日本最大級の
総合ゲーム情報サイト

イベント

ユニット結成のエピソードと迫力のダンスを体感。“S.Q.S Episode 1「はじまりのとき -Thanks for the chance to see you-」”が開幕

 2018年5月17日,東京・よみうり大手町ホールにて2.5次元ダンスライブ「S.Q.S(スケアステージ)」3部作の1作目となる“S.Q.S Episode 1「はじまりのとき -Thanks for the chance to see you-」”が開幕した。

 本ステージは,2.5次元に存在する芸能事務所「ツキノ芸能プロダクション」に所属する人気ユニット「SolidS(ソリッズ)」「QUELL(クヴェル)」をメインに描く物語「SQ(スケア)」シリーズの舞台版。2つのユニットの結成エピソードやドラマCDのエピソードを交えつつ,彼らの日常やダンスステージライブと銘打った迫力のライブを楽しむことができる。
 公演はSolidSをメインとした「Ver.RED」,QUELLをメインとした「Ver.BLUE」に分かれていて,一部シーンやダンスライブのセットリストが異なる。ここでは関係者・マスコミ向けに行われたゲネプロ公演の「Ver.RED」についてお届けしよう。

ユニット結成のエピソードと迫力のダンスを体感。“S.Q.S Episode 1「はじまりのとき -Thanks for the chance to see you-」”が開幕

「S.Q.S(スケステ)」公式サイト


 2017年末に開催されたツキプロライブを経て,成長した彼らが2018年に展開していくのは「再出発」「再開」という意味を持つ「RE:START(リスタート)」シリーズ。ユニットリーダーでありプロデューサーでもある志季と柊羽は,ファンへ向かって「リスタート宣言」をするという課題をメンバーに与える……というのが物語の大筋だ。

序盤からライブシーンも楽しめる。ライブ中はかなりサウンドが大きめになっていて,体に直接音を浴びせられているような感覚だ。もちろん耳を塞ぐような大音量というわけではなく,心地よく感じられるバランスに調整されている
ユニット結成のエピソードと迫力のダンスを体感。“S.Q.S Episode 1「はじまりのとき -Thanks for the chance to see you-」”が開幕

 今回の「Ver.RED」はSolidSをメインとしており,彼らの日常生活や仕事ぶりを交えつつ,4人が新たなスタートを切るまでの流れをじっくりと追っている。初めてのライブを思い返したり,あらめて今を見つめ直したり,時には普段口に出さないメンバーへの本音が垣間見えることもあったりと,4人がどのように「RE:START」へ向き合っていくのかを丁寧に描いている。
 とくに4人がバーで出会ったシーンは“すべての始まり”が凝縮された印象的な瞬間だ。この偶然がなければSolidSが生まれなかったのかもしれないと思うと,何やら感慨深い気持ちになってどんどんステージに引き込まれてしまった。

偶然の出会いが,4人を強く結びつけていく。こうした経緯や志季の普段の態度を踏まえ,彼がSolidSをどのように思っているのかを告白するシーンはメンバー以上に見ているこちらが感動してしまう
ユニット結成のエピソードと迫力のダンスを体感。“S.Q.S Episode 1「はじまりのとき -Thanks for the chance to see you-」”が開幕

 SolidSがメインであるものの,もちろんQUELLの出番もしっかりある。例えばせっかくのテレビ出演なのに口数の少ない志季を柊羽がフォローしたり,柊羽のために何かできないかと奮闘する壱星と壱流を里津花がサポートしたり,大と英知が「リスタート宣言」について話し合ったりと,両ユニットの微笑ましいほのぼのとした様子がうかがえるシーンも盛りだくさんだ。
 翼が友人との距離感に戸惑ったり,プロ意識を感じさせる仕事風景もあったり,少し緊張感のある部分もあれば,時には我慢できないほどの笑いを誘われるシーンもある。体を張ったバラエティコーナーのインパクトは絶大だったので,ここは周囲を気にせず心のままに笑ってしまおう。

おそらくこのカットだけでは何が起きたのか通じないと思うので,ぜひ劇場で確かめてほしい。ダンスライブとはテイストが違うものの,こちらも全力のパフォーマンスだ
ユニット結成のエピソードと迫力のダンスを体感。“S.Q.S Episode 1「はじまりのとき -Thanks for the chance to see you-」”が開幕

 また,ステージ上だけでなく彼らがかなり頻繁に客席に降りてきてくれるのも見どころの1つ。とくに通路側は「舞台にいないと思ったら,メンバーがすぐ目の前をとおった……!」なんて状況になることも少なくはない。座席が後方でも彼らを間近で見られるチャンスは何度もあるので,一瞬たりとも目を離さないでおこう。
 セットや映像にも注目で,さまざまな場所を臨場感たっぷりに演出してくれている。とくに冒頭の,ライブを目前に控えて舞台袖で会話をするSolidSは本当にライブ会場にいるかのような錯覚を覚えたほど。こうした細かな部分にも非常に力が入っていると感じられたので,こうした部分もじっくり観察してみてほしい。

 そして前半の見どころは,なんといってもリリース記念ライブの日に行われる8人の「リスタート宣言」の様子だ。彼らがファンへどのように伝えるか悩み,考え,出した答えをしっかりと受け止めてあげてほしい。真っ直ぐな言葉がじわりと胸に染み,思わず涙が出そうになるほど心が揺さぶられてしまった。

 いよいよ後半は,ファンお待ちかねのダンスライブステージだ。体全体を震わせるサウンドをガンガン浴びせられ,もはや“舞台”ではなく完全に“ライブ会場”へと空気がシフトしていく様には圧倒させられる。眩しく照らすライトや派手な映像も相まって,序盤からクライマックスのような盛り上がりになること間違いなしだ。

「Ver.RED」「Ver.BLUE」共に10曲以上が披露されるという大ボリューム。ユニットだけでなく,ダンサーが加わるとさらに迫力が増すので注目だ。ライブ会場と同じようにサインライトを振って応援しよう
ユニット結成のエピソードと迫力のダンスを体感。“S.Q.S Episode 1「はじまりのとき -Thanks for the chance to see you-」”が開幕

 SolidSらしさ全開の激しく挑発的なダンスもあれば,ソロではメンバーそれぞれの個性がよく見える振付も。ペア曲では小道具を使って一味違ったコンビネーションを見せつつ,思わず悲鳴を上げてしまいそうになるほど大胆に絡む場面も。目移りは許さないと言わんばかりのパフォーマンスには圧倒されてしまった。
 そうしてSolidSに釘付けになってしまいそうなところで,QUELLが癒しを感じさせるような透明感あふれるサウンドで存在をアピールしてくるので油断はできない。使用楽曲は発表されているが詳細なセットリストは伏せておくので,どの曲がどんな順番で登場するのか予想してみるのも一興だ。

 今回はSolidSがメインだったが,QUELLのライブを見ると両方の公演を見たくなってしまうはず。とくにソロやペア曲はそれぞれのメイン公演だけしか見られないので,やはり片方だけでは満足できず両方見たくなる……! 加えて,本編中の「喫茶くべる」は日替わりのコーナーということもあり,公演ごとに内容が異なっているのもポイントだ。2018年11月にEpisode 2,2019年にEpisode 3を予定している「S.Q.S」。興味を持った人はぜひ劇場を訪れてほしい。


公演概要

■タイトル:
S.Q.S(スケアステージ)Episode 1
「はじまりのとき -Thanks for the chance to see you-」

■公演日程:
2018年5月17日(木)〜5月27日(日)/全15公演

■場所:
よみうり大手町ホール

■出演者(敬称略):
【SolidS】
篁 志季役:日向野祥
奥井 翼役:瀬戸啓太
世良 里津花役:阿部快征
村瀬 大役:小林 涼

【QUELL】
和泉柊羽役:田中稔彦
堀宮英知役:中尾拳也
久我壱星役:山中健太
久我壱流役:山中翔太

【アンサンブル】
杉本勝久

【バックダンサー】
橋本有一郎
今井 稜
NAO
J.U.N

【STAFF】
原作・脚本:ふじわら(ムービック)
キャラクター原案:沙月ゆう
原作楽曲提供:滝沢章,はまたけし
演出:ヨリコ ジュン
振付:後藤健流,石岡貢二((K-DanceNexus)
制作:Ask,サンライズプロモーション東京



「S.Q.S(スケステ)」公式サイト

注目の記事

1
★★★★★★★★★★
2
★★★★★★
3
★★★★★
4
★★★★★
5
★★★★★
6
★★★★★
7
★★★★
8
★★★★
9
★★★★
お気に入りタイトル/声優

タイトル/ワード名(記事数)

全件表示する
最近記事を読んだタイトル/声優

タイトル/ワード名(記事数)

全件表示する