オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
任天堂,第2四半期の決算で増収増益を報告。販売本数1950万本を達成した「ティアキン」や,映画の影響を受けた「マリオ」関連タイトルが好調
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2023/11/07 21:51

業界動向

任天堂,第2四半期の決算で増収増益を報告。販売本数1950万本を達成した「ティアキン」や,映画の影響を受けた「マリオ」関連タイトルが好調

画像集 No.001のサムネイル画像 / 任天堂,第2四半期の決算で増収増益を報告。販売本数1950万本を達成した「ティアキン」や,映画の影響を受けた「マリオ」関連タイトルが好調
 任天堂は本日(2023年11月7日),2024年3月期 第2四半期の決算短信PDFファイル)と決算説明資料PDFファイル)を公開した。
 4月〜9月の連結業績は,売上高7962億円(前年同期比21.2%増),営業利益2799億円(同27.0%増),経常利益3800億円(同17.8%増)で,増収増益となったそうだ。

 資料では,ハードウェア・ソフトウェアともに好調なNintendo Switch,映画「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」関連の売上,為替レートの円安推移が増収の理由として挙げられている。

 Nintendo Switch本体の販売台数は,前年同期比2.4%増の684万台となり,内訳を見ると,旧モデルから有機ELモデルへの移行が進んでいる。一方で,有機ELモデルには利益率が低いという側面もあるようだ。

 新作ソフトは,5月に発売した「ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム」が1950万本,7月に発売した「ピクミン4」が261万本の販売本数を記録したという。また,ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービーの公開によって,「マリオカート8 デラックス」など「マリオ」関連タイトルにも好影響が見られたとのこと。

「2024年3月期 第2四半期 決算短信」

「2024年3月期 第2四半期 決算説明資料」

  • 関連タイトル:

    ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム

  • 関連タイトル:

    マリオカート8 デラックス

  • 関連タイトル:

    ピクミン4

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2023/12/08)
ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム -Switch
ビデオゲーム
発売日:2023/05/12
価格:¥5,900円(Amazon) / 6280円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月10日〜12月11日