オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
アスク,Auzentech製DTSサウンドカードの取り扱いを開始
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2006/07/13 14:14

ニュース

アスク,Auzentech製DTSサウンドカードの取り扱いを開始

 アスクは7月11日,Auzentech(アウゼンテック)製サウンドカード「Auzentech HDA X-Plosion 7.1 DTS Connect」(以下X-Plosion)の取り扱いを開始すると発表した。
 Auzentechの日本市場参入とX-Plosionの概要については,2006年4月20日の記事でお伝えしたとおりだが,X-Plosionは「DTS Connect」「Dolby Digital Live」両方の認証を取得した7.1ch出力対応サウンドカードだ。2chステレオや5.1chサラウンドのサウンドをデジタルデータにエンコードし,デジタル信号として出力できるのが最大の特徴である。予想実売価格は2万1800円前後で,8月中旬に出荷が開始される予定だ。
 アスクという国内でも名の知られた代理店がつくことで,入手性やサポート面には期待が持てるようになる。興味を持っていた人には朗報といえるだろう。(oNo)

### 以下,リリースより ###

■商品アウトライン
商品名 HDA X-Plosion 7.1 DTS Connect
型番 BGI-HDAXP-D
JANコード 4537694058131
■製品仕様
オーディオチップ:C-Media CMI8770
デジタルオーディオ:24-bit
サンプリングレート:96KHz
SPDIF OUT:Optical & Coaxial
■製品の特徴
X-Plosionは「DTS Connect」と「Dolby Digital Live」の認証を取得済み。DTSやDolby Digitalのデコードに対応したAVアンプやデジタル入力対応のサラウンドスピーカーシステムへ入力することで,AVアンプ側のDTS/Dolby対応デコーダを利用可能となっている。
もちろん、7.1Virtual Speaker Shifterセットアップを有効にすると2スピーカーでもDTSサウンドを楽しむことができます。
また、X-Plosionは,製品名に7.1という文字があるとおり,アナログ7.1chサラウンド出力をサポートします。また,アナログ入出力時の音質を左右する,「オペアンプ」(OPAMP)と呼ばれるカード上の部材を変更できるようになっているなど,興味深い仕様になっております。
■価格
オープン価格(予想店頭売価:21,800円前後)


#########


  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月11日〜11月12日