オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/12/29 00:00

企画記事

4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る




コーエーテクモゲームス
ルビーパーティーブランド長
襟川芽衣

代表作:「金色のコルダ」「遙かなる時空の中で」などのネオロマンスシリーズ

画像(268)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る
<質問1>2018年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「Detroit: Become Human」
インタラクティブ性のある映画の中にいるような、新しい感覚のゲームでした。没入感が凄まじいです。

<質問2>2018年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「チームラボ プラネッツ」
まさか入口で裸足になるとは。美しく幻想的なデジタルアートの世界で「自分自身がアートのひとつになる」という新しい体験に、とても感動しました。

<質問3>2018年に、個人的に注目した(している)人物

宮本浩次
2018年も沢山の方に注目してきましたが、最後は「獣ゆく細道」で椎名林檎とタッグを組んだこの方が全て持っていきました。
凄いインパクト。かっこいい。

<質問4>2019年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2019年はルビーパーティー25周年です。皆様に新しいときめきをお届けできるよう頑張ります。
まずはバレンタインに発売の「金色のコルダ オクターヴ」で、妖精の島に集結した歴代キャラ達の奮闘記をぜひお楽しみ下さい!

「金色のコルダ オクターヴ」(PC / PS Vita / Switch
キャラクターデザイン/船鬼一夫 オリジナルキャラクターデザイン/呉由姫
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像(266)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る 画像(267)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る

「遙かなる時空の中で6 DX」(Switch
キャラクターデザイン/水野十子
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像(264)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る 画像(265)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る



コーエーテクモゲームス
ω-Forceブランド長
小笠原賢一

代表作:「討鬼伝」シリーズ,「信長の野望・創造」シリーズ

画像(295)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る
<質問1>2018年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「MONSTER HUNTER: WORLD」
据置ハードでのナンバリングとしてシステムの刷新を行ったが、コアな遊びの部分はしっかり「モンハン」しており、制作チームの挑戦心とユーザーの期待感がしっかり一致して形になったコンテンツだと感心しました。
奇をてらわず新しさを感じさせるゲームデザインの非常に良い見本ですね。

<質問2>2018年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「グレイテスト・ショーマン」
これぞハリウッド映画という感じのキャスティング、展開、音楽とそしてハッピーエンド。
今年はエンターテインメントに限らず、王道真っ直ぐ系が記憶に残ったイメージですね。
「ボヘミアン・ラプソディ」も良かったです。

<質問3>2018年に、個人的に注目した(している)人物

大谷翔平
もともと野球は好きですが、こんなにも個人の選手の活躍が楽しみだった年はあまり記憶にないぐらい、大谷選手の出場する試合は見入ってしまいました。
二刀流ということで活躍の範囲は倍になりますが、エンターテインメントとしての威力は何倍にも増幅された印象です。

<質問4>2019年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

ω-Forceが開発を担当した「ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島」をまずはお楽しみください!
2019年は、世間が大きく盛り上がるであろう2020年に向けて、新しいハードやプラットフォームに関して大きな発表がある年になると思うので注目ですね!

「討鬼伝2」(PC / PS4 / PS3 / PS Vita
(C)2017 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像(296)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る 画像(297)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る

「信長の野望・創造」(PC / PS4 / PS3 / PS Vita / Switch / iOS / Android
(C)2014 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像(298)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る 画像(299)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る



コーエーテクモゲームス
ディレクター
川又 豊

代表作:「信長の野望 Online」

画像(312)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る
<質問1>2018年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「フォートナイト バトルロイヤル」
2018年人気を博したバトルロイヤルゲームの中でも、「Minecraft」のような“作る”要素とバトル要素の融合が素晴らしく、その老若問わず万人が楽しめるゲーム性に衝撃を受けました。

<質問2>2018年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「カメラを止めるな!」
まだ全国上映されていない頃観たのですが、映画館内の他の人たちと一緒に盛り上がっていく感覚がとても印象深かったです。
あの“盛り上がりの一体感”は、エンターテイメントの根源にある大切なことを思い出させてくれた気がします。

<質問3>2018年に、個人的に注目した(している)人物

明智光秀
2020年の大河ドラマにも決まった明智光秀です。
最近新たな資料が発見されるなどのニュースもあり、戦国最大のミステリーである「本能寺の変」の首謀者とされる彼の人物像や評価が、これからどう変化していくのかに注目しています。

<質問4>2019年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

おかげさまで戦国オンラインRPG「信長の野望 Online」は、2018年6月に15周年を迎えました。
また2019年1月23日には15周年を記念する新規拡張パック「天楼の章」を実装予定です。
天楼の章では“城”をテーマに、戦国の世に自分だけの城を築き上げることができ、「侍」や「僧」など8つの職業に合計120以上の新技能も追加されます。

城との関わりによって新たな革新が訪れる戦国の世を、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

画像(448)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る
「信長の野望 Online」(PC / PS4 / PS3
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像(449)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る 画像(450)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る



コーエーテクモゲームス
プロデューサー
菊地啓介

代表作:「ネルケと伝説の錬金術士たち 〜新たな大地のアトリエ〜」「ルルアのアトリエ 〜アーランドの錬金術士4〜」「よるのないくに」シリーズ,「零」シリーズ,「影牢」シリーズ

画像(250)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る
<質問1>2018年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「Nintendo Labo Toy-Con 01:Variety Kit」
Toy-Conを使った仕掛けの1つ1つがアイデアに溢れていて、数々のネタを味わうことができました。想像力と好奇心が刺激され、ダンボールで作った射影機や、トラップの仕掛けをSwitchで動かす装置などを作ってみたいなと思いました。

<質問2>2018年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「SSSS.GRIDMAN」
「ペルソナ5 Animation」「カメラを止めるな!」「バーフバリ」と迷ったのですが、変身・合体と私の好きなものが詰まっていたので今年はこれを推します。
合体超人のギミックとしてのカッコよさもさることながら、新世紀中学生たちも良い感じの面々で、それぞれの要素がシンプルにまとまっていて組み合わさったときの完成度の高さに惹かれました。

<質問3>2018年に、個人的に注目した(している)人物

藤井聡太七段
今年も破竹の勢いで大活躍でした。独創的な指し手に途中でハラハラするのですが、最後に勝ち切って「あぁ、そうだったのか」となるドラマ性に何度も心を打たれました。将棋界のこれからも楽しみです。ちなみに、今年の年初ではここには、NFLの49ersの新クォーターバックのJimmy Garopporoを書くことを楽しみにしていましたが、シーズン最初に怪我でアウトしてしまったので、来年こそは期待してます。

<質問4>2019年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

1月31日発売予定の「ネルケと伝説の錬金術士たち 〜新たな大地のアトリエ〜」は、アトリエ20周年記念として、歴代の錬金術士が登場して、みんなで街を作る楽しい作品です。また3月には「ルルアのアトリエ 〜アーランドの錬金術士4〜」をアーランドの最新作に相応しい出来になる様に仕上げています。そのあとに新作を発表できるように鋭意開発を進めていきます。来年も盛りだくさんですが、1つ1つ大切に作っていきます。

「ネルケと伝説の錬金術士たち 〜新たな大地のアトリエ〜」(PS4 / PS Vita / Switch
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像(251)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る 画像(252)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る

画像(254)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る
「よるのないくに」(PS4 / PS3 / PS Vita
(C)2015 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像(256)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る
「よるのないくに2 〜新月の花嫁〜」(PC / PS4 / PS Vita / Switch
(C)2017 コーエーテクモゲームス All rights reserved.

画像(253)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る
「ルルアのアトリエ 〜アーランドの錬金術士4〜」(PS4 / Switch
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像(255)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る
「影牢 〜もう1人のプリンセス〜」(PS4 / PS3 / PS Vita
(C)2015 コーエーテクモゲームス All rights reserved.



コーエーテクモゲームス
代表取締役社長
鯉沼久史

代表作:「無双」シリーズ,「仁王」「進撃の巨人」

画像(276)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る
<質問1>2018年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「フォートナイト バトルロイヤル」
家庭用ゲーム機からPC、スマートフォンまで幅広く気軽に始められる無料ゲームとして配信し、非常に多くのユーザーの支持を受けている大ヒットしたゲームだから。
バトルロワイアルゲーム市場の地位を確固たるものにしたのと、オンライン対戦ゲームの活性化をも担っていると思います。

<質問2>2018年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」
見る前はそこまで期待した作品ではなかったのだが、ハン・ソロやチューバッカの若き日が描かれていて、スター・ウォーズが好きな人なら心地良い作品としてみれるのではないだろうか。自身最後まで楽しめた1本でした。

<質問3>2018年に、個人的に注目した(している)人物

大谷翔平
昨年の年末に、今年注目するなら「大谷翔平」とここに書いており、肘の故障は残念でしたが、見事新人王に輝いたので嬉しかった。
最近の若い日本人はグローバルに活躍する人が多く、応援したい気持ちにさせてくれます。

<質問4>2019年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2019年は自身年男でもあるので、飛躍の年にしたいと考えています。
現在も社長だけでなく、プロデューサーとしても活動しているなかで、2019年は新しい発表もできるかと思いますので、応援よろしくお願いします。

「戦国無双4」(PS4 / PS3 / PS Vita / Switch
(C)2014 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像(277)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る 画像(278)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る

「仁王」(PC / PS4
(C)2017 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像(279)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る 画像(280)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る

「進撃の巨人」(PS4 / PS3 / PS Vita
原作 / 諫山創「進撃の巨人」(講談社『別冊少年マガジン』連載)(C)諫山創・講談社 /「進撃の巨人」製作委員会(C)2016 コーエーテクモゲームス
画像(281)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る 画像(282)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る



コーエーテクモゲームス
プロデューサー
小山宏行

代表作:「信長の野望・創造」「信長の野望・大志」

画像(300)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る
<質問1>2018年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「Detroit: Become Human」
一昔前のアドベンチャーゲームとは隔世の感です。題材も哲学的であり、大人も楽しめるゲームですね。

<質問2>2018年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「レディ・プレイヤー1」
ありそうでなかった映画。発表されたときになんとも言えない衝撃を受けました……。

<質問3>2018年に、個人的に注目した(している)人物

安室奈美恵
昨年のアンケートにも回答しましたが、本物のアーティストでした。惜しまれます。Blu-ray 買いました。

<質問4>2019年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2月14日にはシリーズ最新作「信長の野望・大志 with パワーアップキット」が発売となります。ご期待ください。
皆さんのお声を聞きながら、今後とも面白いゲームを作っていきたいと思います。

「信長の野望・創造」(PC / PS4 / PS3 / PS Vita / Switch / iOS / Android
(C)2014 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像(303)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る 画像(304)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る

「信長の野望・大志」(PC / PS4 / Switch / iOS / Android
(C)2017 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像(301)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る 画像(302)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る



コーエーテクモゲームス
ゼネラルプロデューサー
シブサワ・コウ

代表作:「信長の野望」「三國志」「決戦」「仁王」

画像(238)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る
<質問1>2018年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「レッド・デッド・リデンプション2」
昔から西部劇が大好きで、ジョン・ウエインやクリント・イーストウッドの映画をよく見ていました。
このゲームにハマったところは、何でもありで、好きな様に生きていけるのですが、因果応報がよく出来ていて、作りこみが半端ないことですね。

<質問2>2018年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「カメラを止めるな!」
前半は映画のレベルが低くて、途中で帰ろうかなあ、とさえ思っていましたが、後半から俄然面白くなって、腹抱えて笑ってしまいました。
低予算でも良質なコンテンツが生み出せるのだなあと、ただただ感心するのみです。

<質問3>2018年に、個人的に注目した(している)人物

堀井雄二さん
今回の「ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島」でも、全くぶれないで、ビルダーズとしての面白さを追求し続けました。
素晴らしい作品を作り続ける堀井さんの次回作が楽しみです。

<質問4>2019年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

現在、「信長の野望・大志 パワーアップキット」の最終の仕上げを行っているところです。
信長の野望ファンの方々からの様々な要望に応えたいと、開発チームは頑張っていますので、どうかご期待ください。
2019年はAIをもっと活用して、今までにない面白いゲームを作りたいと考えています。

「信長の野望・大志」(PC / PS4 / Switch / iOS / Android
(C)2017 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像(241)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る 画像(242)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る

「三國志13」(PC / PS4 / PS3 / XBOX ONE
(C)2016 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像(243)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る 画像(244)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る

「仁王」(PC / PS4
(C)2017 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像(239)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る 画像(240)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る



コーエーテクモゲームス
プロデューサー兼ディレクター
新堀洋平

代表作:「DEAD OR ALIVE 6」「DEAD OR ALIVE 5」「DEAD OR ALIVE Xtreme 3」

DOATEC(DOA6)公式Twitterアカウント
画像(305)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る
<質問1>2018年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

2018年は面白いものが多かったので選びにくいのですが、私の中でトップだったのは「ゴッド・オブ・ウォー」です。
細かいですがしょっぱなの木を斬るところから心をわしづかみにされ、成長していく子供との旅、神や魔女のいる世界に没頭。
その中で巻き起こるお手本のようなバトルに探索要素や成長要素がシンプルかつバランスよく入っていて全く飽きない。
さらに全くロード時間を感じさせない工夫も見事で、クリア後もずっとのめり込みました。
シリーズは全部遊んでいましたが、QTE要素は残しつつも今っぽい別のアクションになっていましたね。
ただ面白いだけでなくゲーム制作者として勉強になるタイトルでした。

<質問2>2018年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

今年に限った話ではないのですが、毎年アメコミの映画やドラマを観ています。
仕事柄というのももちろんあるのですが、好きで学生時代から楽しんでいます。
その中でも今年一番観たのはたぶん「アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー」ですね。
特にクロスオーバー作品が好きで、その魅力はやっぱりたくさんの個性的なヒーローやヴィランが出てくること。
喧嘩しながらも協力したりして、とにかくかっこいい! 

あとは子供のころから読み続けている「キン肉マン」が今も連載されていることに感謝しています。
私にとってはバイブルみたいなものですので、当然欠かさず読んでいます。超人考えて送っても一度も採用されませんが……

<質問3>2018年に、個人的に注目した(している)人物

自分よりも年下の世代だと今年は羽生結弦選手に魅せられました。
ミーハーですみませんが、なんかゲームのキャラみたいでかっこいいんです。
フィギュアスケートの実力・実績がすごいのはもちろんですが、言動から演技までゲーム制作者の目線で見ても本当に面白い。
私は気に入った物事の影響を受けやすい方で、ちょうど開発中だったDOA6には何らかの形で彼の印象が入っているかも……。

年上の方だと、スパイダーマンなどでおなじみのスタン・リーさんが亡くなってしまったことが非常にショックでした。
MARVELだけでなくアメコミ全体に貢献したアメコミの父のような人でしたので……。
お会いしてお礼を言いたかった。エクセルシオール!

<質問4>2019年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

私にとっての2019年と言えばこれ、「DEAD OR ALIVE 6」がいよいよ2月15日に発売されます!! 
DOA6はかわいい&美しい女性ファイターたちはもちろん、本格的な激闘エンターテインメントとして、初心者からプロまでしっかり遊べる作品です。
つくっている私たちが何度遊んでも楽しめるこの面白さをみなさんにも味わってほしいので、発売前にも何か触っていただけるような施策を検討中です。うまいこと許可がおりればいいのですが……。
そして発売後は会社を挙げてeスポーツを盛り上げていきますのでご期待ください!
それでは、発売日をお楽しみにお待ちください!!

「DEAD OR ALIVE 6」(PC / PS4 / XBOX ONE / ARCADE
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像(306)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る 画像(307)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る

「DEAD OR ALIVE 5(PS3 / XBOX360)」
(C)2012-2015 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像(308)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る 画像(309)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る

「DEAD OR ALIVE Xtreme 3」(PS4 / PS Vita
(C)2016 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像(310)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る 画像(311)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る



コーエーテクモゲームス
プロデューサー
鈴木亮浩

代表作:「真・三國無双」シリーズ

真・三國無双公式Twitterアカウント
画像(332)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る
<質問1>2018年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「フォートナイト」
バトロワ系シューターはたくさんありますが、建築という独自の要素を取り入れることにより、個性的なゲームになっています。
建築により、アクション面では上下方向へ意識が拡張され、戦術面では多様な戦い方を生み出しています。
個人的には、戦術が活きる50vs50のチーム戦が好きです。

<質問2>2018年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「バイプレイヤーズ」(第2期)
2017年に第1期が放送されましたが、役者が自分自身を演じるという斬新な企画に衝撃を受けました。
業界の裏側を覗き見るようなところや、バイプレイヤーの素の自分が垣間見える感じが面白い作品でした。
今年の春に続編が放映され、これも楽しく観ていたのですが、主役の一人である大杉漣さんが撮影中に急逝されたので、物凄く印象に残っています。

<質問3>2018年に、個人的に注目した(している)人物

大谷翔平
野球で二刀流といえば、投手とバッティングの両方で活躍することですが、少年野球は兎も角、高校野球やプロ野球で二刀流の活躍をするのは、漫画の中の出来事ぐらい難しいことだと思います。
そんな中、日本のプロ野球において二刀流で大活躍していた大谷選手がメジャーに移籍することになったので、注目していました。
シーズンが終わってみれば、右肘の故障で投手としての登板は少なかったものの、投打ともに大活躍で二刀流として大成功でした。
2019年も注目しています。

<質問4>2019年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2018年は、システムを大きく変えた「真・三國無双8」を発売し、ユーザーの皆さんからさまざまな意見を頂きました。
頂いた意見は真摯に受け止め、今後の作品作りに活かしていきたいと思います。
現在、真・三國無双シリーズで新しい試みを幾つか検討中ですので、2019年のうちに皆さんにお伝えできるように頑張ります。
今後も真・三國無双シリーズへの応援、宜しくお願い致します。

画像(447)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る
「真・三國無双8」(PC / PS4
(C)2018 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像(446)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る 画像(445)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る



コーエーテクモゲームス
ディレクター
鈴木英生

代表作:「進撃の巨人」「進撃の巨人2」

画像(327)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る
<質問1>2018年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「レッド・デッド・リデンプション2」
夜な夜な、「西部時代に生きる」という、現実では味わえないハードボイルドな体験をさせてもらっています。
ゲーム全体から、「自分たちが伝えたい事」を「自分たちのやり方で伝える」という、作り手の強い意志が感じられ、同じ開発者として圧倒されております。

<質問2>2018年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「映画HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」
オールスターものの見本と言える構成・演出で、ゲーム開発にも非常に参考になる内容でした。
また、各キャラクターに対する制作者の愛を強く感じられた点も、印象に残っています。(ちなみに、私の推しキャラはキュアアムールです)

<質問3>2018年に、個人的に注目した(している)人物

山田孝之さん
昔から注目している俳優さんでしたが、今年放映された「dele」というTVドラマで、複雑な性格・設定の主人公を違和感なく演じておられ、改めて「すごい役者さんだな」と感じました。
「dele」自体も非常に面白いドラマです。未視聴の方は是非!

<質問4>2019年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

お陰様で、3月に発売となった「進撃の巨人2」は、ユーザーの皆様から大変高い評価を受けることができました。
私自身は、現在、新たなタイトルに向けて準備中です。読者の皆様に発表ができる日を楽しみにしております!

「進撃の巨人」(PS4 / PS3 / PS Vita
原作 / 諫山創「進撃の巨人」(講談社『別冊少年マガジン』連載)(C)諫山創・講談社 /「進撃の巨人」製作委員会(C)2016 コーエーテクモゲームス
画像(328)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る 画像(329)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る

「進撃の巨人2」(PC / PS4 / PS Vita / Switch
原作 / 諫山創「進撃の巨人」(講談社『別冊少年マガジン』連載)(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会(C)2018 コーエーテクモゲームス
画像(330)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る 画像(331)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る



コーエーテクモゲームス
シブサワ・コウブランド長 / プロデューサー
竹田智一

代表作:「のぶニャがの野望 ニャぷり!」「信長の野望 201X」「大航海時代V」「大航海時代 Online」

画像(320)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る
<質問1>2018年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「Marvel’s Spider-Man」
ただ移動しているだけなのにこんなに爽快な体験ができるなんて、ジャンピングフラッシュ以来の衝撃でした。
アクション苦手な私でもストレスゼロ。クエストそっちのけでひたすらニューヨークの街を飛び回ってしまいました。
バトルでガチャプレイしてても気持ちイイ!

<質問2>2018年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「グレイテスト・ショーマン」
「ラ・ラ・ランド」と同じ作曲家という理由で見ましたが、期待を大きく越える内容で、エンターテインメントの本質について考えさせられました。
とても大手術直後だったとは思えないヒュー・ジャックマンの歌と演技がとにかく素晴らしかったです。

<質問3>2018年に、個人的に注目した(している)人物

中島翔哉堂安 律
毎年サッカー選手で恐縮です。注目の理由は言わずもがなですよね。

<質問4>2019年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

シブサワ・コウブランドでは、来年に向けて数多くのタイトルを準備中です。
まずは、2月に発売される「信長の野望・大志 パワーアップキット」
政略も軍略も、文字通り大々的にパワーアップされていますので、ぜひご期待ください。
また、久々のナンバリング作となる「Winning Post 9」は、3月発売です。
ライバル馬との熱い戦いだけでなく、美麗なレースシーンの進化にも注目していただきたいです。

画像(325)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る
「のぶニャがの野望 ニャぷり!」(iOS / Android
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像(326)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る
「信長の野望 201X」(PC / iOS / Android / PS Vita
(C)2015-2018 コーエーテクモゲームス All rights reserved.

画像(323)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る
「大航海時代V」(PC / iOS / Android
(C)2014-2018 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像(324)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る
「大航海時代 Online」(PC / PS4
(C)2005-2018 コーエーテクモゲームス All rights reserved.



コーエーテクモゲームス
取締役専務執行役員 Team NINJAブランド長
早矢仕洋介

代表作:「仁王」「DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation」

Team NINJA公式Twitterアカウント
画像(315)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る
<質問1>2018年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「ゴッド・オブ・ウォー」
前シリーズは当ブランドの得意とするアクションゲームで、常に参考としていたタイトルでした。
それを「今の時代に併せた形に生まれ変わらせる事」をやりきったタイトルとして印象深かったですし、その完成度に驚きました。

<質問2>2018年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー」
「マーベルシネマティックユニバース」という映画1本1本を繋げる発想。
1作毎にまったく違うテーマと万人が楽しめる品質。
そして集大成としての本作。世界中の人が同時にユニバースを共有している興奮。
今年の「アベンジャーズ / エンドゲーム」でどう展開するのか今から楽しみです。

<質問3>2018年に、個人的に注目した(している)人物

米津玄師
音楽が売れない時代に、これだけみんなが共有する今という時代を体現するアーティストがいる事は素晴らしいと思います。

<質問4>2019年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2月15日に7年振りの新作「DEAD OR ALIVE 6」が発売されます。
開発スタッフ一同、いままでの経験をすべてぶつけた最新作です。
シリーズファンの皆さんはもちろん、前作の基本無料版で触って頂いた皆さんにもぜひ体験いただければと思います。

「仁王」(PC / PS4
(C)2017 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像(316)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る 画像(317)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る

「DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation」(PC
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像(318)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る 画像(319)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る



コーエーテクモゲームス
プロデューサー兼ディレクター
古澤正紀

代表作:「無双OROCHI3」「無双☆スターズ」「ゼルダ無双」

画像(269)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る
<質問1>2018年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「MONSTER HUNTER: WORLD」
とても丁寧に作られていて、世界観の掘り下げというか表現がすばらしいです。
作り手の作品に対する愛や、その先にあるファンの方への想い、というものがひしひしと感じられました。
大事な部分は残しつつも、新しさがふんだんにあり、それでいて遊びやすさがアップしてと、ユーザーの立場では「ありがとう」、クリエイターの立場では「恐れ入りました」と、脱帽の一作です。

一番長い時間プレイしているのは「クラッシュ・ロワイヤル」でしょうか。
空き時間に遊んでいるつもりだったのが、いつの間にやら他の時間を削ってプレイするようになっていたり……、恐ろしいことです。

<質問2>2018年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「グレイテスト・ショーマン」
冒頭で心をわしづかみにされ、後はもう聞き入るばかりでした。とにかく曲・歌がすばらしく、何度もゾクゾクっと震えが来ましたね。
ブルーレイ特典のメイキングも興味深く、偶然や出会いといったことだけでなく、その上に努力や計算を積み重ねていって初めて、心を震わせる作品ができるんだなと、改めて感心させられます。
元気が出るというか勇気が湧く作品なので、疲れたり悩んだりしている人にもオススメしたいですね。

<質問3>2018年に、個人的に注目した(している)人物

宇野昌磨
実力はさることながら、会見でウトウトしてしまうような心臓の強さ、マイペースっぷりに目が離せません。
ゲームもお好きなようなので、彼のお眼鏡にかなうものを作っていきたいですね。

<質問4>2019年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

新作として「無双OROCHI3」を発売させていただきました。
年末年始のリフレッシュに、シリーズ最高峰の爽快感を是非お楽しみください。
その先は、また新しいことを仕込み中です。まだまだ具体的なことをお伝えできる段階ではありませんが、ファンの方に納得と驚きを感じてもらえるものにしていきますので、ご期待ください。

「無双OROCHI3」(PC / PS4 / Switch
(C)2018 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像(270)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る 画像(271)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る

「無双☆スターズ」(PC / PS4 / PS Vita
(C)2017 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像(273)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る 画像(272)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る

「ゼルダ無双」(Switch / 3DS / WiiU
(C)Nintendo(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved. Licensed by NINTENDO
画像(274)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る 画像(275)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る



コーエーテクモゲームス
プロデューサー
細井順三

代表作:「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」「リディー&スールのアトリエ 〜不思議な絵画の錬金術士〜」

画像(283)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る
<質問1>2018年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「フォートナイト」
ゲーム自体も非常に面白いのですが、コンテンツの販売方法や展開等、様々な点で非常に優れている点が多く勉強させて頂きました。

<質問2>2018年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「来る」
あの原作をこういう風に映像化するのかと色々な意味で印象に残っています。

<質問3>2018年に、個人的に注目した(している)人物

米津玄師
ハチさんの時代から好きで注目していたのですが、2018年でこれまで以上に多くの方に受け入れられ変わっていく意味や意義を感じさせてくれるため。


<質問4>2019年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

いつもガストブランドを応援して頂きありがとうございす。
2019年は、「ネルケと伝説の錬金術士たち 〜新たな大地のアトリエ〜」からはじまり、「ルルアのアトリエ 〜アーランドの錬金術士4〜」の2本が発売されますが、それら以外にも様々なタイトルを発表予定ですので、ぜひ楽しみに待っていてください!

「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」(PC / PS4 / PS Vita
(C)2017 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像(284)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る 画像(285)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る

「リディー&スールのアトリエ 〜不思議な絵画の錬金術士〜」(PC / PS4 / PS Vita / Switch
(C)2017 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像(286)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る 画像(287)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る



コーエーテクモゲームス
ディレクター
宮内 淳

代表作:「真・三國無双」シリーズ,「BLADESTORM」「BLADESTORM 百年戦争&ナイトメア」

Twitterアカウント
画像(257)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る
<質問1>2018年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「Detroit: Become Human」
「すべてがFになる」などが有名な森 博嗣さんが描く「Wシリーズ」と、多少似通った世界観を持つ本作でしたが、どのような結末を描くのか? と発表からずっと注目していた作品です。
まさか、あれ程の分岐を用意することで、プレイヤーそれぞれの結末を表現するとは……。
このように多数の分岐を実現することで世界観に深みを与える手法は、ほかのエンターテインメントコンテンツでは表現出来ないと思うし、ゲームの可能性を更に広げてくれたと感じています。

<質問2>2018年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「SSSS.GRIDMAN」
TVアニメなのに、どこか特撮ドラマのような怪獣やグリッドマンのモーションなど、見ているだけでワクワクする内容に仕上がっています。
世界設定やドラマシーンなどは、なんだが今風(?)なのですが、しっかりヒーロー物のコンテンツに昇華されており、毎話関心させられています。
OP主題歌「UNION」もどこか懐かしいメロディーなのに、かなりカッコイイ仕上がりになっているなど、見どころ満載です。

<質問3>2018年に、個人的に注目した(している)人物

アンドレス・イニエスタ
Jリーグで久しぶりの大物外国人ということで注目していました。
インタビューなどプレイ以外の露出も多く、サッカーファンだけでなく、日本中で興味を集めていた様子が伺えました。
Jリーグ全体の底上げに繋がるだけでなく、世界中にJリーグの知名度を高めて貰えて嬉しかったです。来年も注目し続けます。

<質問4>2019年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

いつも「真・三國無双」シリーズを応援頂き、ありがとうございます。
最新作「真・三國無双8」も、まだまだアップデートを続けていきますので、どうぞご期待ください。
2019年は「真・三國無双」発売(2000年8月3日)から19年ということで、20周年という大きな節目を迎えるにあたり、そろそろ何か大きな発表が出来るように頑張っていきますので、引き続きよろしくお願いします。

「真・三國無双8」(PC / PS4
(C)2018 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像(258)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る 画像(259)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る

「BLADESTORM 百年戦争」(PS3 / XBOX360
(C)2007 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像(262)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る 画像(263)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る

「BLADESTORM 百年戦争&ナイトメア」(PC / PS4 / PS3 / XBOX ONE
(C)2015 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像(260)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る 画像(261)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る



コーエーテクモゲームス
プロデューサー兼ディレクター
安田文彦

代表作:「仁王」,「NINJA GAIDEN」シリーズ

画像(245)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る
<質問1>2018年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「レッド・デッド・リデンプション2」
操作感や中盤にかけての展開の遅さは問題だったと思うが、いわゆるグローバルAAAタイトルの象徴でありながら、極めて属人的かつ、ノリで作られているゲームだと驚きました。

<質問2>2018年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「芥川龍之介選 英米怪異・幻想譚」
グローバルな同時代性にここまで敏感な作家だった事を知らなかったので、芥川の作品を読み直す機会にもなりました。

<質問3>2018年に、個人的に注目した(している)人物

塚本晋也
監督作「斬、」と今さら見た「沈黙」の演技で注目しました。

<質問4>2019年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

6月に発表した「仁王2」は制作を鋭意進めています。
2019年の早いうちに続報をお伝えできると思いますので、お待ちください。

「仁王」(PC / PS4
(C)2017 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像(246)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る 画像(247)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る

「NINJA GAIDEN 3: Razor's Edge」(PS3 / XBOX360 / WiiU
(C)2012 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像(248)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る 画像(249)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る



コーエーテクモゲームス
プロデューサー
山口英久

代表作:「Winning Post 8」シリーズ

画像(292)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る
<質問1>2018年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「レッド・デッド・リデンプション2」
なんといっても圧倒的なグラフィックに感心させられました。
細部までリアルな背景、モーションによる世界観表現には純粋に感動しました。
プレイヤーとNPCとの関わりも細かく作り込まれていて、とにかく圧倒的な没入感を得られるゲームだと思います。

<質問2>2018年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「レディ・プレイヤー1」
世界中の人々がVRの世界に入り浸っている未来を描いた映画ですが、全編に渡ってVRの世界はポップカルチャーまみれで、一度見ただけでは全てのキャラクターは見つけられないほどの量で、ワクワクしながら鑑賞できました。メカゴジラ登場時にゴジラのテーマが流れた時はちょっとしびれました。
VRの世界を題材にしつつ、現実社会の生活の大切さもしっかり伝えているところも好感が持てます。
純粋なエンターテイメント映画として気楽に楽しめる良い映画だと思います。

<質問3>2018年に、個人的に注目した(している)人物

武豊騎手
昨年も書いた記憶があるのですが、今年も武豊騎手です。
今年は前人未踏のJRA通算4000勝を達成され、来年3月には50歳を迎えるというのに、いまだ一線で活躍される姿には、本当に敬服します。
外国人騎手がGIレースを勝ちまくっている昨今ですが、日本競馬界においてなくてはならない存在の方だと思います。
このまま長く現役を続け、還暦ダービー勝利を目指して頂きたいと思っています。今年も言います。私にとっては「神」です。

<質問4>2019年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2019年3月に、5年振りのナンバリングタイトル「Winning Post 9」を発売します。
ウイポの楽しさはそのままに、「ライバル対決」をテーマに、人馬の絆が創り出すドラマを新鮮なプレイ感で楽しんでいただけるよう、スタッフ一同全力で制作しています。
シリーズファンの方はもちろん、ウイポ未体験の方も、「Winning Post 9」で馬主体験を味わってください!

「Winning Post 8」(PC / PS4 / PS Vita / Switch
(C)2014-2018 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像(293)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る 画像(294)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る



コロプラ
プロデューサー
浅井大樹

代表作:「白猫プロジェクト」

Twitterアカウント
画像(336)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る
<質問1>2018年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「ドラゴンボール ファイターズ」
「こんなゲームがあったらなぁ」という妄想がそのまま具現化したようなタイトルでした。
大好きなIPのキャラクターを素晴らしいグラフィックと演出で動かすことができる、とても幸せな体験ができるゲームだと思います。

<質問2>2018年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「カメラを止めるな!」
作品自体の面白さもさることながら、口コミによる拡散や話題性など、インディーズ映画があっという間にメジャーになるこの感じがとても久しぶりだったように思います。

<質問3>2018年に、個人的に注目した(している)人物

山川穂高
昨シーズン後半にブレイクした選手ですが、今シーズンはさらに輪をかけた大活躍でした。

<質問4>2019年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2018年も「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」「白猫プロジェクト」「白猫テニス」を遊んでいただき、ありがとうございました! 2019年も皆様に楽しんでいただけるよう、各タイトルともしっかり運営して参りますので、どうぞよろしくお願いします。12月15日&16日に開催した「コロプラフェス2018」では、「白猫プロジェクト」のアニメ化や家庭用ゲーム機用の「白猫プロジェクト」(「Shironeko New Project(仮)」)についてなどを始め、多くの新情報を発表させていただきました。僕自身は、最近はおもに「Shironeko New Project(仮)」に携わっています。発売はまだもう少し先ですが、遊んでくださった方に最高のゲームだと思っていただけるよう、全力で取り組んで行きたいと思います。

「白猫プロジェクト」(iOS / Android
(C) 2014-2018 COLOPL, Inc.
画像(337)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る 画像(338)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る 画像(339)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る



サイバーコネクトツー
代表取締役
松山 洋

代表作:開発代表作 / 「.hack」シリーズ、「NARUTO -ナルト- ナルティメット」シリーズ、「ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン」「テイルコンチェルト」「サイレントボマー」など。著書 / 「熱狂する現場の作り方」(星海社新書),「エンターテインメントという薬」(ファミ通BOOKS)

Twitterアカウント
画像(340)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る
<質問1>2018年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」
クオリティ・物量・ゲームデザイン、全てが圧倒的。いつまでも遊べる実に贅沢でマストバイなタイトルに感服します。

<質問2>2018年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「悪女」(韓国映画)
カッコ良くてイケててクールで実に面白かった。こういう熱量を持った作品が大好きです。

<質問3>2018年に、個人的に注目した(している)人物

上杉均VS芝原剛盛
喧嘩王・上杉の煉獄からどうやって脱出するのか、出来るのか? とにかく続きを読みたくて仕方がありません。あ、ヤンマガで連載中、いや、休載中の「喧嘩稼業」の話です。いいかげんに編集部は木多康昭の身柄を確保・拘束して続きを描かせてください。

<質問4>2019年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

早く「喧嘩稼業」の連載が再開されることを祈っています。

「.hack//G.U. Last Recode」(PC / PS4
(C).hack Conglomerate (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
画像(341)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る 画像(342)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る



JP GAMES
CEO
田畑 端

代表作:「FINAL FANTASY XV」「FINAL FANTASY零式」「CRISIS CORE -FINAL FANTASY VII-」

画像(738)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る
<質問1>2018年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「フォートナイト」
小学生の甥に「Unreal Engine 4知ってる? フォートナイト開発したやつ。それ使った方がいいよ」と言われました。色々凄いです。発表で最も驚いたのはキムタクの「JUDGE EYES:死神の遺言」。

<質問2>2018年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

ようやく読んだ「キングダム」。読み始めたら止まらないぶりが歴代ナンバー1。あとどこに行っても聴こえてきたDA PUMP「U.S.A.」

<質問3>2018年に、個人的に注目した(している)人物

ZOZO前澤社長のやりたい放題ぶり。本田 翼のゲーム実況という現代性。天皇陛下の言動や報道から生じる、次の時代に移っていく実感の凄まじさ。

<質問4>2019年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

ゲーム開発で培ってきた技術や経験を、より広い分野に活かして、ゲームで未来をもっと楽しくしたいです。2019年はその準備の年にします。もちろんゲーム開発しますよ。

「FINAL FANTASY XV」
(C)2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
MAIN CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA
画像(737)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る

田畑氏が設立したJP GAMESのロゴ
画像(735)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る



G2 Studios
代表取締役社長
桜井 敦

代表作:「アイドリッシュセブン」「ツキノパラダイス。」「ライブラリークロスインフィニット」「ワールドエンドヒーローズ」

画像(035)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る
<質問1>2018年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「プリンセスコネクト!Re:Dive」
とにかくテンポの良さ、各種機能の使い易さ(視認性)、ゲームを進めていく上での分かり易さや学習のさせ方、チュートリアルのストレスの無さなど、随所にわたって無理なく進めていけるようなゲーム作りへのこだわりを感じました。

終了したIPを見事にアニメRPGとして復活させた点は「さすが」の一言に尽きます。

やること満載のゲームって、「最初何すればいいの?」になって、疲れてやめたくなっちゃうんですけど(笑)
もちろんプリコネも機能満載なんですが、初期は機能がロックされていてストーリー進行次第なので、
プレーヤーとしては次の目標が分かり易く設定されていて、継続してプレーできる点がいいと思います。

あと、何といっても操作性! サクサク軽くて快適。
バトルテンポやスキップ機能など、あまり面倒な印象を抱く前に、良い意味ですぐ終わるのでいいです。

細かいディティールにもこだわりがあって、ちょっとしたアニメーションなどもキャラクター性や世界観にマッチしていて、育成させていく上で重要な「キャラクターへの愛着」が湧きますね。

<質問2>2018年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

映画だと最近話題になっている「ボヘミアン・ラプソディ」「万引き家族」あたりですね。
Queenは、学生時代によく聴いていて、名曲が多くて心に残るバンドなので好きです!
あとは、何といっても女性の心を一瞬で奪った「名探偵コナン ゼロの執行人」安室 透さんかと!

コミックは、「極主夫道」!!!
誕生日にありがたいことに色々プレゼントをもらうんですが、毎年コミックをプレゼントしてくれる漫画好き社員の一押しコミックで、「次にくるマンガ大賞2018年」でWebマンガ部門3位!!!(笑)
任侠コメディなんですが、ディティールが細かくて、後からジワジワきてとても面白いので、是非みなさんに読んでいただきたい作品です。

最も印象に……と言われておきながらオールジャンルすみません。

<質問3>2018年に、個人的に注目した(している)人物

ヒプノシスマイク
ちょっと違った観点になってしまうかも知れないですが(笑)
彼らにはIPパワーを相当感じますね。

デビューは2017年ですが、認知が一気に拡大したという点では2018年ではないでしょうか。

最近特にIP枯渇時代とも言われていて、次々と新しいキャラクタープロジェクトも立ち上がりますが、中長期的に相当な戦略をもって取り組んでいかないと難しい印象の中で、ある意味、「何にも媚びない」この姿勢がファンを魅了しているんだと思います。

あと楽曲もすごく良いし、参加している声優さん達のラップがめっちゃ上手い!
一度聞くと耳に残ってしまい、ついついリピートしてしまうこの感じ! 今後に期待しちゃいますね。

<質問4>2019年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2019年には他ジャンルのゲーム開発にも着手していきたいです!
また、特殊エフェクトや3D表現などにも力を入れていきたいですし、それに合わせた開発体制も整えていっておりますので、ゲーム会社のみなさま、何かありましたらいつでもご連絡ください!

現在、運営しているタイトルは、アイドリッシュセブン、ツキノパラダイス、ライブラリークロスインフィニット、ワールドエンドヒーローズになりますが、ファンの方へ2019年更なる楽しさを提供していけますよう、精一杯頑張っていきますので、どうぞ宜しくお願い致します!

「アイドリッシュセブン」(iOS / Android
(C)アイドリッシュセブン
画像(036)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る 画像(037)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る



シシララ
代表取締役 / ゲームDJ
安藤武博

代表作:「ケイオスリングス」シリーズ,「鈴木爆発」「疾走、ヤンキー魂。」「ヘビーメタルサンダー」「ソングサマナー」「実在性ミリオンアーサー」「COSMOS RINGS」など

Twitterアカウント
画像(343)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る
<質問1>2018年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「はみがき勇者」
ゲームの力とアイデアを最大限に使うと、はみがきが嫌いな子供も夢中で磨く。大人も歯茎から血が出るくらい磨く。とにかく磨く。そして面白い。カメラを使った新しい遊びの提案がここにある。スマホを使った新しい遊びにして、RPGにして、優れた教育ソフト。

<質問2>2018年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

宝塚月組公演 ショー・テント・タカラヅカ「BADDY(バッディ)−悪党(ヤツ)は月からやって来る−」
100年以上続いてきた宝塚のショーに、まだまだ新風を吹かせることができる。それを鮮やかに証明して見せた革命的作品。これまでの常識を完全に破壊。それでいて伝統も失わない見事な守・破・離。1世紀たったエンターテインメントも進化する。ゲームもまだまだこれから。

<質問3>2018年に、個人的に注目した(している)人物

上田久美子(宝塚歌劇団 / 演出家)
宝塚の伝統継承者にして破壊神。この人がゲームの脚本演出をしたら一体どうなるのだろうか。一番話をしてみたい人のひとり。

画像(344)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る
<質問4>2019年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2019年はようやく、つくってるゲームが出ます。複数タイトル。全てオリジナル。お楽しみに。ゲーム実況などのメディア活動も引き続き、年間200本ペースでやっております。「つくる」「伝える」「混ぜる」をシシララはやり続けます。
あと著作もぜひ読んでみてください。




ジニアス・ソノリティ
代表取締役社長
山名 学

代表作:「電波人間のRPG」シリーズ,「ポケとる」

Twitterアカウント
画像(729)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る
<質問1>2018年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「Toon Blast」
昨今のパズルで最も優秀な出来栄えだと思います。隙間時間の殆どはこのアプリをプレイしていました。パズルコアは昔からのものですが、コアの面白さを活かした数々のギミックを使ったステージ作りが素晴らしいと思います。また余計なエピソードや演出等無しで起動後直ぐにパズルが出来ることが、隙間時間でプレイする気にさせてくれます。シンプルイズベストの良い例だと思います。

<質問2>2018年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」
数々のヒット作を生んだJ・J・エイブラムスが製作に深く関わっている事。彼は「ミッション:インポッシブル3」で監督を務めている。

<質問3>2018年に、個人的に注目した(している)人物

今年は思いつきませんでした。

<質問4>2019年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2018年はタイトルを出せなかったのが残念でしたが、2019年は必ず出します!

「New 電波人間のRPG」(iOS / Android
2017 (C)Genius Sonority Inc.
画像(346)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る 画像(347)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る 画像(348)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る



ジンテーゼ
代表取締役
北島行徳

代表作:「ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス」「閃乱カグラ」シリーズ,「428 〜封鎖された渋谷で〜」,アニメ「閃乱カグラ SHINOVI MASTER -東京妖魔篇-」,映画「バケツと僕!」

Twitterアカウント
画像(349)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る
<質問1>2018年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

今年は例年以上に忙しくてゲームをする時間がほとんどなく……というか寝る時間も……ほとんどなく……。と、今も書いていて眠気に襲われているのですが、それでもやっぱり気になって遊びたいADVがあり、特に「レイジングループ」は正月中にクリアしようと思っています。

<質問2>2018年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

今年は例年以上に忙しくて映画や小説を楽しむ時間がほとんどなく……と大事なことなので二度言いました。インプットなどなくてもシナリオは書けるということを自分で証明した一年でした(笑
それでも年末に映画「来る」だけは見ようと思っています。

<質問3>2018年に、個人的に注目した(している)人物

ゲームプロデューサーの大地 将さんです。
理由は言えないことを含めていろいろなのですが、きっと来年面白いことをしてくれると思います。

<質問4>2019年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2月7日にシナリオを担当した「アークオブアルケミスト」が発売されます。2019年はその他にもいろんな作品が発表されるはずです(ずいぶんとたくさん書いたので)。また、来年4周年を迎える「ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス」のメインシナリオも新たな展開が。諸々、ご期待ください。



スーパートリック・ゲームズ
ディレクター
新 英幸

代表作:「LET IT DIE」「KILLER IS DEAD」

画像(351)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る
<質問1>2018年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「Dead by Daylight 公式日本版」
PC版からかなり遅れて発売。今を象徴するような注目のされ方だと思いました。

<質問2>2018年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

ケンガンアシュラ 最終話
新章が待ち遠しい!

<質問3>2018年に、個人的に注目した(している)人物

島田 拓(アリ)さん
好きの突き詰め方、生き方が素敵。

<質問4>2019年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

環境が少し変わりましたので、相応に新しいことにチャレンジです。
SUPERTRICK GAMESをよろしくお願いいたします。



スーパートリック・ゲームズ
サウンドクリエイター
山岡 晃

代表作:「LET IT DIE」「シャドウ オブ ザ ダムド」

Twitterアカウント
画像(350)4Gamer年末恒例のゲーム業界著名人コメント集企画。195名が2018年を振り返り,2019年への抱負を語る
<質問1>2018年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「クロノマギア」
カードゲームとしてのやり込み要素が満載なのと、なんといっても世界観、デザインが好み過ぎ。

<質問2>2018年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「中学聖日記」
自分も早く中学生になりたい! と思える、とてもドリーミングな気持ちにさせられるドラマ。

<質問3>2018年に、個人的に注目した(している)人物

ビル・アンドリュース博士
テロメア研究の最先端をいくその発想と研究に関心。ある意味、SFを現実とするエンターテイメントすら感じる。

<質問4>2019年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2019年には溢れる新作情報、オリンピック年と併せて楽しんでもらい、そこから大阪万博まで続く長く愛される作品を描きたいですね。

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年04月〜2019年10月