オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/10/10 18:13

イベント

1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた

1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた
 埼玉県・SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ 映像ミュージアムで,2018年10月6日に企画展「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」がスタートした。その前日に行われたプレス向け内覧会に参加してきたので,展示物の概要を紹介したい。

 コンピュータゲームの最初期をフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ1:デジタルゲームの夜明け」,家庭用ゲーム機が普及し始めた時代をフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ2:ゲームセンターVSファミコン」に続く今回は,家庭用ゲーム機に光学ドライブや高度な3D映像処理機能が搭載されて,ゲーム市場の大きな転換点となった1990年代を中心に,2000年代初期までの時代がフィーチャーされている。

 なお,チケットは常設展示の観覧も含めて大人510円/小中学生250円(各税込)。会期は2019年4月7日までと予定されており,週初の平日および年末年始は休館となる。

1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた


格ゲーの一大ブーム


1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた
 最初に来場者を迎えるのは,“格ゲー戦国時代”と題された格闘ゲームのコーナーだ。ここに設置されているのは,「ストリートファイターII」「餓狼伝説SPECIAL」「バーチャファイター2」といった1990年代前半に一世を風靡したタイトル達。「バーチャファイター」は,ゲームが動作しているMODEL1基板も展示されている。

 ちなみに,代表的なeスポーツ大会の1つである「Evolution Championship Series(EVO)」の前身的なイベントが始まったのも,この時期だ(具体的な起源については諸説ある)。

「バーチャファイター」のMODEL1基板。今のアーケードゲームに用いられているハードはPCベースがスタンダードだが,この時代はプリント基板で作られていた。プログラムがROMに焼かれていたり,サウンドが専用ボードで処理されていたりと,近年のシステムとは設計が大きく異なる
1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた
「餓狼伝説SPECIAL」はポスターや設定画も展示されている。ちなみにMVS筐体には,ステージ2ではネオジオCDで設置されていた「NAM-1975」と「マジシャンロード」もセットされている
1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた 1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた
1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた 1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた


ジャンルの細分化とキャラクタービジネスの確立


 格ゲーコーナーに続くのは,“ジャンル細分化時代のデジタルゲーム”と題されたコーナー。ここには「ぷよぷよ」「レイフォース」といったアーケードゲーム,「ときめきメモリアル」「ポケットモンスター 赤・緑」といった家庭用ゲームが展示されており,ハードのスペックアップで多様性が爆発的に増大した時代の雰囲気を感じられる。

 ここで注目してほしいのが,これらのタイトルの要素が,今日のタイトルにも多く引き継がれているというところ。「ポケットモンスター」や「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」などのシリーズは言わずもがな,直接的なところだと「ときめきアイドル」iOS / Android)や「ラブプラス EVERY」iOS / Android)は「ときめきメモリアル」の系譜,PC/PS4版が先月発売された「428 封鎖された渋谷で」「弟切草」の系譜を継いだものであると言えるだろう。間接的なところで言うと,「レイフォース」の“誘導レーザー”という演出は,近年のタイトルでも見られるものだ。

1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた 1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた
“恋愛をシミュレーションする”ということが家庭用ゲームとしては画期的だったKONAMIの「ときめきメモリアル」。PCエンジン CD-ROM2(シーディーロムロム)によるフルボイス演出も,当時のプレイヤーを驚かせた
1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた 1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた
1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた
ビジュアルやサウンドといった演出面を重視したタイトーの「レイフォース」
1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた
コンパイルの「ぷよぷよ」は,パズルゲームにRPG「魔導物語」のキャラクターと“漫才デモ”を導入して,キャラクター人気の獲得に成功した
「ポケットモンスター」シリーズの第1作である「ポケットモンスター 赤・緑」。2016年にはニンテンドー3DS版がリリースされている
1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた
グラフィックス技術の向上で,新基軸のゲームが次々と生み出された
1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた 1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた


32bit機の衝撃


 1990年代のゲーム市場を語るにおいて外せないのが,いわゆる“32bit機”のゲームハードだ。今回,とくにPlayStationは“プレイステーションによる変革”という独自のコーナーとしてまとめられている。当時の筆者はセガ派だったので「ぐぬぬ」と思わなくもないが,「リッジレーサー」「メタルギア ソリッド」といった“新世代”を強く感じさせてくれたタイトルや,ネジコンやPocketStationといった新しい形のデバイスが,当時の世の中に強いインパクトを与えたのは確かだ。

1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた
1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた 1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた

 PlayStationコーナーに隣接する“32ビット機戦争と広がるデジタルゲームの楽しみ方”コーナーには,セガサターンやニンテンドウ64,3DO(3DO REALでの展示)が展示されている。当時の“華”と言えばPlayStationだったが,セガサターンなら「バーチャファイター」「デイトナUSA」,ニンテンドウ64なら「スーパーマリオ64」「大乱闘スマッシュブラザーズ」,3DOなら「Dの食卓」「ポリスノーツ」など,それぞれ個性的なゲームがリリースされていたのが思い出深い。

内覧会で動いていたソフトは,セガサターンが「ファイターズメガミックス」,3DO REALが「Dの食卓」,ニンテンドウ64が「スーパーマリオ64」。なぜかセガサターンのコントローラが「SGトルネードパッド」だったり,ニンテンドウ64に「64DD」が接続されていたりする
1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた 1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた 1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた

 また“広がるデジタルゲームの楽しみ方”を紹介するものとして,LSIゲームの「たまごっち」やバーチャルボーイの「レッドアラート」,PC-9800(PC-9821 Xa13での展示)の「東方Project」シリーズ初期作,PCの「Half-Life」「ウルティマオンライン」(接続サーバーは現行のもの)も展示されている。

1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた
早すぎた立体視ゲーム機・バーチャルボーイ。試遊できるレッドアラートは,バーチャルボーイ用ソフトの中でもとくに評価の高い,後方視点系のシューティングゲームだ
1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた
企画者がイグノーベル賞を受賞したり,新語・流行語大賞に選出されたりした初代「たまごっち」。ちなみに,来月には最新機種である「たまごっちみーつ」が発売される
「Half-Life」と「ウルティマオンライン」は“最近のタイトル”のような気がするかもしれないが,前者は今年の11月で20周年,後者は昨年7月で20周年を迎えた
1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた 1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた
「東方靈異伝」「東方封魔録」「東方夢時空」が一定期間ごとに出展される。オリジナルのソフトは開発者であるZUN氏の手元にもなく,コレクターの私蔵品を借り受けているとか
1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた 1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた
1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた 1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた


新基軸を模索するアーケードゲーム


いわゆる“弾幕シューティングゲーム”の基本的なスタイルを完成させた「怒首領蜂」
1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた
 家庭用ハードのスペックが向上するにあたり,これまでハイスペックなハードでのゲームプレイをウリにしてきたアーケードゲームも変革を迫られる。“ゲーセン転換期のアーケードゲーム”コーナーでは,そういったニーズを受けて開発されたタイトルとして,リアリティとシミュレートにこだわったタイトーの「ランディングギア」「バトルギア」,3D格闘にして武器格闘でもあるナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)の「ソウルキャリバー」,シューティングゲームに弾幕を根付かせたケイブの「怒首領蜂」が展示されている。

3D武器格闘の「ソウルキャリバー」。来週には最新作の「ソウルキャリバーVI」が発売されるので,それをプレイしてから会場を訪れて,比較してみるのも面白いだろう
1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた

1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた
 そんなアーケードゲームの転換期を語るうえで欠かせないのが,「beatmania」に代表される,俗に“音ゲー”と呼ばれるリズムアクションゲームだ。リズムアクション系は独立した“躍動する音ゲー”というコーナーが設けられており,KONAMIのBEMANIシリーズや,ナムコの「太鼓の達人」が設置されている。ただ,大型筐体はコンバージョンキットで改修されながら稼働するという都合上,beatmania筐体は「beatmania THE FINAL」,pop'n music筐体は「pop'n music 18 せんごく列伝」,太鼓の達人筐体は「太鼓の達人14」の仕様となっている。

これらに加えて「Dance Dance Revolution」も設置されるが,当日は三重県から輸送中とのことで設置されていなかった
1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた 1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた 1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた


家庭用ゲーム機のさらなる進歩


 最後の“21世紀の始まりを告げる家庭用ゲーム機”コーナーでは,PS2やゲームキューブといった,21世紀序盤に活躍したハードが展示されている。この時代になると写実性を意識した3Dグラフィックス表現が可能となっているので,退出したあとに入口から入り直して「バーチャファイター」などと見比べてみると,10年足らずの間に起こった技術発展に驚けるだろう。また,PS2で標準となったDUALSHOCKやゲームキューブのコントローラは,改修を加えられつつ現行ハードにも継承されているので,現在への直接的な繋がりを感じられるポイントだ。

1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた 1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた

 そのほか,ゲームにおける本格的なAIの導入事例としてドリームキャストの「シーマン」が展示されていたり,ネオジオやNAOMIといった家庭用ゲーム機とアーケードゲームの共通企画採用例が展示されている。

会話しながら人面魚を育成する,今見てもシュールなゲーム「シーマン」。育てるのがけっこう大変だった覚えがあるので,快適に会話できる状態のセーブデータが用意されていると嬉しいのだが……
1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた
1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた
移植にあたっての利便性などもあり,家庭用ゲーム機とアーケード用基板を共通アーキテクチャで開発していた時期があった。その後,Linux PCベースの設計が流行ったりもしつつ,最近はほとんどがWindows PCベースの設計となっている
1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた 1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた



1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた
 内覧会の時点では準備中のため,一部パネルや映像などが未掲出の状態となっていた。また,展示物のカタログも「展示風景の写真を収録する」という都合上,後日発売と予定されている。展示やカタログ販売などの状況については,公式サイトSKIPシティの公式Twitterなどで確認してほしい。そのほか,トークショーやゲーム大会などのイベントも実施予定とのことだ。

 筆者は3年前のステージ1から「あそぶ!ゲーム展」を見てきたが,ゲームに関して特定時期のシェア争いやプラットフォーム展開に留まらず,10年単位で市場を総括するような企画展は珍しく,その意味で非常に有意義なものだと感じられた。これまでの開催を見逃したという人も,会場で販売されている前々回・前回のカタログを読むなどして,ゲームの歴史に想いを馳せてほしいところだ。また,地方在住で来館が難しいという人も,函館開催香川開催といった前例があるので,そういった機会に期待しよう。

この企画展は最終章だが,ゲームの歴史はまだまだ続く
1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた
 最後に,企画監修を務めるゲームデザイナーの遠藤雅伸氏と滋慶学園・名誉教育顧問の馬場 章氏へのショートインタビューを掲載して,本稿の締めくくりとしたい。


1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた
遠藤雅伸氏
1990年代のゲームをフィーチャーした「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」が開催中。今日のゲーム市場はここで築かれた
馬場 章氏

4Gamer
 「あそぶ!ゲーム展」最終章にあたってのコメントをお願いします。

遠藤雅伸氏(以下,遠藤氏)
 「3回やろう」という前提でスタートした企画なんですが,そもそも3回できるかどうか分からなかったんですよ。それが,状態の良い機械を用意できて,素晴らしい形で開催できたので良かったです。3回目は現代につながる部分でして,僕としては「ゲーム業界の一番濃いところ」だと思っています。

馬場 章氏(以下,馬場氏)
 最終章なので,現在までのゲームを取り上げたかったのですが,1990年代以降はゲームソフトやゲーム機があまりに多すぎました。でも「どうしても2000年を越えたい。今世紀までつなげたい」という思いがあったので,2001年まで取り上げています。
 2018年10月は,一番最初のコンピュータゲームの1つと言われる「Tennis for Two」が1958年10月に発表されてから60年目となるんです。東洋的な考え方で言うと還暦,人生が一周して原点に戻る年を迎えたわけですよね。そんな年に,eスポーツという新しい動きが出てきたり,WHOでゲーム依存症が新しい疾病として認定されたり,正と負の動きが出てきているわけです。それらについて原点に戻って考えたいというのが,「あそぶ!ゲーム展」の隠された狙いとしてありました。
 デジタルゲームが続く限り,それを巡って考えなければいけないことはたくさんあると思いますので,その確認のために,実現するかは分かりませんがステージ4やステージ5も続けていきたいですね。

4Gamer
 この企画展の見どころを挙げるとしたら,どこでしょうか。

遠藤氏
 ただ見るだけでなく,展示品を遊べるところですね。ゲームって,過去の記憶がナラティブ(プレイヤーの主観的な物語)になって,そのタイトルの良さとして語られるんですけれども,プレイすると「このゲームはこうだったのか」という再発見があるので,そこに展示の意義が強いかなと思います。

馬場氏
 IPホルダーとの兼ね合いもあって全部のゲームを遊べるわけではありませんが,大半は試遊できる形で提供できているので,「あそぶ!ゲーム展」のコンセプトは貫けたと思います。また,ステージ1から続く特徴として,ゲームを作ってきた開発者,ゲームで遊んできたプレイヤー,ゲームを売ってきたバイヤーといった各方面の視点から取り上げているので,多角的に見ていくことができます。

4Gamer
 1990年代になじみの薄い20代以下のゲーマーに見てほしい部分などはありますでしょうか。

遠藤氏
 「今でも続いているシリーズ,最初はこうだったんだ」という驚きとか,技術的な進歩とかが面白いんですけど,なかなか分かりにくいんですよね。そう言えば,アーケード基板は見どころかもしれません。今のアーケードゲームは軒並みPCで動いていますが,それと異なる“ゲーム専用の汎用ハード”は,若い人だと勉強になるかなと思います。

馬場氏
 私としては,「知らないゲームで遊んでください」ですね(笑)。

4Gamer
 ありがとうございました。

「SKIPシティ 彩の国 ビジュアルプラザ」公式サイト

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月16日〜10月17日
タイトル評価ランキング
83
82
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
Conan Outcasts (PS4)
2018年04月〜2018年10月