オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Heaven×Inferno
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
開発陣や杉山紀彰さんと椎名へきるさんが新作スマホアプリ「Heaven×Inferno」の魅力を語る。実機デモも披露されたメディア向け説明会をレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/03/02 00:00

イベント

開発陣や杉山紀彰さんと椎名へきるさんが新作スマホアプリ「Heaven×Inferno」の魅力を語る。実機デモも披露されたメディア向け説明会をレポート

Heaven×Inferno
 2016年3月1日,NTTドコモは,トライエースと共同で制作を手がけるスマートフォン向け新作アクションRPG「Heaven×Inferno」iOS / Android)のメディア向け説明会を東京都内で開催した。
 説明会では,Heaven×Infernoの概要やシステム紹介のほか,ゲストの杉山紀彰さん椎名へきるさんによるトークショーも実施された。本稿ではイベントの模様をレポートしよう。
 なお余談ながら,本作はスマートフォンのキャリアに関係なく遊べるので,NTTドコモ以外のユーザーも安心してほしい。

NTTドコモ コンシューマビジネス推進部長の前田義晃氏
 説明会の冒頭で挨拶を行ったのは,NTTドコモ コンシューマビジネス推進部長の前田義晃氏だ。前田氏は,Heaven×Infernoについて,グラフィックスの美しさや,小説家の成田良悟氏が手がけるシナリオ,古代祐三氏による臨場感溢れるサウンドなど,多数の見どころを紹介。
 また,NTTドコモがサービスするdマーケットの市場が順調に拡大しており,引き続きゲームビジネスに注力していくとも語っていた。

Heaven×Inferno Heaven×Inferno


NTTドコモ コンシューマビジネス推進部の野尻真太氏(写真左)と,トライエース開発管理部 プロデューサーの向峠慎吾氏(写真右)
 会場では,初公開となるプロモーションムービーが上映されたあと,ステージにはNTTドコモ コンシューマビジネス推進部の野尻真太氏と,トライエース開発管理部 プロデューサーの向峠慎吾氏が登壇。両社が組むことになった経緯の説明を行った。
 それによると,野尻氏と向峠氏は以前から親交があり,トライエースと一緒にすごいゲームを作りたいと野尻氏が向峠氏に打診したのが,協業のきっかけになったという。

 続けて,Heaven×Infernoのすごさとは何なのか。野尻氏から,ゲーム概要の紹介が行われた。
 本作はタイトル名が示すとおり,天国と地獄をコンセプトにしているのだが,それは世界観だけでなくバトルにも落とし込まれている。
 バトルのステージは5つの階層に分かれており,プレイヤーがコンボフィニッシュという技を決めると,階層を移動することができる。階層によって属性が異なるため,打ち上げたり,地面に叩き落としたりして,パーティメンバーに有利な戦いができるようになるわけだ。

Heaven×Inferno

 野尻氏によると,天界は天使系のキャラクターが,地獄では悪魔系のキャラクターがそれぞれ有利になるため,階層を使い分けることが攻略のコツになるとのこと。ただし,不利な階層で勝利すると,アイテムのドロップ率が変動する場合があるなど,あえて不利な場所で戦うメリットもある。

Heaven×Inferno Heaven×Inferno

 続いては,本作のシナリオを手がける成田良悟氏の話題になった。成田氏はファンタジーものが得意ではないため,向峠氏からオファーを受けた際,「本当に僕でいいんですか?」と大変驚いていたそうである。
 もちろんこの起用には理由がある。向峠氏は,成田氏に対して「群像劇を魅力的に書いている作品が多い」との印象を持っていたそうで,Heaven×Infernoのシナリオに深みを与えられるのではないかと考えた結果,オファーしたのだと話していた。

 成田氏がシナリオを担当するのだから,音楽も一流のクリエイターを起用したいとなり,そこで名前が挙がったのが,「イース」シリーズをはじめ,数多くのゲームミュージックを手がけている古代祐三氏だ。野尻氏と向峠氏はともに古代氏の大ファンで,とくに向峠氏は,「イース」の音楽に感動してゲーム業界に入ることを決意したそうで,並々ならぬ想いを熱く語っていた。

Heaven×Inferno
 プレゼンテーションが一段落したところで,ステージではHeaven×Infernoの実機デモが披露された。デモでは,美しいグラフィックスと滑らかに動くキャラクターや,コンボフィニッシュで床が崩壊し,下層へ移動するシーンなどを確認できた。なお,コンボフィニッシュはキャラクターによって異なるため,パーティ編成も重要になるという。
 また,先述したコンボフィニッシュのほかにも,ゲージを消費して放つ必殺技もある。こちらは攻撃系や回復系など,さまざまな種類のものが用意されるとのこと。

Heaven×Inferno Heaven×Inferno

 本作について向峠氏は,最初は少々戸惑う部分があるかもしれないが,要領が分かってくると一気にハマってしまう面白さがある作品だとアピールしていた。

Heaven×Inferno Heaven×Inferno
Heaven×Inferno Heaven×Inferno


ガブリエル役の杉山紀彰さん(写真左)とラファエル役の椎名へきるさん(写真右)
 開発陣のプレゼンテーションを終えたところで,ステージには,Heaven×Infernoでガブリエル役を演じる声優の杉山紀彰さんと,ラファエル役を演じる椎名へきるさんが登場。トークセッションを行った。
 杉山さんはHeaven×InfernoをiPad Proで先行体験したそうで,その美しいグラフィックスを絶賛。iPad Proのネイティブ解像度(2732×2048ドット)に対応していることも,その際確認したそうだ。
 椎名さんは,美男美女のキャラクターが多いことに触れ,「どこを見ても素敵ですよね」とコメント。BGMの素晴らしさや,壮大なスペクタクルロマンを感じさせる世界観にも魅力を感じていると話していた。

Heaven×Inferno Heaven×Inferno

 続いては,自身が演じるキャラクターに話題が移る。杉山さんはガブリエルについて「とてもインテリジェンスがある」と感じているそうだ。
 一方の椎名さん演じるラファエルは冷静沈着な大人の女性として描かれるのだが,椎名さん自身は直感で動くことが多く,「比較されると胸が痛いかも」と苦笑い。
 「知的な感じが椎名さんにピッタリ」とフォローが入るものの,椎名さんは「さり気なくハードル上げてきますね(笑)」とコメントしていた。


 2月18日に掲載した記事でお伝えしたとおり,2016年春の配信を目指して開発が進められているHeaven×Inferno。本稿の締めとして,メディア向けに公開された最新のスクリーンショットやアートワークを一挙掲載しよう。

Heaven×Inferno
永き眠りから覚めた『特異個体』(=プレイヤー)
Heaven×Inferno
アルスヤ
CV:川澄綾子
Heaven×Inferno
マリオフ
CV:上坂すみれ
Heaven×Inferno
ガブリエル
CV:杉山紀彰
Heaven×Inferno
レヴィアタン
CV:原 由実
Heaven×Inferno
???
CV:宮崎 遊
Heaven×Inferno
ミカエル
CV:小林裕介
Heaven×Inferno
ラファエル
CV:椎名へきる
Heaven×Inferno
メリガーズ
CV:矢作紗友里
Heaven×Inferno
リリム
CV:七瀬亜深

Heaven×Inferno Heaven×Inferno Heaven×Inferno
Heaven×Inferno Heaven×Inferno Heaven×Inferno
Heaven×Inferno Heaven×Inferno Heaven×Inferno

Heaven×Inferno
<天界/アウラ>
地上から最も近い上空に存在する、アウラの第一階層。
Heaven×Inferno
<人間界/テルラ・セプテム>
地上は、千年戦争によって幾つもの浮遊する大陸の浮かぶ世界になっている。
Heaven×Inferno
<地獄界/ゲヘナ>
地上から最も近い地下(厳密には下空)に存在する、ゲヘナの第一階層。

「Heaven×Inferno」公式サイト

  • 関連タイトル:

    Heaven×Inferno

  • 関連タイトル:

    Heaven×Inferno

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ