オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ネクソンが2020年度第2四半期の連結業績を発表。「KartRider Rush+」「メイプルストーリー」,そして「アラド戦記」が業績を牽引
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2020/08/06 19:40

業界動向

ネクソンが2020年度第2四半期の連結業績を発表。「KartRider Rush+」「メイプルストーリー」,そして「アラド戦記」が業績を牽引

 ネクソンは本日(2020年8月6日),同社の2020年度第2四半期 連結業績を発表した。対象となる期間は2020年4月1日〜6月30日。売上収益は会計基準ベースで前年同期比20%増の645億円,営業利益は267億円で前年同期比106%増,そして,四半期利益は198億円で3%増となっている。

 発表によれば,売上収益は「KartRider Rush+」「メイプルストーリー」,そして韓国での「アラド戦記」の売上が当初の想定を上回ったことで,第2四半期の売上収益としては,過去最高を記録した。そこれにより,営業利益も想定を上回っており,費用面では支払手数料とロイヤリティ費用が計画を上回った一方,広告宣伝費が計画を下回ったとのこと。四半期利益も計画を下回ったが,こちらはドル建ての現金預金などで67億円の為替差損が発生したことが主な要因とのこと。

 ハイライトからいくつかピックアップすると,5月にグローバル配信が開始された「KartRider Rush+」は,PCとモバイルとの重複はほとんどなく,とりわけ韓国で好調とのこと。中国での売上収益は当初の業績予想を下回っており,「アラド戦記」のアップデートは既存ユーザーには好評だったものの,過去数か月に離脱したユーザーの再獲得が想定したほど進まなかった。ただし,既存のユーザーベースは安定しているとネクソンは見ている。
 7月に発表された,Electronic Artsとの日本におけるパートナーシップについては,「EA SPORTS FIFA MOBILE」のクローズドβテストを予定しており,8月7日より参加者の募集を開始するという。詳しくは,以下のリンクを参照してほしい。

画像(002)ネクソンが2020年度第2四半期の連結業績を発表。「KartRider Rush+」「メイプルストーリー」,そして「アラド戦記」が業績を牽引

ネクソンIRページ

2020年12月期 第2四半期決算短信

2020年12月期第2四半期決算説明資料

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
タイトル評価ランキング
93
83
あつまれ どうぶつの森 (Nintendo Switch)
66
54
VALORANT (PC)
44
VALIANT TACTICS (PC)
2020年03月〜2020年09月