パッケージ
シヴィライゼーション:覇者の君臨公式サイトへ
  • ネクソン
  • NDREAM
  • 発売日:2022/11/29
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「シヴィライゼーション:覇者の君臨」の制作が発表に。シヴィライゼーションVをベースとするモバイルMMOSLGとして配信へ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2022/09/27 13:17

ニュース

「シヴィライゼーション:覇者の君臨」の制作が発表に。シヴィライゼーションVをベースとするモバイルMMOSLGとして配信へ

 ネクソンは本日(2022年9月27日),スマートフォン向け新作アプリ「シヴィライゼーション:覇者の君臨」の制作を発表した。これに合わせてティザーサイトと公式Twitterがオープンしている。

画像集 No.001のサムネイル画像 / 「シヴィライゼーション:覇者の君臨」の制作が発表に。シヴィライゼーションVをベースとするモバイルMMOSLGとして配信へ

「シヴィライゼーション:覇者の君臨」ティザーサイト

「シヴィライゼーション:覇者の君臨」公式Twitter


 本作は,人気のストラテジーゲーム「シヴィライゼーション」シリーズのIPを活用したタイトル。作品のベースとなっているのは「シヴィライゼーションV」で,同IPを活用したモバイルゲームの中では,初のMMOSLGになるという。
 ゲーム内容も一部明らかにされている。原作の勝利要素を継承した戦略的な楽しさを提供するとし,さらに,連合単位での大規模なPvPコンテンツも収録されるとのことだ。

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>



ネクソン、モバイルMMOSLG 『シヴィライゼーション:覇者の君臨』を初公開!
公式ティザーサイトを開設し、ゲームBIを公開

画像集 No.001のサムネイル画像 / 「シヴィライゼーション:覇者の君臨」の制作が発表に。シヴィライゼーションVをベースとするモバイルMMOSLGとして配信へ

バーチャルワールドの制作及び運用を行う株式会社ネクソン(本社:東京都港区、 代表取締役社長:Owen Mahoney/オーウェン・マホニー、東証:3659、以下 ネクソン)は、2022年9月27日(火)、北米に拠点を置くゲーム開発会社2K(本社:アメリカ合衆国カリフォルニア州、代表取締役社長:David Ismailer/デビット・イスマラー)の「シヴィライゼーション」IP(知的財産)を活用した新作モバイルMMOSLG 『 シヴィライゼーション:覇者の君臨 』を発表いたしました。

【TOPIC】
・「シヴィライゼーション」シリーズの人気作である「シヴィライゼーション5」をベースに制作されたモバイルMMOSLG
・原作「シヴィライゼーション」の勝利要素(制覇、科学、文化)を継承した戦略的な楽しさを提供
・公式ティザーサイトを開設し、ゲームBIを公開

『シヴィライゼーション:覇者の君臨』
ティザーサイト(公式サイト): https://mobile.nexon.co.jp/civhk
公式Twitter: https://twitter.com/civhsk_jp

『シヴィライゼーション:覇者の君臨』は、「シヴィライゼーション」シリーズの人気作である「シヴィライゼーション5」をベースに制作されており、「シヴィライゼーション」のIPを活用したモバイルゲームの中では、初のMMOSLGとなります。
本作では、原作の様々な成長要素や、時代発展の戦略要素の楽しさを忠実に継承し、連合単位での大規模PvPコンテンツも実装いたします。
本日開設いたしました『シヴィライゼーション:覇者の君臨』の公式ティザーサイトでは、「偉業を成し、覇者となれ」のキーワードを掲げ、ゲームのブランドアイデンティティ(BI)を公開しております。

『シヴィライゼーション:覇者の君臨』は、「パイレーツ・オブ・カリビアン 大海の覇者」、「クロスファイア: ウォーゾーン」、「大航海大戦: オーシャン& エンパイア」など、多くの戦略シミュレーションを制作し、成功へと導いた、株式会社NDREAM(本社:韓国ソウル特別市 松坡区、代表取締役社長:チョ・ソンウォン)が開発を担当いたします。

ネクソン パブリッシングライブ本部 本部長 ソ・ヨンソクのコメント:
『シヴィライゼーション:覇者の君臨』は『シヴィライゼーション』のIPパワーを基盤に、時代変化とともに進む文明の発展、戦略的な勝利要素といった原作の核心的アイデンティティを継承しながらも、新作ならではの新たな楽しさも加えています。戦略シミュレーション専門の開発会社であるNDREAMと協業し、最高の楽しさを提供するために準備しておりますので、どうぞご期待ください。

【コピーライト表記】
(C) 2022 Take-Two Interactive Software Inc. & NEXON Korea Corp. & NDREAM All Rights Reserved.

【権利者情報】
■Take-Two Interactive Software, Inc.
ニューヨークに本社を置くTake-Two Interactive Software, Inc.は、世界中のお客様にインタラクティブ・エンタテインメントをお届けする、ゲーム業界をリードするデベロッパー、パブリッシャーでありマーケターです。会社は主にRockstar Games、2K、Private Division、Zyngaを通じて製品を開発および販売しています。製品は、家庭用ゲーム機およびPC、スマートフォンおよびタブレット向けに開発され、実店舗における小売り、デジタルダウンロード、オンラインプラットフォームおよびクラウドストリーミングサービスにて販売されています。会社の株式はNASDAQにおいてTTWOのシンボルで公開の取引が行われています。これに含まれる全ての商標および著作権は所有者の財産です。

■2K
2005年に設立された2Kは、ゲームコンソール、PC、スマートフォン向けのインタラクティブ・エンタテインメントを開発し、実際の販売およびデジタルダウンロードを行っています。会社はVisual Concepts、Firaxis Games、Hangar 13、Cat Daddy Games、31st Union、Cloud Chamber and HB Studiosを含む多数の才能ある開発スタジオを子会社としています。2Kのポートフォリオには現在、世界的なゲームである、NBA(R) 2K, BioShock(R), Borderlands(R)、Mafia、Sid Meier's Civilization(R)およびXCOM(R)ブランド、人気のWWE(R)2KおよびWWE(R)SuperCardフランチャイズ、そして商業的に好評を博しているPGATOUR(R)2Kが含まれています。2Kと製品に関する追加情報は、2K.comおよび会社の公式SNSで確認できます。

「シヴィライゼーション:覇者の君臨」ティザーサイト

「シヴィライゼーション:覇者の君臨」公式Twitter

  • 関連タイトル:

    シヴィライゼーション:覇者の君臨

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月28日〜11月29日
タイトル評価ランキング
72
ゼノブレイド3 (Nintendo Switch)
56
スプラトゥーン3 (Nintendo Switch)
51
40
バンカーライフ (Nintendo Switch)
2022年05月〜2022年11月