オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
クラウドゲーム向けの携帯型Androidゲーム機「abxylute」がクラウドファンディング開始。約200ドルから
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2023/03/29 00:00

ニュース

クラウドゲーム向けの携帯型Androidゲーム機「abxylute」がクラウドファンディング開始。約200ドルから

 2023年3月29日,Shanghai ABXY TECHは,携帯ゲーム機風のAndroidゲーム機「abxylute」(アブソルート)を,クラウドファンディングサービスの「Kickstater」で販売すると発表した。クラウドゲームサービスを利用してゲームをプレイすることに重点を置いたゲーム機だ。最も安価なモデルで,早期割引価格は199ドル(約2万6000円)で,2023年5月に出荷開始の予定となっている。

abxylute
画像集 No.002のサムネイル画像 / クラウドゲーム向けの携帯型Androidゲーム機「abxylute」がクラウドファンディング開始。約200ドルから

 abxyluteは,公称の横幅が約250mm,公称本体重量は約410gという小型軽量筐体のゲーム機だ。
 本機がターゲットとしている主な用途は,クラウドゲームのプレイにある。対応するクラウドゲームサービスとしては,NVIDIAの「GeForce NOW」やMicrosoftの「Xbox Game Pass」(Xbox Cloud Gaming),Amazonの「Amazon Luna」(国内では未展開)などが挙げられており,これらが提供するクラウドゲームを,最大60fpsの表示でプレイできるという。
 また,家庭内のゲームPCを母艦とする「Steam」のリモートプレイ機能「Steam Link」にも対応するそうだ。

画像集 No.003のサムネイル画像 / クラウドゲーム向けの携帯型Androidゲーム機「abxylute」がクラウドファンディング開始。約200ドルから

 abxyluteは,OSにAndroid 12を採用しており,Google PlayからAndroid用ゲームをインストールしてプレイすることも可能である。
 搭載するディスプレイは,7インチサイズで解像度1920×1080ドットの液晶パネルで,SoC(System-on-a-Chip)にはMediaTek製の「MediaTek Genio 350」(型番 MT8365)を採用するという。メインメモリ容量は4GBで,内蔵ストレージ容量は64GBだ。バッテリー駆動時間は最大8時間とのこと。
 なお,Shanghai ABXY TECHに確認したところ,abxyluteについて,日本の電波法にもとづく技術基準適合証明(いわゆる技適)を,5月の出荷までに取得する予定もあるとのことだ。

abxyluteのCGイメージ。液晶ディスプレイの左右にXboxレイアウトのゲームパッド機能を配置した,携帯ゲーム機風のデザインだ
画像集 No.004のサムネイル画像 / クラウドゲーム向けの携帯型Androidゲーム機「abxylute」がクラウドファンディング開始。約200ドルから
画像集 No.005のサムネイル画像 / クラウドゲーム向けの携帯型Androidゲーム機「abxylute」がクラウドファンディング開始。約200ドルから

 本機の具体的な性能は不明だが,現行世代のスマートフォンと比較すると,おおむねエントリークラスの性能と言ったところか。Androidゲームを快適にプレイするのは難しそうで,やはりクラウドゲームやリモートプレイ専用機として使うのが妥当だろう。


 クラウドゲーム向けの携帯型Androidゲーム機には,Razerの「Razer Edge」や,Logitechの「Logitech G Cloud」などがあるものの,国内では販売していない。また,米国での価格も400ドル(約5万2300円)程度と,Nintendo Switchよりも高価だ。その点では,本体価格の安いabxyluteに惹かれる人もいるだろう。

Kickstarterのabxyluteキャンペーンページ

  • 関連タイトル:

    Android端末本体

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月09日〜06月10日