オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
妖怪三国志公式サイトへ
読者の評価
60
投稿数:2
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第376回「ゲイムは“もし”を具現化したもの」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/04/14 17:15

連載

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第376回「ゲイムは“もし”を具現化したもの」


著者近影
 人生に“もし”はないって言うわよね。“もし”あのとき,ああしていたら……,“もし”別の選択をしていたら……。誰だって,考えてみることはあるわよね。
 だからといって,その“もし”と今とを比べることはできない。まあ厳密には比べるところまではできるんだけど,比べてもどうしようもないからね。そのとき考える“もし”って,きっと成功しているパターンを想定するものだろうから。実際には,成功するとは限らないっていうか,世の中思いどおりにならないことのほうが多いからね。想像している“もし”を,そのとき実際に選んでいたとしても,想像どおりに進んでいないケースのほうが多いと思うわよ。今までの私の経験で言うと。

 例えば,私がプロレスなんてヤっていなかったら,今頃はそれなりの収入で休日にはそれなりに楽しい余暇を過ごして,それなりの幸せを掴んでいたんだろうな……なんて,夢想することはよくあるのよね。でも,よくよく考えたら私,休日は外に出ないし,コミュニケーションに難があるし,同じところで働くのは苦手だしで,ろくな幸せを掴めている気がしないのよね。
 結局,なるようになって今の私がいる気がするのよ。なので,何が言いたいかというと,“もし”はあんた自身が生み出した最大の妄想だってこと。良くも悪くもね。ありもしないことを考えるのは,そりゃまあ楽しいわよ。妄想だから,何でも自分の思いどおりにできる。
 で,私がゲイムを好きな理由もそこにあるのよね。なぜなら,ゲイムって要は“もし”を具現化したものだから。現実では絶対にありえないことを現実の世界に存在するゲイムの中で再現できる。しかも,遊びという形で。スポーツゲイムのようにリアリティあふれる“もし”でもいいでしょう。RPGのように絶対にあり得ないファンタジーの世界で着実に成長して,世界を救うことだってできる。
 ありとあらゆる“もし”を自分の体験として遊ぶことができるから,私はゲイムが好きなのよね。しかも,最近ではもう私の想像を超えた“もし”が数多くプレイできる。私の頭では想像できなかったような世界までも体験できる。だから,最近のゲイムって面白いのよね。

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第376回「ゲイムは“もし”を具現化したもの」
 “もし”世の中のあらゆることが妖怪のせいだとしたら。それがレベルファイブの「妖怪ウォッチ」シリーズの世界。“もし”三世紀初頭の中国の騒乱期に一人の英雄として軍を率いることになったら。それがコーエーテクモゲームスの「三國志」シリーズの世界。
 そして“もし”,妖怪ウォッチと「三国志」の世界が混ざり合った新しい遊びが生まれるとしたら。それが今回紹介する「妖怪三国志」なの。妖怪ウォッチファンでもあり三國志シリーズファンでもある私が,プレイしないわけにはいかないわよね。で,実際もプレイしてまんまとハマっちまっているところなんだけど。
 どちらのファンにとっても気になると思うのよ。「結局このゲイムは妖怪ウォッチと三國志,どっち寄りなんだ?」ということが。私はね,遠慮しないわよ。どっちの作品に対しても愛があるわけだからね。その前提で,もうハッキリ書いちゃう。

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第376回「ゲイムは“もし”を具現化したもの」 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第376回「ゲイムは“もし”を具現化したもの」

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第376回「ゲイムは“もし”を具現化したもの」
 この作品は,妖怪ウォッチのシミュレーションゲイム版。そう思ってプレイしたほうがいいわ。では,どのへんが三國志なのか。ここからは完全に私の憶測よ。何一つ裏は取っていない私の妄想だから,話半分で聞いておいてちょうだいね。
 妖怪ウォッチはね,ゲイム界を統一しようとしているのよ,きっと。ここで言う統一とは,ボクシングで言う複数階級制覇のこと。妖怪ウォッチはある種,RPG部門ではチャンピオンになった感があるじゃない。知名度的にも,売り上げ的にも。で,今度は複数階級制覇に挑戦しようとしてるの。
 ゲイム界の階級って,体重じゃなくてジャンルなのよね。まずは去年の夏に「妖怪ウォッチバスターズ」でアクション部門に打って出て,成績を残した。で,今度はシミュレーション部門として今作を送り込んできたのよ!
 ただし,妖怪ウォッチにシミュレーションゲイムのイメージはない。そこで,とっかかりとして目をつけたのがシミュレーションゲイムの代名詞的タイトルである三國志シリーズなのね。シリーズもの,しかもスピンオフ作品のタイトルって実はけっこう大事でね。どういうゲイムなのか,タイトルやメインイラストといった,最初に目に入ってくるものでイメージできないと,ライト層はその作品を手に取りにくいのよね。
 実際に,妖怪三国志というタイトルから,このゲイムがシミュレーションゲイムであることをイメージすることはそんなに難しくないでしょ。そういう意味で三國志はうってつけの題材だったのよ。

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第376回「ゲイムは“もし”を具現化したもの」 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第376回「ゲイムは“もし”を具現化したもの」

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第376回「ゲイムは“もし”を具現化したもの」
 ここまでは妖怪ウォッチからの視点で語ってみたけれども,逆に三國志からの視点でモノを考えた場合。どちらからこのコラボの話があったかは知らないんだけども,三國志シリーズって硬派なシミュレーションゲイムなのよね。それがなぜ,イメージ的に対極にあるともいえる妖怪ウォッチと手を組むことを決めたのか。
 私が思うに,理由はそれこそ「イメージが対極にあるから」。そもそもだけど,三国志って面白いのよ。私が好きっていうのもあるけど,現実に好きな人はとことん好きじゃない。それぐらいのパワーがあるコンテンツなの。ただ,どうしても人を選ぶ側面がある。
 知ってみれば面白いのに,知るきっかけがない。ビジネスにしてもそうで,ある一定の熱烈なファンはいるけども,なかなかそれ以上の上積みを望みにくい。三國志ビジネスを伸ばすことを考えた場合,まずは浸透度を上げることが肝要なのよね。
 そこで,妖怪ウォッチなの。ゲイム界の中で,世の中への浸透度では名実共にチャンピオンクラスのコンテンツと手を組むことによって,今まで届いていなかった層に三國志を届けることができる。それゆえのコラボなのね。
 したがって,今回は妖怪ウォッチの世界観に三國志が乗っかったと私は見ているわ。だから正直なところ,三國志要素は最低限しかないの。ただね,妖怪ウォッチ側から見た場合,三國志シリーズへの愛がないかと言えば,そんなことは決してない。
 というのもね,ゲイムの三國志の面白さを一つ徹底して突き詰めている部分があるから。すなわちこれ妖怪武将の多さ。ゲイムの三國志の楽しみ方の一つに,武将を集めるっていう要素があるじゃない。それがちゃんと突き詰められているのよ。
 400を超える数の妖怪武将が出てきて,それを集める楽しさは,確かに三國志シリーズのそれと似ているのよね。出てくる妖怪が多いっていうのは妖怪ウォッチの魅力でもあるわけだから,それこそがゲイムとしてのコラボが意味を持つポイントだったわけね。そこに対する面白みを掘り下げているのかな,という印象。
 シミュレーションゲイムというと難しそうだと思う人は多いと思うけれども,難度に対する配慮がものすごく行き届いているのも好印象。まったくシミュレーションゲイムをプレイしたことのない人でも,きっと問題なくプレイできると思うわ。通常のステージであれば,1ステージあたり5分程度でさくっと終わることもあって,武将妖怪を集めるためについついムキになって繰り返しプレイしちゃうの。
 まとめると,妖怪ウォッチも三國志も損をしていない,上質なコラボだと私は思うわね。どうでもいいけど,キャラクターの絵柄は基本的に妖怪ウォッチのものなんだけど,一騎討ちのときになぜか三國志らしい劇画調の挿絵が入る部分が私的なツボ。“もし”私が三國志を知らない子供だったとしたら,何かしらのトラウマになっていたかもしれないぐらいにシュールなシーンなので,そこは必見ね。
 “もし”妖怪ウォッチが好きで,三國志を知らない人がいるならば。ちゃんと妖怪ウォッチなので安心してプレイしていいわ。“もし”三國志が好きで妖怪ウォッチはまだ手にしてない人がいるならば。その人もプレイしていいと私は思っている。従来の三國志的なディープさはないけど,それでもシンプルにシミュレーションゲイムとして面白いゲイムだから。

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第376回「ゲイムは“もし”を具現化したもの」 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第376回「ゲイムは“もし”を具現化したもの」

 人生に“もし”はないわ。でも,あなたに“もし”興味のあるゲイムがあるならば,この連載を読んで“もし”少しでも興味の沸いたゲイムがあるならば,プレイしてみることをオススメするわ。だって,人生は一度きりなんだから。楽しく過ごせる時間を,見過ごす手はないと思う。未来のあなたにとって,良い“もし”の時間を,今チョイスできることを願いつつ,今週は筆を置かせていただきます。

今週のハマりゲイム
(文字通りゲイムスロットにハマっているゲイム)
PlayStation 4:「信長の野望・創造 戦国立志伝」「ウイニングイレブン 2016
PlayStation 3:特殊なDVD ※死亡確認→復活予定
PlayStation Vita:「金色のコルダ4
PSP:「サモンナイト5
Wii U:「Splatoon(スプラトゥーン)
Wii:「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン
ニンテンドー3DS:「妖怪三国志
Xbox 360:「剣の街の異邦人 〜白の王宮〜

■■男色ディーノ(プロレスラー)■■
ディーノ選手が所属するDDTプロレスは,今週末の4月16日に石川・金沢流通会館大会「Road To Ryogoku 2016 in KANAZAWA〜ドラマティック・ドリーム・とり野菜〜」を,17日に新潟・アオーレ長岡大会「Road To Ryogoku 2016 in NAGAOKA〜ドラマティック・ドリーム・とちお祭り〜」を開催します。ここのところの遠征続きで,腰が悲鳴を上げているというディーノ選手ですが,「それでもみんなの笑顔が見たいから,元気に北陸へ行くわ!」と力強く語っていました。なお,試合中に腰の爆弾が爆発してしまった場合は,「それはそれで,わずか数千円で人の人生が壊れる瞬間を目撃できるチャンスなんて,またとないんじゃないかしら?」だそうです。お近くにお住まいの方は,ぜひ。
  • 関連タイトル:

    妖怪三国志

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2016/12/15)
妖怪三国志 (封入特典『コマさん孫策』武将レジェンドメダル 同梱) 早期購入者特典『コマさん孫策』フィギュアストラップ & Amazon.co.jp限定特典(内容未定) 付
Video Games
発売日:2016-04-02
価格:4500円(Amazon) / 842円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
4Gamer.net最新情報
注目記事
「黒い砂漠MOBILE」,新クラス「ダークナイト」を6月27日に実装。クイズに正解すると報酬が手に入る「GMのクイズ」イベントも開催中

 Pearl Abyssは本日(2019年6月20日),サービス中のスマホ向けRPG「黒い砂漠MOBILE」で,新クラス「ダークナイト」を6月27日に実装することを発表した。これを記念して,ゲーム内では特別な「GMのクイズ」イベントの開催ほか,新コンテンツや新地域追加を含むアップデートも実施されている。[2019/06/20]

プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月20日〜06月21日