オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
セレンシアサーガ:ドラゴンネスト公式サイトへ
  • gumi
  • Primus
  • 発売日:2017/08/16
  • 価格:サービス終了
読者の評価
75
投稿数:1
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
【PR】ドラネスが完全新作のスマホゲームに! 「セレンシアサーガ:ドラゴンネスト」,2ボタン操作でスキル使い放題の本格アクションを体験しよう
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/08/26 12:00

広告企画

【PR】ドラネスが完全新作のスマホゲームに! 「セレンシアサーガ:ドラゴンネスト」,2ボタン操作でスキル使い放題の本格アクションを体験しよう


 gumiが配信中のスマホ向け3DアクションRPG「セレンシアサーガ:ドラゴンネスト」iOS / Android。以下:セレサガ)は,PCオンラインゲーム「ドラゴンネスト」(以下:ドラネス)の魅力をそのままに凝縮した“完全新作のスマホゲーム”である。


 対戦格闘ゲームから着想を得たというアクション面は,既存のスキルシステムが抱えるストレスを取っ払い,スキル使い放題のバトルをわずか2ボタンの操作で実現した。画面が横・縦に両対応しているのも実にフレキシブルな設計だ。

 本稿では,これらセレサガの魅力を紹介しながら,ド本命の高難度コンテンツ“ネスト”に向けた解説を行っていく。これから始める初心者はもとより,旧来のドラネスファンも予習を兼ねて,ぜひともチェックしてほしい。

「セレンシアサーガ:ドラゴンネスト」公式サイト

「セレンシアサーガ:ドラゴンネスト」ダウンロードページ

「セレンシアサーガ:ドラゴンネスト」ダウンロードページ



ドラネスの元Pが贈る,新たな3DアクションRPG!


 本作はその名のとおり,韓国のEyedentity Gamesが開発した「ドラゴンネスト」のIPを使用している。開発と運営を行っているのは,過去にドラネスの運営プロデューサーを務めていた河野相基氏だ。氏は自らが体験した3年間のプロデューサー経験をセレサガに注ぎ込み,すべての素材を新規で作成して,スマホゲームとしての最適化を目指したという。

 物語のあらすじは,壮大な世界“セレンシア”を舞台に,4人の若者が“封竜の騎士”として,悪しき龍を打ち倒すべく“女神の試練”に旅立つというものだ。先代の封竜の騎士は誰1人帰らなかったというこの過酷な使命に,彼らがどのように立ち向かうのかが見どころとなる。

セレンシアサーガ:ドラゴンネスト セレンシアサーガ:ドラゴンネスト
セレンシアサーガ:ドラゴンネスト セレンシアサーガ:ドラゴンネスト
セレンシアサーガ:ドラゴンネスト

 ゲーム内は,さまざまなプレイヤーと交流できるオープンフィールド型の活動拠点と,バトルに挑むクローズドフィールド型のクエストで構成されている。

 1人用コンテンツには,物語を追う「クエスト」をはじめ,第1章のクエストクリア後に開放される「ハードクエスト」,有料アイテムも獲得可能なタワーダンジョン「ダークレア」に加え,「曜日ダンジョン」や「ゲーム内イベント」などが存在する。

セレンシアサーガ:ドラゴンネスト セレンシアサーガ:ドラゴンネスト セレンシアサーガ:ドラゴンネスト

 最大4プレイヤーで共闘できるマルチプレイには,ドラネスの高難度コンテンツの代名詞“ネスト(レイドボス)”として,ストーリーの各チャプターボスと戦う「チャプターネスト」をはじめ,さまざまな巨大ボスと戦う「降臨ネスト」や,最強の敵と戦う最高難度の「ドラゴンネスト」が随時提供される予定だ。

セレンシアサーガ:ドラゴンネスト セレンシアサーガ:ドラゴンネスト
セレンシアサーガ:ドラゴンネスト セレンシアサーガ:ドラゴンネスト
セレンシアサーガ:ドラゴンネスト
ゲームのガイド役にして,冒険者たちのアイドル的存在「アイリーン」(CV:松嵜 麗)
セレンシアサーガ:ドラゴンネスト
ガチャ演出は必見の可愛さ。冒険者たちの妹的存在「タチアナ」(CV:釘宮理恵)


2つのボタンで,ド派手なコンボを生み出す!


 クエストでは,エリア内の敵を倒して順路を進んだり,WAVEで襲来してくる敵を掃討したりしながら,クエストボスの討伐を目指していく。

 ソロプレイ時は最大3キャラクターでチームを組み,プレイヤーはその内の1キャラを操作し,残りの2キャラがAIによる自動操作で動く。ほかのキャラとはいつでも操作の切り替えができるので,攻撃レンジの遠近にバリエーションを持たせるなど,柔軟な編成で攻略していこう。

 なお,3キャラでチームを組むには,クエストに挑み,経験値を得て,プレイヤーランクを一定まで上昇させなければならない。開放自体は比較的早い段階となるので,序盤はストーリーを追いつつ,最大出撃人数のアンロックを目指すのがいいだろう。

チーム編成時は,チームリーダーに設定したキャラの「リーダー効果」が発生する。また,クエストには計2種類のアイテムを持ち込める。クエスト中の回復は貴重だ
セレンシアサーガ:ドラゴンネスト

 操作はバーチャルパッドで移動,ボタンタップで攻撃と回避を行う。攻撃ボタンには,メイン武器を使った「通常攻撃」,キャラ固有技の「特殊攻撃」,必殺技ゲージが満タンになったときだけ表示される「必殺技」がある。回避は前転アクションで,移動キーと組み合わせることで360度方向に緊急回避が可能だ。

 バトルシステムで最も特徴的なのは“2つのボタンの組み合わせでスキルが発動する”ことだ。通常攻撃は1撃め,2撃め,3撃めと,それぞれ固有のモーションで攻撃をするが,【通常→特殊→通常】といったスキルごとのコマンドを入力すると,ド派手なスキルアクションが発動する。

 スキルセットやホットキーの設定,使用後のクールダウンといった要素は一切ない。一部スキルはスタミナゲージを消費するが,スタミナは自動回復するうえ,消費量もわずか。序盤はまったく気にしなくてもいい。直感的なアクション操作で“スキル回し”を組み立てるセレサガは,本格アクションの名に偽りなしだ。

クエストではドラネスお馴染みのブサカワモンスター「ハウンド」をはじめ,さまざまなボスが登場する
セレンシアサーガ:ドラゴンネスト セレンシアサーガ:ドラゴンネスト
セレンシアサーガ:ドラゴンネスト セレンシアサーガ:ドラゴンネスト

 仕様面の大きな特徴は,いつでも「横画面で両手操作,縦画面で片手操作」を切り替えられることだ。これにより,じっくりと遊びたいときは両手で,手軽に遊びたいときは片手でと,プレイ環境に合わせて遊び方を変えられる。

 加えて,クエスト中に「AUTO操作」のボタンを切り替えると,プレイヤーが操作せずとも,キャラクターがAI操作でクエスト攻略を行ってくれる。縦画面とAUTO操作を併用すれば,通勤や通学時でも気軽にプレイ可能だ。ライフスタイルに合わせて,ゲームの遊び方を選んでいこう。

セレンシアサーガ:ドラゴンネスト

縦画面・横画面の切り替えは,画面内のボタンでロックできる。誤作動が怖いときはロックしておこう
セレンシアサーガ:ドラゴンネスト

AUTO操作はどんなもの?


 AUTO操作時は,プレイヤーの手動操作に比べると,動きが単調だ。とはいえ,スキルはほどほどに使ってくれるし,ときには的確な回避も行ってくれる。クエストさえ適正であれば,最初から最後まで一切操作せずとも,AIが自動でクリアしてくれる。

 そのため,レベル上げや素材収集を目的とした周回プレイにおいては,AUTO操作を利用することで,操作の負担を軽減できる。必要な操作は(クエスト選択およびチーム編成など→)リザルト画面をタップ→クエストのリトライをタップ→リザルト画面をタップ......の繰り返しで済むので,作業の傍らに稼ぎたい人にうってつけだ。


4人の主人公と,その特徴を紹介!


 本作では近接職や遠距離職などに分けられた,さまざまなクラスのキャラクターが存在する。クラスは各キャラ固有のものとなり,クラス昇級の課題をこなして,それぞれの特性を強化していける。なお,ローンチ時点では全4キャラとなるので,バリエーションについては今後の新キャラ実装に期待だ。

セレンシアサーガ:ドラゴンネスト

 各キャラは,クエストで得た経験値でキャラクターレベルを上げていくほか,レベルアップ時に付与される「スキルポイント」を用いて,スキルツリーからさまざまなスキルを覚えられる。

 スキルツリーには,通常攻撃と特殊攻撃の組み合わせで発動する「攻撃スキル」と,クラスの固有特性となるパッシブスキル,移動攻撃,特殊回避,ダウン時の起き上がり攻撃,空中コンボ攻撃などが用意された「補助スキル」が存在する。序盤はアンロック順にスキルを取っていけるが,最終的には「あれを取ると,これは取れない」といった取捨選択も必要になる。

 ただし,特殊なアイテム「レーテの砂時計」を使用すれば,スキルツリーの初期化が可能だ。当面は重く考えず,「このスキルのモーションがカッコいい!」くらいの気持ちで,スキルを習得していくといいだろう。

スキルは一定レベルに達するとアンロックされ,スキルポイントとゴールドを消費して覚えられる。序盤はゴールドのやりくりが大変なので,「ミッション」や「実績」を駆使して,手持ちを確保しよう
セレンシアサーガ:ドラゴンネスト セレンシアサーガ:ドラゴンネスト セレンシアサーガ:ドラゴンネスト

レベル15になると,最初の「キャラクター昇級」の課題に挑戦できる。自分自身との戦いに打ち勝つことができれば,ボーナスのスキルポイントが付与され,新スキルも開放される
セレンシアサーガ:ドラゴンネスト セレンシアサーガ:ドラゴンネスト セレンシアサーガ:ドラゴンネスト


ウォーリアの少年「ブレイク」(CV:梶 裕貴)
 ブレイクはスタンダードな近接職で,両手持ちの大剣と,ガントレットを使った格闘攻撃を得意としている。重量感が抜群なアクションに加え,機敏な踏み込み攻撃,剣を投げつける中距離技などを駆使する,まさに“対戦格闘のようなダイレクトな操作感”を味わえるキャラだ。

 ウォーリアのスキルは,攻撃を与えて自身の攻撃速度を上昇させる「アクセルサポート」,剣気を飛ばす「パワースラッシュ」,一瞬で距離を詰める移動攻撃「ラインドライブ」などがある。ブレイクはチュートリアルでさまざまな上位スキルが試せるので,最初に使い勝手をチェックしておくのもアリだ。

セレンシアサーガ:ドラゴンネスト


アーチャーの女エルフ「チルデリア」(CV:阿澄佳奈)
 チルの愛称で呼ばれるチルデリアは,弓と体術で戦う遠近対応のアーチャーである。複数方向への射撃,重い一撃の貫通矢,敵を弱体化させるウィークマークを付与するなど,トリッキーな面を備えているが,操作性は複雑ではないので誰にでも扱いやすい。

 アーチャーのスキルは,素早い2射のあと3方向へ同時射撃する「マルチアロー」,敵を空中に蹴り上げる「ヘブンズシュート」,強力な射撃技「トリックスター」などがある。回避性に優れた側転や宙返りも備えているが,なにより“エルフの女性”というだけで,バリューは確かなものだろう。

セレンシアサーガ:ドラゴンネスト


貴族でクレリック「クロイ」(CV:浪川大輔)
 メイスと盾で戦うクロイは,強烈な打撃と堅守なガード,さらに味方のHP回復や防御力増加といったバフを使いこなすクレリックだ。クエスト中は基本的に回復手段が限られているので,ソロでも協力でも,チームで戦うときに大きなシナジーを発揮してくれる。

 クレリックのスキルは,聖なる刃を発生させる「スラッシュヒット」,被ダメージを軽減する「シールドガード」,周囲の味方のHPを回復する「ヴィガーオーラ」などがある。操作はシンプルで分かりやすいので,戦線に参加しながら,回復やバフでチームを支えたい人にオススメだ。

セレンシアサーガ:ドラゴンネスト


好奇心旺盛なソーサレス「ソリシア」(CV:小清水亜美)
 魔法主体のソーサレスであるソリシアは,中遠距離に適した強力な魔法を放てる。魔法には属性のほか,爆発,投射,追尾といった特性があるので,状況に合わせて使い分けていこう。しかし,難しく考えずとも,画面内で派手な魔法をまき散らしているだけでも十分に楽しいのが彼女の魅力だ。

 ソーサレスのスキルは,前方で爆発を起こしつつスタミナを回収する「フレア」,巨大な炎の壁を作って敵を発火させる「ファイヤーウォール」,巨大な氷球で敵を押しつぶす「フロストクラッシュ」などがある。魔法はスタミナ消費量が多いので,スタミナ回収技を織り交ぜる,スマートな戦い方を身に着けよう。

セレンシアサーガ:ドラゴンネスト

 キャラクターはそれぞれが独自の要素を備えており,使用するキャラによって操作性も異なる。簡単操作のおかげもあって,キャラごとの使い分けに困ることはないだろうが,あらかじめ各キャラのキーとなる,スキルのコマンド入力だけは覚えておくと遊びやすい。

キャラクターは装備アイテムが見た目に反映されるほか,「髪型」「髪色」「目の色」といった外見のカスタマイズもできる
セレンシアサーガ:ドラゴンネスト

属性間の相性とは?


 セレサガには,スキルや武具にさまざまな属性が付与されており,下記の相克関係によって,バトル中のダメージ増減が適用される。




 序盤は限られた装備と資源でやりくりするため,属性を重視するのは難しいものの,ボスクラスのモンスターの属性だけはチェックしておくなど,意識しておくと後々のためになる。


やり込みは,装備アイテムにあり!


 キャラクターのやり込みは,経験値を溜め,レベルを上げ,スキルを取捨選択し,操作の習熟度を深めていくことだ。その一方,セレサガでは装備アイテムの収集,あるいは強化もバトルにおける重要なキーとなる。

 装備アイテムの入手方法は,ガチャの利用,クエストのドロップと報酬,ボスの素材を使った装備製作が主である。どの装備をどこで入手できるか,目的を定めておくとプレイもスムーズに進行しやすい。

武器はメイン武器と特殊武器の2つ,防具は頭,体,腰,手,足,首飾り,指輪の7つの装備欄が存在する。アバターは計5つの装備欄で,コーディネートのみならずステータスにも作用する
セレンシアサーガ:ドラゴンネスト セレンシアサーガ:ドラゴンネスト

 3種類あるガチャは,各キャラの武具をランダムで獲得できる「武器ガチャ」「防具ガチャ」,消耗アイテムかアバターアイテムが手に入る「パンドラの箱」のいずれかを利用できる。各ガチャは投入するダイヤ(※ゲーム内の有料通貨)の量がそれぞれ異なるので,ダイヤをやりくりする際はうまく計算しよう

 また,本作における「アバターアイテム」はキャラの見た目のみならず,ステータス値やセット効果が付与されるため,単純な戦闘力強化用のアイテムとして装備できる。武器と防具を揃えた後,もしくはコーディネートを楽しみたいときに集めていくのがオススメだ。

セレンシアサーガ:ドラゴンネスト セレンシアサーガ:ドラゴンネスト

 装備アイテムは,アイテム同士を合成してステータスを上げる「装備合成」,+値を付与する「グレード強化」,最大強化したアイテムを限界突破する「装備進化」,各種ルーンをスロットに追加する「刻印」の4つで強化させていく。

 なかでも,手軽に戦力アップを図れる装備合成と,素材が必要だが上り幅の大きい装備進化は重要だ。各種素材はクエストのほか,素材同士を合成して上位素材を作る「アイテム合成」で用意できる。

 これらの強化システムを駆使すると,「素材集めが難しいUR武具より,簡単に装備進化させやすいR武具のほうが強い」といったことも起きる。もちろん,最終的なステータスだけ見ると高レアの装備アイテムに軍配が上がるが,基本無料プレイでもアイテムをやりくりすれば高性能な装備を整えられるので,コツコツ遊びたい人でも楽しみやすいゲームといえる。

セレンシアサーガ:ドラゴンネスト セレンシアサーガ:ドラゴンネスト

序盤は装備インベントリのやりくりが大変?


 これからゲームを始める人はおそらく,チュートリアルを終え,スタートダッシュアイテムをもらい,ガチャを回すことだろう。ここではその際,覚えておいてほしいことを紹介しておく。

 本作はゲームの進行とともに,さまざまなコンテンツがアンロックされる仕組みだが,ゲーム開始時にガチャを回し過ぎると“アイテムをうまく処理できない”問題が発生する。というのもガチャを30連ほど回すと,装備用のインベントリが満タンになってしまい,クエストに入場するため,いくつかアイテムを売却するか,ダイヤを使ってインベントリを拡張しなければならなくなるのだ。

 インベントリの拡張は後々を考えると損はないが,ゲーム開始時点ともなると,人によってはその分のダイヤの使用を悩むかも知れない。そのため,ゲーム開始時のガチャはほどほどに,一番最初のクエストを早めにクリアし,「装備合成」をアンロックするのがオススメだ。するとアイテムを無駄なく扱えて,インベントリも整理しやすくなる。心理的にも負担が少ないので,ぜひとも覚えていてほしい。

※なお,8月22日実施のアップ―デートにて各種初期インベントリが拡張された。上記ほどシビアではなくなったものの,ガチャをいっぱい利用するなら注意しよう。


目指せ,チャプターネストクリア!


 ここからはストーリーのチャプター1に君臨する,最初のチャプターネスト「ロラルフ」を紹介していく。

 なお,攻略の下準備も兼ねて,ここまでのポイントをザっとおさらいをしておくと,「使用するキャラクター」「そのキャラの特徴と使い方の把握」「収集・強化した武具で固める」は最低限,踏まえておくといいだろう。準備しすぎても無駄にならないのが,高難度コンテンツと言われるネストの深さだ。

セレンシアサーガ:ドラゴンネスト

 ネストでは,強力なボスと計4キャラクターで対峙し,討伐を目指していく。1体のボスと5分〜10分戦うこともあるので,集中力は大切だ。通常クエストのボスよりも,攻撃でダメージを与えながら,相手の攻撃範囲を示すマーカーから逃れる,攻撃と回避の操作判断が必要とされる。ボスの攻撃は強烈かつ広範囲なものが多いので,ボタン連打で攻撃するよりも,状況判断を優先しよう。

 またマルチプレイ時は,各プレイヤーが操作可能なキャラが1体のみとなるので,得意なキャラの操作や,チーム編成のバランスも考慮するといいだろう,しかし,ここらへんは考えすぎてもしょうがないので,ネストデビューは協力プレイで,先輩プレイヤーに頼る気持ちで挑むのがベストだ。

ギルドメンバーやフレンドキャラを連れてチャレンジしよう
セレンシアサーガ:ドラゴンネスト

 ゴーレム型のボスモンスター「ロラルフ」は,岩石に覆われた巨体が特徴だ。大きな両腕を振り回してくるほか,巨体を使ったプレス攻撃,高速のローリング攻撃などで襲い掛かってくる。序盤は遊び相手としてこちらに戯れてくるのだが,ダメージを与えていくと凶暴化し,攻撃もより苛烈になっていく。

 大型ボスと戦うときに覚えておきたいのは,それぞれの体に設定された部位を「部位破壊」することだ。部位破壊は,対象部位に一定のダメージを与えると発生し,成功時にはボスが無防備になるほか,専用の素材を入手できる。

 ロラルフの場合は,その“両腕”が破壊対象となる。ロラルフ自体,前方への攻撃範囲は広いが,左右への攻撃は薄いので,チーム全員で側面から攻撃を仕掛けるのが鉄則だ。しかし,耐久力はそこいらのボスとは比較にならないので,攻撃と回避のメリハリをつけて,慎重に討伐を目指そう。

装備アイテムでだいぶ変動するものの,適正レベルは10〜で見ておくといい
セレンシアサーガ:ドラゴンネスト セレンシアサーガ:ドラゴンネスト
セレンシアサーガ:ドラゴンネスト セレンシアサーガ:ドラゴンネスト

 ロラルフを討伐できると,報酬として各キャラのレア装備や,“ロラルフ装備”を作るためのレア素材を入手できる可能性がある。レア素材はユニーク系の装備アイテムが手に入る「武器製作」で使用していくものだ。

 つまるところ,ネストとは強力なボスとのギリギリの死闘を楽しむのに加え,「ボスドロップ」と「装備製作用の素材」も目的となる。ネストは特定のキャラの,特定の装備を狙いやすいので,ピンポイントな戦力強化にもってこいである。

装備製作で強い武具,足りない武具を補おう。装備製作を足掛かりに戦闘力を強化していけば,ネストの攻略も加速度的に楽になっていく
セレンシアサーガ:ドラゴンネスト

 ネストをクリアし,新たな装備を整えたのなら,また次のネストに挑んだり,より強力なハード版のネストに挑んだりと,新たな目標が生まれてくる。

 本稿の執筆段階ではまだ未実装だが,今後は降臨ネストやドラゴンネストが配信されるので,キャラクターのレベルキャップを目指すだけではない,ゲームサイクルのつながりを体感できるはずだ。

セレンシアサーガ:ドラゴンネスト
チャプター2のチャプターネスト「エンテラ」は,ロラルフよりもさらに巨躯だ。耐久力も相応に高まっているので,火力を高めて挑戦するといいだろう
セレンシアサーガ:ドラゴンネスト
チャプター3のチャプターネスト「エルフォン」は,ネストにおける最初の壁となるだろう。RPGの意識を薄めに,ハンティングアクションばりの意識で臨もう
セレンシアサーガ:ドラゴンネスト
gumiより届けられた,謎のモンスターのシルエット。もしや,最初に降臨するドラゴンなのだろうか

 本格的なキャラクター操作を実現した「セレンシアサーガ:ドラゴンネスト」のゲーム体験は,スマホゲームが目指す,新たなステージを見せてくれる。

 今後はさまざまなコンテンツ拡張をとおして,より大ボリュームのスマホゲームへと成長していくようなので,これを機にゲームを始めるという人は,長く深い付き合いを期待していてもよさそうだ。

「セレンシアサーガ:ドラゴンネスト」公式サイト

「セレンシアサーガ:ドラゴンネスト」ダウンロードページ

「セレンシアサーガ:ドラゴンネスト」ダウンロードページ

  • 関連タイトル:

    セレンシアサーガ:ドラゴンネスト

  • 関連タイトル:

    セレンシアサーガ:ドラゴンネスト

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月15日〜12月16日