オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ワイヤー1本で人命救助。スマホ向けアクション「ハング・ライン:ザ・アドベンチャー」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1934回
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/02/14 10:00

連載

ワイヤー1本で人命救助。スマホ向けアクション「ハング・ライン:ザ・アドベンチャー」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1934回

画像(011)ワイヤー1本で人命救助。スマホ向けアクション「ハング・ライン:ザ・アドベンチャー」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1934回

スマートフォンには相当な数のゲームが存在しているが,「じゃあ,どれが面白いの?」「そもそも,数が多すぎて好みのタイトルが探せない!」と思っている人も少なくないはず。そんな問題を解決すべく,スタートした連載が「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」だ。話題の新作タイトルからネタ要素多めのオモシロ系まで,スマートフォンのゲームを片っ端からプレイして(ほぼ)毎日お届けする。

 本日の「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」では,スマホ向けアクションゲーム「ハング・ライン:ザ・アドベンチャー」iOS / Android)を紹介しよう。

アプリは基本プレイ無料。ゲーム内で有料アイテムの販売アリ
画像(001)ワイヤー1本で人命救助。スマホ向けアクション「ハング・ライン:ザ・アドベンチャー」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1934回 画像(002)ワイヤー1本で人命救助。スマホ向けアクション「ハング・ライン:ザ・アドベンチャー」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1934回

「ハング・ライン:ザ・アドベンチャー」ダウンロードページ

「ハング・ライン:ザ・アドベンチャー」ダウンロードページ


 プレイヤーの目的は,レスキュー隊員となって山岳救助に乗り出し,遭難者を救出することだ。雪山ではタップした箇所にワイヤーを射出して,その伸縮で移動する。移動可能な範囲をくまなく探して,残された人を見つけていこう。

雪や岩にむけてワイヤーを発射。伸縮して移動するときには慣性が大きく働く
画像(003)ワイヤー1本で人命救助。スマホ向けアクション「ハング・ライン:ザ・アドベンチャー」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1934回 画像(004)ワイヤー1本で人命救助。スマホ向けアクション「ハング・ライン:ザ・アドベンチャー」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1934回

 遭難者を見つけたら,接近して触れればOKだ。彼らは救助ヘリが引っ張り上げてくれる。そして,すべての遭難者を助け終えたら,山の頂上を目指そう。プレイヤーも無事に登りきることができて,はじめてステージクリアとなる。

ワイヤーを刺す雪や岩は崩れることもある。ステージ外への落下や,落盤に押し潰されるとゲームオーバーになるので要注意
画像(005)ワイヤー1本で人命救助。スマホ向けアクション「ハング・ライン:ザ・アドベンチャー」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1934回 画像(006)ワイヤー1本で人命救助。スマホ向けアクション「ハング・ライン:ザ・アドベンチャー」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1934回

 ステージによっては遭難者ではなく,「アイテムの発見」や「○m以上のフリーフォール」といった目標も設定されている。これらを達成するとゲーム内マネー「コイン」が手に入るので,稼いだコインで次のステージをアンロックしていこう。

雪山での移動そのものが楽しい。いろいろなワイヤーアクションを堪能しよう
画像(007)ワイヤー1本で人命救助。スマホ向けアクション「ハング・ライン:ザ・アドベンチャー」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1934回 画像(008)ワイヤー1本で人命救助。スマホ向けアクション「ハング・ライン:ザ・アドベンチャー」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1934回

 ステージ内には,遭難者の位置を知らせるレーダーや,落石から身を守ってくれるステイシスフィールなど,さまざまなお助けアイテムを持ち込める。これらはゲーム中で入手できるほか,アプリ内課金で購入することも可能だ。

ショップではアイテムやコインが販売されている
画像(009)ワイヤー1本で人命救助。スマホ向けアクション「ハング・ライン:ザ・アドベンチャー」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1934回 画像(010)ワイヤー1本で人命救助。スマホ向けアクション「ハング・ライン:ザ・アドベンチャー」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1934回

 ワイヤーによる動作に爽快感があり,移動しているだけでも楽しい本作。疾走感のあるレスキューが,人命救助のキモとなるだろう。

著者紹介:H.H
 ゲーム系分野で活動中のフリーライター。現役アーケード格闘ゲーマーとして,日々ゲーセンで第一線級のプレイヤー達と鎬を削っている。コンシューマやスマホアプリでは,ジャンルを問わずに面白いゲームなら何でもやる雑食系。

「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」記事一覧

  • 関連タイトル:

    ハング・ライン:ザ・アドベンチャー

  • 関連タイトル:

    ハング・ライン:ザ・アドベンチャー

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月20日〜05月21日