オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
勇者と魔物と世界の真実。Android向けクリッカーゲーム「A HERO AND A GARDEN」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2075回
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/08/07 10:00

連載

勇者と魔物と世界の真実。Android向けクリッカーゲーム「A HERO AND A GARDEN」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2075回

画像(009)勇者と魔物と世界の真実。Android向けクリッカーゲーム「A HERO AND A GARDEN」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2075回

スマートフォンには相当な数のゲームが存在しているが,「じゃあ,どれが面白いの?」「そもそも,数が多すぎて好みのタイトルが探せない!」と思っている人も少なくないはず。そんな問題を解決すべく,スタートした連載が「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」だ。話題の新作タイトルからネタ要素多めのオモシロ系まで,スマートフォンのゲームを片っ端からプレイして(ほぼ)毎日お届けする。

 本日の「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」では,Android向けクリッカーゲーム「A HERO AND A GARDEN」を紹介しよう。クリッカーゲームとしてのゲーム性は薄めで,物語重視の作品だ。

アプリは無料でダウンロードできる。アイテム販売もあるが,なくても十分クリア可能だ。それとPC版も存在する
画像(001)勇者と魔物と世界の真実。Android向けクリッカーゲーム「A HERO AND A GARDEN」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2075回

「A HERO AND A GARDEN」ダウンロードページ


 魔物の塔に幽閉されているお姫様を救い出すため,ひとりの勇者が立ち上がる。しかし,彼は姫の救出に失敗してしまい,塔にとらわれてしまった。すると“角”(と勝手に呼んでいる男)に「塔の庭にあるベリーを育ててください」と,なぜか仕事を任されてしまう。
 嫌々ながらも懸命に働きながら,勇者は魔物たちと交流していく。そうして魔物と心を交わしていく先で,彼はこの世界の真実を知る。

画像(002)勇者と魔物と世界の真実。Android向けクリッカーゲーム「A HERO AND A GARDEN」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2075回
画像(003)勇者と魔物と世界の真実。Android向けクリッカーゲーム「A HERO AND A GARDEN」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2075回 画像(004)勇者と魔物と世界の真実。Android向けクリッカーゲーム「A HERO AND A GARDEN」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2075回

 ゲーム性はいたってシンプル。勇者と魔物の物語を読み進めるため,簡単なクリックゲームをこなしていくだけだ。ベリーの木に実った果実はタップで回収できるので,「〜〜のベリーの実をいくつ納品してください」といったオーダーに合わせて,必要な数を収穫をしよう。
 なお,収穫自体を魔物にアシストしてもらう機能も存在するため,スピーディではないが任せっきりでも問題なしだ。

画像(005)勇者と魔物と世界の真実。Android向けクリッカーゲーム「A HERO AND A GARDEN」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2075回
魔物たちがなぜベリーを求めるのか。そして勇者になにを求めるのか。それを知りに行こう
画像(006)勇者と魔物と世界の真実。Android向けクリッカーゲーム「A HERO AND A GARDEN」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2075回 画像(007)勇者と魔物と世界の真実。Android向けクリッカーゲーム「A HERO AND A GARDEN」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2075回

 ベリーを納品して魔物と交流すると,お礼に「コイン」がもらえる。これを損壊してしまっている近隣施設の修復に用いることで,ストーリーも進展する。すべての施設を修復できるように頑張ろう。

画像(008)勇者と魔物と世界の真実。Android向けクリッカーゲーム「A HERO AND A GARDEN」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2075回

 ちまちまとベリーを納品していけば,誰でも簡単に最後まで楽しめる本作。人と魔物の関係性を問う,哲学的な一面もさることながら,優しい気持ちになりたいときに遊びたい1本だ。

著者紹介:オクムラワタル
 平成生まれのゲーム野郎。ファミコンとともに幼年期を過ごし,ゲームによって育てられた存在。ジャンルを問わずゲームを愛しており,FPSから恋愛シミューレーションまでなんでもいじる。ちなみに説明書は読まない派である。

「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」記事一覧

  • 関連タイトル:

    A HERO AND A GARDEN

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月20日〜08月21日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
76
Days Gone (PS4)
55
DEAD OR ALIVE 6 (PS4)
53
Anthem (PC)
2019年02月〜2019年08月