オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「ROAD59 -新時代任侠特区-」舞台第2弾キャストインタビュー。砂川脩弥さん&井上正大さんが感じた舞台の手ごたえとは
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2021/03/20 12:00

インタビュー

「ROAD59 -新時代任侠特区-」舞台第2弾キャストインタビュー。砂川脩弥さん&井上正大さんが感じた舞台の手ごたえとは

 ブシロードが手掛ける新たなメディアミックスプロジェクト「ROAD59 -新時代任侠特区-」(以下,「ROAD59」)は,架空の街「天海区」を舞台にさまざまな思惑を持つ組織がぶつかり合うSF任侠アクションだ。2020年12月に舞台第1弾が上演され,続編となる舞台第2弾「ROAD59 -新時代任侠特区-」摩天楼ヨザクラ抗争の公演が2021年4月15日〜18日にKAAT神奈川芸術劇場 ホールにて行われる。

チケットの一般発売は2021年3月20日10:00開始。公演の詳細やチケット情報は本稿下部の公演概要か公式サイトを確認しよう
画像集#003のサムネイル/「ROAD59 -新時代任侠特区-」舞台第2弾キャストインタビュー。砂川脩弥さん&井上正大さんが感じた舞台の手ごたえとは

 4Gamerでは,舞台公演に先駆けて本作の中心キャストにインタビューを行った。第1弾となる今回は,狛浪組の若き組長代行・氷室ショウ役の砂川脩弥さんと,金と権力でのし上がってきた黒条組のトップ・皇 賢誠役の井上正大さんへのインタビューをオフィシャルカットとともにお届けしよう。「ROAD59」全体のストーリーや世界観設定はこちらのインタビュー記事を,舞台第1弾の模様はこちらのレポートでチェックしてほしい。

「ROAD59 -新時代任侠特区-」公式サイト


■氷室ショウ(演:砂川脩弥)(映像出演)
画像集#001のサムネイル/「ROAD59 -新時代任侠特区-」舞台第2弾キャストインタビュー。砂川脩弥さん&井上正大さんが感じた舞台の手ごたえとは
<キャラクタープロフィール>
周りの期待に抗えず,組の伝統と格式を背負わされ,不本意ながら極道の道を歩んでいる狛浪組の若き組長代行。厳しい姉とわがままな妹に挟まれ,言いたいこともなかなか口にできず,眉間のしわがますます深くなる……
画像集#005のサムネイル/「ROAD59 -新時代任侠特区-」舞台第2弾キャストインタビュー。砂川脩弥さん&井上正大さんが感じた舞台の手ごたえとは

■皇 賢誠(演:井上正大)
画像集#002のサムネイル/「ROAD59 -新時代任侠特区-」舞台第2弾キャストインタビュー。砂川脩弥さん&井上正大さんが感じた舞台の手ごたえとは
<キャラクタープロフィール>
傲岸不遜な態度で他者を見下す黒条組の組長。余裕の笑みを浮かべた双眸の奥には冷酷な光を宿す。天海区の都市開発などを手掛ける大企業のトップという表向きの顔も持つ。独裁的かつ強引に裏社会を一気に駆け上がるそのやり方に,不満や恨みを抱く者も多い
画像集#010のサムネイル/「ROAD59 -新時代任侠特区-」舞台第2弾キャストインタビュー。砂川脩弥さん&井上正大さんが感じた舞台の手ごたえとは


狛浪組と黒条組のリーダーが舞台第1弾を振り返る
2人が抱く組織のイメージは「家族」と「恐怖支配」


4Gamer:
 本日はよろしくお願いします。まずは2020年12月に行われた舞台第1弾「ROAD59 -新時代任侠特区-」を振り返って,出演してのご感想や公演で感じた手ごたえを教えてください。

砂川脩弥さん(以下,砂川さん):
 ほかの組にはない“家族感”をファンの皆さんが感じ取ってくれたのか,公演や配信を見てくださった皆さんから狛浪組に入りたいと言っていただけました。そこは自分が見せたい,伝えたい部分でもあったのでとても手ごたえを感じました。

4Gamer:
 井上さんはいかがでしたか?

井上正大さん(以下,井上さん):
 セットがそれほど大きいわけではないんですが,まるで映画を観ているかのような凝った演出や,照明の工夫,キャストたちの力によって,舞台上に「ROAD59」の世界が無限に広がっているように感じました。それを見たお客さんの反応もよかったので,「ROAD59」はすごいプロジェクトになるんじゃないかと期待が膨らみましたね。

4Gamer:
 映像演出がかなり凝っていましたよね。映像とアクションを合わせるご苦労もあったかと思いますが,どのように稽古が行われたのでしょう。

砂川さん:
 映像演出は場当たりのときに合わせたくらいでした。ショウの能力を使うシーンは,映像の仕上がりがギリギリのタイミングになってしまって本番でやっと見られたのですが,映像演出の方がうまく合わせてくださったおかげで自由に演じられました。このポーズをしたら映像を入れますという合図があるんですよ。

井上さん:
 本当に役者にストレスのない映像演出でした。

砂川さん:
 そうですね。

井上さん:
 「このエフェクトが出ているときは芝居を続けてください」という多少の制約はありましたが,僕らが本番中に合図のタイミングを変えてもキチンと演出を合わせてくれる,そんな力量のあるスタッフさんたちが関わってくれているので自由にできました。


4Gamer:
 話は少し変わりますが,お2人は舞台だけでなくドラマなどでも活躍されていますよね。舞台とドラマの違いや演じるうえで心がけていることもあったりするんでしょうか。

井上さん:
 舞台とドラマは全然違いますね。ドラマでは決められたカメラアングルの中で1番映える見え方を意識して芝居に挑んでいます。一方舞台は,全方位から見られる性質上,隙がなく,どの席からも平均的によく見えるように演じなければならない,という点でまったくの別ものなんです。

4Gamer:
 意識する場所がまったく違うんですね。

井上さん:
 ほかにも,舞台ではいかに集中し続けられるか,ドラマでは短時間でどれだけ詰め込めるかなど問われるものが変わってくるので,同じお芝居の枠組みであっても違うことをやっていると感じます。

砂川さん:
 舞台で大きな役をいただいたのは今回が初めてだったんですが,客席後方のお客さんにも芝居を届けようというのは意識しました。あとはできるだけ背中を向けない,声を張るというのも気を付けましたね。

4Gamer:
 なるほど……! では,役作りをされていくなかで,台本から印象が変わったところや理解が深まったと感じた部分はありましたか。

砂川さん:
 ショウは(苦悩する場面が多いので)もっと弱い印象があったんですが,演じているなかで皆に声をかけるなど気を配っていて,ちゃんと強い部分もあるんだなと思いました。

井上さん:
 賢誠は,みなさんご存じのようにあまり印象のよくない人物ですよね(笑)。僕も最初は印象のよくない部分を見がちだったんですが,演じていくうちに彼はずっと悪いままではなく対外的なところは礼儀正しい,でも怖い瞬間もあるような二面性があることに気付きました。
 ほかのキャラクターも含めて,意外性を感じるというよりはビジュアルイメージと役者の芝居が近かったとも思いますね。

砂川さん:
 確かに。

4Gamer:
 舞台第1弾は,はじまりの物語というのもあって世界感や登場人物が掴みやすかったと感じました。

井上さん:
 粒立っていましたよね。

画像集#006のサムネイル/「ROAD59 -新時代任侠特区-」舞台第2弾キャストインタビュー。砂川脩弥さん&井上正大さんが感じた舞台の手ごたえとは

4Gamer:
 本作には4つの個性的な組織が登場しますが,稽古中の各組の雰囲気はいかがでしたか。

井上さん:
 狛浪組は雰囲気よかったよね?

砂川さん:
 狛浪組のキャストでは僕が最年少だったんですが,皆と敬語なしで話すくらいに仲よくなりました。氷室 静役の相羽あいなさんが関西弁でのやりとりを頑張るということで「まわりのキャストも砕けた口調でいこう」と決めたのをきっかけに,キャスト間の距離感が近くなり次第に打ち解けました。

井上さん:
 黒条組は,逆に「年下でも年上でも敬語」という壁があるね。

砂川さん:
 黒条組だと,それもアリじゃないかなって思います(笑)。

井上さん:
 互いに距離がある感じね。仲が悪いわけじゃないんですけど,(組織の役柄的に)打ち解ける必要がないというか(笑)。

4Gamer:
 組の雰囲気としても緊張感というか,ピリっとしたところがありますから,ある意味イメージどおりです。

井上さん:
 役としても,ディスカッションをしたり,関係性を築いたりする必要がないので,個人プレイでやっている部分が多いかもしれません。

砂川さん:
 舞台第1弾でも,黒条組は個人的に動いている感じが強かったですね。

井上さん:
 ひとりぼっち感がすごかったよ(笑)。
 賢誠はアクションシーンが少なめだったんですが,相手の顔を殴ったり,首を絞めたりなどほかのキャラクターと絡む場面もありました。個人プレイが多い中でも,そういうシーンでは相手の方とコミュニケーションを取りながら丁寧に作っていきました。

4Gamer:
 稽古中から,各組の色がかなり出ていたんですね。もし,ご自身の所属する組を一言で表すとしたらどんな言葉が当てはまると思いますか。

砂川さん:
 先ほどもお話ししたとおり「家族」ですね。ほかの組にはないファミリー感が魅力ですね。

井上さん:
 いい回答です。うちは「恐怖支配」ですね。

砂川さん:
 その心は(笑)。

井上さん:
 家族だから守るという狛浪組と真逆です。どのみち危険なことをするんだから,戦場で散ってこい,くらいの雰囲気があります。

砂川さん:
 うちだったら,頑張って救いに行きますからね。

井上さん:
 黒条組は救わない。むしろオトリにして,罠を仕掛けちゃうタイプだから。

4Gamer:
 各組の個性が強い分,観客としては応援したい組を探しやすいですし,感情移入のポイントも見つけやすい気がします。

井上さん:
 ついていくなら,絶対に狛浪組がいいですよ。

砂川さん:
 黒条組を勧めてくださいよ(笑)。

井上さん:
 黒条組には入らないほうがいいと,広めていかないと。

砂川さん:
 おもしろいですね,黒条組。でもこういう雰囲気が好きな人は,すっごい好きになりそうですよね。

画像集#008のサムネイル/「ROAD59 -新時代任侠特区-」舞台第2弾キャストインタビュー。砂川脩弥さん&井上正大さんが感じた舞台の手ごたえとは


舞台第2弾ではPHOENIXのキャストに注目が集まる


4Gamer:
 いよいよ舞台第2弾「ROAD59 -新時代任侠特区-」摩天楼ヨザクラ抗争が4月15日に幕を開けます。お2人が思う,今回の見どころを教えてください。

井上さん:
 こういう舞台って,第2弾のほうが面白いんですよ。

4Gamer:
 大筋の世界観や登場人物を理解できたうえで,より物語が広がっていきますからね。

井上さん:
 第1弾が世界観説明であったとしたら,第2弾では物語や登場人物がより掘り下げられていく内容になります。殺陣も演出もより煮詰められたものになるので,そこを楽しみにしていてほしいです。
 あと,前回映像出演だった蒼井翔太くん演じるベネディクト・ロレンツォ・ヴァザーリが舞台に立つので,どんな風を巻き起こすのかが楽しみですね。

砂川さん:
 今回,ショウは映像出演になります。狛浪組が前回のPHOENIXのような描かれ方になるイメージです。
 PHOENIXの新キャラクターであるマリア・ベルナールと,蒼井さん演じるベネディクトが舞台に登場するのは僕自身も楽しみですし,皆さんも待ちわびていたんじゃないかなと思います。

4Gamer:
 第2弾でどんな物語が展開するのか注目ですね。
 今回はせっかくの対談形式でのインタビューということで,この機会にお互いに聞いてみたいことはありますか?

砂川さん:
 井上さんは,プライベートの時間では何をしているんですか?

井上さん:
 ゲームばっかりしているよ。

砂川さん:
 確かに! 楽屋でもゲームしてましたね(笑)。飲みに行ったりはしないんですか?

井上さん:
 人と話すのは嫌いじゃないから飲みにはいくけど,お酒が好きじゃないんだよ。もしも飲みに行くなら,おいしいお酒があるBARがいいかな。

砂川さん:
 今は難しいですが,落ち着いたら井上さんと飲みに行きたいです。

井上さん:
 いいですね。

砂川さん:
 よろしくお願いします。

井上さん:
 こちらこそ。僕からは,演じる役はいったん置いておくとして,春雲組,狛浪組,黒条組,PHOENIXのどこに入りたいかを聞こうかな。

砂川さん:
 僕としては,春雲組かな……。

井上さん:
 春雲組なんだ。

砂川さん:
 春雲なら,優しくいろいろ教えてくれそう。狛浪組も優しいとは思うんですが,姐さん(氷室 静)が怖いんで(笑)。黒条組は,すぐに離脱してしまいそうです。

4Gamer:
 最後に,公演を楽しみにしている皆さんにメッセージをお願いします。

砂川さん:
 作品の世界は今後どんどん広がっていきます。今は第2弾の公演に力を入れて「ROAD59」の世界観にさらに引き込めるように頑張ります。皆さん,ぜひ楽しみにしていてください。

井上さん:
 「ROAD59」の中の黒条組として,この世界を彩れることをうれしく思います。
 見に来たお客様の印象に残る組であるように組作りをしていきますので,楽しみにしていただけたらと思います。

4Gamer:
 ありがとうございました。

――2021年2月27日収録


画像集#009のサムネイル/「ROAD59 -新時代任侠特区-」舞台第2弾キャストインタビュー。砂川脩弥さん&井上正大さんが感じた舞台の手ごたえとは 画像集#007のサムネイル/「ROAD59 -新時代任侠特区-」舞台第2弾キャストインタビュー。砂川脩弥さん&井上正大さんが感じた舞台の手ごたえとは

<公演概要>

■タイトル
舞台「ROAD59 -新時代任侠特区-」摩天楼ヨザクラ抗争

■会場
KAAT神奈川芸術劇場 ホール

■公演日程
2021年4月15日(木)〜4月18日(日) ※全7公演
4月15日(木) 19:00開演
4月16日(金) 14:00開演/19:00開演
4月17日(土) 12:30開演/17:00開演
4月18日(日) 12:30開演/17:00開演
※各公演、 開場は開演の45分前

■出演
【春雲組】 君沢ユウキ/河内美里/前田誠二 白又 敦 鮎川太陽 山本康平/京本政樹(特別出演)
【狛浪組】 砂川脩弥(映像出演)/相羽あいな 美波わかな/七海ひろき(映像出演)
【黒条組】 井上正大/工藤晴香 岡田夢以/末野卓磨
【PHOENIX】 蒼井翔太/加藤里保菜 奥仲麻琴

■一般発売日
2021年3月20日(土)10:00〜

■チケット料金
オロチシート(前方シート・非売品グッズ付き・全席指定):15,000円(税込)
ジンギシート(全席指定):9,000円(税込)

※オロチシート(前方シート・非売品グッズ付き・全席指定)は、 先行販売で完売した場合一般発売では販売致しませんので予めご了承願います。
※ご購入後の返金・クレーム及びお席の振替は一切お受けできません。 予めご了承ください。
※未就学児入場不可


■スタッフ
【脚本】毛利亘宏
【脚本協力】石塚千奈実
【構成・演出・映像】ヨリコ ジュン
【主題歌】GACKT「Exterminate」

【制作】エースクルー・エンタテインメント
【主催】ブシロード 劇団飛行船

「ROAD59 -新時代任侠特区-」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ROAD59 -新時代任侠特区-(メディアミックスプロジェクト)

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ