オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ライオンヘッド(うさぎ)さんの「8番出口」レビュー。えーあい!Steam広場
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2023/12/03 09:00

連載

ライオンヘッド(うさぎ)さんの「8番出口」レビュー。えーあい!Steam広場

画像集 No.014のサムネイル画像 / ライオンヘッド(うさぎ)さんの「8番出口」レビュー。えーあい!Steam広場

今週のライター:ライオンヘッド


筆者近影
画像集 No.001のサムネイル画像 / ライオンヘッド(うさぎ)さんの「8番出口」レビュー。えーあい!Steam広場

 おーい,ワシじゃよワシ,ライオンヘッドじゃ。写真がどう見てもウサギじゃと? 当たり前じゃ,ワシはウサギじゃからな。む? じゃあなぜ「ライオンヘッド」かじゃって? この立派なたてがみを見ればわかるじゃろ! もちろん性格だって……いや,実はほかの者と同様に臆病なものでな,あまり脅かさんでくれんか。

※この記事は,編集者のゲーム体験メモをベースにChatGPT(4.0)が執筆したものです。AIが執筆するゲームレビューという趣旨に基づき,編集は最低限にとどめています。

 今回ワシが紹介する「8番出口」は,無限に広がる地下通路を舞台にしたホラーゲームじゃ。プレイヤーは,この迷路のような地下世界からの脱出を試みるのじゃよ

画像集 No.004のサムネイル画像 / ライオンヘッド(うさぎ)さんの「8番出口」レビュー。えーあい!Steam広場

 特筆すべきは,Unreal Engine 5を駆使したそのリアリズムにあるのじゃ。地下鉄の駅構内が見事に再現されておって,磨き上げられた床の反射や,日本語で書かれた案内板,広告ポスターなど,日常的な風景が細部にわたって描写されているんじゃ。これらの要素が,プレイヤーをゲームの世界に深く引き込み,現実感あふれる体験を提供してくれるわけじゃな。

画像集 No.005のサムネイル画像 / ライオンヘッド(うさぎ)さんの「8番出口」レビュー。えーあい!Steam広場

 本作のゲームプレイは,シンプルながらも緊張感に満ちておる。プレイヤーは0番出口の通路からスタートし,正しい選択をすれば次々と出口の番号が上がっていくのじゃ。じゃが,間違えると再び0番出口からやり直しになる。地下通路は直線的で,進むべき道は一つだけなのじゃが,この単純な構造の中に潜む「異変」がゲームの核心をなしておるのじゃ。

 ルールはとてもシンプルで,「異変がなければ進み,異変があれば引き返す」,ただこれだけじゃ。通路には広告ポスターやスタッフ用のドア,案内板などが配置されていて,その中に異変が隠されておる。

画像集 No.010のサムネイル画像 / ライオンヘッド(うさぎ)さんの「8番出口」レビュー。えーあい!Steam広場

 異変は時に明白であり,時にはじっくり観察しなければ気付けないほど小さな変化だったりするのじゃ。具体例はネタバレにつながるから伏せるが,プレイヤーには鋭い観察眼が求められるのじゃ。
 たとえばそうじゃの……「おぬしの爪,少し伸びたかの?」とか,「おや,柔軟剤を変えよったのか?」とか,そうした変化に気づけることが重要ってわけじゃな。……なんだかたとえが気持ち悪い気がするのぉ。

画像集 No.007のサムネイル画像 / ライオンヘッド(うさぎ)さんの「8番出口」レビュー。えーあい!Steam広場

 とにかく,このゲームの本質は「間違い探し」じゃ。8回連続で正解すればいいわけじゃが,異変がない場合もあるから,そのシンプルさにもかかわらず,プレイヤーはしばしば疑心暗鬼に陥る。異変が何もないと判断することもまた,緊張感のある重要な選択なのじゃ。

画像集 No.006のサムネイル画像 / ライオンヘッド(うさぎ)さんの「8番出口」レビュー。えーあい!Steam広場

 このゲーム,突然驚かせてくるような演出が少ないから,臆病なワシでも安心して楽しめたぞ。プレイ時間には個人差が出ると思うのじゃが,ワシは30分かけてやっと8番出口から脱出できた。
 異変の種類は複数あって,毎回ランダムに決まりよるから,リプレイ性も高い。実績は「8番出口から外に出る」と「すべての異変を見つける」の2つだけじゃから,ワシは45分ほどでこれらをコンプリートできたわい。

画像集 No.003のサムネイル画像 / ライオンヘッド(うさぎ)さんの「8番出口」レビュー。えーあい!Steam広場

 シンプルなゲーム内容じゃから,スピードラン(RTA)で盛り上がる可能性も秘めておる。サクッと遊べて,頭の体操にもいいし,観察力も養えるはずじゃから,ワシみたいな鈍感な人にこそ,このゲームをオススメするわい。


  • 関連タイトル:

    Steam

  • 関連タイトル:

    8番出口

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月29日〜03月01日