オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
心理トレーニング「アンガーマネジメント」のカードゲームを「JELLY JELLY CAFE」が導入
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/07/31 15:50

リリース

心理トレーニング「アンガーマネジメント」のカードゲームを「JELLY JELLY CAFE」が導入

アンガーマネジメントゲーム
配信元 日本アンガーマネジメント協会 配信日 2018/07/31

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

一般社団法人 日本アンガーマネジメント協会開発
Amazonカードゲーム・トランプ部門
売れ筋ランキングで3位に輝いた世界初“怒りのツボ当てカードゲーム”
『アンガーマネジメントゲーム』
世界中のボードゲームで遊べる『JELLY JELLY CAFE 渋谷店』に導入決定!

 怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」の普及を行う、一般社団法人日本アンガーマネジメント協会(所在地:東京都港区、代表理事:安藤俊介)は、カードに記載された“怒り”を感じうる様々な場面に対し、相手がどのくらいの“怒り”を感じるかを予想して当てる、世界初となる “怒りのツボ当てカードゲーム”「アンガーマネジメントゲーム」を5月に発売。直後、※総合オンラインストア「Amazon.co.jp」(以下、Amazon)のカードゲーム・トランプ部門での売れ筋ランキングで大人気のカードゲーム「UNO(ウノ)」、「ナンジャモンジャ」に次いで3位になるなど、絶大な人気を博しています。2018年7月からは、全国に8店舗を展開し、世界中のボードゲームで誰でも手軽に、いつでも遊べるカフェ『JELLY JELLY CAFE 渋谷店』(ジェリージェリーカフェ)での導入が決定しました。

画像(001)心理トレーニング「アンガーマネジメント」のカードゲームを「JELLY JELLY CAFE」が導入

 アンガーマネジメントとは、1970年代にアメリカで開発された、怒りの感情と上手に付き合う(マネジメントする)ための心理トレーニングです。アンガーマネジメントを学ぶことによって、自分自身の怒りを理解し、感情のコントロールをしたり、ポジティブな考えを生み出せ、また周囲との良好な人間関係を成立させることができます。プログラム開発当初は、DVや差別、軽犯罪者に対する矯正プログラムとしてカリフォルニア州を中心に確立。現在では全米の教育機関や企業でも広く導入され、教育・職場環境の改善、学習・業務パフォーマンスの向上を目的に、長年活用されています。

 「アンガーマネジメントゲーム」は、様々な「できごとカード」の内容がもし起こったら、カードを引いたプレイヤー(回答者)がどのくらいの怒りを感じるかを他の人が予想し、最も予想が当たったプレイヤーが勝ちになるゲームで、当会が開発した、世界初となる“怒りのツボ当てカードゲーム”です。本ゲームでプレイするうちに、プレイヤー同士のそれぞれの“怒り”のツボがわかったり、いろいろな会話が生まれたりして、怒りにくくなるための気付きを得ることや考えることができるようになります。推奨プレイヤー人数は3〜12人と幅広く、友人同士や職場の同僚、夫婦・家族間のコミュニケーション、ビジネス現場におけるチームビルディングなど、様々なシチュエーションでご活用いただけます。発売後すぐ、大人気のカードゲーム「UNO(ウノ)」、「ナンジャモンジャ」に次いで、Amazonのカードゲーム・トランプ部門での売れ筋ランキング3位に入るなど人気を博し、業界での注目度も高まっています。

 今回、導入が決定した『JELLY JELLY CAFE 』は、初心者向けの簡単なルールのものから、上級者向けのヘビーなものまで、世界中の様々な種類のボードゲームを取り揃えており、ボードゲーム好きの方からボードゲーム初心者まで、老若男女が楽しめる空間が人気のカフェ。全国に8店舗展開しています。

画像(002)心理トレーニング「アンガーマネジメント」のカードゲームを「JELLY JELLY CAFE」が導入

 なお、2017年11月開設の「アンガーマネジメントティーンインストラクター養成講座」にて、12歳〜18歳の子供たちの指導用教材としてカードゲーム「アンガーマネジメントゲーム for teen」を使用しておりますが、本商品は一般向けに開発した新商品となります。


『アンガーマネジメントゲーム』商品概要


商品名: アンガーマネジメントゲーム
販売開始日: 2018年5月5日(土)
販売場所:
 総合オンラインストア「Amazon.co.jp」
 ロフト一部店舗、イエローサブマリン一部店舗、他
価格(税抜): 2,000円
メインターゲット: 20代〜60代の男女
推奨プレイ人数: 3〜12人


『アンガーマネジメントゲーム』ルール


【ルール概要】
1.一人の回答者が「怒りのできごとカード」を引き、そこに書かれた出来事がもし起こったら、どのくらいの怒りを感じるかを、温度計カード11枚を使い、0〜10の11段階で答えます。答えのカードは伏せて置きます。
2.他のプレイヤーは、もう一組の0〜10の温度計カードを使って、順番に1枚ずつ選び、回答者がどのくらいの怒りを感じるかを予想して出します。一番予想の数値が近かった人が得点します。
3.回答者を交代しながら繰り返し、先に一定の得点を取った人の勝ちです。
※ピッタリ同じ人がいなかったら、一番近い数値を出した人が1点獲得。同じ差の人が二人いたら、順番的に先に出した人の方が得点できる。


『JELLY JELLY CAFE 渋谷店』(ジェリージェリーカフェ)概要


 『JELLY JELLY CAFE』の原点、1号店でもある渋谷店は、2011年9月にオープン、初心者向けの簡単なルールのものから、上級者向けのヘビーなものまで、世界中500種類以上のボードゲームを取り揃えており、ボードゲーム好きの方からボードゲーム初心者まで、老若男女が楽しめる空間が人気のカフェ。全国に8店舗展開しています。

名称: JELLY JELLY CAFE 渋谷店
営業時間: 13:00 - 23:00
住所: 〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町10-2 新東京ビル202
電話: 03-6809-0574
アクセス: 渋谷駅ハチ公口から徒歩7分、渋谷東急ハンズから徒歩30秒
平均予算: 1,500〜2,000円


『アンガーマネジメントゲーム』制作協力 高橋晋平氏プロフィール


■プロフィール
 株式会社ウサギ代表取締役、おもちゃクリエーター。各種企業のチームと共同で、玩具雑貨やゲームなど、遊びの要素を持った新商品を開発している。開発に携わったゲームに 『民芸スタジアム』 『THE仮想通貨』 『グーチョキパーダラピン』など、著書に『一生仕事で困らない 企画のメモ技』(あさ出版、2018年)などがある。


【アンガーマネジメントとは】
 アンガーマネジメントとは、1970年代にアメリカで開発された、怒りの感情と上手に付き合う(マネジメントする)ための心理トレーニングです。アンガーマネジメントを学ぶことによって、自分自身の怒りを理解し、感情のコントロールをしたり、ポジティブな考えを生み出せ、また周囲との良好な人間関係を成立させることができます。プログラム開発当初は、DVや差別、軽犯罪者に対する矯正プログラムとしてカリフォルニア州を中心に確立され、現在では全米の教育機関や企業でも広く導入され、教育・職場環境の改善、学習・業務パフォーマンスの向上を目的に、長年活用されています。
 近年アンガーマネジメントは、日本をはじめ世界でもその重要性を認められ、公的機関や企業、教育現場、医療現場などで導入が始まっています。日本でも、世界最大組織であるナショナルアンガーマネジメント協会(アメリカ)の日本支部として、2011年6月に一般社団法人日本アンガーマネジメント協会を設立させ、文部科学省も重要視する「アンガーマネジメント」を社会に浸透させています。

日本アンガーマネジメント協会 公式サイト

  • 関連タイトル:

    アンガーマネジメントゲーム

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月18日〜10月19日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年04月〜2019年10月