オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2001/03/01 10:42

ニュース

 ミストIII:エグザイルを見た! - 03/01 10:42


 アドベンチャーファンだけでなく,ネットワークゲーマーだけでなく,世界のPCゲーマーの期待を一身に背負っている「ミストIII:エグザイル」。昨年11月に発表会を行って以来まったく音沙汰がないのだが,昨日運良くテストバージョンを目の前で見ることができたので,その感想など。ちなみに,画面にもムービーにも掲載禁止令が出ているので,「こちら」の公式サイトでしばしのご辛抱を……。文章ばかりになってしまって本当に申し訳ない。
 また,以下にズラズラと列挙してある情報は,あくまでも"いま存在するα版"を元にした話なので,そのあたりはご了承を願います。製品版で変わるかもしれないし。

 まず画面だが,掛け値なしに"驚愕の画面"といってもいい出来だ。
 光と影の使い方,波の表現などを筆頭に常に"動き"のある画面,これでもかといわんばかりの写実的(リアルワールドではないのだが)なグラフィックス,技術の進歩はここまできたかと言いたくなるクロマキー合成……せっかく見せてもらったメーカーさんには大変申し訳ないのだが,「そういえばrealMYSTっていうのもあったね」と言いたくなるグラフィックスだったというのが正直な感想。アレも結構スゴイな,と思っているのだが,ミストIIIの敵ではない。一刻も早くみなさんにもお見せしたい。早く掲載許可をください>メディアクエスト 波の表現とかステンドグラスの描写とかを見てしまうと,もう。
 しかも,だ。想像したより動作が数段軽い。realMYSTのように,Quakeライクにグリグリ動き回る方式ではなく,本家MYST同様の「クリック&Go」なのだが,あれだけのグラフィックスクオリティにも関わらず非常に軽い。コンマ1秒のつっかかりがあるかないか,といったところ。おそらくはPentiumIII/600MHz+GeForce2MXあたりのスペックでも十分だと思われる。いま動いているのはあくまでもα版に過ぎないが,あの調子ならCeleronのノートPCでもOKだろう。Macintoshでいうなら,iMacでも問題なし(こちらは実際に見たので大丈夫だ)。

 「ノートPCったって3D積んでるやつは少ないじゃんか」と思うかもしれないが,ミストIII:エグザイルは
・ソフトウェアレンダリング
・Glide
・Direct 3D
・OpenGL

の4種類の描画に対応している(解像度は現状最大1280×1024ドットで,色数は16ビットと24ビット)。今回見られたのはDirect3Dだけだったが,ソフトウェアレンダリングでもほぼ遜色のないクオリティをキープしているので,ノートPCユーザーでも安心。
 一瞬見えただけだが,サウンドドライバ選択もできるようだったので,各種3Dサウンドにもフル対応していると思われる。音が重要なゲームだけに,そのあたりのこだわりは,さすがだ。

 仕方ないとはいえ,文章ばかりでズラズラと並べ立ててしまった……ともかく遅れに遅れているだけの価値はある名作になるであろう,この作品。アドベンチャーゲームには珍しく,一刻も早くβ版を触らせてほしいと思った逸品だ。続報を待て!


  • 関連タイトル:

    ミストIII:エグザイル 日本語版

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月20日〜07月21日