ていた人が,それを悪いことだと指摘するのは正しいと思うんです。なぜなら人種差別はあってはならないものだから。ただ,ニュースになったことでその事件を知って,叩くために動画を見に行く人はお客さんにカウントされるのかどうなのか。もっと言うと,ニュースだけを見た人が動画も見ずに配信者を叩くのは……さすがにお客さんにカウントするのは無理があるんじゃなかろうか。あ,今は善悪の話をしているわけじゃないです。どこからがお客さんなのか,よく分からないって話をしているんです。
 お客さんじゃない人が商品にクレームをつけるのって,なんか違うよなーと思いつつも,例えばその商品があることによって自分が被害を受けているような場合は,そりゃクレームの一つも入れるわなとも思う。
 とくに今はSNSがあるから,お客さんのフリをできたりもする。例えばSNSで炎上した会社があったとして,そこの商品について,「もう今後一切買いません!」ってSNSで言うこともできる。本当は今までに買ったことがないし,そもそも今後も買う予定がない場合でも。あ,繰り返しますが善悪を語っているんじゃないんです。お客さんのフリができてしまう世の中で,じゃあお客さんの定義ってどこまでなんだろう? という疑問が生まれたって話です。ね,答え出ないでしょ?

画像集 No.003のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第680回「どこからがお客さんなのか(「eFootball 2022」のアップデートに寄せて)」
 で,それをなぜ感じたかってことになるんだけども,それは「eFootball 2022」PC / PlayStation 5 / Xbox Series X / PlayStation 4 / Xbox One)の“バージョン1.0.0”が配信されたから(関連記事)。これ,要は「ウイイレ」です。サッカーゲイムとして有名な,あのウイイレ。それが基本プレイ料金無料になった,と。
 実は今作,いわくがございまして。配信自体は2021年9月にスタートしたんだけども,簡単に言うとゲイム内容について多くの要望がネット上のあちらこちらで語られ,それに応えるべく昨秋に予定されていたバージョン1.0.0の配信が,この春まで延期されていたのです。
 で,予告どおりに春が来て,ようやく先週からバージョン1.0.0として再スタートを切った,と。もちろんウイイレっ子の私は遊びました。感想だけ言うと「だいぶ良くなったな」と思ったのですが。ここでふと我に返ったわけです。私,いったい何様やねん,と。無料で遊ばせてもらってるのに「だいぶ良くなったな」だなんて。
 実際,多くの指摘があったサッカー部分については「ウイイレやってんな」って思える操作性になってます。昨年秋のバージョンでは,正直ウイイレっぽさがなくなってしまってる印象でした。今作のウリは,PC,コンシューマゲーム機,スマホでのクロスプラットフォーム対戦ができるようになるってこと。そのために,一番潜在的なプレイヤーが多いであろう,スマホでの操作に最適化したものと思われるわけで。そこがおそらく従来のファンからすると、「なんで今までできていた操作ができなくなってるんだ?」と,感じてしまう要因になっていたんじゃないかと。
 実際,思ったように操作できないし,なんか選手が変な動きをするし。そして何より,遊べるモードが少なかった。まあ,バージョン1.0.0でも現段階では遊べるモードは少ないんだけどね。これに関しては今後に期待。

画像集 No.004のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第680回「どこからがお客さんなのか(「eFootball 2022」のアップデートに寄せて)」 画像集 No.005のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第680回「どこからがお客さんなのか(「eFootball 2022」のアップデートに寄せて)」
画像集 No.006のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第680回「どこからがお客さんなのか(「eFootball 2022」のアップデートに寄せて)」 画像集 No.007のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第680回「どこからがお客さんなのか(「eFootball 2022」のアップデートに寄せて)」

 ここで忘れちゃいけないのは,基本プレイ料金が無料ってこと。無料だから文句言うなってことでもないんだけど,そもそも私はゲイムに対していつから上から目線でもの申せるようになったんだ? と思い至ったわけです。私だって,見てもいない人からイメージだけで叩かれるつらさを,身をもって知っているはずなのに。でもいいんです。人前に出るってそういう仕事だから。ただ,私は「このゲイムを提供してくれてありがとう」という気持ちだけは忘れないようにしようと思っています。
 eFootball 2022のゲイム内容についての話は,おそらくまた別のタイミングですることになるでしょう。今日のところはeFootbal l2022がリスタートしましたよ,無料なので試してくださいね,お客さんをどのように設定すればいいんだろう? でもお客さんの範囲が広くなっているからこそ感謝は忘れるな,それはお客さんとしての立場からでも同じだな……ってことが言いたかったのです。

画像集 No.008のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第680回「どこからがお客さんなのか(「eFootball 2022」のアップデートに寄せて)」 画像集 No.010のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第680回「どこからがお客さんなのか(「eFootball 2022」のアップデートに寄せて)」
画像集 No.009のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第680回「どこからがお客さんなのか(「eFootball 2022」のアップデートに寄せて)」 画像集 No.011のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第680回「どこからがお客さんなのか(「eFootball 2022」のアップデートに寄せて)」

 とはいえ作品に対して「意見を言うな」ってことではない。必要以上に甘やかされたら育つコンテンツも育たなくなってしまいかねないしね。だからつまり今回は,eFootball 2022で友達と対戦したいなー早く実装してくれないかなー……という私の要望を,この場を借りてKONAMIさんに伝えたいってお話でした。一人のプレイヤーからの要望ではございますが,ご検討のほど,何とぞよろしくお願いいたします。

今週のハマりゲイム
PC:「METAL DOG
PlayStation 5:「eFootball 2022
Nintendo Switch:「トライアングルストラテジー
iOS:「ロードモバイル
iOS:「ウイニングイレブン カードコレクション

■■男色ディーノ(プロレスラー)■■
男色“ダンディ”ディーノ選手が所属するDDTプロレスは,明日(4月22日)に東京・新宿FACE大会「DDT FREE -April-」を,24日に兵庫・神戸芸術センター大会「MAX BUMP 2022 TOUR in KOBE」を開催します。ディーノ選手は新宿大会で飯野“セクシー”雄貴選手と今成“ファンタスティック”夢人選手とのタッグで,HARASHIMA選手&大鷲 透選手&坂口征夫選手と対戦します。神戸大会では,飯野選手&アントーニオ本多選手とのタッグで,堀口元気選手&大鷲 透選手&平田一喜選手と対戦予定です。「新宿でも神戸でも,立ちはだかる敵はすべてぶっつぶす」とのことでした。
  • 関連タイトル:

    eFootball 2023

  • 関連タイトル:

    eFootball 2023

  • 関連タイトル:

    eFootball 2023

  • 関連タイトル:

    eFootball 2023

  • 関連タイトル:

    eFootball 2023

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月27日〜01月28日
タイトル評価ランキング
80
72
ゼノブレイド3 (Nintendo Switch)
62
2022年07月〜2023年01月