オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[JAEPO2017]「BLAZBLUE CENTRALFICTION」への対応も発表された「NESiCAxLive2」のステージをレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/02/11 15:14

イベント

[JAEPO2017]「BLAZBLUE CENTRALFICTION」への対応も発表された「NESiCAxLive2」のステージをレポート

 ジャパン アミューズメント エキスポ2017の初日(2017年2月10日),タイトーは「NESiCAxLive2」のステージイベントを実施した。同社が運営するアーケード用コンテンツ配信システムの最新版はどのように進化しているのかが紹介された。

画像集 No.002のサムネイル画像 / [JAEPO2017]「BLAZBLUE CENTRALFICTION」への対応も発表された「NESiCAxLive2」のステージをレポート

「NESiCAxLive2」開発プロデューサー 菊池正行氏
画像集 No.003のサムネイル画像 / [JAEPO2017]「BLAZBLUE CENTRALFICTION」への対応も発表された「NESiCAxLive2」のステージをレポート
 イベントの冒頭,NESiCAxLive2の開発プロデューサーを務める菊池正行氏が登壇し,「全国のプレイヤーと対戦したい」「自分と力量の近い相手と対戦したい」「高画質で臨場感のあるゲームがしたい」という,3つのプレイヤーの要望に応えるべく開発が進められていることが紹介された。NESiCAxLive2では店舗間のネットワーク対戦が実装となり,かつフルHD対応が予定されているので,いずれの要望も叶えられそうだ。

画像集 No.004のサムネイル画像 / [JAEPO2017]「BLAZBLUE CENTRALFICTION」への対応も発表された「NESiCAxLive2」のステージをレポート

 「NESiCAxLive」からNESiCAxLive2への変更点も紹介された。ここでは大きく分けて,「処理能力の倍増」「対戦タイトルのみを配信」「サーバーが不要に」「基板からコンバージョンキットの販売に」という4点が挙がっている。
 そのうち,「対戦タイトルのみを配信」の説明において,菊池氏はNESiCAxLiveとNESiCAxLive2をどちらも店舗に置いてほしいとアピールした。今後もNESiCAxLiveの運営を続けていくとのことだ。

NESiCAxLive2の配信タイトルは「2017年に2タイトル」となっているが,「水面下では続々と動いている」(菊池氏)という
画像集 No.005のサムネイル画像 / [JAEPO2017]「BLAZBLUE CENTRALFICTION」への対応も発表された「NESiCAxLive2」のステージをレポート

「THE KING OF FIGHTERS XIV Arcade Ver.」プロデューサー 小田泰之氏
画像集 No.006のサムネイル画像 / [JAEPO2017]「BLAZBLUE CENTRALFICTION」への対応も発表された「NESiCAxLive2」のステージをレポート
 続いて,NESiCAxLive2の配信対応タイトル第1弾となる「THE KING OF FIGHTERS XIV Arcade Ver.」のプロデューサー 小田泰之氏が登壇し,同作の戦績を確認できるモバイルサイトの運営を発表した。このモバイルサイト上でギルドを作成してギルドメンバー同士で対戦したり,フレンドが遊んでいるゲームセンターが分かるシステムも構想中とのことで,プレイヤーコミュニティを重視したものになるようだ。
 また,同作の稼働時期については「夏休みをにぎわすタイトルにしたい」とコメントしており,夏休み前の稼働に期待できそうだ

画像集 No.007のサムネイル画像 / [JAEPO2017]「BLAZBLUE CENTRALFICTION」への対応も発表された「NESiCAxLive2」のステージをレポート

「ミリオンアーサー アルカナブラッド」プロデューサー 琢磨尚文氏
画像集 No.008のサムネイル画像 / [JAEPO2017]「BLAZBLUE CENTRALFICTION」への対応も発表された「NESiCAxLive2」のステージをレポート
 先日発表されたばかりの「ミリオンアーサー アルカナブラッド」も,NESiCAxLive2の配信対応タイトルだ。同作のプロデューサーを務める琢磨尚文氏は,ストーリーやプレイアブルキャラクター,サポート騎士システムなどの情報を紹介した。

ミリオンアーサー アルカナブラッドのシナリオは,「唯一性」「乖離性」に参加している鎌池和馬氏が監修を務める
画像集 No.009のサムネイル画像 / [JAEPO2017]「BLAZBLUE CENTRALFICTION」への対応も発表された「NESiCAxLive2」のステージをレポート

オリジナル主人公が2人登場。「二刀アーサー」のボイスを担当するランズベリー・アーサーさんは格闘ゲーム好きとのこと
画像集 No.010のサムネイル画像 / [JAEPO2017]「BLAZBLUE CENTRALFICTION」への対応も発表された「NESiCAxLive2」のステージをレポート 画像集 No.011のサムネイル画像 / [JAEPO2017]「BLAZBLUE CENTRALFICTION」への対応も発表された「NESiCAxLive2」のステージをレポート

人気キャラクターの「アーサー 剣術の城」「盗賊アーサー」もプレイアブルキャラクターとして登場
画像集 No.012のサムネイル画像 / [JAEPO2017]「BLAZBLUE CENTRALFICTION」への対応も発表された「NESiCAxLive2」のステージをレポート 画像集 No.013のサムネイル画像 / [JAEPO2017]「BLAZBLUE CENTRALFICTION」への対応も発表された「NESiCAxLive2」のステージをレポート

2014年12月に開発中止が発表された「デッキメイクミリオンアーサー」からも,幻の主人公が参戦
画像集 No.014のサムネイル画像 / [JAEPO2017]「BLAZBLUE CENTRALFICTION」への対応も発表された「NESiCAxLive2」のステージをレポート

画像集 No.015のサムネイル画像 / [JAEPO2017]「BLAZBLUE CENTRALFICTION」への対応も発表された「NESiCAxLive2」のステージをレポート 画像集 No.016のサムネイル画像 / [JAEPO2017]「BLAZBLUE CENTRALFICTION」への対応も発表された「NESiCAxLive2」のステージをレポート

 イベントの終盤には,NESiCAxLive2の配信タイトル第3弾として「BLAZBLUE CENTRALFICTION」がサプライズ発表された。もちろん同作も店舗間対戦機能を搭載し,今夏の稼働を予定しているとのこと(関連記事)。

画像集 No.017のサムネイル画像 / [JAEPO2017]「BLAZBLUE CENTRALFICTION」への対応も発表された「NESiCAxLive2」のステージをレポート
画像集 No.018のサムネイル画像 / [JAEPO2017]「BLAZBLUE CENTRALFICTION」への対応も発表された「NESiCAxLive2」のステージをレポート

 最後は,菊池氏が「NESiCAxLiveは“2”になりますが,1と2を別の形で盛り上げていきたいと思います。どちらも共によろしくお願いします」とコメントし,イベントを締めくくった。

画像集 No.019のサムネイル画像 / [JAEPO2017]「BLAZBLUE CENTRALFICTION」への対応も発表された「NESiCAxLive2」のステージをレポート

 今回のイベントで紹介された3タイトルは,いずれもJAEPO2017のスクウェア・エニックス/タイトーブースに試遊台が設置されている。会場でミリオンアーサー アルカナブラッドを試遊してアンケートに答えると,「特製NESiCAステッカー」がプレゼントされるので,興味のある人はぜひ会場に足を運んでみよう。

「THE KING OF FIGHTERS XIV」公式サイト

「ミリオンアーサー アルカナブラッド」公式サイト

「BLAZBLUE CENTRALFICTION」公式サイト

  • 関連タイトル:

    THE KING OF FIGHTERS XIV Arcade Ver.

  • 関連タイトル:

    ミリオンアーサー アルカナブラッド

  • 関連タイトル:

    BLAZBLUE CENTRALFICTION

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月16日〜06月17日