※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
TGS 2018
号外No.1
東京ゲームショウまとめ読み!9月21日〜23日の3日間,東京ゲームショウ号外をお届け 特設ページへ
「サマーレッスン」チームが挑んだ“本物のパイロット体験”
「エースコンバット7」VRモード
スマホ向けロマサガ完全新作の舞台は「3」の300年後
「ロマンシング サガ リ・ユニバース」発表
VRでもスマホでも,恋愛は楽しい!?
ラブプラス EVERY
Forcus on You
ゲームパッドはオリジナルの大きさ
写真で見る
プレイステーション クラシック
今年のTGSを彩る注目タイトルのプレイレポート
Days Gone
KINGDOM HEARTS III
ドラゴンクエストビルダーズ2
デビル メイ クライ 5
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
世界樹と不思議のダンジョン2公式サイトへ
  • アトラス
  • 発売日:2017/08/31
  • 価格:通常版:6480円(税別)
    初回生産限定版:9800円
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
62
投稿数:2
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「世界樹の迷宮」シリーズ10周年記念ライブが開催。歴代人気楽曲や古代祐三氏のトークで盛り上がったライブをレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/08/21 14:30

イベント

「世界樹の迷宮」シリーズ10周年記念ライブが開催。歴代人気楽曲や古代祐三氏のトークで盛り上がったライブをレポート

 アトラスのRPG「世界樹の迷宮」シリーズの音楽ライブ「世界樹の迷宮 10th Anniversary LIVE 〜イザツドエ!ボウケンシャー!!〜」が,2017年8月14日に東京の新宿ReNYにて行われた。


 これは2007年1月発売の第1作「世界樹の迷宮」(以下,世界樹)から10周年を迎えた同シリーズを記念したもの。2016年11月開催の「世界樹の迷宮LIVE 2016 〜長き静寂の果て〜」以来(関連記事)となる単独ライブでは,各シリーズ作品の人気楽曲の数々が「SQ F.O.E band」により演奏され,MCコーナーではそれらの名楽曲を生み出したコンポーザーの古代祐三氏を招いたトークで盛り上がった。本稿でその模様をお伝えしよう。

「世界樹の迷宮」シリーズ10周年記念ライブが開催。歴代人気楽曲や古代祐三氏のトークで盛り上がったライブをレポート

■出演者(敬称略)
ゲスト:古代祐三
ゲストボーカル:いとうかなこ
MC:磯村知美
演奏:SQ F.O.E band
   上倉紀行(Keyboard & E.Guitar),
   副田整歩(Saxophone),テイセナ(Violin),
   宮崎大介(Guitar),中西道彦(Bass),
   白川玄大(Drums)

「世界樹の迷宮」シリーズ10周年特設サイト


 ライブは,同タイトルのアニメーションムービーと共に披露された「新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女」(以下,新・世界樹)のオープニングアニメ楽曲「the beginning of the end」,バンドの各メンバーが入れ替わりながらソロパートで迫力のパフォーマンスを見せてくれた「世界樹の迷宮IV 伝承の巨神」(以下,世界樹IV)の通常バトル楽曲「戦場 疾風」でスタートした。

「世界樹の迷宮」シリーズ10周年記念ライブが開催。歴代人気楽曲や古代祐三氏のトークで盛り上がったライブをレポート
「世界樹の迷宮」シリーズ10周年記念ライブが開催。歴代人気楽曲や古代祐三氏のトークで盛り上がったライブをレポート 「世界樹の迷宮」シリーズ10周年記念ライブが開催。歴代人気楽曲や古代祐三氏のトークで盛り上がったライブをレポート

「世界樹の迷宮」シリーズ10周年記念ライブが開催。歴代人気楽曲や古代祐三氏のトークで盛り上がったライブをレポート
 続いて,同シリーズの大ファンとしても知られる声優の磯村知美さんによるMCコーナーを挟みながら,世界樹(新・世界樹)第1の迷宮「迷宮I 翠緑ノ樹海」と,「世界樹の迷宮II 諸王の聖杯」(以下,世界樹II)及び「新・世界樹の迷宮2 ファフニールの騎士」(以下,新・世界樹2)の通常バトル楽曲「戦場 初陣」,「世界樹の迷宮V 長き神話の果て」(以下,世界樹V)と「世界樹の迷宮III 星海の来訪者」(以下,世界樹III)それぞれの冒険の拠点となった街で流れる楽曲「街景 暮れ行くは双子の宴」「街景 日輪照らす水面」が披露された。
 あいにくの雨模様だったこの日の東京。しかし,大海原での冒険が描かれた世界樹IIIの楽曲「街景 日輪照らす水面」が演奏された場面では,青く光る水面を表すようなブルーライトや,太陽の日差しをイメージさせるイエローライトで照らされ,会場は爽やかな夏の海のような雰囲気に包まれていた。

「世界樹の迷宮」シリーズ10周年記念ライブが開催。歴代人気楽曲や古代祐三氏のトークで盛り上がったライブをレポート 「世界樹の迷宮」シリーズ10周年記念ライブが開催。歴代人気楽曲や古代祐三氏のトークで盛り上がったライブをレポート
「世界樹の迷宮」シリーズ10周年記念ライブが開催。歴代人気楽曲や古代祐三氏のトークで盛り上がったライブをレポート

 ここでMCコーナーに古代祐三氏が登場。新タイトルながら“懐かしいPCゲーム”というコンセプトのもと,ディレクターである新納一哉氏と模索しながら楽曲を制作したシリーズ1作めや,DSから3DSへとハードが変わったことや,自分のスタジオを持ったことで新たな試みができるようになり,さらに楽しみながら作業したという世界樹IVなど,世界樹シリーズ楽曲制作に関わった10年間の思い出を語った。

「世界樹の迷宮」シリーズ10周年記念ライブが開催。歴代人気楽曲や古代祐三氏のトークで盛り上がったライブをレポート

 楽曲制作について「違うサウンドだと世界樹シリーズの音ではなくなるし,シリーズを意識しすぎると(パターン化されて)マンネリになるという難しさがあるが,その中で新しさを見つけていきたいですね」と,今後への意気込みとも取れる言葉に対し,「それはこれからも世界樹シリーズ楽曲を作り続けていただけるということですよね!」という磯村さんの声とともに,それを期待する観客から大きな拍手があがる場面も。

 古代氏は,迷宮内を徘徊する強敵“F.O.E”とのバトル楽曲「戦場 一触即発」(世界樹V)と「戦場 その鮮血は敵か汝か」(世界樹III)というMC明けの2曲に,ゲストキーボーディストとして参加。ゲーム音楽の作曲家として30年を超えるキャリアを誇る古代氏だが,意外にも自身が担当したゲームの単独ライブに奏者として出演するのは初めてのことで,それはとても貴重なシーンとなった。

「世界樹の迷宮」シリーズ10周年記念ライブが開催。歴代人気楽曲や古代祐三氏のトークで盛り上がったライブをレポート 「世界樹の迷宮」シリーズ10周年記念ライブが開催。歴代人気楽曲や古代祐三氏のトークで盛り上がったライブをレポート

 冒険の始まりとなる序盤の迷宮やバトル,探索の疲れを癒し,新たな迷宮への準備を行う拠点の街,凶悪なる敵F.O.Eとの激しいバトル……と,実際にゲームで体験する冒険をなぞるような構成となっていた今回のライブ。休憩を挟んで始まった後半では,「迷宮III 晦冥ノ墓所」(世界樹V),「迷宮IV 木偶ノ文庫」(世界樹IV),「迷宮IV 桜ノ立橋」(世界樹II/新・世界樹2),「迷宮V 遺都シンジュク」(世界樹/新・世界樹),「迷宮V 白亜ノ森」(世界樹III)と,さらに迷宮の深部へと向かっていくかのように,各シリーズの迷宮後半の楽曲がメドレーで披露。続いて2回めとなる,古代氏を招いたトークコーナーで盛り上がった。

「世界樹の迷宮」シリーズ10周年記念ライブが開催。歴代人気楽曲や古代祐三氏のトークで盛り上がったライブをレポート 「世界樹の迷宮」シリーズ10周年記念ライブが開催。歴代人気楽曲や古代祐三氏のトークで盛り上がったライブをレポート
「世界樹の迷宮」シリーズ10周年記念ライブが開催。歴代人気楽曲や古代祐三氏のトークで盛り上がったライブをレポート

 「迷宮は作品ごとにそれぞれのカラーがはっきりしているので,イメージして制作しやすい」「“戦う”という一点のイメージから制作する戦闘曲は,苦労させられるものがある」「とくに力を入れる楽曲は,1日作り込んで翌日朝に聴き,ダメならやり直しという風に,2日がかりで制作する」といった,楽曲制作時に関する貴重なトークが展開した同コーナー。今後挑戦したいこと,試みなどについて磯村さんから聞かれると「もし『世界樹の迷宮VI』が出るとなったら,その時迎えるハードなどのゲーム環境の変化に合わせて,音楽でも新たな変化を取り入れられたら良いなと思います。あと,個人的には『新・世界樹の迷宮III』も見たいですね」と話し,同じくそれらを期待しているであろう観客から,大きな賛同の声があがった。

「世界樹の迷宮」シリーズ10周年記念ライブが開催。歴代人気楽曲や古代祐三氏のトークで盛り上がったライブをレポート

 そのまま再度ゲストキーボーディストとして古代氏が参加し,「鉄華 恍惚」(世界樹/新・世界樹),「戦乱 剣を掲げ誇りを胸に」(世界樹III),「戦場 己が信念を杖に」(世界樹IV),「戦場 明日を掴むは死闘の先」(世界樹V)といった,迷宮後半や最終層で流れるバトル楽曲や,古代氏が華麗なキーボードソロを見せた「血戦 身命を賭して」(新・世界樹2),そしてゲストボーカルのいとうかなこさんを招いた「Reaching out for our future」(新・世界樹2)をたたみかけるように披露しライブ本編は終了。アンコールでは「眠らずの戦場」(新・世界樹)と,「戦乱 荒れ狂う波浪の果て」(世界樹III)のアレンジ曲「戦乱 吹き荒ぶ熱風の果て」(世界樹IV)という,世界樹シリーズファンにとって印象的な2つの楽曲が披露され,大盛り上がりの中ライブの幕は閉じた。

「世界樹の迷宮」シリーズ10周年記念ライブが開催。歴代人気楽曲や古代祐三氏のトークで盛り上がったライブをレポート 「世界樹の迷宮」シリーズ10周年記念ライブが開催。歴代人気楽曲や古代祐三氏のトークで盛り上がったライブをレポート 「世界樹の迷宮」シリーズ10周年記念ライブが開催。歴代人気楽曲や古代祐三氏のトークで盛り上がったライブをレポート
「世界樹の迷宮」シリーズ10周年記念ライブが開催。歴代人気楽曲や古代祐三氏のトークで盛り上がったライブをレポート 「世界樹の迷宮」シリーズ10周年記念ライブが開催。歴代人気楽曲や古代祐三氏のトークで盛り上がったライブをレポート
「世界樹の迷宮」シリーズ10周年記念ライブが開催。歴代人気楽曲や古代祐三氏のトークで盛り上がったライブをレポート
「世界樹の迷宮」シリーズ10周年記念ライブが開催。歴代人気楽曲や古代祐三氏のトークで盛り上がったライブをレポート 「世界樹の迷宮」シリーズ10周年記念ライブが開催。歴代人気楽曲や古代祐三氏のトークで盛り上がったライブをレポート
「世界樹の迷宮」シリーズ10周年記念ライブが開催。歴代人気楽曲や古代祐三氏のトークで盛り上がったライブをレポート
「世界樹の迷宮」シリーズ10周年記念ライブが開催。歴代人気楽曲や古代祐三氏のトークで盛り上がったライブをレポート

■世界樹の迷宮 10th Anniversary LIVE
〜イザツドエ!ボウケンシャー!!〜 セットリスト

2017.8.14@新宿ReNY

01. the beginning of the end(新・世界樹)
02. 戦場 疾風(世界樹IV)
MC1
03. 迷宮I 翠緑ノ樹海(世界樹/新・世界樹)
04. 戦場 初陣(世界樹II/新・世界樹2)
MC2
05. 街景 暮れ行くは双子の宴(世界樹V)
06. 街景 日輪照らす水面(世界樹III)
MC3
07. 戦場 一触即発(世界樹V)
08. 戦場 その鮮血は敵か汝か(世界樹III)
〜休憩〜
09. 迷宮III 晦冥ノ墓所(世界樹V)
10. 迷宮IV 木偶ノ文庫(世界樹IV)
11. 迷宮IV 桜ノ立橋(世界樹II/新・世界樹2)
12. 迷宮V 遺都シンジュク(世界樹/新・世界樹)
13. 迷宮V 白亜ノ森(世界樹III)
MC4
14. 鉄華 恍惚(世界樹/新・世界樹)
15. 戦乱 剣を掲げ誇りを胸に(世界樹III)
16. 戦場 己が信念を杖に(世界樹IV)
17. 戦場 明日を掴むは死闘の先(世界樹V)
18. 血戦 身命を賭して(新・世界樹2)
19. Reaching out for our future(新・世界樹2)
〜アンコール〜
EN01. 眠らずの戦場(新・世界樹)
EN02. 戦乱 吹き荒ぶ熱風の果て(世界樹IV)

「世界樹の迷宮」シリーズ10周年特設サイト

  • 関連タイトル:

    世界樹と不思議のダンジョン2

  • 関連タイトル:

    世界樹の迷宮V 長き神話の果て

  • 関連タイトル:

    世界樹の迷宮IV 伝承の巨神

  • 関連タイトル:

    世界樹の迷宮III 星海の来訪者

  • 関連タイトル:

    世界樹の迷宮II 諸王の聖杯

  • 関連タイトル:

    世界樹の迷宮

  • 関連タイトル:

    新・世界樹の迷宮2 ファフニールの騎士

  • 関連タイトル:

    新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2018/04/10)
『世界樹と不思議のダンジョン2』世界樹の迷宮 10th Anniversary BOX 【限定版同梱物】特製BOX・キャラクターアート集(仮) 同梱 & 【先着購入特典】CD2枚組 『世界樹の迷宮』ユーザーズベストアルバム(仮) 付 & 【Amazon.co.jp限定】アイテム未定 付
Video Games
発売日:2017-08-31
価格:5950円(Amazon) / 1646円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月20日〜09月21日
タイトル評価ランキング
83
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
2018年03月〜2018年09月