オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第298回「わたしのゲイムショウ2014」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/09/25 19:30

連載

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第298回「わたしのゲイムショウ2014」


著者近影
 いやはや,ようやく終わったわね東京ゲイムショウ。毎年,ライターとして取材したり原稿書いたり,近年では動画配信のMCをやったりという形で参加してきたんだけど,今年はとうとう本業のプロレスをヤってしまったわ
 何がどうなってこうなったかというと,ひと言で言えば担当が大殺界に入ってしまったから。もっと詳しく言うと,毎年ゲイムショウでの4Gamerブース企画担当であり,この連載の担当でもあるTeTちゃんが病んで「ゲイムショウの4Gamerブースでプロレスをヤりたい」というトチ狂った企画を編集長に出したら通ってしまった,と。本当は却下されたうえで,「じゃあ何もヤりません!」って居直るつもりだったらしいんだけどね。
 ちなみにこの数日間で,「ゲイムショウでプロレスなんて,よくヤりましたね」という声をよくかけられるんだけど,よく考えてちょうだい。我々DDTプロレスは,オファーがあったからそれに応じただけ。企画を出すほうも出すほうだと思うけど,それを通した編集長もなかなかアレだなと思うのよ。
 だから,何がどうなってこうなったのか,の正しい答えは「4Gamerがどうかしてるから」ということになってしまうわね。残念ながら。てなわけで,今週のこの連載は,幕張メッセの一番端っこのプレハブ小屋でプロレスをヤってた東京ゲイムショウ2014について,私の視点から振り返ってみましょう。


■2014年9月18日

 TGS開幕。ビジネスデイであるこの日,プロレスの予定はなかったから,いろいろと気になるブースを回ってみたわ。そして真っ先に行ったのはセガ「龍が如く0 誓いの場所」PlayStation 4 / PlayStation 3)。ここではミニシアターという形で映像が展示されていたわ。
 だいたいTGSに出展されている試遊台でプレイできる時間は長くて15分程度なんだけど,このミニシアターで上映されていた映像は20分半ば。なんてボリューム! でもね,飽きない。大ざっぱなストーリーと,今作のキーワードである「金,女,暴力」をどうやってゲイムに落とし込んでいるかの説明。率直に言って,楽しみが膨らんだわね。きっと面白いんでしょうね……。
 シリーズを重ねるごとに感じるんだけど,「龍が如く」シリーズって,楽しさの方向性がどんどんプロレスに近付いている気がするのよね。初めての人でも楽しめるんだけど,歴史を知っているとさらに楽しいっていう感じが。
 結局,人間を描くコンテンツはこうなるのよ。人間を描くうちに歴史が生まれ,歴史が面白さに奥深さを生み出す。イヤ,非常に楽しみです。


 そして次にKONAMIブースで,「ワールドサッカー ウイニングイレブン 2015」PlayStation 4 / PlayStation 3 / Xbox One)もプレイ。とてもいい感じ。何がいいって,選手の存在感が増してる。そこに選手がいる感がパワーアップしてるの。そういう意味でフィジカルコンタクトのリアルさは高まっている。まあ,9月18日から体験版もダウンロードできるようになってるから,興味がある人はヤってみるといいわ。

 そして,次にはバランスをとるように「FIFA 15」PC / PlayStation 4 / PlayStation 3 / PlayStation Vita / Xbox One / Xbox 360)を体験すべくエレクトロニック・アーツブースへ行ったんだけど,そこそこ待ち時間が必要そうだったので,隣の「EA SPORTS UFC」PlayStation 4 / Xbox One)をプレイ。これが思いのほか面白かった。
 UFCっていうのはアメリカで人気の金網の中で行う総合格闘技のことなんだけど。何というか……感想がウイイレとかぶるんだけど存在感が増してる。ダメージの蓄積のされ方だとか,消耗の仕方だとか。そういった表現が非常にリアル。顔の変形や,打撃のスピードが低下していく感じ,ラウンドが進むと口を開けて呼吸するところ。これらがやたらリアルなのよ。やっぱり試遊ってしてみるもんでね。発売されたらおそらく購入すると思うわ。あまりにも面白かったし,いつまでたっても待ち時間が発生しなかったので,この日だけで3回は遊びに行っちゃったわ。


 そして,今回のTGSの目玉の一つ,ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアブースの「Project Morpheus」。これ,とにかく凄い。こればっかりは実際に体験しないとその凄さが分からないんだけど,これだけは言えるわ。「ドラえもん」のひみつ道具にこういうのあった気がする。
 前後左右360度すべてが電脳の世界。これはゲイムだけじゃなく,いろんな分野で応用できる気がする。22世紀級に凄いわよ。21世紀に生きてる我々であれば,誰が体験しても「凄い」という感想しか出ないはずよ。それくらい度肝を抜かれたわ。これを使ってどういうものが作り出されるのか。楽しみでしかたないわね。
 ……と,ここまで回ったところで,この日,新宿で試合があった私は幕張を離れたわ。で,試合が終わってから幕張のホテルへ戻って就寝。

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第298回「わたしのゲイムショウ2014」 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第298回「わたしのゲイムショウ2014」


■2014年9月19日

 ビジネスデイの2日目。4Gamerブースでプロレス開始。担当TeTちゃんが企画段階のとき,「ゲイムショウでプロレスをヤる必然性を作らなきゃ」って言ってた気もするけど,そんなもんあるわけもなく。ギリギリの落としどころとして,試合後に各メーカーが用意してくれたPVを流すことで,どうにかこちらの世界とあちらの世界をつなぎとめることに成功。成功? まあ,結果的に配信の内容としてはかなり面白かった気がするわ。案の定,ゲイムショウとはあんまり関係なかった気がするけど。
 ちなみに,試合の模様はDDTプロレスのニコ生チャンネル「DDTプロレスアワー」で配信したのね。……ますます意味が分からないけど。で,私はこの日,放送のMCとして働いていたんだけど。
 放送の休憩時間には,4Gamerブースの前のアークシステムワークスブースで,「ダウンタウン熱血行進曲〜それゆけ大運動会〜オールスタースペシャル」を試遊したの。ファミコン時代の楽しさが色あせず表現されていたことに驚愕。たぶん,これも買うと思う。
 ゲイムジャンルも「はちゃめちゃスポーツアクション」らしいよ。「しっとりパウンドケーキ」と同システムのネーミング。「スポーツアクション」だけじゃダメだったのかしら。ちなみに,この日もEA SPORTS UFCをプレイ。操作したヴァンダレイ・シウバが,現実の世界でも引退を発表。なんたる偶然。



■2014年9月20日

 一般公開日初日。この日も4Gamerブースでプロレス。私はMC。どうでもいいけどこの日の朝,隣のファミ通ブースに一瞬だけ出演し,メディア戦争を仕掛けたわ。今にして思えば,あれはその後に起こる惨事の序章だったのね。そしてEA SPORTS UFCの試遊に行こうとするも,少し行列ができていたのを見てほっこり。プレイせずに4Gamerブースに戻る。
 そして,16:00から満を持して私の試合。しかし,ここから頭を打ったわけでもないのになぜか1時間分の記憶を喪失。何があったのかしらねえ。覚えてないから分かんな〜い。ただ,申し訳ない気持ちがあることは明記しておくわ。その節はご迷惑をおかけいたしまして,申し訳ございませんでした。



■2014年9月21日

 TGS最終日。でも,私は栃木県小山市で試合。

男色ディーノ&大石真翔●(11分50秒 エビ固め)彰人○&MIKAMI

 完全なる敗北。


 私のゲイムショウはこんな感じ。心残りとしては「バイオハザード リベレーションズ2」PC / PlayStation 4 / PlayStation 3 / Xbox One / Xbox 360)「大逆転裁判 −成歩堂龍ノ介の冒險−」あたりをチェックできなかったことね。だって,カプコンブースはあまりに盛況だったんだもん。
 あとは,試遊してないけどバンダイナムコゲームスの「藤子・F・不二雄キャラクターズ 大集合!SFドタバタパーティー!!」Wii U / ニンテンドー3DS)が気になったわね。ほら,私は「藤子不二雄ワイド」を見て育った世代だから。ウルトラBは結局何をしに宇宙からやってきたのか分からないままアニメが終わっちゃったから,このタイトルで謎が解けるといいな。でも,実際ちょっと気にはなっているわね。面白そう。
 少し真面目な話をすると,この「面白そう」が,ゲイムショウの意義だと私は思うのよね。会場に来ると,目当てのゲイム以外にもいろんなゲイムの情報が目や耳に飛び込んでくるの。で,知らず知らずのうちに「面白そう」って思っちゃう。興味が出てくるのね。これって実際に会場まで足を運ばないと分からない感覚でね。ノーマークだったゲイムでも,いざゲイム画面を見てみると面白そうだったりするのよ。
 きっと東京ゲイムショウってそういう場所なの。出展社は「面白そう」だと思わせる工夫をする。来場者は「面白そう」を探す。そうやって,新しい出会いが見つかる。そう。言い換えると,東京ゲイムショウは出会いの場なのよ。新しいゲイムとの。
 実際に足を運べる人だけじゃないとは思うの。でも,楽しもうとする,楽しませようとするその心こそが,東京ゲイムショウの根幹なんじゃないかな。今年はろくに回らずプロレスをヤってた私が言うのもアレだけど。
 ……だから,楽しませようとしただけなんです私も。それが結果的に怒られてしまっただけで。悪気はないんです。来年も行きたいんです。東京ゲイムショウに。なので,ね? そこら辺を汲んでいただけると幸いです。そんな感じです。では,ゲイムショウ! また来年会いまショウ! ……ダメ?

今週のハマりゲイム
(文字通りゲイムスロットにハマっているゲイム)
PlayStation 4:「無双OROCHI2 Ultimate
PlayStation 3:「魔都紅色幽撃隊
PlayStation Vita:「俺に働けって言われても 乙 HD
PSP:「サモンナイト5
Wii U:「ゼルダ無双
Wii:「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン
ニンテンドー3DS:「メゾン・ド・魔王
Xbox 360:「剣の街の異邦人 〜白の王宮〜

■■男色ディーノ(プロレスラー)■■
ディーノ選手が所属するDDTプロレスは,今週末の9月28日,後楽園ホール大会「DDTドラマティック総選挙2014最終投票日〜最後のお願いスペシャル〜」を開催します。ディーノ選手は,DDT EXTREME級王者として,彰人選手の挑戦を受ける予定。ちなみに彰人選手は,「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」を購入したその日のうちに,全キャラクターを出現させていたとか。ディーノ選手は「二度とスマブラをできないようにぶっつぶす。だって,私がまだ買ってないのに……」と言っていました。大人なんだからそんなこと嫉妬してないでとっとと買えばいいのに。
  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月20日〜02月21日