オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Steam版「ウィザードリィ外伝 五つの試練」が6月にリリースへ。2006年発売の“外伝”シリーズ作品を大幅刷新
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2021/06/04 15:51

ニュース

Steam版「ウィザードリィ外伝 五つの試練」が6月にリリースへ。2006年発売の“外伝”シリーズ作品を大幅刷新

 イードは2021年6月3日,59 Studioが手がけるPC用3DダンジョンRPG「ウィザードリィ外伝 五つの試練」のSteamでの配信を,Game*Sparkブランドより6月に開始すると発表した。早期アクセスとしての配信で,価格は未定。Steamにはストアページ(※外部リンク)がオープンしている。


画像集#002のサムネイル/Steam版「ウィザードリィ外伝 五つの試練」が6月にリリースへ。2006年発売の“外伝”シリーズ作品を大幅刷新
 ダンジョンRPGを代表するシリーズの一つとして日本でも知名度の高い「ウィザードリィ」(Wizardry)。Steamでの配信が決まった本作は,日本製スピンオフの中でもとくに知られる「ウィザードリィ外伝」シリーズのメインスタッフが手がけた「ウィザードリィ外伝 五つの試練」(2006年発売)をベースに,Unityエンジンへの移行を含む大幅な刷新を行ったタイトルとなっている。

 具体的な刷新内容としては,ワイドスクリーン対応や高解像度対応,計4種のUIモード(2種は新規),カスタムポートレート機能の実装などが挙がっている。そのほか,モンスターデザイン監修を日本語版ウィザードリィシリーズの美術デザインなどで知られる末弥 純氏,サウンドとBGMをベイシスケイプがそれぞれ担当,シナリオエディタを別アプリケーションとして同梱,オリジナル版発売からの15年でコミュニティが育んだ110本近いシナリオをSteam版に自動コンバートしたものを楽しめるなど,セールスポイントはかなり多い。

画像集#003のサムネイル/Steam版「ウィザードリィ外伝 五つの試練」が6月にリリースへ。2006年発売の“外伝”シリーズ作品を大幅刷新
こちらは,カスタムポートレート機能の利用サンプルとして公開された画像の一つ

 なお4Gamerは昨日,“外伝”シリーズの中心人物でもあった徳永 剛氏金田 剛氏へのインタビューを掲載した。ゲームボーイで登場した「ウィザードリィ・外伝1 女王の受難」(1991年発売)を始めとしたシリーズ作品に関するエピソードや,五つの試練リニューアルの経緯,Steam版のコンセプトなどをじっくりと聞いているので,ぜひチェックしてほしい。
 本作はインディゲームの祭典「INDIE Live Expo」(2021年6月5日18:00配信開始)にも出展予定なので,こちらも楽しみにしておこう。

関連記事

Wizardryは今も日本で進化し続ける―――シリーズ最新作「ウィザードリィ外伝 五つの試練」Steam対応版の開発者にインタビュー

Wizardryは今も日本で進化し続ける―――シリーズ最新作「ウィザードリィ外伝 五つの試練」Steam対応版の開発者にインタビュー

 「ウィザードリィ外伝 五つの試練」のSteam対応版が,近日中にリリース予定だ。第一作の登場から早40年が経過するウィザードリィ(Wizardry)は,本家アメリカをさしおいて,今もなお日本で進化し続けている。今回はウィザードリィの日本独自展開における第一人者に,本作の見どころやゲームボーイ版外伝シリーズの昔話など,たっぷりと話を聞いてみた。

[2021/06/03 11:57]


■『ウィザードリィ外伝 五つの試練』とは?

1981年に第一作が海外でリリースされ、当時の多くのゲーマーに広く衝撃を与えた3DダンジョンRPG『ウィザードリィ』。その後、ゲームに限らず日本におけるファンタジーの礎の一部にもなった同シリーズには多くの日本製スピンオフが制作されました。

画像集#004のサムネイル/Steam版「ウィザードリィ外伝 五つの試練」が6月にリリースへ。2006年発売の“外伝”シリーズ作品を大幅刷新

その中でも2006年にリリースされた本作『ウィザードリィ外伝 五つの試練』は、日本製スピンオフの中でも特に知られる『ウィザードリィ外伝』シリーズのメインスタッフが手掛けた作品として、高い評価を獲得しています。『ウィザードリィ』シリーズ初期を強く意識、草創期RPGのシンプルな味わいを再現したベースルールに、高速なレスポンスを加え、記憶の中に存在した原初のハードコアなRPG体験をそのままに当時のハード上で快適に楽しめる内容だけでなく、別途配布されたシナリオエディタによりユーザー各々自身が、望むままの『ウィザードリィ』を作成できるシステムは発売から15年経った2021年でも新シナリオが制作され続けるなど根強く愛されてきました。

今回Steam上でリリースされる『ウィザードリィ外伝 五つの試練』は、2006年当時の同作から、Windows 10対応に伴うUnityエンジンへの移行を含め、ほとんどが大幅に刷新。40年の時を経て愛される古風なRPGの雰囲気を今に伝えるような内容はそのままに、既存ユーザーだけでなくこの機に古典シリーズへの入門を果たそうとするユーザーも納得できるよう、2021年の新作RPGとしてのユーザビリティもさらに追加されています。

・『ウィザードリィ』としての古典的体験を存分に味わえるベースルール

『ウィザードリィ外伝 五つの試練』で味わえる、『ウィザードリィ』元来の基本的なゲーム内容はシンプルだ。君は、まず町外れの訓練所で、ランダムな初期能力へのボーナスに一喜一憂しながら思いを込めて自分のキャラクターたちを作り上げる。次に酒場へ赴き、最大6名のパーティを結成するのだ。そこに至るまでの物語がゲームで示されることはない。ゲームシナリオが提示する目的を超えた、彼らが共に迷宮に挑む本当の理由を知っているのは君だけだ。

画像集#005のサムネイル/Steam版「ウィザードリィ外伝 五つの試練」が6月にリリースへ。2006年発売の“外伝”シリーズ作品を大幅刷新

そして挑む迷宮。グリッド状に通路を移動し、様々な場所でイベントをこなし順路を切り開き、敵と出逢えばシンプルなコマンドだけが並ぶターン制の戦闘を行う。現代の複雑で自由度の高いゲームと比べれば、たったそれだけの内容だ。しかし君は、制限された、もしくは存在しないマップ閲覧機能に右も左もおぼつかなければ、行く手を阻む謎にも苦しむかもしれない。シナリオにおける謎解きは、モニタの向こうのゲームマスターたるシナリオ制作者との知恵比べだ。

画像集#006のサムネイル/Steam版「ウィザードリィ外伝 五つの試練」が6月にリリースへ。2006年発売の“外伝”シリーズ作品を大幅刷新

熟練の冒険者をも一撃で死に至らしめる迷宮の強敵に怯えることだってある。古典的テーブルトークRPGにその源流を持つ戦闘システムでは、ときに死はあっけなく、そして平等に冒険者達に襲い来る。更には迷宮で斃れた冒険者は永久に失われてしまう可能性を常にもち、パーティの全滅は新たなメンバーでの救出行の必要を意味するのだ。頼みの綱の呪文は、その強さに応じて共有された回数制限で、一度の冒険中わずか数回しか最良の選択は取れないだろう。そして、怪物たちが残した宝箱は、値千金の強力な魔法の武具の可能性と、一瞬で冒険のすべてが水泡に帰す危険性との隣合わせ。運を天に任せながら、罠を識別・解除するキャラクターの判断にすべてを託そう。

画像集#007のサムネイル/Steam版「ウィザードリィ外伝 五つの試練」が6月にリリースへ。2006年発売の“外伝”シリーズ作品を大幅刷新

一進一退、“まだ行ける”と“もうダメだ”の判断のシビアさに加わった、オートセーブが織りなす緊張感とドラマ。その壁を超えた後に待つ、キャラクターの育成やレアアイテム集めの魅力を、『ウィザードリィ外伝 五つの試練』では存分に味わえる。

・『ウィザードリィ』シリーズの制作では定評のある株式会社モバイル&ゲームスタジオ(当時)が一部担当した、それぞれ数十時間以上の体験の可能性を秘めた5本のシナリオを収録

  • 旅人の財産 "Traveler's property"
  • 満月王の子供達 "Children of the king Selene"
  • 欠けた大地 "the devoid of apotheosis"
  • ガルヴァンの酢漬け男 "the Pickled Man of Galvan"
  • 灼熱の車輪  "the Wheels of Flame"

・主なモンスターデザインとモンスターデザイン監修は『ウィザードリィ』シリーズを代表に、日本のファンタジーの大家として広く知られるイラストレーター、末弥純氏が担当

・様々な人気タイトルで知られるベイシスケイプが手掛けたサウンドとBGM

・君だけの『ウィザードリィ』を創り上げ、共有できるシナリオエディタを同梱

画像集#008のサムネイル/Steam版「ウィザードリィ外伝 五つの試練」が6月にリリースへ。2006年発売の“外伝”シリーズ作品を大幅刷新

『ウィザードリィ外伝 五つの試練』Steam版には、シナリオエディタが別アプリケーションとして同梱。ダンジョンのレイアウトや起こるイベント、登場モンスター・アイテム、種族や職業・魔法の設定など多岐にわたる項目にこだわって、世界にひとつの君だけの冒険を創り上げ、配布することができる。

・オリジナル版『五つの試練』ユーザーシナリオも新システム上で楽しめる
プレイヤーはゲーム発売初日から、2006年のオリジナル版『五つの試練』より15年間コミュニティが育んだ110本近いシナリオをSteam版向けに自動コンバートしたものを楽しめる。(すべてのオリジナル版『五つの試練』シナリオがSteam版で完全動作することを保証するものではありません)

■『ウィザードリィ外伝 五つの試練』Steam版の主要な変更点を大公開!

  • ワイドスクリーン/高解像度対応、3D迷宮と高解像度モンスター
  • 2種の完全新規を含む、計4種のUIモード
  • 本体組み込み型の新シナリオセレクタ
  • ゲームパッド対応
  • Steamクラウド対応
  • カスタムポートレート機能
  • 外部モンスター画像取り込みなど、各種エディタ機能の更新と拡張

今回は、カスタムポートレート機能の利用サンプルを先行公開。各項目の詳細は続報をお待ち下さい。

画像集#009のサムネイル/Steam版「ウィザードリィ外伝 五つの試練」が6月にリリースへ。2006年発売の“外伝”シリーズ作品を大幅刷新
画像集#010のサムネイル/Steam版「ウィザードリィ外伝 五つの試練」が6月にリリースへ。2006年発売の“外伝”シリーズ作品を大幅刷新

Steamストアページ( https://store.steampowered.com/app/1308700/Wizardry_The_Five_Ordeals/ )からウイッシュリストに本作を登録することで、発売開始を素早く知ることも可能です。ぜひご登録ください。


■「ウィザードリィ外伝 戦闘の監獄 & 五つの試練 Audio Collection」Steam再販決定!

画像集#011のサムネイル/Steam版「ウィザードリィ外伝 五つの試練」が6月にリリースへ。2006年発売の“外伝”シリーズ作品を大幅刷新

『ウィザードリィ外伝 五つの試練』Steam版の発売を記念して、『ウィザードリィ外伝 五つの試練』とその前身『ウィザードリィ外伝 戦闘の監獄』の楽曲を収録したサウンドトラック「ウィザードリィ外伝 戦闘の監獄 & 五つの試練 Audio Collection」のSteam上でのデジタル再販も決定しました。限定販売のCD版はプレミアにもなっている同サントラ。今回の再販にあたってはベイシスケイプの手によりすべての楽曲が再度リマスタリングされ、小谷野謙一氏・金田充弘氏・岩田匡治氏・﨑元仁氏による楽曲群で冒険の興奮を再び味わえます。


■製品情報

・ウィザードリィ外伝 五つの試練
開発:59 Studio
パブリッシャー:Game*Spark Publishing
ジャンル:3DダンジョンRPG
プレイヤー人数:1人
発売日:2021年6月
プラットフォーム:Windows PC(Steam)
言語:日本語・英語(ローンチ時点では英語対応はゲーム本体UI部のみ)
価格:後日発表
製品ストアページURL:
https://store.steampowered.com/app/1308700/
Wizardry_The_Five_Ordeals/



・ウィザードリィ外伝 戦闘の監獄 & 五つの試練 Audio Collection

発売日:2021年6月(本体と同時発売予定)
プラットフォーム:Windows PC(Steam)
価格:1,500円(税込)
製品ストアページURL:https://store.steampowered.com/app/1585620/
Wizardry_Prisoners_of_the_Battles
__The_Five_Ordeals_Audio_Collection/




  • 関連タイトル:

    ウィザードリィ外伝 五つの試練

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月12日〜06月13日
タイトル評価ランキング
68
48
魔界戦記ディスガイア6 (Nintendo Switch)
30
ETERNAL (iPhone)
2020年12月〜2021年06月