オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
穴掘り名人ホリネズミさんの「Home Safety Hotline」レビュー。えーあい!Steam広場
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2024/02/04 09:00

連載

穴掘り名人ホリネズミさんの「Home Safety Hotline」レビュー。えーあい!Steam広場

画像集 No.001のサムネイル画像 / 穴掘り名人ホリネズミさんの「Home Safety Hotline」レビュー。えーあい!Steam広場

今週のライター:ホリネズミ


筆者近影
画像集 No.013のサムネイル画像 / 穴掘り名人ホリネズミさんの「Home Safety Hotline」レビュー。えーあい!Steam広場

 おいっすー!オイラはホリネズミっす。モグラとよく間違われるっすけど,顔がキュートなのがオイラ,そうじゃないのがモグラって覚えておくっすよ。オイラのツメはシャベルみたいになっていて,穴を掘るスピードはモグラにも引けを取らないっす。ちなみにオイラの仲間には,土の中で作物を育てる賢いヤツもいるらしいっすよ。

※この記事は,編集者のゲーム体験メモをベースにChatGPT(4.0)が執筆したものです。AIが執筆するゲームレビューという趣旨に基づき,編集は最低限にとどめています。

 ある静かな朝,巣穴を捨てたオイラは新たな人生の扉を開いたっす。「Home Safety Hotline」,家庭の安全を守るホットラインへの初出勤の日だったっす。新人オペレーターであるオイラに与えられた使命は,蛇口が詰まったり,屋根裏から不審な物音がしたり,そんな日常のトラブルを一本の電話で解決することっす。

画像集 No.015のサムネイル画像 / 穴掘り名人ホリネズミさんの「Home Safety Hotline」レビュー。えーあい!Steam広場

 デスクに鎮座するPCの電源を入れ,オイラはまず会社のデータベースに目を通したっす。「パイプの凍結」「黒カビ」「ゴキブリ」「ネズミ」……家のトラブルに関するあらゆる情報がそこにはあったっす。しかもよく見るとオイラの情報もあったす。そうこうしてるとさっそくお客さんから電話がきたんで,緊張しながら受話器を取ると,キッチンに黒い汚れがあるという相談だったっす。

 それを聞いてオイラはすぐに「黒カビかな?」と推測し,黒カビに関するデータを確認。その解決策を伝えたんすよ。でも,その後すぐにお客から苦情の電話が入ったっす。「言われたとおりにしたのに解決しない!」ってね。
 混乱の中,再度相談の内容を確認したっす。すると,汚れを「コーヒー豆のよう」と表現していたことに気づいたんすよ。もう一度データベースを調べて見ると,ゴキブリの項目に「糞がコーヒー豆に似ている」って書いてたっす。初勤務の一発目でやらかしちまったわけっす。

画像集 No.016のサムネイル画像 / 穴掘り名人ホリネズミさんの「Home Safety Hotline」レビュー。えーあい!Steam広場

 こんな感じの引っかけ相談が序盤から多いんで,データベースにはくまなく目を通しておく必要があることを痛感したっす。続く相談も「屋根裏から物音がする」「庭が荒らされている」といった,ありふれたものだったっす。一日の仕事を終えると,受けた相談の正解率みたいなものが会社から渡されるっす。オイラの数字はなんと20%……手厳しいっすね。

 勤務2日目に事態は一変するっす。上司からデータベースの閲覧権レベルを上げたことを伝えられたんすよ。新しくアクセス可能になったデータは社外秘らしいっす。で,その内容を見たとき,オイラは息をのんだっす。
 「Common hobb」「Desk hobb」「Bed Teeth」……hobbってのはゴブリンみたい生き物で,Bed Teethは布団に定着する歯のような形の菌らしいっす。なぜこんなものがデータベースに……? そう疑問に思った矢先,次の電話が鳴ったっす。

画像集 No.017のサムネイル画像 / 穴掘り名人ホリネズミさんの「Home Safety Hotline」レビュー。えーあい!Steam広場

 それからも,データベースのアクセス権が上がるたびに,超常現象に近いデータが追加されていったっす。「異世界につながるポータル」「パイプの中に潜む巨大な真菌」など,信じがたい内容が次々と……。それに伴い,相談内容もおかしなものが増えていったっす。「妻の顔がわからなくなった」「目がピンク色に染まった」。いったい何が起きてるんすか。

 日が経つにつれ,「Home Safety Hotline」での仕事は一層奇妙なものへと変わっていったっす。通常の家庭のトラブルを超え,オイラが扱うようになったのは,まさに現実とは思えない超常現象の相談ばかり。データベースには,「記憶を奪う精霊」や「人の体に根を張る木」「口笛を吹くキノコ」といった,この世ならざる者に関する項目が追加されていったっす。

画像集 No.003のサムネイル画像 / 穴掘り名人ホリネズミさんの「Home Safety Hotline」レビュー。えーあい!Steam広場

 そしてある日,一本の電話がオイラの全てを変えたっす。「家で子供が行方不明になった」という相談だったっす。家の中で子供が行方不明? にわかには信じられない話なんすけど,データベースを見ると子供の行方不明に関連するアノマリーとかいうのがたしかにあったす。その日以降,オイラは自分が働いているこの会社の真の目的を理解し始めたっす。

 あるお客は,「家で起きている不気味な現象を警察に相談したらここを紹介された」と言っていたっす。それが真実だとすれば,この会社は公的機関からも一定の認知を得ているということになるっす。「Home Safety Hotline」の裏の顔,つまりそれは,人々が経験する超常現象を専門とする相談センターってわけっす。

画像集 No.008のサムネイル画像 / 穴掘り名人ホリネズミさんの「Home Safety Hotline」レビュー。えーあい!Steam広場

 奇妙な相談を受けるたびに,オイラはゲームのジャンルが「ホラー」であることを強く意識するようになったっす。最初は気づいてなかったんすけど,Steamのストアページを見るとたしかにホラーのタグがあったす。要するにこのゲームは,ただのコールセンターシミュレーションではなく,都市伝説やSCP財団に近い,深い恐怖を秘めた作品だったわけっすね。

 7日間目の勤務を終えるとゲームクリアで,そこに到達するのに5時間ほどかかったっす。相談内容は固定なんでリプレイ性は低いんすけど,そのぶん最初のプレイが濃厚であることは間違いないっす。あと,ゲーム内テキストは全て英語っすけど,時間制限がないんでゆっくりと翻訳しながらでも楽しめるっすよ。

画像集 No.007のサムネイル画像 / 穴掘り名人ホリネズミさんの「Home Safety Hotline」レビュー。えーあい!Steam広場

 「Home Safety Hotline」,最初はただのトラブル解決ゲームかと思ってたんすけど,実際には人々の生活と深く結びついた超常現象に挑む,一風変わったホラーゲームだったわけっす。そうした変わり種を求める人には,間違いなくオススメできるタイトルっすね。

 そして最後に,この「Home Safety Hotline」で学んだことは,見えないものに対する恐れを乗り越え,未知のものに対峙する勇気を持つことの大切さだったっす。オイラたちの周りには,目に見えない多くの物語が存在しているっす。それを解き明かす鍵を,このゲームはオイラに教えてくれたっす。


  • 関連タイトル:

    Steam

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月17日〜04月18日