オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
3DS本体
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
任天堂,株主向け「第76期 報告書」を公開。任天堂IPのさらなる活用にも言及
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/06/29 22:19

ニュース

任天堂,株主向け「第76期 報告書」を公開。任天堂IPのさらなる活用にも言及

 任天堂は本日(2016年6月29日),株主向けの「第76期 報告書」を公開した。これは2015年4月1日から今年3月31日までの業績をまとめたものだ。

 ニンテンドー3DSに関しては,「どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー」が全世界で304万本,「ポケモン超不思議のダンジョン」が同じく全世界で122万本を販売。サードパーティ製のタイトルも含め,ソフトウェアは4852万本を販売したとのこと。なお,ハードウェアの販売台数は679万台だ。
 ちなみに前期(2014年4月1日〜2015年3月31日)は,それぞれ6274万本,873万台を記録していた。これについて任天堂は,「プラットフォーム全体を活性化させる大型タイトルがなかった」と説明している。

 Wii Uでは,「Splatoon(スプラトゥーン)」は全世界で427万本,「スーパーマリオメーカー」は全世界で352万本を販売。これらを含めたソフトウェアの販売本数は2736万本で,ハードウェアの販売台数は326万台となっている。ちなみに,前期は2440万本,338万台を販売。ソフトウェアに関しては,上記2タイトルのヒットが大きかったと言えるだろう。

 ニンテンドー3DSおよびWii Uで使用できるamiiboは好調で,フィギュア型は約2470万体,カード型は約2890万枚を販売したとのこと。また,ニンテンドー3DSやWii U用の追加コンテンツなどの販売は伸びており,ダウンロード売上高は合計で439億円に達したそうだ。
 そして今期より,連結販売実績に「スマートデバイス・IP関連収入等」という項目が追加され,57億円の売上が記載されている。

 合計売上高は5044億円で,うち3689億円(73.1%)は海外売上高。ちなみに,前期の合計売上高は5497億円で,海外売上高は4147億円(75.4%)となっていた。

 このほか任天堂は,「Miitomo」iOS / Android)に続くスマートデバイス向けアプリを継続投入して収益の柱として育てていくほか,「My Nintendo(マイニンテンドー)」の充実もはかり,スマートデバイスビジネスとゲーム専用機ビジネスの相乗効果を狙っていくとのこと。また,任天堂IPを活用し,テーマパークのアトラクションや,映像コンテンツ,キャラクターグッズなどの展開を通じ,「お客様の日常的な生活空間の中で任天堂IPを目にする機会を増やす」方針であるそうだ。

任天堂「第76期 報告書」

2015年度ゲーム業界各社決算まとめ(その1)

  • 関連タイトル:

    3DS本体

  • 関連タイトル:

    Wii U本体

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月20日〜07月21日