オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
50人対50人のチーム対戦が楽しめるミリタリーFPS,「Hell Let Loose」のアーリーアクセス版が6月6日に公開
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/03/29 15:58

ニュース

50人対50人のチーム対戦が楽しめるミリタリーFPS,「Hell Let Loose」のアーリーアクセス版が6月6日に公開

 イギリスのパブリッシャであるTeam 17は,Black Matterが開発中のオンラインFPS「Hell Let Loose」アーリーアクセス版を,2019年6月6日にSteamでリリースすると発表した。

「Hell Let Loose」公式サイト

Steam「Hell Let Loose」ストアページ


 2017年に行われたKickstarterのクラウドファンディングキャンペーンでは,わずか5日のうちに目標額を上回って話題を集めた「Hell Let Loose」は,第二次世界大戦をテーマに,50人対50人の大規模チーム戦が楽しめる。ゲームには「歩兵」「偵察兵」「戦車兵」という基本兵科が用意されているのだが,歩兵だけでも,さらに「オフィサー」「ライフルマン」「アンチタンク」「マシンガン」「アサルト」「メディック」「エンジニア」,そして「サポート」と細かく分かれており,合計すると14種類もの兵科になるという。プレイヤーは,この中から1つを選び,戦場に身を投じるのだ。

画像(003)50人対50人のチーム対戦が楽しめるミリタリーFPS,「Hell Let Loose」のアーリーアクセス版が6月6日に公開
画像(002)50人対50人のチーム対戦が楽しめるミリタリーFPS,「Hell Let Loose」のアーリーアクセス版が6月6日に公開

 戦場のマップは,人工衛星のデータを元に作成された4平方kmにもおよぶ広大なもので,武器庫や修理工場燃料貯蔵施設などの拠点が点在している。それらを制圧することでチームが利用できる資源が作られるというストラテジックなシステムが採用されており,いかに補給線を切られぬように戦いを進めていくのかも重要になるようだ。キル数だけではなく,チームワークやコミュニケーションを重視しており,司令官役のプレイヤーの指揮の下,各自が自分の能力をどれだけ発揮できるのかで勝敗が決まるという。

画像(004)50人対50人のチーム対戦が楽しめるミリタリーFPS,「Hell Let Loose」のアーリーアクセス版が6月6日に公開

 コミュニケーションを重視したゲーム性のために,英語の聞き取りについてのハードルが高そうな本作だが,「Unreal Engine」の描く美しいグラフィックスだけでなく,本格的なミリタリーシミュレータとしても楽しめそうな雰囲気が漂っている。気になる人は,アーリーアクセス版をチェックしておこう。

画像(005)50人対50人のチーム対戦が楽しめるミリタリーFPS,「Hell Let Loose」のアーリーアクセス版が6月6日に公開
  • 関連タイトル:

    Hell Let Loose

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月21日〜08月22日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
76
Days Gone (PS4)
55
DEAD OR ALIVE 6 (PS4)
2019年02月〜2019年08月