パッケージ
ファンタビジョン202X公式サイトへ
  • コスモマキアー
  • 発売日:2023/02/22
  • 価格:3520円(税込)
    パッケージ版:
    通常版 2800円(税抜)
    初回受注生産限定版 4800円(税抜)
    ※パッケージ版は2023年8月24日発売
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[プレイレポ]PS2発売を祝った花火がPS VR2対応で復活!「ファンタビジョン202X」は,美しい世界にどっぷり浸かれるアクションパズル
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2023/02/22 08:00

プレイレポート

[プレイレポ]PS2発売を祝った花火がPS VR2対応で復活!「ファンタビジョン202X」は,美しい世界にどっぷり浸かれるアクションパズル

画像集 No.001のサムネイル画像 / [プレイレポ]PS2発売を祝った花火がPS VR2対応で復活!「ファンタビジョン202X」は,美しい世界にどっぷり浸かれるアクションパズル
 コスモマキアーが本日(2023年2月22日)発売したPlayStation 5用アクションパズル「ファンタビジョン202X」は,2000年にリリースされたPlayStation 2用ソフト「ファンタビジョン」の続編。打ち上げられる花火をキャッチし,同じ色の花火玉を3つ以上そろえてフラッシュ(爆発)させ,チェイン(連鎖)を狙うという,シンプルなルールのゲームになっている。

 同じく本日発売のPS VR2に対応し,より没入感の高いプレイも可能となっている本作のプレイレポートをお届けしよう。
 なお,記事中で使用しているスクリーンショットは,PS VR2でのプレイ時のものだ。


PS2の発売を飾った「ファンタビジョン」がPS VR2に合わせて復活


 本作の前に,前作「ファンタビジョン」について紹介しておきたい。発売はPlayStation 2本体の5日後(2000年3月9日)で,厳密に言えばローンチタイトルではないのだが,ほぼその扱いをされていたタイトルだった。
 美しい花火のグラフィックスがPlayStation 2の性能をアピールできるためか,発売前のプロモーションによく利用されていて,文字通りPS2発売の“打ち上げ花火”的存在だったのだ。それを見て「せっかくPS2を買うんだし,グラフィックスがキレイなゲームがいいよね」と本作を選んだ人も多かったのではないだろうか。

 その後,対戦モードが追加された「ふたりのファンタビジョン」が2002年,フィーチャーフォン用アプリ「FANTAVISION」が2008年にリリースされたのだが,その後の展開は途絶えていた。

 それが今回,PS VR2のローンチソフト「ファンタビジョン202X」として復活を遂げたのだから,PS2発売当時を知るゲーマーにとっては,いろいろと感慨深いはずだ。

画像集 No.002のサムネイル画像 / [プレイレポ]PS2発売を祝った花火がPS VR2対応で復活!「ファンタビジョン202X」は,美しい世界にどっぷり浸かれるアクションパズル

 「ファンタビジョン202X」の基本的なゲームシステムは,前作と同様。次々と打ち上げられる花火玉から,同じ色のものを3つ以上「キャッチ」した後,「フラッシュ」で爆発させるシンプルなものだ。実際の花火もまず花火玉が打ち上げられ,それが上空で爆発するが,本作のプレイヤーはその爆発部分を担当するイメージだ。

 基本となる花火玉は「赤」「青」「緑」の3色があり,左アナログスティックで操作するカーソルを花火玉に合わせて[×]を押すとキャッチする(PS VR2 Senseコントローラーの場合は[L2][R2][□][×]のいずれか)。キャッチは,花火玉を爆発させるために必要なロックオンのようなもの。同じ色の花火玉を3つ以上キャッチした後,[○]でフラッシュ(PS VR2 Senseコントローラーの場合は[○]または[△])させると,花火が広がる。時にはフラッシュできない組み合わせでキャッチしてしまうこともあるが,そんな時には[R1]または[L1]で「リリース」し,キャッチを解消してしまおう。
 花火玉を放っておくと爆発しないまま消えてしまい,プレイヤーの「ライフゲージ」が減少。ゼロになるとゲームオーバーになってしまう。

画像集 No.003のサムネイル画像 / [プレイレポ]PS2発売を祝った花火がPS VR2対応で復活!「ファンタビジョン202X」は,美しい世界にどっぷり浸かれるアクションパズル

 単にフラッシュさせるだけでも美しいのだが,さまざまなテクニックを駆使すればさらに花火が派手になり,高得点を得られるのが本作の楽しさ。発動させたフラッシュが終わる前に別の花火玉をフラッシュさせる「チェイン」はその代表で,たくさんの花火が画面を美しく彩ってくれる。
 また,フラッシュした花火に同色の花火玉が触れると「誘爆」となり,こちらもチェインとして数えられる。3つの花火玉をキャッチした状態で待ち,同色の花火玉が打ち上げられたら満を持してフラッシュさせ,誘爆を狙うのもアリだ。
 花火玉には,どの色としても扱える「ワイルド」もある。通常だとフラッシュは同色の花火玉でしかできないが,ワイルドを挟んで“赤赤ワイルド青青青”といった形にすれば,多色の組み合わせ「デイジーチェイン」に。さまざまな色の花火が煌めきながら炸裂する様は壮観だ。

画像集 No.004のサムネイル画像 / [プレイレポ]PS2発売を祝った花火がPS VR2対応で復活!「ファンタビジョン202X」は,美しい世界にどっぷり浸かれるアクションパズル

 地上からさまざまな「アイテム」が打ち上げられてくることもある。ワイルド同様にどの色としても扱えるうえ,ライフ回復や広範囲の炸裂といった特殊な効果があるので,うまく利用したい。
 特に「スター」は重要で,これを8個爆発させると出現する「スターマイン玉」をフラッシュさせれば,ボーナスタイム「スターマイン」がスタート。一定時間,同色の花火玉だけが次々に打ち上げられてくるため,フラッシュやチェインのし放題だ。

 これらのテクニックは,アクション性と思考性がミックスされているのもポイント。カーソルをあちこち動かし,消えそうになっている花火玉を優先してキャッチしつつも,ワイルドやアイテムを使ったデイジーチェインの可能性を素早く判断し,最適の組み合わせでフラッシュさせていく。ハイペースでゲームが展開する中だと,キャッチ中の花火玉ではフラッシュさせられない状況も出てくるので,その場合は素早くリリースして次の手を探る……といった具合で,指も頭もフル回転させなければならないのだ。

「スターマイン」が発動すると同色の花火玉ばかりになるので,このときは組み合わせを思考することなく,ひたすらフラッシュを楽しめる
画像集 No.005のサムネイル画像 / [プレイレポ]PS2発売を祝った花火がPS VR2対応で復活!「ファンタビジョン202X」は,美しい世界にどっぷり浸かれるアクションパズル

 こういった本作の面白さをさらに高めてくれるのが,PS VR2でのプレイだ。本作は空中や宇宙空間を移動しながら,そこに打ち上がってくる花火をフラッシュさせていくのだが,PS VR2のプレイでは,ヘッドマウントディスプレイを装着した頭を動して自由に視点を操作できる。足下に広がる街並みを見てちょっとしたスリルを味わったり,漆黒の宇宙に浮かぶ地球を眺めたりといった楽しみ方ができるし,なにより没入感が圧倒的。爆発する花火の中に突っ込んでいくという,現実ではまずできない体験が味わえる。
 操作方法も,腕を動かしてカーソルを移動させる直感的なものになるため,まるで花火を操る特別な力のようなものを身に付けたような気持ちになる。

画像集 No.006のサムネイル画像 / [プレイレポ]PS2発売を祝った花火がPS VR2対応で復活!「ファンタビジョン202X」は,美しい世界にどっぷり浸かれるアクションパズル

 本作は夜空をゆっくりと移動していくゲームのため,VR酔いが起こりづらそうな印象を受けた。グラフィックスも美しいため,VRゲームを知らない人が初めてプレイする1本としていいのではないだろうか。PS VR2とPS5本体の接続はケーブル1本で済むので(関連記事),知り合いの家に持ち込んでのプレイもしやくなっている。
 ゲームとしても遊び応えがあり,腕前を上げるほどに花火が派手になっていく本作。PS VR2の実力を確かめるために,同時購入の1本に入れるのもいいだろう。

リプレイモードもVRに対応しており,花火の美しさを思う存分楽しめる
画像集 No.007のサムネイル画像 / [プレイレポ]PS2発売を祝った花火がPS VR2対応で復活!「ファンタビジョン202X」は,美しい世界にどっぷり浸かれるアクションパズル
画像集 No.008のサムネイル画像 / [プレイレポ]PS2発売を祝った花火がPS VR2対応で復活!「ファンタビジョン202X」は,美しい世界にどっぷり浸かれるアクションパズル
画像集 No.009のサムネイル画像 / [プレイレポ]PS2発売を祝った花火がPS VR2対応で復活!「ファンタビジョン202X」は,美しい世界にどっぷり浸かれるアクションパズル

PlayStation公式サイトの「ファンタビジョン 202X」紹介ページ

  • 関連タイトル:

    ファンタビジョン202X

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月20日〜07月21日