オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
PS4公式ライセンス取得済みのRazer製ゲームパッド「Razer Raiju」が正式発表。欧州市場では税別2万円超でデビュー
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/12/12 15:04

ニュース

PS4公式ライセンス取得済みのRazer製ゲームパッド「Razer Raiju」が正式発表。欧州市場では税別2万円超でデビュー

 北米時間2016年12月9日,Razerは,PlayStationの公式ライセンスを取得した,PlayStation 4用ワイヤードゲームパッド「Razer Raiju」(以下,Raiju)を正式発表し,直販ページでの予約受け付けを開始した。欧州市場における直販価格は169.99ユーロ(税別,2016年12月12日時点の為替レートで計算して約2万700円)と,非常に高価だ。

タッチパッド部にRazerのシンボルマークが入ったRaiju。正式発表時点では北米市場が対象となっていないという,変わった販売方法になっている。ちなみに,Razerへ確認したところ,国内発売予定は「未定」とのことだった
Razer

 Raijuは,2016年10月にPlayStation Blogでその存在が公表されるという,一風変わったやり方で登場した製品だ(関連記事)。ボタンやスティック類の基本的なレイアウトは,PS4純正ゲームパッドである「DUALSHOCK 4」を踏襲しつつ,ショルダー部に2個,背面部に2個の追加ボタン「Multi-Function Buttons」,そして左右アナログスティックの手前側に4個のボタンからなる「Quick Control Panel」を搭載するのが,外観上の大きな特徴である。

 Multi-Function Buttonsには,ユーザーが任意の機能を割り当てることができるようになっている。
 背面側トリガーボタンは,使わないときは取り外せるので,ギミックとしてはMicrosoft製ゲームパッド「Xbox Elite Wireless Controller」の背面パドルと似たものという理解でいいだろう。見た目だけで言うと,アナログ入力に対応している気配を感じる形状なのだが,製品情報ページには「Hyperesponse Multi-Function Triggers」とあるので,メカニカルスイッチベースのデジタル入力対応という可能性が高い。

追加ボタンの配置が分かる写真を並べてみた。ショルダー部分の追加ボタンは,[R2/L2]トリガーの横にある小さなボタンだ。背面トリガーボタンは大きく,アナログ入力に対応していてもおかしくない形状になっているが,製品情報ページにある説明を見る限り,Xbox Elite Wireless Controllerの背面パドルと似たようなデジタルスイッチだと思われる
Razer Razer

Quick Control Panel。左側の2ボタンがプロファイル関連で,右端が音量調整ボタン,右から2つめがマイクミュートボタンだ
Razer
 一方のQuick Control Panelでは,ゲームの音量調整やマイクのミュート,プロファイルのカスタマイズや切り替えのためのものだそうだ。
 Quick Control Panel部には,3.5mmミニピンのヘッドセット端子を備えており,DUALSHOCK 4のように,ゲームパッドにヘッドセットをつなぐ使い方も可能。PlayStationの公式ライセンス品なので,端子はおそらく4極対応だろう。

 なお,ゲームパッド全体の重量バランスやグリップのデザインといった握り心地の快適さも,Razerはアピールしている。Call of Dutyシリーズをプレイするe-SportsプレイヤーのTyler“FeLonY”Johnson氏とBrice“Faccento”Faccento氏によるフィードバックを受けて,グリップ形状は追い込んでいったそうだ。純正ゲームパッドと比べて,握り心地がどう違うのか,実際に試してみたいところである。

グリップの内側は本体と異なる素材を使っているように見える。なお,アナログスティックの頂部は取り外し可能で,交換用のラバーグリップが2個付属するという
Razer Razer

 欧州市場で2万円超級の価格設定,日本どころか北米市場でも未発売という,これまでのRazer製品らしくないスタートを切ったRaiju。ワイヤード専用がゆえ,「乗り越えるべき無線周りのハードル」はないはずなので,日本市場へやってくる可能性は十分にあるはずだが,そのときの税込価格が幾らになるかは,いまから想像するにちょっと恐ろしい。
 ただそれでも,その多機能ぶりに惹かれるという人は少なくないだろう。DUALSHOCK 4にどうも満足できないという人は,今後の動向に注目しておきたい。

●Razer Raijuの主なスペック
  • 基本仕様:ワイヤードタイプ
  • 対応プラットフォーム:PlayStation 4,PC
  • 左右アナログスティック:DUALSHOCKレイアウト,頂部交換可能
  • 追加ボタン:ショルダー部×2(※カスタマイズ可能),背面部×2(※カスタマイズ可能,着脱可能),左右アナログスティック手前×4(※固定機能)
  • ヘッドセット接続端子:あり
  • 公称サイズ:168(W)×105(D)×65(H)mm(※横置き時)
  • 公称重量:350g(※ケーブル込み)
  • ケーブル長:3m(※持ち運びには取り外し可能)
  • 主な付属品:キャリングポーチ
  • 直販価格:169.99ユーロ(※税別)

RazerのRaiju 製品情報ページ(英語)


  • 関連タイトル:

    Razer

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月22日〜05月23日