オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
“16連射”の高橋名人と「アサヒ からだ十六茶」のコラボが本日スタート! ゲームに挑戦して豪華賞品を手に入れよう
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/03/26 16:00

ニュース

“16連射”の高橋名人と「アサヒ からだ十六茶」のコラボが本日スタート! ゲームに挑戦して豪華賞品を手に入れよう

新デザインの「アサヒ からだ十六茶」を手にした高橋名人
画像(001)“16連射”の高橋名人と「アサヒ からだ十六茶」のコラボが本日スタート! ゲームに挑戦して豪華賞品を手に入れよう
 アサヒ飲料の「アサヒ からだ十六茶」と,“16連射”で有名な高橋名人のコラボレーションによるキャンペーン「『からだ十六茶×高橋名人の16連ダッシュ』全国大会」が,本日(2019年3月26日)から4月16日まで開催される。
 今回,本コラボについて高橋名人本人に話を聞くことができたので,その模様をお届けしよう。

 本コラボは,「アサヒ からだ十六茶」が本日リニューアル発売されるにあたって実現したもの。“全国大会”は,各々の端末でオリジナルブラウザゲーム「からだ十六茶×高橋名人の16連ダッシュ」をプレイし,そのスコアをTwitterでシェアするという形式で行われ,誰でも気軽に参加できる。

 スコアに応じて「アサヒ からだ十六茶」を始めとする賞品がプレゼントされ,中でも高橋名人が映画「GAME KING 高橋名人VS毛利名人 激突!大決戦」で着用した黄色いトレーナーの「アサヒ からだ十六茶」バージョンは,筆者のようなファミコン世代のゲーマーには垂涎の的だろう。

 「からだ十六茶×高橋名人の16連ダッシュ」は,いわゆる回避系ランゲームで,高橋名人自身が難度を含めた内容の監修をしている。画面は左,中央,右の3レーンで構成されており,画面下の矢印ボタンでプレイヤーキャラクターの高橋名人を左右に動かし,上から迫り来る障害物(糖,脂肪,内臓脂肪)を避けながら走行距離(スコア)を稼いでいく。

 高橋名人のライフは最大3つで,障害物に当たると1つずつ減っていき,回復アイテム「アサヒ からだ十六茶」を取ると1つ回復する。回復アイテムには「コラボ企業アイテム」もあり,筆者は「ブラックサンダー」や「パインアメ」などを確認している。大会の賞品には,コラボ企業からのプレゼントも含まれているとのことなので,どんな企業が参加しているのかは,ぜひ実際にプレイして確認してほしい。

※画面は開発中のものです
画像(002)“16連射”の高橋名人と「アサヒ からだ十六茶」のコラボが本日スタート! ゲームに挑戦して豪華賞品を手に入れよう 画像(003)“16連射”の高橋名人と「アサヒ からだ十六茶」のコラボが本日スタート! ゲームに挑戦して豪華賞品を手に入れよう

からだ十六茶×高橋名人「高橋名人の16連ダッシュ全国大会」特設サイト


 ライフが0になると一度だけ画面が切り替わり,そこで16連射に成功すると,それまで稼いだ走行距離を保持した状態でコンティニューできる。もっとも,16連射と言っても制限時間はないので,普通に画面を連打していればOKだ。
 コンティニュー後に,再びライフが0になると今度はゲームオーバーとなり,走行距離とともに総評コメントが表示される。このコメントが辛辣な半面,結構面白いので,こちらのチェックもお忘れなく。

※画面は開発中のものです
画像(004)“16連射”の高橋名人と「アサヒ からだ十六茶」のコラボが本日スタート! ゲームに挑戦して豪華賞品を手に入れよう 画像(005)“16連射”の高橋名人と「アサヒ からだ十六茶」のコラボが本日スタート! ゲームに挑戦して豪華賞品を手に入れよう

 実際に「からだ十六茶×高橋名人の16連ダッシュ」をプレイしてみると,レーンを移動するタイミングを計るのがなかなか難しいことに気づかされる。タイミングが遅いと正面の障害物に当たり,逆に早すぎると横を通り過ぎようとする障害物に当たってしまう。障害物のスピードはどんどん上がっていくので,シンプルながらシビアな操作を求められて,思わず熱中してしまった。

 ちなみに筆者と担当編集者の2名による初回プレイの走行距離は300〜400メートル台で,数回プレイしたのち,何とか533メートルを記録した。
 一方,高橋名人はコンスタントに700メートル前後を叩き出し,最高記録は716メートル。この完成バージョンに触れたのは取材日の2日前とのことで,やり込む時間はほとんどなかったそうだが,「さすが名人」と感心することしきりである。

画像(006)“16連射”の高橋名人と「アサヒ からだ十六茶」のコラボが本日スタート! ゲームに挑戦して豪華賞品を手に入れよう

 それでは以下に,高橋名人へのミニインタビューを掲載しよう。

4Gamer:
 今回,“16”つながりで「アサヒ からだ十六茶」とのコラボが実現したそうですが,オファーを受けたときの感想などを教えてください。

画像(007)“16連射”の高橋名人と「アサヒ からだ十六茶」のコラボが本日スタート! ゲームに挑戦して豪華賞品を手に入れよう
高橋名人:
 「やっと来たか」と思いましたね。今から15〜6年前,あるイベントのときに私のファンの方が「アサヒ 十六茶」を持ってきて,「これ,名人公認ドリンクにしてもいいんじゃないですか」と言ったんです。そのときから,「アサヒ飲料さんから話が来るかも」と,受け入れ体勢は万全でした(笑)。だから,今回のコラボが実現して本当に嬉しいです。

4Gamer:
 名人は「からだ十六茶×高橋名人の16連ダッシュ」の監修を行ったとのことですが,どのような部分をチェックされたのでしょう。

高橋名人:
 まず,ゲームの“速度感”に着目しました。つまり,ゲームがスタートしてから,速いと感じるようになるまでの時間ですね。例えば,最初にテストプレイしたバージョンが,走行距離1メートルにつき0.1ずつ速くなっていたとすると,0.06くらいにしてもいいんじゃないかと。その一方で,遅すぎてもゲームとしてテンポが良くないので,3バージョンくらい作ってもらい,一番しっくり来るものを選びました。

4Gamer:
 このゲームの攻略のキモは,ボタンを押して実際にキャラクターが動くまでのタイミングを把握することだと感じたのですが,どうでしょう。

高橋名人:
 まさにそのとおりで,障害物が横に来たときにボタンを押すのは当然ながら早すぎるし,半分くらいずれたタイミングでもまだ早い。タイミングをつかむのが結構難しいと思います。逆に,一切つまずかずに先に進めてしまうのもゲームとしては面白くないので,つまずきそうなタイミングを作り出すためにチューニングしています。

4Gamer:
 キャンペーン用のゲームであっても,そういった手触りの部分にはこだわったと。

高橋名人:
 もちろんです。あまりにも難しいとすぐに投げ出されてしまうし,1回のプレイに10分もかかるようだと1日に何度もプレイしてもらうには長すぎる。そこで,誰でもスタートから1分くらいは遊べて,長くても2分から3分で1回のプレイが終わるくらいの内容を目指しました。

4Gamer:
 2〜3分続けられるようになると,特設サイトで謳っている「目指せ、1000メートル!」を実現できると。

高橋名人:
 そうですね。大会期間は3週間ありますから,その中で多くの皆さんが1000メートルに到達できるチューニングに仕上がったんじゃないかと。私自身,数日間プレイして,まだ700〜800メートルくらいですから。

4Gamer:
 最高記録はどのくらいになると予想していますか。

※画面は開発中のものです
画像(009)“16連射”の高橋名人と「アサヒ からだ十六茶」のコラボが本日スタート! ゲームに挑戦して豪華賞品を手に入れよう
高橋名人:
 おそらく大会が始まって1週間後には,1500メートルを記録するような人が出てくるでしょうね。2000メートルは難しいんじゃないかな……。最終的には,どんなに頑張っても3000メートルが限界じゃないかと思います。ともあれ,ぜひ皆さんに頑張ってほしいですね。

4Gamer:
 そういった高みを目指すためのコツはありますか。

高橋名人:
 これはどんなゲームにも言えることですが,「先を読む」ことです。このゲームだと,例えば中央に障害物があるとき,右に行くか左に行くか迷いますよね。そんなとき,さらに先に何があるかを見るんです。左の先に障害物があるなら,そっちに行けばまた避けなければなりませんから,右に行く。そうやって3段階くらい先を読めるようになることが,1つのポイントになります。ボタンを押すタイミングは,身体で覚えるしかありませんけれど。

4Gamer:
 確かに,スピードが速くなると,どうしても手前ばかりを見てしまいがちですよね。

高橋名人:
 そうなんです。それで避けた先にまた障害物が来て,「右に行っとけばよかった……」となってしまう。実はこのゲーム,できるだけ動かないほうがいいんですよ。

4Gamer:
 動くことがリスクにつながっていると。

高橋名人:
 また,「アサヒ からだ十六茶」やコラボ企業さんの回復アイテムを取ると,一瞬ゲームが止まりますよね。あれでテンポがずれてしまうので,ゲーム的には回復アイテムを取らなくてもいいように,ダメージを受けないプレイを心がけることも重要です。
 そもそも「アサヒ からだ十六茶」は,「今日は脂っこいものを食べたから,脂肪の吸収を抑えるために飲んでおこう」というような飲み方ができる健康ドリンクです。つまりゲームでも,糖や脂肪に当たらなければ,回復アイテムは必要ないんです。

4Gamer:
 今,健康の話が出ましたが,名人が日々の生活の中で気を付けていることはありますか。

高橋名人:
 私は,1日中コーヒーや紅茶のようなカフェインの入ったドリンクを飲んでいます。でも寝る前だけは,「アサヒ からだ十六茶」のようなノンカフェインのドリンクを飲むんです。就寝時の水分補給は大事と聞いたので,そこは気を付けていますね。

4Gamer:
 運動などはどうでしょう。

高橋名人:
 ウォーキングですね。あとはエスカレーターではなく,階段を使うようにしています。それもかかとをつかずに爪先だけで上っています。ほかにもスナップボールを持ち歩いて,時間が空いたときに握力を鍛えています。

スナップボールを披露する高橋名人。今でも欠かさず,握力を鍛えているのはさすが
画像(008)“16連射”の高橋名人と「アサヒ からだ十六茶」のコラボが本日スタート! ゲームに挑戦して豪華賞品を手に入れよう

4Gamer:
 なるほど。それでは,今回のコラボに関連して,もう少し教えてください。大会の賞品には,1986年の映画「GAME KING 高橋名人VS毛利名人 激突!大決戦」で名人が着ていたトレーナーの「アサヒ からだ十六茶」バージョンがありますが,記憶に残っている当時のエピソードはありますか。

高橋名人:
 あの映画では「スターソルジャー」で毛利名人と対戦したんですけれど,当時のスケジュールを考えると,私のほうが圧倒的に練習量が少なかったはずなんです。練習できたのが収録の3日前からで,しかも1日1時間くらいだったので大変でした。
 また背中合わせの対戦だったので,毛利名人の状況がまったく分からないんですよね。現場で「(毛利名人が)ゼグを倒せなかった!」という実況を聞いても,「アイツ,失敗したかな?」と思うくらいで,終わってみるまでどうなっているのか全然把握できないんです。

4Gamer:
 それだと,対戦を盛り上げるのも難しそうですね。

高橋名人:
 名人という立場だと,見ている人を楽しませるためにプレイしなければなりません。とくに対戦の場合は,相手に負けているところからの逆転が最大の見せ場なのですが,そういった演出がまったくできなかったんですよ。

4Gamer:
 ほとんど,ぶっつけ本番の撮影だったと。

高橋名人:
 まさにそうでしたね。そもそも練習が足りなくて,ゼグの位置も完全に覚え切れていませんでしたから。あと,ゲーム大会前の私の修行シーンのほとんどは,「何をやれば面白くなるか」と,渡辺浩弐さんと酒を飲みながら考えたものです。「16連射で何ができるか」「16連射はどう鍛えればできるようになるか」など,16連射をベースにいろいろ考えましたね。

4Gamer:
 当時,あの修行を真似て16連射を目指した子ども達もたくさんいそうです。

高橋名人:
 いたでしょうね。当時は,「どうやれば16連射ができるようになりますか」という質問がたくさん寄せられましたから。ただ,本人もなぜできるのか分からないから説明のしようがない。だから当時は「握力だな」としか説明しませんでした。
 それが「子どものうちから身体を鍛えておいたほうがいい」ということにつながり,「ゲームは1日1時間」につながっていったんです。

4Gamer:
 今回のコラボに加えてもう1つ,高橋名人が活躍するゲームと言えば「高橋名人の冒険島」が外せませんが,当時,自分がゲームの主人公になることにどんな思いを抱いていましたか。

高橋名人:
 完全に第三者的な立ち位置でしたね。もともとはアーケードの「ワンダーボーイ」がオリジナルで,1986年の初頭にファミコン版「ワンダーボーイ」のサンプルを見に行ったとき,同席していた当時の副社長に「今,人気があるんだから,このキャラクターをお前にしたらどうだ」と言われたのが「高橋名人の冒険島」の始まりだったんです。
 当時は“高橋名人”という台風の目があって,そこに周囲が吸い込まれてどんどん渦が大きくなっていくような状況で,自分自身を端から見ているような感覚でした。すでに高橋名人は,ほかのゲームにボーナスキャラで登場していて,近いうちに主人公になるんだろうと予想はしていたんですけれども,こういう形になったかと。

4Gamer:
 嬉しさや恥ずかしさはありましたか。

高橋名人:
 そりゃ,ありますよ。自分の名前がゲームのタイトルになってるんですからね(笑)。今では誰も信じてくれないのですが,当時の私は口下手の恥ずかしがり屋で,人前に出てしゃべるなんてどうすればいいのか分かりませんでした。そのうちに人気者にされて,NHKで24時間の密着ドキュメンタリー番組を作られて,「オレ,どうなっちゃうんだろう?」と思っていました。

4Gamer:
 それから35年近くにわたり,名人はゲームの面白さを伝え続けてきましたが,そこで大事にしていることは何でしょう。

高橋名人:
 「ハイスコアを目指さない」ことです。ゲーマーとしてはハイスコアを目指すのは当然ですが,名人はあくまでもゲームメーカーの宣伝マンです。
 例えばシューティングゲームでハイスコアを目指すなら,敵が出てきた瞬間にやっつければいい。でも,それを実行してしまうと,画面上に敵が1体も出てこなくなります。それを見て「面白そう」と思う人はいませんよね。もし画面を1周して戻っていく敵であれば,半周くらいは見せないといけませんし,上から下に降りてくる,あるいは途中で曲がって消えていく敵なら,3分の1から半分くらいは動くところを見せてからやっつけないと,ゲームの面白さが伝わらないんです。

4Gamer:
 その一方で,ゲームの腕前も見せなければなりませんよね。そのバランスは,どうやって取っていたのでしょうか。

高橋名人:
 例えば,「こうすればハイスコアを狙える」というお手本を見せるときは,ほんの少しだけ敵の動きを見せてからやっつけて,子ども達の平均スコアを1万点くらい上回るよう心がけていました。
 「高橋名人の冒険島」のときは,できるだけスケボーに乗ったまま,ステージ2までクリアすることを目指しましたね。スケボーに乗ると,止まれないしスピードも上がるので,難度が上がるんですよ。その状態でクリアすると,それだけでゲームがうまいように見えるんです。そういうことを考えながらプレイしていました。

4Gamer:
 とくに,当時のハドソンのゲームは難しかったですからね。

高橋名人:
 そうなんですよ。だから私はのちにリメイク版「高橋名人の冒険島」が出るとき,「もっと簡単にしろ」と開発チームにクレームを入れたんです。ステージが8-4まであるなら,小学生が頑張れば4-4まで行けるくらいにしないと,多くの人が楽しめるものにならないだろうと。

4Gamer:
 では最後に,今回のコラボに注目している人に向けてメッセージをお願いします。

高橋名人:
 「からだ十六茶×高橋名人の16連ダッシュ」は,見た目こそシンプルですが,遊んでみるとなかなか侮れない作りになっています。ぜひ毎日プレイして,自分自身の記録を伸ばすことを目指して楽しんでください。

4Gamer:
 ありがとうございました。

「アサヒ からだ十六茶」のリニューアルを記念して、
ゲーム界の神様 高橋名人と念願の“16”コラボレーションがついに!!
迫りくる脂肪・糖・内臓脂肪を避けて、全国1位の走行距離を目指せ!
「からだ十六茶×高橋名人「高橋名人の16 連ダッシュ全国大会」」
3月26日(火)より3週間限定で配信。豪華プレゼントが当たるチャンスも!

 アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 岸上 克彦)は、“内臓脂肪を減らすのを助ける”“食後の脂肪の吸収を抑える”“食後の糖の吸収をおだやかにする”「3つのはたらき」がある機能性関与成分をもつ「アサヒ からだ十六茶」を、2019年3月26日(火)からリニューアル発売します。
 リニューアルにあたり「アサヒ からだ十六茶」では、「十六茶」の“十六”にちなんでゲーム界の神様と称され“16連射”で有名な高橋名人と衝撃のコラボレーション。3月26日(火)〜4月16日(火)の期間、ゲームのスコアを競う「からだ十六茶×高橋名人「高橋名人の16 連ダッシュ全国大会」」がスタートいたします。

画像(011)“16連射”の高橋名人と「アサヒ からだ十六茶」のコラボが本日スタート! ゲームに挑戦して豪華賞品を手に入れよう

■高橋名人監修!「からだ十六茶×高橋名人「高橋名人の16 連ダッシュ全国大会」」とは?
 本ゲームは、迫り来る「糖」「脂肪」「内臓脂肪」を避けながら走行距離を稼ぐ、8ビット風デザインの回避系アクションゲーム。プレイ時間に応じて増えていく走行距離がプレイヤーのスコアとなります。
 そして、ゲーム中に1度だけ登場する「16連射復活」は腕の見せ所!制限時間内にスマートフォンが壊れる勢いで16連射すると、ライフポイントが回復します。

 最後にゲームのスコアをTwitterでシェアすると、結果に応じて豪華商品が当たるプレゼントキャンペーンも実施!なかでも、ファミリーコンピュータ用ソフト「スターソルジャー」を題材にした映画で、名人が着用していた黄色のトレーナーは 「アサヒ からだ十六茶」オリジナル版として登場するなど、特典からも目が離せません。

■ゲーム概要

糖・脂肪・内臓脂肪をよけて
とにかく遠くまで走れ!

画像(014)“16連射”の高橋名人と「アサヒ からだ十六茶」のコラボが本日スタート! ゲームに挑戦して豪華賞品を手に入れよう

1度だけ、からだ十六茶を16連射すると復活できるぞ!

画像(013)“16連射”の高橋名人と「アサヒ からだ十六茶」のコラボが本日スタート! ゲームに挑戦して豪華賞品を手に入れよう

ゲームに参加して景品をGET!

画像(015)“16連射”の高橋名人と「アサヒ からだ十六茶」のコラボが本日スタート! ゲームに挑戦して豪華賞品を手に入れよう

※キャンペーンエントリーにはアサヒ飲料公式Twitter アカウント(@asahiinryo_jp)のフォローが必要です。

▼監修
高橋名人(@meijin_16shot)
名言:「ゲームは1日1時間」
特技:「16連射」(「16連打」と呼ばれることもある)
ファミコン時代のこどもたちのヒーローとして、特技の16連射を武器にゲーム界の名人として活躍。

画像(016)“16連射”の高橋名人と「アサヒ からだ十六茶」のコラボが本日スタート! ゲームに挑戦して豪華賞品を手に入れよう

▼ゲーム内のアイコン説明

<回復アイテム>当たると体力が1つ回復!
からだ十六茶
よくでる回復系アイテム。ちなみに「からだ十六茶」は、3つの機能でからだを助ける、機能性表示食品だぞ。

コラボ企業アイテム
ときどき出てくる回復アイテム。
コラボ企業の豪華プレゼントもお楽しみに!

<障害物>当たると体力が1つ減る。

美味しい食事に糖はつきもの。なくても困るが、摂り過ぎるのは問題。スイーツにご飯にラーメン、幸せは糖と共にやってくる。ちなみに「からだ十六茶」は難消化性デキストリンの働きで食後の糖の吸収を抑えるぞ!

脂肪
美味しい食事に脂肪はつきもの。なくても困るが、摂り過ぎるのは問題。ついつい手が伸びるあげものやの魅力は驚異的だ。ちなみに「からだ十六茶」は難消化性デキストリンの働きで食後の脂肪の吸収をおだやかにするぞ!

内臓脂肪
油断していると、気付かぬ間にからだの内についている。一度つくとなかなか離れてくれないストーカー気質。勘弁して欲しい。ちなみに「からだ十六茶」は葛の花由来イソフラボンの働きで内臓脂肪を減らすのを助けるぞ!

【キャンペーン概要】

キャンペーン名
「からだ十六茶×高橋名人「高橋名人の16連ダッシュ全国大会」」

応募期間
2019年3月26日(火)16:00〜2019年4月16日(火)16:00まで

特設ページ
https://www.karada16cp.jp
※注意事項などの掲載もございますので、詳細は上記のURL をご確認ください。
※2019年3月26日(火)16:00〜公開開始

サポートブラウザ
PC (Windows) - Chrome - Firefox - IE11 - Edge
※ バージョンはそれぞれ最新版
PC (Mac) - Chrome - Firefox - Safari ※ バージョンはそれぞれ最新版
スマートフォン (iOS) - Safari - Chrome (iOS のバージョンは10 以降)
スマートフォン (Android) - Chrome
(Android のバージョンは6 以降, 動作保証端末はNexus5X, huawei P10)
タブレット - 非推奨

賞品・当選者数
1.毎日のスコア1位のプレイヤーに贈られる賞品 毎日1名(計22名様)
・「アサヒ からだ十六茶」1ケース(PET630ml×24本)
・コラボ企業商品(内容は届いてからのお楽しみ!)
※事前のお問合せや賞品の交換は出来ませんので、ご了承ください。
※毎日の1 位のユーザーは、5 月10 日頃に公式サイトにて発表を予定しております。

2.キャンペーン終了時のスコア上位16名に贈られる賞品 16名様
・「アサヒ からだ十六茶」1ケース(PET630ml×24本)
・非売品KARADER トレーナー×1着
・TwitterID入りオリジナルデザイン賞状×1枚
※キャンペーン終了時の上位3名のユーザーは、5月10日頃に公式サイトにて発表を予定しております。

3.参加者の中から抽選で選ばれた160名に贈られる賞品 160様
・「アサヒ からだ十六茶」PET630ml×6本
※賞品の内容及びデザイン・仕様等は変更になる場合がございます。

応募方法

1.アサヒ飲料公式Twitterアカウント「@asahiinryo_jp」をフォローしてください。
2.ゲーム「高橋名人の16連ダッシュ」をプレイし、結果画面からTwitterにスコアをシェアしてください。1日何回でも結果をシェアして応募する事が可能です。

お問い合わせ
https://www.asahiinryo.co.jp/web-service/asahiinryo/campaign/tw/form.wsp.html?CMD=onForm&ANSWER_1=2&ANSW
※TwitterのDM(ダイレクトメッセージ)でのお問い合わせについては、誠に恐れ入りますがお受けできませんのであらかじめご了承ください。

■3月26日(火)リニューアル!「アサヒ からだ十六茶」とは?
 東洋健康思想に基づく健康16素材を抜群のバランスでブレンドした「十六茶」に、葛の花由来イソフラボンと難消化性デキストリンを配合した機能性表示食品です。葛の花由来イソフラボンの働きにより内臓脂肪を減らすのを助け、難消化性デキストリンの働きにより、食後の脂肪の吸収を抑え、糖の吸収をおだやかにします。

 カフェインゼロですっきりと飲みやすい味わいなので食事との相性も抜群です。パッケージは、本商品の特徴である「3つのはたらき」を併せ持つことをパッケージ正面に明示し、具体的な機能を正面にアイコン化し、分かりやすく表示しました。また、背景色を白ベースからグリーンベースに変更することで、お茶としてのおいしさが伝わるパッケージに刷新しました。

 1993年に発売された「アサヒ 十六茶」は、東洋健康思想に基づいて厳選した16素材がブレンドされているカフェインゼロの健康ブレンド茶で、今年で発売27年目を迎えます。“家族のカラダとココロをおもいやるお茶”をテーマに、家族のお茶と言えば、「アサヒ 十六茶」と認識いただけるブランドを目指していきます

・本品は、国の許可を受けたものではありません。
・本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
・食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

画像(017)“16連射”の高橋名人と「アサヒ からだ十六茶」のコラボが本日スタート! ゲームに挑戦して豪華賞品を手に入れよう

■商品概要
・アサヒ からだ十六茶 PET2L
(希望小売価格(税抜)470円)
・アサヒ からだ十六茶 PET1L
(希望小売価格(税抜) 300円)
・アサヒ からだ十六茶630 PET630ml
(希望小売価格(税抜) 158円)

■発売日
3月26日(火)全国にて販売

からだ十六茶×高橋名人「高橋名人の16連ダッシュ全国大会」特設サイト

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月21日〜04月22日