パッケージ
A Space For The Unbound 心に咲く花公式サイトへ
読者の評価
90
投稿数:1
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

A Space For The Unbound 心に咲く花

A Space For The Unbound 心に咲く花
公式サイト https://chorusworldwide.com/a-space-for-the-unbound-jp/
https://store-jp.nintendo.com/list/software/70010000057439.html
発売元・開発元
発売日 2023/01/19
価格 パッケージ版:4378円(税込)
DL版:2860円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
90
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • どこまでも切なく、それでも前向きな青春ストーリー 90
    良い点
    ★先の気になるストーリー展開、そして爽やかな結末
    ゲームが始まってすぐ、主人公は友人と思しき少女を助けるために川に飛び込み、そのまま深く深く沈んでいく。しかし目が覚めると高校の教室におり、前の席にはラヤという名前の彼女が座っていた。将来のことを考えたくない二人は、進路相談をサボり「やりたいことリスト」を作ることになるのだった……というお話ですが、先の読めないストーリー展開に、思わずぶっ通しでクリアまでプレイしました。とにかく暗く、切ないストーリーですが、決して鬱エンドにはなりません。この結末が全てのプレイヤーにとってハッピーエンドと呼べるかは疑問ですが(実際私も納得しきれない部分があります)、クリア後の余韻は凄く爽やかで、最後までプレイして良かったと心から思えるゲームでした。

    ★美しい世界観
    ゲームは全てドット絵で作られていますが、キャラクターや背景に至るまでクオリティが非常に高く、心地よいBGMも相まって非常に美しい世界観を生み出しています。

    ★割とゲーム性もあるアドベンチャーゲーム
    基本はNPCからのおつかいをひたすらこなすゲームですが、豊富な謎解き要素、けっこう難しめのアクション要素、隅々まで探索することで見つかる収集要素など、ただストーリーを楽しむだけのゲームではない、きちんと遊びごたえのあるゲームだったのも好印象でした。
    悪い点
    ★何度も往復させられる移動のダルさ
    主人公の探索する町自体はそこまで広くないのですが、何度もあっちこっち往復させられるので、そこはけっこうダルく感じました。正直ファストトラベルがあると良かったなと思います。

    ★シビアなコマンド入力
    ゲーム内で何度も出てくるコマンド入力(所謂QET)ですが、けっこうシビアなシーンも。とあるサブイベントでは実際の格ゲーのコマンド技ばりに受付時間が短いこともあって非常に苦労しました。ストーリー中でもいくつか難所があり、それ自体はゲームとしての面白さにはなっているものの、ちょっと難しすぎてストーリーを進めるのが大変だと感じました。

    ★インディーゲーム特有のスニーキング要素
    これは不満点というほどでもないのですが、ADVジャンルのインディーゲームはやたらスニーキング要素が多いなと思っており、このゲームも例外ではありません。このゲームだと、前半部分にスニーキングで敵を回避するシーンが多かったです(逆に後半はほぼ無し)。そこまで難しくないのでプレイしていて特別しんどいとは思いませんでしたが。
    総評
    いくつか不満点もあるものの、どれもゲームプレイに致命的なダメージを与えているわけではないので、全然許容範囲レベルです。ストーリー中にはあまりにも救われない部分もありますが、一概に誰が悪くて誰が被害者なのか決められないというのもリアルで、ただ綺麗ごとを並べ立てているだけじゃないのも個人的には好印象でした。ゲームとして、間違いなく良作であることは保証します。主人公とラヤ、2人が最後にどういった決断を下すのか、ぜひプレイして自分の目で確かめてみてください。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 3 5 4
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月08日〜02月09日