オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜公式サイトへ
  • エヌシージャパン
  • NCSOFT
  • 発売日:2004/06/25
  • 価格:Lv84まで無料
    30ゲージカートリッジ:2000円(税込)
    90ゲージカートリッジ:6000円(税込)
    1DAY-FREE:100円(税込)
    クラシックサービス:基本プレイ無料
  • Amazonで買う
読者の評価
73
投稿数:73
レビューを投稿する
海外での評価
62
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
大型アップデート“破滅の女神”の正式発表や,ユーザー参加型アトラクションなどで盛り上がった「リネージュ2 クロニクルス アップデート記念プレミア」を,直撮りムービーを交えてレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/12/18 23:26

イベント

大型アップデート“破滅の女神”の正式発表や,ユーザー参加型アトラクションなどで盛り上がった「リネージュ2 クロニクルス アップデート記念プレミア」を,直撮りムービーを交えてレポート

リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜
 エヌ・シー・ジャパンは本日(12月18日),MMORPG「リネージュ2」のオフラインイベント「エヌ・シー・ジャパンが行く!2010 リネージュ2 クロニクルス アップデート記念プレミア」を開催した。会場となった東京・竹芝のイベントホールには,約600名もの熱心なファンが訪れ,リネージュ2にまつわる新情報の発表や,さまざまなユーザー参加型アトラクションで大きく盛り上がった。本稿では直撮りムービーなども交えつつ,イベントの内容をレポートしていこう。

リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜 リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜
イベント会場には,約600人もの熱心な「リネージュ2」が集結。オフィシャルグッズの販売だけでなく,ガチャつかみどりBOX,オーバーエンチャント+16チャレンジといったミニアトラクションも人気を集めていた
リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜


リネージュ2の世界は一体どうなってしまうのか?

人知を超えた力を手にする大型アップデート「破滅の女神」が正式発表


“破滅の女神”のアップデート概要を紹介してくれた,リネージュ2 開発コーディネーターの五条隆将氏(左),プロダクトマネージャーの小高洋平氏(中央),そして,プレイヤーにはお馴染みの申敏秀(シン・ミンス)氏(右)
リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜
 今回のイベントのハイライトといえるのは,リネージュ2の次期大型アップデートとして予定されている,“破滅の女神”の正式発表である。これは,G-Star 2010の取材記事において,“Goddess of Destruction”として発表されたものだ(関連記事)。

 タイトル名に含まれる“女神”というのは,リネージュ2の世界観と深い関わりがある“シーレン”のこと。“破滅の女神”の導入ストーリーをざっくりと説明すると,神々の世界のゴタゴタの末にシーレンがマジギレしてしまい,リネージュ2の世界が絶望的な危機に瀕する。それに対しプレイヤーキャラは,新たに巨人族の力を手に入れ,シーレンの脅威に立ち向かうことになる……というあらすじである。

リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜 リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜

 ここで説明された,プレイヤーキャラ達が手に入れることになる新たな力というのがハンパではない。たとえば新たに習得できるスキルは,敵を物理的に引き寄せたり,魔法を高速連射したりと,これまでのリネージュ2からは考えられないようなモノばかりで,“大型アップデート”というよりは,大幅なリニューアルといったほうが近い印象である。正式サービス開始から6年が過ぎているリネージュ2だが,まさかこのタイミングで,ここまで大きなチャレンジに出るとは,多くのプレイヤーが予想していなかったことだろう。
 以下に,会場で紹介された“破滅の女神”の情報を,ムービーを交えつつ紹介していこう。リネージュ2プレイヤーにとっては必見といえる内容なので,じっくりとご覧あれ。


【1】新クラス
 本アップデートを通じて,プレイヤーキャラ達は“4次転職”という形で,新たなクラスの能力が得られる。現在のリネージュ2には数多くのクラスが存在するが,4次転職では,クラスの方向性が8種類前後に統合されるとのことである。





【2】新エリア
 破滅の女神における主な舞台となるのは,異世界“Magmeld”である。エルフが住まう拠点の“Arkan”を初め,“Fairy's Settlement”“Dark Place of Exile”“Genesis”“Orbis”といったエリアの追加が予定されているらしい。加えて,既存エリアのリニューアルも検討されているという。さらに,本アップデートによって,初心者キャラクター向けの新たな活動拠点“Neo Newbie World”も追加されるという。従来のエリアとの棲み分けがどうなるのか,むしろ,従来のエリアが一体どうなってしまうのか非常に気になるところだ。

リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜 リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜
リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜 リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜
リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜 リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜


【3】新システム……?「Ixion」
 詳細は謎。上映されたムービーでは,強力そうな鎧を蒸着(?)して,門を一撃で吹き飛ばすほどの猛威を振るうキャラクターの姿が描かれていた。これも,4次転職で得る巨人の力の一部なのだろうか?

リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜 リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜

 破滅の女神に関しては,韓国版(Goddess of Destruction)の実装時期自体が今のところ未定となっている。したがって日本での実装時期も未定となるが,少なくともリネージュ2のMMORPGとしての形が大きく変わることは間違いなさそうだ。続報を期待して待ちたい。

 なお,直近の情報としては,来る12月21日にアップデート“クロニクルス”が導入される。本アップデートでは,ハイエンド向けエリアに変貌する“ドラゴンバレー”をはじめ,“エピッククエスト,オリンピアード,スキル追加”などさまざまな要素が盛り込まれ,会場ではそれらの内容があらためて紹介されていった。4Gamerは先日,先行プレイレポートを掲載しているので,こちらも併せて参考にしてほしい。

ついに開幕する新たな年代記。キャラ育成環境が大きく改善される「リネージュ2」大型アップデート“クロニクルス”先行プレイレポート


リネージュ2の新プロデューサー&開発コーディネーターがお披露目


 今回のオフラインイベントで,新たにリネージュ2のプロデューサーに就任した小高洋平氏と,開発コーディネーターに就任した五條隆将氏の2名が紹介された。小高氏はプライベートでレベル85のヒーラー職のキャラを持つほど入れ込んでおり,リネ2好きが高じて同社に入社したとのこと。今回の就任にあたり「大人数で一つのことをを成し遂げる楽しさを追求していく」と語ってくれた。
 一方の五条氏に関しては,こうやって表舞台に登場するのは初めてではあるが,リネージュ2のプレイヤーには「ウザンカの中の人」と言えばピンと来るかもしれない。初心者プレイヤーだった当時に,周りのプレイヤーと交わしたコミュニケーションが記憶が強く印象に残っているようで,「これからは絆を大切にしていきたい」とのことだ。
 小高氏からは新情報として,セキュリティ対策の一環として“ワンタイムパスワード”を導入する予定があることが挙げられた。これは,現在同社が導入している“セキュリティカード”よりもワンランク高いセキュリティ効果が期待でき,リネージュ2のみならず,PlayNCのサービス全体に対して適用されるそうだ。これに関する詳細は近日中に発表されるとのことだ。

リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜
 両氏も参加したステージイベントの一つとして,「クリエイティブディスカッション」が行われた。現在リネージュ2の公式サイト内に,フィードバックを受け付けるための特設掲示板が設けられているのをご存知だろうか。掲示板は2011年1月まで設置される予定だが,本イベントでは集計結果の中間発表が行われたのである。

 詳しくはスライド写真を見ていただきたいが,“キャラクター,アイテム,スキル,狩り場,システム,イベント,FS,その他”といった項目別に,かなりゲームの深いところまでフィードバックをまとめているようだ。現在既に800件近くもの投稿数があり,リネージュ2プレイヤーならざっと目を通すだけでも興味深いと思われる。

リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜 リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜
リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜 リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜

リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜
リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜
 特にバランス調整が難しそうな“血盟戦”に関しては,来場客を交えてのディスカッションも行われた。PvPという遊び方に対する考え方は,国によってもっとも違いが出てしまう部分であり,ニーズがまるで異なるのである。現在の血盟戦における三つの問題点と,それに対する改善案のアンケートが取られたが,リネージュ2プレイヤーの読者の皆さんはどのように感じるだろうか? もし言いたいことがあるのなら,ぜひとも掲示板をチェックしてみてほしい。

 最後に,これまで運営プロデューサーと開発コーディネーターを担当してきた,長瀬氏とシン・ミンス氏に関してだが,今後は別の形でリネージュ2に携わるようになる。具体的には,同社の運営ポリシーの調整や,ファン&サポートチームの統括など,もう一段上の立場に就くものと見られる。長瀬氏とシン氏のユニークなコンビは,これまで6年間の活動を通じて,現在におけるユーザーの良好な関係を築いた立役者といえる。両氏の今後についてもエールを送りたい。

運営プロデューサーを務めてきた長瀬健裕氏(右)と,開発コーディネーターとしておなじみだった申敏秀(シン・ミンス)氏は,今後,今までとは別の形でリネージュ2に携わるようになるとのこと

ユーザー参加型アトラクションなど


 同社のオフラインイベントの大きな楽しみの一つが,さまざまなユーザー参加型アトラクションだ。これらに関してはたっぷりの写真&ムービーと共に紹介していこう。

「チャレンジ!サーバー対抗 SSクイズ」
 リネージュ2の小ネタを元に選択式のクイズを行うというもの。見事に正解した参加者は,会場内で行えるリアルガチャ用のチケットを獲得。しかし意地悪な問題ばかりで,来場客からは「そんなの分かるかよ!」と笑いながらのツッコミが多数挙がっていた。

リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜 リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜
リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜 リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜
リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜 リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜
リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜 リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜
リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜 リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜


「フレヤ討伐タイムアタック」
 当日一番の盛り上がりを見せたのは,レイドボス“フレヤ”の討伐イベント。フレヤ役の声優さんもサプライズで登場し,会場内の空調を下げるなどの涙ぐましい努力を行っていた。その甲斐あってか,参加者はかなりの苦戦を強いられることに。




「グルーディオ城奪還計画!」
 イベントのトリを飾ったのは,RvRと攻城戦をミックスした?グルーディオ城奪還計画”。同作のオフラインイベントでは恒例ともいえる内容だが,一番の人気コンテンツということもあり,やはり会場内は大きな盛り上がり



小高氏,五条氏ショートインタビュー


 オフラインイベントの終了後に,プロデューサーの小高洋平氏と,開発コーディネーターの五條隆将氏の両名に,短時間ではあるがインタビューする機会が得られた。オフラインイベントの内容を補足する形で,気になる点をいくつか聞いてきたので紹介しよう。

4Gamer:
 本日はお疲れ様でした。まずは,イベントを終えての感想を聞かせてください。

小高氏:
 あのような大舞台に立って,大勢のユーザーの皆さんに向けて喋るのはとても緊張しますね。これからはユーザー目線を忘れずに,日本に合ったリネージュ2を作り上げていかねばならないと,あらためて身が引き締まる思いです。

五條氏:
 私はこれまでも,「ウザンカの中の人」としてユーザーさんと接してきました。立場が若干変わりますが,これまで以上に力を入れて,イベントの企画を行っていきたいなと感じました。

4Gamer:
 お二方は,どういった経緯で現在のお仕事に携わるようになったのでしょうか。

小高氏:
 好きこそモノの上手なれ,ですね。私は一人のプレイヤーとしてリネージュ2が大好きで,気がついたらプロデューサーを任されてしまっていました(笑)。

五條氏:
 私もいちプレイヤーとしては小高さんに負けていませんよ。例えるならば「リアル3次転職」くらい頑張ってます(笑)。
 エヌ・シー・ジャパンに入社した当時,若干不正者対策が甘くて,それなら自分がやってやる! くらいの意気込みでした。入社後はそのほかにも,公式サイトのデザインや更新など,なんでも屋みたいな扱いでしたね。今回,開発コーディネーターを担当することになったのも,そのあたりの経験を評価して頂けたのかもしれません。

4Gamer:
 特設掲示板に関しては1か月弱で800もの投稿数があったとのことで,発表を見ると要望が具体的なのと,分析が綺麗にまとまっていたのが印象的でした。

五條氏:
 当初は100〜200くらいかな? と思っていたのですが,想像以上の反響をいただきました。今回は中間発表をさせて頂きましたが,これから更なる分析を行い,韓国の開発サイドへ届けます。

4Gamer:
 つまり,本格的なカルチャライズがリネージュ2で行われるということですか。

五條氏:
 個々のアイテムの性能といった単位では過去にもありましたが,ここまで大きな日本独自仕様はなかったですね。とくに血盟戦に関しては,他国とは大きく違った形になりそうな手ごたえがあります。

4Gamer:
 続いて次期大型アップデート“破滅の女神”について話を聞かせてください。韓国版のスケジュールはどのようになっていますか?

小高氏:
 韓国では確か,2011年の3月〜4月ぐらいの実装を予定しています。日本版については断言できませんが,最近のアップデートでは半年以内を目標に作業を進めています。今回はとくに大きな期待が掛かっていると思いますので,早急に作業を進める所存です。

4Gamer:
 大胆な変化が期待できる一方,6年以上サービスされているMMORPGが,ここまで大きく変わることに戸惑う人もいると思います。彼らに対するケアは検討していますか?

小高氏:
 現在公開している動画は,あまりにも派手すぎるので不安な人もいるかと思います。今回はストーリーをとても重視しているので,公式サイトで段階的に紹介するなど,なるべく惑わないような仕組みを検討します。

4Gamer:
 新たな異次元世界“Magmeld”に関して,エリア数やレベルレンジはどの程度ですか?

小高氏:
 4次転職を迎えるため,ハイレベル向けの内容が含まれることは確実ですが,それ以外については我々も詳しくは知らないのです。

4Gamer:
 エリアの一つ“Neo Newbie World”が気になりました。ということは既存の初心者エリアは,一体どうなるのでしょうか?

五條氏:
 一言でいうと“破滅”ですね

4Gamer:
 マジですか……。確かにムービーを見ても,巨大な空中遺跡がドカンドカン降ってきているので,もしかしたら……とは思っていたのですが。

小高氏:
 でも,たとえ破滅を迎えたとしても,プレイヤーにとって価値がなくなるわけではないですよ。

五條氏:
 一つだけヒントを挙げると,“破滅から再生”がテーマです。

4Gamer:
 そういえば,最近のリネージュ2は旧エリアのリニューアルが多いですよね。すると……もしかしてシーレンの軍勢が占領してしまったり?

小高氏:
 想像にお任せします(笑)。

4Gamer:
 では続いて,昨年のオフラインイベントで発表があったシステムについて教えてください。”ワールド オリンピアード”“ディメンジョン ウォー”の開発状況はいかがですか?

小高氏:
 現在開発中です。技術的には可能なのですが,他のアップデートとの兼ね合いで,スケジュールを検討している段階ですね。

4Gamer:
 ステージで発表があった「Ixion」に関して,詳しい説明をお願いします。

小高氏:
 実は,我々もよくわからないのです。韓国NCsoftから受け取った資料には,「生態エネルギーを取り込んで鎧を装着,神々に対抗するために巨人の力を得る」とあり,そのためのシステムなのは分かるのですが……。

4Gamer:
 次に,新たに発表のあった“セキュリティトークン”に関して。現在はセキュリティカードが用意されていますが,更にもう一段階,セキュリティを強化する理由についてお聞かせください。

小高氏:
 一番大きいのは,セキュリティに対する更なる意識の向上で,どちらかというとポジティブな理由です。

4Gamer:
 セキュリティカードでは不正対策が甘かったという意味ではないのですか?

小高氏:
 セキュリティカード自体のシステムは優れていますが,それとは別のレイヤーで問題が発生すると,対処できない可能性があります。たとえば,メールアカウントがハッキングされる可能性はゼロではないですし,そこから破られる可能性がありますね。セキュリティカードの導入には大きな効果がありましたが,我々としては防衛率を100%に少しでも近づけるため,これからもできる限りの努力を行っていきます。

4Gamer:
 セキュリティトークンはリネージュ2だけが対象ですか?

小高氏:
 最終的には,playncのタイトル全体に適用する予定です。現在最終調整の段階で,もうまもなく詳細を公開できると思います。

4Gamer:
 それでは最後に,リネージュ2プレイヤーに向けてメッセージをお願いします。

小高氏:
 現在は沢山のユーザー様の声を集めており,これを元にリネージュ2をより遊びやすくしていきます。常に「日本人にあったリネ2とは何か」を考えていきますので,もし何か思うことがありましたら,公式掲示板などを通じて,ぜひとも声を聞かせてください。よろしくお願いします。

五條氏:
 このようにして名前を出すのは初めてですが,私はこれまで“ウザンカ”役などを通じてユーザー様と接しているので,なんだか不思議な気分です。これからはもっといろんなイベントを通じて,楽しいと実感してもらえるサービスを目指していきます。

4Gamer:
 本日はお忙しい中,ありがとうございました。
  • 関連タイトル:

    リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月26日〜06月27日