オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
戦場のビーコンを奪い合う6対6のロボットアクションゲーム「Walking War Robots」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第973回
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/10/31 10:00

連載

戦場のビーコンを奪い合う6対6のロボットアクションゲーム「Walking War Robots」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第973回


スマートフォンには相当な数のゲームが存在しているが,「じゃあ,どれが面白いの?」「そもそも,数が多すぎて好みのタイトルが探せない!」と思っている人も少なくないはず。 そんな問題を解決すべく,スタートした連載が「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」だ。話題の新作タイトルからネタ要素多めのオモシロ系まで,スマートフォンのゲームを片っ端からプレイして(ほぼ)毎日お届けする。

 本日の「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」では,6対6で戦場のビーコンを奪い合うオンラインロボットアクションゲーム「Walking War Robots」iOS / Android)を紹介する。

Walking War Robots
本作の料金形態は基本プレイ無料のアプリ内課金制。ロボットやマップなどグラフィックスのクオリティが高く,ロボットの挙動や武器の射撃音なども重厚感溢れる作りになっている
Walking War Robots Walking War Robots

「Walking War Robots」ダウンロードページ

「Walking War Robots」ダウンロードページ


 ゲームの内容は,6対6で制限時間内に戦場のビーコンを奪い合う陣取りゲーム方式で,制限時間終了時に相手より多くのビーコンを占領していた陣営の勝利となる。また,たとえ制限時間が残っていても“すべてのビーコンを占領”するか“相手のロボットをすべて撃破”した時点で勝利となる。

ビーコンは白い光が上空へ伸びている場所に存在し,ビーコンに近付き一定時間待つと占領できる。占領すると自軍の色(青もしくは赤)に変化し,画面上部のアルファベットが書かれている部分でビーコンの占領状況がわかる
Walking War Robots

 戦闘中の操作は画面の左右に表示されるバーチャルパッドで行う。左側で機体の移動,右側で装備している武器の使用ができる。また,バーチャルパッド以外の部分をスワイプすると,視点(カメラ)操作が行える。武器の使用は赤いボタンで行えるほか,装備を切り替えることも可能で,使用したい武器のアイコンをタッチするとその武器に切り替わる仕組みだ。

武器にはそれぞれ弾数が設定されている。弾がなくなるとリロードが発生し,攻撃可能になるまでの残り時間が武器アイコン部分に表示される。敵機の攻撃を受けないように遮蔽物の影に隠れよう
Walking War Robots

カメラを操作すると,敵機を自動的にロックオン(赤枠)してくれる
Walking War Robots

ミサイル系の武器はロックオン後に使用可能となり,ロックオン後はどこから撃っても敵機へ攻撃できるが,弾道上に遮蔽物があるとそこにぶつかってしまう
Walking War Robots

敵機の攻撃を受けすぎると武器や脚部が破損する。武器が破損すると攻撃ができなくなり,脚部が破損すると移動が極端に遅くなるといったデメリットが生じる
Walking War Robots

 戦闘終了時には,その戦績に応じて報酬(ゴールドやシルバーといったゲーム内マネー)が得られる。獲得したゴールドやシルバーを使うと,武器のアップグレードや新たな武器/機体の購入が可能になるほか,格納庫のキャパシティを増やすこともできる。
 また本作では,機体を複数所持していると,使用機体が戦闘中に撃破されても,所持しているほかの機体で再出撃できるようになっている。所持している機体の数だけ再出撃できるので,機体の所持枠は多いに越したことはない。

Walking War Robots
格納庫では武器の選択やアップグレード,購入などが行える。武器に関する部分は格納庫画面で下に表示される「装備する」をタッチしよう。新たなロボットを購入する場合や使用するロボットを変更する場合は「ロボットの変更」を選択だ
Walking War Robots Walking War Robots

 ロボット同士による戦闘だけでなく,カスタマイズ要素も充実している本作。カスタマイズに必要となるゲーム内マネーが課金要素となっているのだが,さまざまなミッションをクリアすることでかなり獲得できるので,お金をかけずとも本作の面白さと魅力を感じられるはずだ。ロボットや武器のデザインは無骨で重厚なものが多く,ロボットやメカが好きな人であれば間違いなく気に入るだろう。この手のデザインやマルチプレイ型の対戦ゲームが好きな人はさっそく遊んでみよう。

著者紹介:飛鳥
 おもにゲーム系で活動するフリーライター。基本的に気になったゲームは大体なんでもやる雑食系。好きなゲームジャンルは音楽シミュレーションゲームとアクションゲーム。アニメ,ゲーム,声優好きで美少女とイケメンがいれば生きていけると思っている。

「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」記事一覧

  • 関連タイトル:

    Walking War Robots

  • 関連タイトル:

    Walking War Robots

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
注目記事
「黒い砂漠MOBILE」,新クラス「ダークナイト」を6月27日に実装。クイズに正解すると報酬が手に入る「GMのクイズ」イベントも開催中

 Pearl Abyssは本日(2019年6月20日),サービス中のスマホ向けRPG「黒い砂漠MOBILE」で,新クラス「ダークナイト」を6月27日に実装することを発表した。これを記念して,ゲーム内では特別な「GMのクイズ」イベントの開催ほか,新コンテンツや新地域追加を含むアップデートも実施されている。[2019/06/20]

プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月20日〜06月21日