※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
クラウドファンディングで320万ドルを集めたMMORPGの新作,「Ashes of Creation」とは
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/02/22 14:08

ニュース

クラウドファンディングで320万ドルを集めたMMORPGの新作,「Ashes of Creation」とは

 2017年にKickstarterのクラウドファンディングで327万ドル(約3億5000万円)あまりを集めて話題になった新作MMORPG「Ashes of Creation」は,2016年3月に開発中止が決定した「EverQuest Next」に関係したメンバーが中心だというIntrepid Studiosの新作MMORPGだ。

「Ashes of Creation」公式サイト


 特定の勢力に属する必要はなく,プレイヤーがクエストのたびにグループを組んだり,自由にクランを作って遊ぶというシステムで,クラウドファンディングでは予定の3倍を超える開発資金を2万人近いバッカ―から調達した。

 本作の最大の特徴といえるのが,マップをプレイヤーからは見えないエリア「ノード」に区切り,クエストをこなしたりすることでノードのレベルを上げていくという「ノードシステム」の搭載だ。
 ノードシステムは,プレイヤーの行動によって新たな物語を生み出す。例として挙げられているのが,プレイヤーが山の中腹にあるダンジョンを攻略することでノードレベルが上がり,山の神が怒って火山が爆発し,麓にある村を焼くイベントが発生したりするというもの。
 あるいは,特定の町を支配しているプレイヤーグループが厳しい税率をNPCを含めた市民に科せば,暴動が発生したりするという。つまり,それぞれのノードでプレイヤーが行った選択が,ゲームの世界に影響を及ぼしていくわけだ。

Ashes of Creation
Ashes of Creation Ashes of Creation
Ashes of Creation Ashes of Creation

 ゲーム世界にはまた,プレイヤーの行動に左右されない「セーフゾーン」もあり,そこでハウジングなどをサポートする予定だという。登場する種族は8種類で,ヒューマン,エルフ,ドワーフ,そしてオークのそれぞれに派生タイプが用意される。クラスは,ファイター,レンジャー,ローグ,クレリックなど8種類が予定されており,ドラゴンなどのモンスターが現れるハイファンタジーの世界観を追求しているようだ。

Ashes of Creation
Ashes of Creation Ashes of Creation

 課金システムとしては月額制を採用する予定で,現在はプレαの段階だが,2018年末までにはより大規模なαテストを開催していくとのこと。公式サイトにサインアップすれば,α版を無料でプレイできるチャンスもあるようだ。
  • 関連タイトル:

    Ashes of Creation

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月22日〜09月23日
タイトル評価ランキング
83
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
2018年03月〜2018年09月