オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
SteelSeriesの新作マウスは「Kana」。巨大なサイドボタンが特徴の光学センサー搭載マウスが登場
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/01/11 10:00

ニュース

SteelSeriesの新作マウスは「Kana」。巨大なサイドボタンが特徴の光学センサー搭載マウスが登場

 SteelSeriesは北米時間の2012年1月10日,光学センサー搭載の新作ワイヤードマウス「SteelSeries Kana」(以下,Kana)と,「SteelSeries Kinzu Optical」(以下,Kinzu)の後継製品となる「SteelSeries Kinzu v2 Pro Edition」(以下,Kinzu v2 Pro),「SteelSeries Kinzu v2」(以下,Kinzu V2)を発表した。これらは,ラスベガスで開催されている「2012 International CES」に合わせて明らかにされたものだ。
 いずれもSteelSeries公式サイトでは販売が始まっており,直販価格は順に49.99ドル44.99ドル39.99ドルとなっている。

SteelSeries Kana(Black)
SteelSeries Kinzu v2 Pro Edition(Glossy Black)
SteelSeries
SteelSeries Kinzu v2(Rubberized Black)


SteelSeries Kana


 「Ikari」(怒り),「Xai」(才),そして「Sensei」(先生)と,いろいろな意味でインパクトのある日本語由来の名前が付けられてきたSteelSeries製マウスだが,今回は「Kana」である。その由来は明かされていないものの,なんとなく「かな入力」の「かな」が真っ先に思いつく。……なんというか,あまり格好よく感じないのは筆者だけだろうか。

カラーはBlack,Whiteの2種類。Blackは,マウスのデザインを8種類の候補から投票で決定する「Designed by Gamers」キャンペーンを実施した結果,最も票を集めたため,製品化が決定されたのだそうだ
SteelSeries SteelSeries

SteelSeries
 それはさておき,まずは形状から確認していこう。Kanaは,「SteelSeries Sensei」(以下,Sensei)やKinzuのように,左右対称のボディを持つワイヤードマウスだ。本体サイズは64(W)×124(D)×37(H)mmとなっており,ちょうどSenseiとKinzuの中間といえる大きさである。
 重量は公称72g。おそらく,これはケーブル重量を含めない数値だと思われるが,それでも軽量なマウスといえよう。

 搭載ボタンは,左右メイン,センタークリック機能付きスクロールホイール,ホイール手前×1,左右サイドそれぞれ×1の計6個となっている。
 その中でも面白いのは,サイドボタンの形状だ。このボタンは「XL-sized」とされており,その謳い文句どおりかなり大きめに作られている。持ちやすさや押し心地,“誤爆”せずに押せるのかなど,使い勝手はかなり気になるところである。

横から見た製品写真。サイドボタンの大きさは一目瞭然だ
SteelSeries

 搭載する光学センサーのスペックは,トラッキング速度130IPS,フレームレート3600fps,トラッキング解像度最大3200DPI。さすがにSenseiのような数値上のインパクトはないものの,光学センサー搭載モデルとしては十分な仕様といえそうである。

 全体的には,SteelSeriesらしい持ちやすそうな左右対称の形状や,小さ過ぎず大き過ぎもしないサイズ,軽量な重量など,押さえるべき点をきっちり押さえてきた製品という印象を受ける。
 特徴的なサイドボタンの実用性次第で評価は分かれそうだが,光学式マウスの新たな選択肢として,なかなか面白い存在になりそうだ。

●SteelSeries Kanaの主なスペック
  • 基本仕様:光学センサー搭載ワイヤードタイプ
  • ボタン:左右メイン,センタークリック機能付きスクロールホイール,ホイール手前×1,左サイド×1,右サイド×1
  • トラッキング速度:130IPS
  • 最大加速度:30G
  • 画像処理能力:3.7Mpixels/s
  • フレームレート:3600fps
  • トラッキング解像度:400/800/1600/3200DPI
  • レポートレート:1000Hz
  • リフトオフディスタンス:2mm
  • データ転送フォーマット:16bit
  • 本体サイズ:64(W)×124(D)×37(H)mm
  • 重量:72g(ケーブル重量を含むかは未公開)
  • マウスソール:テフロン
  • ケーブル長:約2m
  • 対応OS:Windows 7/Vista/XP/2000,Mac OS X


SteelSeries Kinzu v2 Pro Edition

SteelSeries Kinzu v2


ボディ形状や重量,ボタン構成などは,Kinzuから変更されていない
 Kinzu v2 ProとKinzu v2は,いずれもKinzuの搭載する光学センサーを新たなものに変更した製品だ。Kinzuの光学センサーのスペックがトラッキング速度75IPS,フレームレート9375fps,トラッキング解像度最大3200DPIだったのに対して,Kinzu v2 ProとKinzu v2は順に65IPS,3600fps,最大3200DPIとなっている。
 数値的にはスペックダウンしているように見えるが,Kinzuのセンサーは挙動に不安があったことを考えると,そのあたりを改善してきた製品なのかもしれない。
 また,SteelSeries製品最新の設定用ソフトウェア「SteelSeries Engine」に対応していることも,ポイントの1つとして挙げられそうだ。

 Kinzu v2 ProとKinzu v2の違いは,前者のボタンのみにオムロン製スイッチが搭載されていること,そして前者のカラーがGlossy Black,Metallic Silver,Redになのに対して,後者はRubberized Black,White, Orange, Yellowになっているということだ。そのほかの部分でスペックに違いはないので,少し価格が高くなってでもスイッチやカラーにこだわりたい場合は,Kinzu v2 Proを選ぶことになるだろうか。

SteelSeries Kinzu v2 Pro Edition(Metallic Silver)
SteelSeries Kinzu v2 Pro Edition(Red)
SteelSeries
SteelSeries Kinzu v2(White)
SteelSeries
SteelSeries Kinzu v2(Orange)
SteelSeries
SteelSeries Kinzu v2(Yellow)

●SteelSeries Kinzu v2 Pro Edition,SteelSeries Kinzu v2の主なスペック
  • 基本仕様:光学センサー搭載ワイヤードタイプ
  • ボタン:左右メイン,センタークリック機能付きスクロールホイール,ホイール手前×1
  • トラッキング速度:65IPS
  • 最大加速度:30G
  • 画像処理能力:3.7Mpixels/s
  • フレームレート:3600fps
  • トラッキング解像度:400〜3200DPI
  • レポートレート:1000Hz
  • リフトオフディスタンス:2mm
  • データ転送フォーマット:16bit
  • 本体サイズ:64(W)×117(D)×36(H)mm
  • 重量:77g(ケーブル重量を含むかは未公開)
  • マウスソール:テフロン
  • ケーブル長:約2m
  • 対応OS:Windows 7/Vista/XP/2000,Mac OS X


「SteelSeries Kana」製品情報ページ

「SteelSeries Kinzu v2 Pro Edition」製品情報ページ

「SteelSeries Kinzu v2」製品情報ページ

  • 関連タイトル:

    SteelSeries

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月12日〜12月13日