オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
World of Warships: Legends公式サイトへ
  • Wargaming.net
  • 発売日:2019/04/16
  • 価格:ダウンロード版:
    プレミアムエディション 3218円(税込)
    デラックスエディション 6458円(税込)
    アルティメットエディション 1万1858円(税込)
    パッケージ版:4298円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「World of Warships: Legends」,日本の駆逐艦「夕立」が入手できる連続ミッションが登場。新機能「開発局」なども間もなく実装に
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2020/05/14 20:45

ニュース

「World of Warships: Legends」,日本の駆逐艦「夕立」が入手できる連続ミッションが登場。新機能「開発局」なども間もなく実装に

 ウォーゲーミングジャパンは本日(2020年5月14日),「World of Warships: Legends」PlayStation 4 / Xbox One)の5月アップデートの詳細を公開した。
 今回のアップデートでは,新規連続ミッション「太平洋の刀」が新たに実装となり,その最終報酬として,隠蔽性に優れ,強力な魚雷をも搭載するTier VIIプレミアム駆逐艦「夕立」が登場するという。

画像(003)「World of Warships: Legends」,日本の駆逐艦「夕立」が入手できる連続ミッションが登場。新機能「開発局」なども間もなく実装に
画像(004)「World of Warships: Legends」,日本の駆逐艦「夕立」が入手できる連続ミッションが登場。新機能「開発局」なども間もなく実装に

 そのほかでは,艦艇の研究,報酬が獲得できる新機能「開発局」が追加となる。開発局では,搭載する46センチ砲と装甲デザインにより中長距離における戦闘を優位に進められる日本戦艦「大和」,頑丈な装甲防御力と高いHPで近距離での乱戦を得意とするドイツ戦艦「グローサー・クルフュルスト」,World of Warships: Legendsに登場する全巡洋艦の中では最大の12インチ砲を搭載するアメリカ巡洋艦「アラスカ」といったレジェンダリー艦艇が開発できるとのこと。

画像(002)「World of Warships: Legends」,日本の駆逐艦「夕立」が入手できる連続ミッションが登場。新機能「開発局」なども間もなく実装に

 またソ連艦艇のツリーが本実装されるほか,高Tier戦闘にはギリシャ北方海域クラッシュゾーンの三つの新マップが登場。さらにはユーザーインタフェースの改修やゲームバランスの調整なども行われる。これらの詳細は,以下のリリース文で確認してほしい。

画像(005)「World of Warships: Legends」,日本の駆逐艦「夕立」が入手できる連続ミッションが登場。新機能「開発局」なども間もなく実装に


「World of Warships: Legends」公式サイト


『World of Warships: Legends』、
日本駆逐艦、夕立がついに登場!

Wargamingは、この度PlayStation 4/Xbox One向け『World of Warships: Legends』において、「夕立(Yūdachi)」が登場することをお知らせいたします。

・アップデート紹介動画: https://youtu.be/YVknDNYPiRA

■連続ミッション「太平洋の刀」を達成し、「夕立(Yūdachi)」を手に入れろ!
初のTier VIIプレミアム駆逐艦となる日本の「夕立(Yūdachi)」が新規連続ミッション「太平洋の刀」の最終報酬として登場する。
第二次世界大戦時中の太平洋戦争初頭において多くの戦闘に出撃した後、ガダルカナル作戦における数々の功績の結果に「ソロモンの悪夢」と呼ばれるようになった。『World of Warships: Legends』では隠蔽性に優れた駆逐艦となっており、強力な魚雷と消耗品の魚雷装填ブースターを搭載しており、史実における夕立の評判をより一層際立たせる。プレイヤーは「太平洋の刀」の90あるレベルを達成する期間が5週間あり、ブースターをはじめとする消耗品等を獲得できる。

■新機能「開発局」が登場!
本アップデートにおける新機能「開発局」では毎日ゲームをプレイすることで、艦艇の研究や報酬の獲得が可能。デイリーミッションの達成や任意の艦艇をプロジェクトに割り当てることで研究を早く進めることが出来るだけでなく、「開発局」で研究を完了しなければ入手できないレジェンダリー艦艇を獲得できる。アップデートから1週間かけて最初のプロジェクトを完了すると翌週には『World of Warships: Legends』において最高レベルの艦艇である日本戦艦「大和(Yamato)」、ドイツ戦艦「グローサー・クルフュルスト(Großer Kurfürst)」、アメリカ巡洋艦「アラスカ(Alaska)」の3隻を研究できるフェーズへと移行する予定。

「大和(Yamato)」は搭載する460mm砲とその装甲デザインによって中長距離における戦闘を優位に進めることが可能だが、近距離では装甲自体の弱点により驚くほど脆い。その点ドイツの怪物級の戦艦「グローサー・クルフュルスト(Großer Kurfürst)」は頑丈な装甲防御力と高いHPで近距離での乱戦において強力だ。「アラスカ(Alaska)」は3隻のレジェンダリー艦艇の中で唯一の巡洋艦であり最もユニークな艦艇である。本艦艇が誇る12インチ砲はゲーム内の全巡洋艦でも最大で、その右に出るものはない。

■ソ連艦艇のツリーが本実装!
本アップデートでソ連の戦艦がアーリーアクセスから本格的に登場することで、ソ連の艦艇がついに全て登場することとなる。ソ連の戦艦は、長距離において十分正確な射撃ができるとは言い難いものの、戦闘で大きな効果を発揮する火力を持つ。百戦錬磨の艦長は壊滅的な爆発をお見舞いする前に、重厚な装甲を使用することを心掛けなければならない。今回のソ連の戦艦の全実装のうちに含まれているTier VIIの「ウラジオストク(Vladivostok)」は、研究可能なソ連ツリーの中で最も近代的な戦艦である。「ウラジオストク(Vladivostok)」は優れた発射角度と装甲を兼ね備えるが、他のソ連の大型艦艇と同様に高い機動性があるわけではなく、大きな中央防郭を搭載する。

■新たなマップが登場!更にゲームUIの向上などが実装!
高Tier戦闘でギリシャ、北方海域、クラッシュゾーンの3つのマップが新たに登場!ゲームUIの向上、新しい火災のエフェクト、ゲームバランスの調整が施されたことでよりパワーアップした『World of Warships: Legends』を是非お楽しみください。

「World of Warships: Legends」公式サイト

  • 関連タイトル:

    World of Warships: Legends

  • 関連タイトル:

    World of Warships: Legends

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月22日〜10月23日
タイトル評価ランキング
93
72
原神 (PC)
68
58
VALORANT (PC)
50
LOST ARK (PC)
43
VALIANT TACTICS (PC)
2020年04月〜2020年10月