オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
カプコン,2020年3月期の決算短信を発表。デジタルへの販売形態転換で3期連続の過去最高益を達成
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2020/05/08 18:59

ニュース

カプコン,2020年3月期の決算短信を発表。デジタルへの販売形態転換で3期連続の過去最高益を達成

 カプコンは本日(2020年5月8日),2020年3月期の連結業績を発表した。2020年3月期は2019年4月1日から2020年3月31日まで。
 発表によれば,20年3月期の売上高は約815億円で前期比で18.4%のマイナスになったものの,営業利益は約228億円でプラス25.8%,経常利益も約229億円で同26.2%増となり,すべての利益項目で3期連続の過去最高益を達成したという。

 この理由についてカプコンは,主力タイトルである「MONSTER HUNTER WORLD: ICEBORNE」PC / PS4 / Xbox One)が堅調だったことに加え,「バイオハザード RE:2」PC / PS4 / Xbox One)や「デビル メイ クライ 5」PC / PS4 / Xbox One)といった発売済みのタイトルがユーザー層の拡大により続伸したとしている。売上高こそ販売形態をパッケージ版からダウンロード版に転換してきたことでマイナスの伸びとなっているが,結果として営業利益(前期比25.8%増),経常利益(同26.2%増),当期純利益(同27.1%増)と,すべての利益項目で大幅な増益を達成,いずれも過去最高益を更新することとなった。 

 また,アミューズメント施設事業は各種のイベントやサービスデーの実施などによる地域密着型の集客展開を行い,中高齢者や訪日外国人などの新規顧客の獲得,女性やファミリー層の取り込みなどに努めてきた結果,売上高は前期比で9.5%増の約121億円,営業利益は同10.5%増の約12億円となった。
 アミューズメント機器事業については,近年低迷が続いていたパチスロ機市場に投入した「新鬼武者」が好調に推移して予想以上の販売台数を達成するなど,好転の兆しが出てきたとしている。その結果,アミューズメント機器事業の売上高は前期比90.9%増の約65億円,営業利益は約21億円(前期は△27億円)だった。

 ライセンス許諾によるロイヤリティ収入やキャラクターグッズの物品販売などをまとめたその他事業においては,売上高で前期比17.2%増の約30億円,営業利益は同32.8%マイナスの約5億円だった。

 2021年3月期の連結業績予想については,売上高850億円,営業利益255億円と,8期連続の営業増益ならびにすべての利益項目で4期連続の過去最高益を見込んでいるとのことだ。詳しくは,カプコンのIR情報ページを参照してほしい。

画像(002)カプコン,2020年3月期の決算短信を発表。デジタルへの販売形態転換で3期連続の過去最高益を達成

カプコン IR情報ページ

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月04日〜07月05日
タイトル評価ランキング
81
あつまれ どうぶつの森 (Nintendo Switch)
75
アークナイツ (iPhone)
72
71
三國志14 (PC)
67
仁王2 (PS4)
63
VALORANT (PC)
2020年01月〜2020年07月