オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
タルタロス:リバース公式サイトへ
読者の評価
85
投稿数:107
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
【PR】もうこれで迷わせない! 「TARTAROS-タルタロス-」非公式プレイガイド
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/01/23 12:00

広告企画

【PR】もうこれで迷わせない! 「TARTAROS-タルタロス-」非公式プレイガイド


 「TARTAROS-タルタロス-」(以下タルタロス)は,シーアンドシーメディアがサービス予定のオンラインRPGだ。コンシューマRPGのような可愛らしいキャラクターが目を引くのだが,実はノンターゲッティング戦闘を採用したアクション性の高いタイトルでもある。
 現在はオープンβテストの真っ最中で,このところ4Gamerの“注目タイトルランキング”で首位をキープ。時間帯によっては,ログイン時に入場待ちすら生じてしまうほどの盛況ぶりで,これから春にかけて注目の一作といってよいだろう。

 タルタロスは,ライトからコアまで幅広いプレイヤー層が遊べるゲームなのだが,従来のオンラインRPGとは少し違ったシステムが多く採用されている。そのため,初プレイだと100%使こなすのが難しい要素もあったりする。そこで今回は,ゲーム序盤の流れに沿う形で,各システムの要点をレクチャーしていきたい。「そういえば最近4Gamerでよく目にするタイトルだなぁ」という程度の認識の人も,これを機にタルタロスを始めてみてほしい。

タルタロスは,現在オープンβテスト中だ。原稿執筆時点では二つのサーバーが稼動しているが,時間帯によってはログインすらままならないほどの賑わいを見せている
タルタロス:リバース


使用可能なキャラクターがどんどん増える!

まずはゲームモードの違いをチェック


 タルタロスでは,ゲーム開始後間もない段階で特徴的なシステムが数多く登場する。その中でも,まず最初に注目してほしいのは「プレイヤーが操るキャラクターは一人だけではない」というところ。ゲームの開始直後でも,“ソーマ”と“シュバルマン”の2名が使用できる。

タルタロス:リバース

 さらに少しゲームを進めて,チュートリアルが終わった段階で,“イリシア”と“ピンコ”も仲間に加わっている。その後もシナリオを進めることで,プレイ可能なキャラクターがどんどん増えていくのだ。
 もちろん,キャラクターごとに能力値やスキルなどの特性は異なり,レベルや装備だって別々なので育成ボリュームはたっぷりだ。

タルタロス:リバース タルタロス:リバース
メインシナリオを進めることで,新たなキャラクターが仲間に。さらに進めていくとその章のストーリーの“エンディング”を迎えるのも特徴

自由にキャラクターを変えられるため,“プレイヤーキャラクター名称”の意味合いがほかのゲームとちょっと違う。どちらかというとチーム名称のような感じだ
タルタロス:リバース
 タルタロスでは,これらの手持ちのキャラクターの中から,誰でプレイするのかを自由に選べる。自分のプレイスタイルや好みに合ったキャラクターを探して,存分に遊び込んだり,パーティの状況などに合わせて自在にキャラを切り換えて楽しんだりできるのが,タルタロスの大きな魅力である。

 しかも,一部のゲームモードによっては,複数のキャラクターを“同時に”操って遊ぶこともできる。これは“マルチキャラクターコントロール”(略してMCC)というシステムで,あらかじめエントリーさせた3名のキャラクターで陣形を作り戦っていく。陣形といっても難しいことはまったくない。実際にプレイヤーが操作するのは1名のみで,局面によって操作キャラを切り換え可能。そのほかの2名はAIによって勝手に動いてくれる。お手軽にパーティプレイの醍醐味を味わえるというわけだ。

MCCでは3体のキャラクターを同時に使用する。画面右下に三つの円をつないだ陣形があり,ここで管理していく
タルタロス:リバース

プレイヤーが操作するのはリーダー役のキャラクターだけ。ほかの二人は,三角形の陣形を保つようにしながら勝手に戦ってくれる
タルタロス:リバース タルタロス:リバース

 タルタロスは,ゲームモードによって,プレイヤーが操作するキャラクターの人数が違ってくるので,ここはしっかり押さえておこう。要点をざっくりと説明すると以下のとおりだ。

●シナリオモード(シナリオクエスト)
 プレイヤーが使用するのは3キャラクター(操作は一人)。シングルプレイ専用
●ミッションモード(一般クエスト含む)
 プレイヤーが使用するのは1キャラクター。シングルプレイ&マルチプレイも可能

 シナリオクエストとは,ゲームのメインストーリーを進展させるものだ。村にいるNPCのうち,頭上に☆マークが付いている人からもらえる特別なクエストである。ストーリーは,コンシューマRPGライクな雰囲気で,チャプターごとにエンディングも用意されている。また,シナリオクエストを進めることで新たなキャラクターが仲間に加わり,移動できるエリアも広がったりする。

シナリオクエストは☆マークを頼りに
タルタロス:リバース

シナリオクエストではキャラクター達が音声で喋ってくれる。全体的にコンシューマ系のRPGによく似た雰囲気だ
タルタロス:リバース

 シナリオクエスト以外の一般クエストは,一般的なMMORPGと同じタイプで,「!」マークをつけた人から受けられる。実態としては,後述のミッションモードの特殊なものという感じだ。主にソロプレイでアイテムをもらったり,経験値を稼いだりするのに使われる。シナリオクエストと違って,ゲームの進行上必須というわけではないものの,クエストの経験値はおいしいのでぜひこなしておこう。

一般クエストは「!」マーク。一般クエストのシステムは,一般的なRPGタイトルに近い。一人の操作に専念できるのでプレイしやすいだろう
タルタロス:リバース

Tips
 一般クエストは,完了報告時に使用しているキャラクターに経験値が与えられる。そのため,いつも使っているキャラクターでクエストを消化し,ミッションマップから村に戻ってきた段階でキャラ変更をすれば,別のキャラクターのレベルを効率よく上げることができる。ただし,こればかりやっていると,キャラの操作がおぼつかなくなるので注意。


村にいるとき画面右側に出る,この部分がミッションモードの入り口だ
タルタロス:リバース
 ミッションモードは,一人でもプレイは可能だが,基本的にはパーティプレイを前提とした狩りのモードだ。村に移動したときに右側に出てくるメニューから狩り場を選択し,ゲーム開始ボタンを押せばミッションが開始される(操作できるのはパーティリーダーのみ)。レベルアップに励んだり,マルチプレイを楽しんだりするものだと受け止めておけばよいだろう。
 一度クリアしたミッションは,さらに高難度のものにも挑戦できるようになるので,人数やパーティの状況にあわせて適正な狩り場が選択できる。

 ゲームプレイの流れとしては,まずシナリオクエストを中心に進めていき,「ちょっと敵が強いかな……」と感じたら,ミッションモードで修行を積んでみるのがよいだろう。

村ごとに数多くの狩り場とミッションが用意されている。クリアすると同じミッションの高難度のバージョンに挑戦できるようにもなる
タルタロス:リバース

ノーマルミッションのほかにも,対戦や特別なミッションなど,さまざまなゲームモードがあって,遊びきれないくらいのボリュームがある
タルタロス:リバース


四つのキーを組み合わせてさまざまなスキルを発動

序盤の秘訣は“押しっぱなしコンボ”


四つのキーを組み合わせてアクティブスキルを繰り出していく。多くのスキルをサポートするため,同時押しや,ページ切り替えのシステムもある
タルタロス:リバース
 続いてはキャラクターのアクション部分を見ていこう。タルタロスの戦闘はノンターゲッティング方式で,攻撃は基本的にキャラクターの正面方向に行われるので,スキルなどの使用時はちゃんと狙いを定める必要がある。とはいっても,例えばFPSのように,シビアな照準合わせが求められるわけではなく,ある程度の範囲を持った攻撃が多いので,一般的なアクションゲームのような感覚でプレイしても大丈夫だろう。

 タルタロスならではの特徴といえるのは,攻撃スキルの使用時に「J/K/L/;」の四つのキーを用いること(デフォルト左手モードの場合)。
 複数のキーの同時押しで発動するスキルも多く,右手の操作が結構忙しくなる。ちなみに移動は「W/A/S/D」で,プレイ中は両手をキーボードのホームポジションあたりに置くような形になる。このあたりは結構新鮮だ。

 なお,[短縮キー設定]で確認できるキーコンフィグの設定画面には,操作システムが2パターンが登録されている。デフォルト右手モードでは,カーソルキーでの移動&「Z/X/C/V」キーでの攻撃と,国産のアクションゲームなどに多い(?)設定となっている。自分に合ったほうを選び,さらに必要に応じてキーカスタマイズを行っておくとよいだろう。

タルタロス:リバース タルタロス:リバース

 同時押しなどもあるため,最初はスキルの使い分けに手こずるかもしれないが,落ち着いてプレイすればそれほど難しくはない。攻撃用で通常使用するのは三つのキーだけなので,キー配置を体で覚えてしまえば,思っていたよりもサクサク進められるはず。
 ただ,それとは別に,ゲームの序盤から四人ものキャラクターが登場するため,各スキルの性能を覚えるのが大変かもしれない。最初は四人の中からどれか一人の操作に専念して,何度か一般クエストを行いつつ,各スキルをチェックするのがいいだろう。

スキルの種類が多いうえ,新たなキャラクターが仲間に加わる。早い段階でお気に入りのキャラを決めておくとプレイしやすい
タルタロス:リバース


クールダウンタイムに注意:スキルを使いこなそう


 戦闘中に気をつけてほしいのは,大半のスキルには使用後にクールダウンタイム(再使用可能までの時間)が設けられていること。数秒から数十秒と結構長いが,タルタロスでは大量のモンスターと戦うことが多いため,スキルを無計画に使っていては,たちまち取り囲まれてしまう。

実は最強クラスの威力を誇るナギの召喚魔法。強力なスキルは総じてクールダウンタイムも長めとなっている。これだけで戦っていくというのはちょっと厳しい
タルタロス:リバース

 では,実際にどうすればよいのかだが,「J」キーによる基本攻撃スキルをメインに使うことを強くオススメしたい。というのも,最初の四人に限り,Jキーのスキルはクールダウンタイムがゼロに設定されているのだ。これを利用した“押しっぱなしの連続コンボ”がとても強力で,極端な話,ゲーム序盤はこれだけでもクリアできてしまうほどだ。

押しっぱなしコンボはとても重宝する。Jキーを押しながら移動キーを押すと,その場で方向転換できることも覚えておこう
タルタロス:リバース

 Jキー以外のスキルでは範囲攻撃などが行えるので,使いどころがキマれば非常に強力だ。具体的なテクニックとしては,複数の敵と戦う際に,しばらくの間逃げながら敵を一か所にまとめて,範囲攻撃系のスキルを発動! すると一網打尽にできたりする。こういったスキルの使い分けを念頭においてプレイしていくと,タルタロスはどんどん面白くなってくる。

範囲攻撃やバフ,デバフなどの新たなスキルを覚えていく。押しっぱなしコンボの合間に使っていくと強力だ
タルタロス:リバース

 また,「;」キーの動作も特徴的だ。スキルの少ない序盤では重要ではないのだが,これは簡単にいうと,スキルスロットを切り換えるためのもの。「気合」(キャラによって表現は異なる)を入れるとより強力なスキルが使えるといったイメージとなる。
 攻撃用の3キーでは,同時押しを含めて6種類のスキルが利用できるのだが,スキルが増えてくると,2段め,3段めのスキルスロットに配置され,気合キーをやや長押しにすることでスロットを切り換えることになる。より強力なスキルを使うためには,ぜひとも使いこなさなければならなくなるので,頭の片隅に入れておこう。

 キャラクターによっても得意な戦術は違ってくるので,いろいろと研究してみてほしい。なにせタルタロスにはMCCという要素があるので,複数のキャラクターを育成していくことは無駄にはならない。すべてのキャラクターを育てる必要はないのだが,次のシナリオクエストを進めるためにも,最低三人のキャラクターを鍛えておくのは必須といえるだろう。

「;」キーのスキルは“気合”と呼ばれるタイプ。一時的にスキルスロットを別のページに切り替えるもので,中盤以降で重要となる
タルタロス:リバース


キャラが増えると? 基本スキルを把握しよう


 なにはともあれ,最初に使える四人のキャラクターの操作について,ごく簡単に紹介していこう。序盤で使えるようになる,“気合”キーを使わない6種類のスキルも表にしたので,参考にしてみてほしい。
 これらの4キャラクターの大まかな傾向は,「ソーマ:中距離タイプ」「シュバルマン:近接タイプ」「イリシア:近接タイプ」「ピンコ:近接/遠隔両用タイプ」といったところ。お手軽に操ることができ,アクションRPGが不慣れな人でもプレイしやすいだろう。

■ソーマ
以下,掲載されている一部のスキルは,スキルポイントを使ってアクティブにする必要があるので注意
タルタロス:リバース

■シュバルマン
タルタロス:リバース

■イリシア
タルタロス:リバース

■ピンコ
タルタロス:リバース

 すでに述べたように,シナリオクエストを進めていくと,使用できるキャラクターがさらに増えていく。最初の四人はどれも比較的使いこなしやすいキャラクターなのだが,それ以降のキャラクターはだんだんと個性的なものが増えていく。
 押しっぱなしコンボが使えない場合もあるが,立ち回りを気をつけることで,従来のキャラクターでは行えない芸当ができたりするのだ。とくにその傾向が激しい例として,最近実装されたばかりの“クロモド”については,先日のプレイレポートで詳しく解説しているので,もし興味を持ったら,こちらの記事にも目を通してみてほしい。

画像は左から「アエルロト」(マジックナイト:万能タイプ),「ナギ」(サモナー:回復タイプ),「クロモド」(ウィザード:魔法使いタイプ)
タルタロス:リバース タルタロス:リバース タルタロス:リバース


パーティプレイの注意点


広場のマップ。広場はどこから移動しても共通となっている。人数が多くなるとどんどんチャンネル分けされていくので注意。パーティで一緒に移動してきても,同じチャンネルに入るとは限らない。ミニマップの「+」ボタンでチャンネルの移動が可能だ
タルタロス:リバース
 ゲーム展開はシナリオモードに沿っていくものの,次のシナリオへとゲームを進めていくには,一定のレベルが必要であり,どうしてもミッションモードに数多く挑戦するようになるだろう。そうなると,パーティプレイの機会も増えてくる。
 タルタロスでは,パーティ募集の情報を検索できるシステムが搭載されているのだが,パーティ募集自体が結構独特なシステムとなっているので,ここで要点を絞って簡単に補足しておきたい。

 まず,タルタロスには「広場エリア」と「村エリア」がある。前者は,いわゆるMMOのエリア,後者はMOのエリアとなっている。広場への移動は,ワールドマップを表示して左上の「広場に入る」ボタンで行うことができる。

ワールドマップから,各村に移動。広場への移動は左上のボタンから
タルタロス:リバース

広場は大勢のプレイヤーで賑わっている。オンラインゲームでいうところのロビー的なエリアに相当するものだ
タルタロス:リバース

 そしてプレイヤーがクエストなどで村エリアへ移動すると,「一人でパーティを編成して自分がリーダーの状態」となる。インスタンスエリアなので,村エリアではほかのプレイヤーと遭遇しなくても驚かないように。

村へ移動した時点で,自分専用のMOエリアが生成される形になっている。これらの各村では,シナリオクエストや多くの一般クエストが受けられる
タルタロス:リバース

 では,どのようにして複数人でのパーティを編成するかだが,現在のパーティ設定画面を開いてみよう。そこでは人数制限が,最初は「1名/1名」と記されているはず。この枠を広げることで(最大4名),ほかのプレイヤーが自由に参加できるようになるのだ。一般的なオンラインRPGのように,パーティリーダーが参加の可否を決めるのではなく,参加するメンバーがいきなり飛び込んでくるというのがちょっとユニークだ。

パーティ設定画面の人数制限を増やすことで,ほかのプレイヤーが参加できるようになる。イニシアチブが“参加する側”にある点に注目
タルタロス:リバース

 募集する側は,「エリア名,レベル数,一般クエストの難度」あたりの情報を事前に記入しておくと,参加する側にとっての目安となりやすい。ほかのプレイヤーの募集例を参考にしよう。また,参加する側はいきなり入る形となるので,最初にチャットで一言挨拶しておくとよいだろう。
 タルタロスでは,ミッションモードが中心となってくると思われるのでパーティプレイは欠かせない。自分がプレイしている村に関連した絞り込みを行えば,適正レベルのパーティをみつけやすいだろう。ほかのゲームとちょっと勝手が違う部分もあるが,序盤ではさほどシビアな操作は要求されないので気軽にミッションに参加してみるといいだろう。

リーダーがエリア移動などを行うと,ほかのメンバーは自動的についていく。あとはマルチプレイを存分に楽しもう
タルタロス:リバース

 以上,タルタロスを始めたばかりの人がつまずきそうな部分を中心に,プレイガイドをお届けしてみた。一風変わったシステムが数多くあるタイトルだが,5番目のキャラクターが仲間になる頃まで進められれば,もう大丈夫。このあたりまでくるとさらに面白くなってくるので,ピンドス村で伸び悩んでいる人は,ミッションなどでもう一息頑張ってみよう。
 タルタロスには,今回紹介した以外にもチャレンジモードやPvPなども用意されている。まだ,プレイしたことのない人も,この記事で興味を持ったら,この機会に一度タルタロスをプレイしてみてほしい。

TARTAROS-タルタロス-公式サイトへ



  • 関連タイトル:

    タルタロス:リバース

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月24日〜09月25日
タイトル評価ランキング
83
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
Conan Outcasts (PS4)
51
2018年03月〜2018年09月