オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[SPIEL’16]2016年のボードゲームの潮流は? 脱出ゲームの流行や,宗教改革500周年の影響が語られた,SPIEL'16プレスカンファレンスレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/10/14 01:30

イベント

[SPIEL’16]2016年のボードゲームの潮流は? 脱出ゲームの流行や,宗教改革500周年の影響が語られた,SPIEL'16プレスカンファレンスレポート

 2016年10月13日から16日の4日間,ドイツのエッセンで開催されるボードゲームイベント「SPIEL'16」。それに先立つ10月12日に,イベントの概要を説明するプレス向けカンファレンスが開催されたので,その模様をお届けしたい。
 登壇したのは,SPIELを主催する出版社・Fridhelm Merzの共同経営者であるDominique Metzler(ドミニク・メッツラー)氏と,ドイツゲーム出版社協会会長のHermann Hutter(ヘルマン・フッター)氏。スピーチの内容は,共に現在のボードゲームの潮流について紹介するものとなった。

スピーチを行ったDominique Metzler氏とHermann Hutter氏
画像(001)[SPIEL’16]2016年のボードゲームの潮流は? 脱出ゲームの流行や,宗教改革500周年の影響が語られた,SPIEL'16プレスカンファレンスレポート

「Internationale Spieltage SPIEL’16」公式サイト(英語)



ボードゲーム界,2016年の潮流


 冒頭で数分間のトレイラーから始まったプレスカンファレンスは,まず本年度のSPIELの概略を語る,Metzler氏のスピーチで幕を開けた。

 先の記事でも紹介したとおり,SPIELはこのところ,規模を年々拡大する方向に進んでおり,出展ブースはついに4桁に突入したことを報告。この出展者の増加に伴い,今年の展示スペースは新たに3つのホールを加えた構成になっている。また今回は,モロッコ,コロンビア,アゼルバイジャンといった国からの初出展があったことで,参加国も50を数えるに至ったとのことである。

画像(002)[SPIEL’16]2016年のボードゲームの潮流は? 脱出ゲームの流行や,宗教改革500周年の影響が語られた,SPIEL'16プレスカンファレンスレポート

 出展タイトルの傾向としては,いわゆる脱出ゲームが注目すべきジャンルとして話題にのぼった。脱出ゲームというと,リアル脱出ゲームのような,広い場所で行う参加型イベントを思い浮かべる人も少なくないだろうが,ここで言う脱出ゲームとはそれを卓上に落とし込んだものを指している。脱出ゲームの醍醐味であるチームワーク,創造性,課される試練の相関などを,小さなテーブル上で体験できるというのは,まったく斬新なアイデアだと言い,参加者の注目を集めるに違いないと語っていた。

匂いつきカードやマグネットを使用した作品,用いるカードが1枚のみの作品など,一風変わった新作も登場。画像は,与えられたお題をラップで表現するという「Rhyme: The Rap Challenge」。筆者にはちょっと難しそうである
画像(003)[SPIEL’16]2016年のボードゲームの潮流は? 脱出ゲームの流行や,宗教改革500周年の影響が語られた,SPIEL'16プレスカンファレンスレポート

 またMetzler氏は,今回のSPIELのもう一つの傾向として,マルティン・ルターによる16世紀の宗教改革をテーマにした作品群を挙げた。来年2017年は,宗教改革500周年ということもあって,ドイツでは今後さまざまな催し物が予定されている。その流れが,ボードゲームにも現れているのだとか。

画像(004)[SPIEL’16]2016年のボードゲームの潮流は? 脱出ゲームの流行や,宗教改革500周年の影響が語られた,SPIEL'16プレスカンファレンスレポート

単純そうに見えて,実はしっかりと作られているファミリー向け作品から,長時間のプレイが求められるヘビー級まで。SPIELには幅広いジャンルの新作が登場する
画像(005)[SPIEL’16]2016年のボードゲームの潮流は? 脱出ゲームの流行や,宗教改革500周年の影響が語られた,SPIEL'16プレスカンファレンスレポート 画像(006)[SPIEL’16]2016年のボードゲームの潮流は? 脱出ゲームの流行や,宗教改革500周年の影響が語られた,SPIEL'16プレスカンファレンスレポート
画像(007)[SPIEL’16]2016年のボードゲームの潮流は? 脱出ゲームの流行や,宗教改革500周年の影響が語られた,SPIEL'16プレスカンファレンスレポート 画像(008)[SPIEL’16]2016年のボードゲームの潮流は? 脱出ゲームの流行や,宗教改革500周年の影響が語られた,SPIEL'16プレスカンファレンスレポート

 さらに初の試みとして,購入した大量のゲームを持ち帰らなくて済むよう,宅配便の受付所が会場内に設けられるほか,公式グッズの物販がスタート(いままでなかったのが驚きだが)するなど,サービスの面でも,今年のSPIELはさまざまな点で進化を遂げているとのことである。

画像(009)[SPIEL’16]2016年のボードゲームの潮流は? 脱出ゲームの流行や,宗教改革500周年の影響が語られた,SPIEL'16プレスカンファレンスレポート


ヨーロッパでボードゲームが支持される理由


 Metzler氏に続いて登壇したHutter氏は,現在のボードゲーム界の潮流について,「作り手側」の視点から見解を述べた。

 独創的な新作が毎年多数登場しているヨーロッパのボードゲーム業界だが,その根っこには,多くのタイトルがメインターゲットとしている子供達からの支持がある。ドイツを初めとしたヨーロッパ圏では,クリスマスや誕生日のプレゼントとしてボードゲームを贈る習慣があり,そうして育った子供達は,20〜30代になっても,ドイツ語で「ゲームの夕べ」と呼ばれる集まりで,さまざまなボードゲームを趣味として遊ぶのだそうだ。
 こうした大人から子供まで幅広い年齢層の人々がボードゲームを必要とし,日々の生活の中に取り入れていることこそが,隆盛を極める現在のボードゲーム業界を支えている。

 また氏はインターネットの存在も,ボードゲーム業界にとっては大きなチャンスを生み出していると語った。プレイヤーがボードゲームに関連した情報にアクセスしやすくなり,各国のクリエイター達もネットを通じて交流を図れるようになった。その中で作品の完成度を高められるというわけだ。流通の側面でも,インターネットが果たす役割は少なくないとのことである。

Hutter氏は,最後にボードゲームファンのための新しいスマホアプリ「Twiddle」を紹介した。プレイヤーが一緒に遊ぶ仲間を探したり,出版社が公式イベントの告知を出したりといったことが可能だという
画像(010)[SPIEL’16]2016年のボードゲームの潮流は? 脱出ゲームの流行や,宗教改革500周年の影響が語られた,SPIEL'16プレスカンファレンスレポート 画像(011)[SPIEL’16]2016年のボードゲームの潮流は? 脱出ゲームの流行や,宗教改革500周年の影響が語られた,SPIEL'16プレスカンファレンスレポート

 なお,このプレスカンファレンス後には,SPIEL'16の新作を集めた展示会が開催され,こちらも大勢のプレスやバイヤーで賑わっていた。この様子については,追ってレポートをお届けする予定なのでお楽しみに。

画像(012)[SPIEL’16]2016年のボードゲームの潮流は? 脱出ゲームの流行や,宗教改革500周年の影響が語られた,SPIEL'16プレスカンファレンスレポート

「Internationale Spieltage SPIEL’16」公式サイト(英語)

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月27日〜10月28日
タイトル評価ランキング
93
70
原神 (PC)
68
62
VALORANT (PC)
50
LOST ARK (PC)
43
VALIANT TACTICS (PC)
2020年04月〜2020年10月