オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「ATI Catalyst 9.9」公開。次世代GPUを控え,現行製品に向けた細かな修正が進む
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2009/09/14 11:16

ニュース

「ATI Catalyst 9.9」公開。次世代GPUを控え,現行製品に向けた細かな修正が進む

 AMD製のデスクトップPC向け単体GPUおよびチップセット製品に対応するドライバスイートの最新版,「ATI Catalyst 9.9」(以下,Catalyst 9.9)がリリースされた。Windows XPおよび32/64bit版Windows Vista用はGPUおよびチップセット用が,32/64bit版Windows 7はGPU用が,それぞれ公開となっている。

 対応製品は,ATI Radeon HD 2000シリーズ以降のGPUと,「AMD 740G」を除くAMD 7世代のチップセット。「Display Driver」のバージョンは8.65で,先月の「ATI Catalyst 9.8」(以下,Catalyst 9.8)の同8.64からは,バージョンナンバーで0.01引き上げられた計算だ。
 すぐに入手したい人は,4Gamerの最新ドライバリンクページを利用してほしい。

4Gamer最新ドライバリンクページ
※2009年9月14日12:00現在,Windows Vista/7用の日本語版CCCとSouth Bridge Driverは,ダウンロードできなくなっているようです。状況についてはAMDに確認中なので,状況にアップデートがあれば,またお知らせします。

→2009年9月15日10:00時点で,ダウンロード可能になっていることを確認できました。

 9月中にも登場予定となっている次世代GPUを控え,ドライバチームはそちらへの最適化に忙しいのか,2009年9月版ATI Catalystのアップデート内容に,大きなインパクトはない。新機能の追加やパフォーマンスの最適化はなく,下に英文リリースノートの和訳を試みたバグフィックスのみがトピックだ。

●Catalyst 9.9で解決した問題(Windows XP/Vista/7共通)
  • CCCのBasicモードで,「Quick Adjust Video Settings」メニューから抜けようとすると,正常に応答しなくなる問題
  • CCCに用意された「Edge enhancement」と「de-noise」のスライダが,マウス操作に対して遅れて反応したり,マウス操作とは異なる挙動を示したりする問題
  • CCCの「Hotkeys Manager」を実行すると,「unhandled exception」エラーが発生する問題
  • セカンダリディスプレイがセカンダリのグラフィックスカードと接続された状態において,CCCに用意された「Desktop Rotation」(デスクトップの回転)ページが,セカンダリディスプレイに関する追加情報を表示しない問題
  • HDMI接続ディスプレイと最初にホットプラグしたとき,「DTV(HDMI)」(※HDMI接続デジタルテレビの意)ではなく,「DTV(DVI)」(※DVI接続デジタルテレビの意)として認識される問題
  • 特定のHDMI接続ディスプレイとホットプラグ/ホットアンプラグしたときに,CCCがディスプレイのエラーに関するメッセージを表示する問題

●Catalyst 9.9で解決した問題(Windows XP)
  • S1ステートからの復帰後,ビデオを再生すると,HDMI経由のサウンド出力が行われなくなる問題
  • 「Avivo Basic color settings」を設定しても,CCCを閉じて,再び開くと,設定前の状態に戻ってしまう問題
  • 特定のGPU(※詳細未公開)を搭載したWindows XP Media Center Editionシステムで,HD DVDビデオを再生している最中に「Avivo Basic color settings」を設定しても,正常に適用されない問題

●Catalyst 9.9で解決した問題(Windows Vista)
  • 特定のGPU(※詳細未公開)を搭載し,拡張デスクトップ設定を行っているマルチディスプレイ環境で,OpenGLアプリケーションをウインドウモードで実行すると,セカンダリディスプレイに何も表示されなくなる問題
  • デスクトップとゲームアプリケーションの間でタスク切り替えを行うと,7〜10秒程度,“目に見える”切り替え遅延が発生する問題

●Catalyst 9.9で解決した問題(Windows 7)
  • Cyberlink製のビデオトランスコードソフト「MediaShow Espresso」で,トランスコード処理の完了後に,エラーが発生することがある問題(※ということではないかと思われる。原文は「Intermittent failures no longer occur with MediaShow Espresso once a transcoding process has been completed」なので,直訳すると,発生するのは「断続的な/間欠的な失敗」)

 CCC周りがメインである以上,対応する製品を使っている人すべてに関連するアップデートだとはいえるが,同時に,それほどクリティカルなバグフィックスがあるわけでもなく,全体的に小粒な印象が拭えないのも確かである。
 ただ,来月以降のアップデートでは,しばらく次世代GPUに向けたパフォーマンスの最適化やバグフィックスがメインになることが想像に難くないことも踏まえると,相応の価値は認められるだろう。“現行製品に向けたひとまずの安定版”として,自己責任で導入してみるのは悪くなさそうだ。
  • 関連タイトル:

    Radeon Software

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月23日〜09月24日
タイトル評価ランキング
83
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
2018年03月〜2018年09月