オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
戦の海賊公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
マフィア梶田の二次元が来い!:第329回「最高画質の五稜郭に思いを馳せるゲームクリエイターとライターと小説家」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/11/08 12:00

連載

マフィア梶田の二次元が来い!:第329回「最高画質の五稜郭に思いを馳せるゲームクリエイターとライターと小説家」


アニゲラ,次回のゲストは声優の加隈亜衣さんです。ええ声してはるわ……
 先日,「GeForce GTX TITAN X」を購入してしまいました。いやだって,「マフィア III」PC / PlayStation 4 / Xbox One)も発売されたし「The Elder Scrolls V: Skyrim Special Edition」PC / PS4 / Xbox One)も日本語音声&字幕がそろそろ配信されるし……やっぱり綺麗なグラフィックスでやりたいなって。グラボって,最近は交換が簡単なのがありがたいですよね。ドライバの問題はあるものの,ほとんど差し換えるだけで,俺みたいにPCをあんまりイジれないユーザーでもサクッとできちゃいますから。
 しかしまぁ,もうコレ以上の性能を求めるとなると,禁断の“複数差し”に手を出すしかないんですよね。でもTITAN Xをもう1枚買ったらそもそもハイエンドなゲーミングPC1台分くらいの値段になっちゃう。こだわるとキリがありませんので,しばらくは現状で満足したいと思います。



 4GamerSPチャンネルにて好評配信中の「マフィア梶田のYouTuber始めました(仮)」。直近の更新では,セガゲームスが配信しているスマホアプリ「戦の海賊」iOS / Android)のVer.2.1.0アップデートを,声優の山下まみさんと,ディレクターの奥田 禎氏に紹介してもらった様子をお届けします。
 今回のアップデートでは,新たな兵種「拳闘兵」や,「ハロウィンキャット ネルネ」(CV:山下まみ)が登場するハロウィンイベントに加え,一時的にキャラを預けられる「海賊休憩所」,UIのブラッシュアップなど,さまざまな要素が追加されました。動画内では,山下さんがネルネのボイスを実演してくれていますので,ぜひ見てみて下さいね。

「戦の海賊」公式サイト

「戦の海賊」ダウンロードページ

「戦の海賊」ダウンロードページ




 北は北海道から南は沖縄まで。先月はたまたま遠出する用事が重なってしまい,なかなかハードなスケジュールでした。しかも,よりによって日本列島の両端ですからね。自分のスケジューリング能力に関して,もうちょい見直すべきかなと思いましたよ。

 ちなみに,北海道には作家の十文字 青先生に会いに行ってきました。以前に自分がMCを務めた「灰と幻想のグリムガル」のイベントでアージュの吉宗鋼紀さんを招待し,十文字先生にご紹介したことがあるのですが,お二人が予想以上に意気投合してしまったことから「近々,北海道に遊びに行きます!」という話になりまして……。善は急げとばかりに,行動力のある吉宗さんに引っ張られる形で北海道行きが決まったわけです。
 十文字先生は函館在住なので,都内ではなかなかお会いする機会がなく,自分も一度ゆっくり話すために訪ねたいものだと思っていましたので,良いタイミングでしたね。

戦の海賊

戦の海賊 戦の海賊

戦の海賊 戦の海賊

 現地では十文字先生から手厚いおもてなしを受けまして,美味しいお店の予約から観光案内まで,とことん甘えてしまいました。
 北海道といえば魚介,魚介といえばお寿司,十文字先生行きつけの店で,素晴らしく美味しいお寿司をご馳走になったんですけれども,予想外だったのが“カレー”ですね。東京でも結構有名な「印度カレー 小いけ」なんですが,十文字先生が幼い頃から食しているという,“元祖”のカツカレーがとんでもなく美味しかったんです。食レポは専門外なので漠然としたことしか言えないのですが,「日本人好みのカレー」という意味では究極に近い味ではないかと思えるほどでした。なんでしょうね,ルーに和食と洋食のいいとこどりをしたような深みがあるんです。都内にある,どのカレーチェーン店の味でもない。なのに「日本のカレーライス」としての存在感が際立っている。これはぜひ,現地で確かめてほしい味です。
 ちなみに,小いけの店舗は元祖と本店の2店あり,大通りに面していて目立つのが“本店”。その横の小道に入ったところにある小さな店舗が“元祖”です。どちらも美味いことには違いないのですが,十文字先生曰く本店と元祖では味が違うとのこと。なので,聖地巡礼をしたい十文字フリークの方々はご注意を。十文字先生が通いつめているのは,元祖の方です!

戦の海賊 戦の海賊

 さて,北海道というよりカレーの話になってしまいましたけれども。ちゃんと観光だってしてきましたよ。司馬遼太郎先生の「燃えよ剣」を読んでから新選組には憧れがあり,土方歳三も大好きな自分としては,そりゃ「五稜郭」は外せませんわな。土方さんが最期を迎えた場所ということで,いつかは行ってみたいと思っておりましたが,十文字先生のおかげでそれが叶いました。
 内部は戦いの影響もあって建物がほとんど残っておらず,決して見どころが多いとは言えないのですが,展望台から見下ろす五稜郭の美しさは格別でした。……ただ,当時は大砲の性能も飛躍的に上がっていましたし,五稜郭はもはや時代遅れの建築方式になっており,劣勢に追い込まれた旧幕軍が防衛戦を行うには,あまりに頼りないことも実感できました。

戦の海賊 戦の海賊

 ちなみに悪戯心で吉宗鋼紀さんに「もしも対BETAで戦術機が五稜郭防衛戦やるなら,どう戦いますか?」と聞いたら,「五稜郭じゃ無理です。すぐに放棄します」と即答していました。そりゃそうだ。


戦の海賊 戦の海賊

戦の海賊

戦の海賊 戦の海賊

戦の海賊

戦の海賊

 夜は十文字先生行きつけのバーに4〜5時間ほど居座り,モスコミュールを飲みながら小説やゲーム,今後の仕事について語らっていたのですが……残念ながら現時点では公開できない情報が多すぎて連載には書けません。いつかクリエイター対談本でも出す時のために,レコーダー回しとけばよかったなと少し後悔しています。

 というわけで,ざっくりになりましたが北海道レポでした。次回は沖縄について書きたいと思います。
  • 関連タイトル:

    戦の海賊

  • 関連タイトル:

    戦の海賊

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月12日〜11月13日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月